散らかる頭の中をスッキリ整理! ADHDコーチ 大阪 奈良

散らかる頭の中をスッキリ整理! ADHDコーチ 大阪 奈良

迷走から脱したい女性を丁寧にサポート。

個性に合った具体的アドバイスをします。 頭を整理すると、外見も、家の中も、人生も変わります!

 

「検査の結果次第では

 

 子宮全摘手術になります」

 

と、いきなり宣告された私。

 

 

でも、その担当医は、

 

1人で検体も取れなければ、

 

配慮ある説明もできない人でした。

 

 

 

こんな医者の手にかかったら、

 

助かるものも助からない…タラータラー

 

 

 

 

 

強い危機感を覚えた私は

 

八方手を尽くして調べ上げ、

 

スーパードクターがいる病院への

 

転院に向けて、動き出しました。

 

 

 

 

まずは、通院中の大病院にある

 

がん相談支援センターに電話。

 

 

がん患者会の会長さんから

 

「このナースは信頼できる」と

 

教わった方にアポを取って訪問し、

 

これまでの経緯を説明しました。


 

 

「率直に言って

 

 現在の主治医は怖すぎます。

 

 先日の検査方法も非常に疑問です。

 

 

 それに、こちらの病院では

 

 腹腔鏡下子宮体癌根治手術の

 

 実績がないことを

 

 国立がん研究センターのHPで

 

 確認しました。

 

 

 手術を受けるまで

 

 どのみち何ヶ月も待機するなら、

 

 今すぐにでも転院したいです。

 

 

 転院先で術前検査をした方が

 

 いろんな意味で良いと思うので。

 

 

 □〇病院の□△先生宛で

 

 紹介状を出してもらえませんか」

 

 

と訴えました。

 

 

 

がん相談支援センターのナースは

 

メモを取りながら

 

丁寧に私の話を聞いてくれました。

 

 

 

彼女は担当医の行状について聞くと

 

眉を曇らせ、ため息をつき、

 

 

「確かに、▽先生(今の担当医)は、

 

 そういうことを言いかねませんね…。

 

 ご不快な思いをさせてしまいまして

 

 申し訳ありませんでした」

 

 

と私に謝罪し、言葉を続けました。

 

 

 

「ただ、転院の紹介状をお出しするには

 

 たいへん申し訳ありませんが、

 

 ドクターと直接お話をしていただく

 

 必要があるのですよ。

 

 

 いずれにせよ、▽先生が

 

 ずっと診ることはないです。

 

 おそらく主治医は代わります。

 

 

 なので、ひとまず次回の受診まで

 

 お待ちいただけないでしょうか。

 

 

 今日お伺いしたご希望内容は、

 

 必ずドクターに伝えておきますから」

 

 

と、穏やかに私を説得しました。

 

 

 

 

(いや、▽医師では話にならない!)

 

と思いましたが、

 

そういうルールなら仕方ありません。

 

 

モンスター患者と思われたらマズイので

 

私は言葉を飲み込みました。

 

 

 

「…分かりました。

 

 では、2月21日に受診してから

 

 改めてご相談いたします」

 

 

 

交渉相手を選ぶ。

 

相手に好印象を与える。

 

引くべき時にはサッと引く。

 

 

これが、交渉をうまく運ぶコツです。

 

 

(次回に続きます)

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 

 

子宮全摘について

 

まずSNSの友人に相談した 私は、

 

親身な助言に励まされて

 

過集中スイッチ が入りました。

 

 

 

メソメソしている場合じゃない!

 

 

がん治療は、

 

「時間との戦い」だから。

 

 

 

 

 

「I期で比較的小さな場合は、 


 腹腔鏡手術が保険適応になる」
 

と知ったので、

 

まず、大阪と奈良の大病院について、

 

子宮体がんの治療実績を調べました。

 

 

 

次に、加入している がん保険の

 

医療相談ダイヤルに問い合わせ。

 

 

 

もちろん、リアルの知人たちにも

 

相談しました。

 

 

60-70歳代の先輩は顔の広い人が多く、

 

いいヒントをもらえました。

 

 

 

「セカンドオピニオンをとっても、

 

 その病院に転院できないのよ」 

 

 


「もし転院を希望するなら

 

 先生まで指名する方がいいわ。

 

 いい先生は、ネットで探してみ」
 

 

 

地域のがん患者会に問い合わせると、

 

さらに濃い情報が得られました。

 

 

「この辺の患者さんは

 

 大阪の大病院にセカンドオピニオンを

 

 もらいに行く方が多いんですが、

 

 たいていファーストオピニオンと同じ

 

 意見だそうですよ」

 

 

 

 

セカンドオピニオン とは

 

通院中の病院で採った検査データを

 

持参して意見を求めるものです。

 

 

だから、そこでは

 

「検査」や「診察」はしないんです。

 

 

 

また、セカンドオピニオン自体にも

 

長い予約待ちが必要なので、

 

もし「医者を変えたい」のなら

 

最初から転院の紹介状をもらう方が

 

手術までの時間を短縮できます。

 

 

 

 

私は、いろんな人から聞いた

 

「評判が良い病院」のドクターを

 

しらみつぶしに調べ上げました。

 

 

そして、ついに

 

スーパードクターを見つけました!

