散らかる頭の中をスッキリ整理! ADHDコーチ 大阪 奈良

散らかる頭の中をスッキリ整理! ADHDコーチ 大阪 奈良

迷走から脱したい女性を丁寧にサポート。

個性に合った具体的アドバイスをします。 頭を整理すると、外見も、家の中も、人生も変わります!


テーマ:

 

最近、「鎧(よろい)女子」という言葉が

はやってるんですってね。

 

 

 ※(株)ファンケルの調査結果より

 

 

主にアラサー世代の女性で、

 

「仕事でも恋やプライベートでも

 

 周囲の人に

 上手に自分の素を見せたり、

 本音を言えなかったりする、

 

 心に鎧をまとったタイプ」

 

だそうです。

 

 

 

今季のドラマでいうと

 

ガッキーが演じている

『獣になれない私たち』の

そつがないキャリアウーマンとか、

 

榮倉奈々が演じている

『僕らは奇跡でできている』の

がんばりすぎな歯科医とか。

 

 

 

外面よく振る舞っているけど

常にストレスを抱えていて、孤独。

 

本当の自分をさらけ出せない。

 

そして、「愛されたい」と

うまく表現することができない…。

 

 

 

 

 

『僕キセ』の育美は、

 

常にマイペースでハッピーな

変わり者の一樹(高橋一生)に

イライラさせられながらも、

 

内心うらやましくなっています。

 

 

 

そんな彼女に

 

まったく悪気なく、

 

ド直球の質問を投げかけては

 

彼女の心に揺さぶりをかける一樹。

 

 

 

私の思考整理セッションと

 

ちょっと似ているなぁ

 

と思いながら観ています。笑

 

 

 

 

 

 

「引き継ぐものがない人には

 分からないんですよ。

 

 親が積み上げてきたものを

 引き継いで、

 

 よりいっそう歯科医として

 多くの人たちに貢献することが

 

 私の1番の願いですから」

 

 

 

「それ、本当の願いですか?」

 

 

「どういう意味ですか?」

 

 

「楽しそうじゃありません」

 

 

 

「それは…!

 

 今はまだまだ足りないことが

 たくさんあって、

 もっと成長しなきゃいけなくて、

 

 楽しいのは、

 その願いが叶った時です」

 

 

「それ、いつ叶うんですか?」

 

 

「それは、私の努力次第なので、

 分かりません…」

 

 

 

こんなやりとりの後、

 

育美はひとりで作業中に、ふと

 

「私は…愛されたい…」

 

と気がついて涙を流しました。

 

 

 

 

 

「歯を抜いて埋めた穴は

 歯で埋めたいです。

 

 他のもので埋めたくありません

 

 

「残念ですが、それは叶いません」

 

 

えーっ、育美先生、今どきは

 

親知らずを使って埋める

 

治療法があるのでは?

 

 

 

 

心に空いた穴も

 

自分の本当の願いをごまかして

 

他のもので埋めようとしているうちは

 

埋まらない気がします。

 

 

 

「良い子」を生きて

 

幸せを先延ばしにするのはやめ、

 

一歩踏み出してみませんか?

 

 

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 


テーマ:

 

「他人への配慮ができない」

 

「配慮しているつもりが的外れ」

 

 

私たち発達凸凹は、

 

世間の多数派(定型発達)

自認する人たちから、

 

よく、こんな風に批判されます。

 

 

 

確かに、凸凹人種は

多数派とは感覚が違うから、

 

「彼らの空気」を

読み損なうことは多いけど…。

 

 

容赦ない批判にうなだれながら、

私は密かに思ってきました。

 

 

(その批判はブーメラン。

 

 君は多勢をかさに着て

 少数派を理解しようとしないし、

 ろくに配慮もしない。

 

 つまり、お互い様だよね。

 

 文化がまったく違う国へ行って

 少数者の立場になれば、

 君は我々の気持ちがわかるよ)

 

 

 

 

 

 

先日、朝日新聞の(耕論)

 

京都外国語大学教授(日本語・日本文学)

彭飛(ポン・フェイ)さんが

 

長年の研究を通して感じたことを

寄