 

 

 

さっそく、そのドクターがいる病院を

 

直接知る人たちに聞き合わせ。

 

 

ネット情報の鵜呑みは危険ですから。

 

 

 

詳しい情報を集めてみると、

 

その病院が人気の理由だけでなく、

 

初診予約が取りにくいことや

 

診察の待ち時間が長いことなど、

 

いろんなデメリットも分かりました。

 

 

 

それでも、そこへ転院したい。

 

 

というか、

 

今の担当医にだけは

 

絶対に自分の体を任せたくない!ゲッソリ

 

という一心でした。

 

 

 

なので、私は次の行動に出ました。

 

 

(次回に続きます)

 


 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 

 

「半分だけ取るとかはないので、

 

 子宮全摘になります」

 

 

無神経な医者の言葉にショックを受け、

 

大病院から逃げ帰ってきたのは

 

1月の終わり。

 

 

朝から寒い雨が降り続く日でした。

 

 

 

 

一息入れてから、

 

私は情報を整理し始めました。

 

 

「よいか悪いかで言ったら悪い方」

 

 

「手術室がかなり混んでいるので、

 

 手術するなら数ヶ月先」

 

 

曖昧な言葉は不安を煽りました。

 

 

 

…手術待ちの間に、進行するのでは?

 

…手術すると、腸の癒着が怖い!

 

 

 

私は帝王切開のせいで腸が癒着しており、

 

大腸内視鏡検査で地獄を見るのです。

 

 

遺伝的に大腸がんハイリスクなので、

 

これ以上の癒着は避けたいところ。

 

 

 

 

担当医に強い不信感を持った私は

 

SNSで友人たちに相談してみました。

 

 

遠方住みの現役産婦人科医が

 

さっそくアドバイスをくれました。

 

 

「いきなり手術を言われたわけですか。

 

 子宮内膜の異常は

 しばらく薬剤投与で様子を見る

 こともやるのですよ。

 

 次回、検査結果を聞きに行った時に
 薬による治療はできないんですか?

 と聞いてみてもいいと思います」

 

 

 

他の友人も親身に助言してくれました。

 

 

子宮筋腫が肥大化したため

 

内視鏡手術で子宮全摘した友人は、

 

納得のいく手術を受けるために

 

医療機関を4つも渡り歩いたそうです。

 

 

また、

 

子宮がんで開腹手術を2回した友人は

 

「やはり お腹を開けると後がきつい」

 

と教えてくれました。

 

 

重症の子宮脱で

 

今まさに全摘を勧められている

 

という友人もいました。

 

 

 

子宮の病気を経験している人は

 

意外と身近に多かったんだ!

 

と私は驚きました。

 

 

 

それを知って、勇気が湧いてきました。

 

 

 

 

結局、まず自分から

 

周りにカミングアウトすれば

 

必要な情報は集まってくるんです。

 

 

 

だったら、奈良や大阪に住んでいる

 

リアルの知人にも相談してみよう。

 

 

病院の情報を得るには、それが早い。

 

 

 

いつの間にか

 

私は前向きな気持ちになっていました。

 

 

(次回に続きます)

 

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 

 

こちら の続きです。

 

 

子宮体がんの再検査で引っかかり、

 

大病院への紹介状を渡された私。

 

 

初診予約が取れなかった ため、

 

アポなしで突撃しました。

 

 

「比較的空いている曜日」という

 

話でしたが、数時間は待ちました。

 

 

 

 

ようやく呼ばれて診察室に入ると、

 

若い男性医師がいました。

 

 

彼は紹介状を読むと

 

「では、検査しますので

 

 隣の内診室へ回ってください」

 

と、杓子定規な感じで言いました。

 

 

 

若い医者は内診を始めたものの、

 

カーテンの向こう側で ずっとモタモタ。

 

 

何度もグリグリした挙句、なんと彼は

 

「…よく見えない…」

 

と独り言をつぶやきました。爆

 

 

 

 

 

 

私は20代の頃、

 

子宮口の異形成上皮(がんの手前)

 

切除する手術をしました。

 

 

そのせいで子宮口が広がりにくい

 

ことは確かです。

 

 

でも、紹介状をくれた元主治医は

 

毎年こともなげに

 

私の子宮内膜細胞を取る検査を

 

やっていました。

 

 

 

嫌な予感がしていると、若医者は

 

「○○先生を呼んできて」

 

と、ナースに指示しました。

 

 

少しして先輩らしき医師が駆けつけ、

 

2人がかりで、あれこれ話しながら

 

やっとこさ検査を終えました。

 

 

私の感覚では

 

クリニックで受けた検査と全く同じ、

 

ピンポイントの細胞採取でした。

 

 

 

紹介状の内容を確認したのに、

 

なぜ、また「同じ検査」をやったの?

 

 

この医者、

 

本当に大丈夫??タラータラー

 

 

 

 

大病院は「教育機関」でもあります。

 

 

そうか! しまったぁ…。

 

 

今日は「見習い医者の担当日」だから、

 

他の日より患者が少ないんだ!ガーン

 

 

パニクって駆け込んだことを

 

私は後悔しました。

 

 

 

 

しばらくして。

 

再び、診察室に呼ばれました。

 

 

見習い医者は

 

妙に落ち着き払った口調で

 

私にこう言いました。

 

 

 

「クリニックでの所見通り、

 

 子宮内膜の異形成増殖が見られます。

 

 

 よいか悪いかで言ったら

 

 悪い方寄りの状態ですが、

 

 今すぐ手を打たねばならない

 

 というほどではありません。

 

 

 結果は2月21日に出ます。

 

 その内容次第では手術になります。

 

 

 ただ、

 

 手術室がかなり混んでいるので、

 

 もし行うとしても数ヶ月先ですね。

 

 

 HRTは中止しましょう。

 

 何か質問はありますか?」

 

 

 

藪から棒に「質問は?」と聞かれても、

 

なにせ こちらは素人です。

 

 

『手術』の一言にビックリしてしまい、

 

気が利いた質問なんかできません。

 

 

でも、『手術』って、何?アセアセ

 

 

 

「あのう…。

 

 『手術』というのは

 

 『子宮全摘』という意味ですか?」

 

 

 

こわごわ質問した私に向かって、

 

見習い医者は

 

しれっと 言い放ちました。

 

 

 

「そうですね。

 

 

 子宮の場合、

 

 半分だけ取る

 

 とかはないので、

 

 全摘になります。

 

 

 他に質問はありますか?」

 

 

 

 

はぁーーーーっ?ムカムカムカムカムカムカ

 

 ( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

なんなの?その言い方!炎

 

まじデリカシー!炎炎

 

 

 

「…いえ、大丈夫です。

 

 ありがとうございました」

 

 

お話にならない!と呆れた私は、

 

すぐさま撤収しました。

 

 

 

 

パニックになった時は、

 

とりあえず

 

その場を離れましょう。

 

 

 

冷静さを取り戻せば

 

思考を整理し、情報を集めて

 

戦略を立て直せますから。

 

 

(次回に続きます)

 

 

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 

 

こちら の続きです。

 

 

 

かかりつけの婦人科クリニックから

 

急いで帰宅した私は、

 

子宮体がん について調べ始めました。

 

 

 

 

こういうとき、

 

情報をやみくもに

 

漁ってはいけません。

 

 

ネットの情報は玉石混合。

 

 

とりわけ、がんに関する情報は

 

「怪しいもの」の方が

 

多かったりします。

 

 

 

信頼できるソースの情報に当たる。

 

これが基本です。

 

 

 

 

さて。

 

国立がん研究センターが提供する

 

子宮体がんの基礎知識 を抜粋します。

 

 

婦人科のがんで最も多いのは、

子宮がんです。

 

子宮体がんは

子宮内膜から発生するがんです。

 

子宮肉腫(筋腫)は、子宮体がんと

まったく違う病気です。

 

 

ほかのがんと同様に、

子宮体がんも

初期に治療を開始した場合ほど

治療成績がよいので、

 

早期発見が大切です。

 

 

最もよくみられる症状は出血です。

 

特に、閉経後に少量ずつ

長く続く出血がある場合は、

早めに婦人科を受診し、

子宮体がんの検査を

受ける必要があります。

 

検診で

子宮がんの検査という場合、

子宮頸がんの検査だけを指す

こともあるので注意が必要です。
 

 

わが国で

子宮体がんと診断される人は、

40歳代から多くなり、

50歳から60歳代の閉経前後で

最も多くなっています。

 

近年は食生活の欧米化などに伴い

増加しているといわれています。

 

 

 

不正出血…。

 

 

子宮体がんの90%は

 

初期の不正出血で分かるのだとか。

 

 

 

私には心当たりがありました。

 

去年から自覚症状がありました。

 

 

ただし、量は「ごくわずか」。

 

症状は「とても疲れた時だけ」。

 

 

 

HRT(ホルモン補充療法)のため

 

定期通院していたので、

 

主治医には相談済みでした。

 

 

 

「微量の不正出血なら

 たぶんHRTの副作用だと思うよ。

 

 HRTは乳がんのリスクを上げると

 昔は言われていたけれど、

 

 今は大腸がんのリスクを下げると

 言われているからね。

 

 がん検診を定期的にしているので

 心配はいらないでしょう」

 

 

 

それでも、じわじわと

 

出血頻度が増えてきた自覚があり、

 

気にはなっていました。

 

 

 

やっぱり、あれは

 

「がんの兆候」だったのかも…。

 

 

 

 

アラフィフ女性の皆さん。

 

 

わずかな不正出血があれば、

 

迷わず婦人科を受診してください。

 

 

 

生理みたいな出血量になるまで

 

放っていたら危険ですよ。

 

 

 

トイレに行った時

 

ペーパーにうっすら色がつくとか、

 

少量のおりものが黒っぽい とかが

 

「わずかな出血」の目安です。

 

 

(次回に続きます)

 

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★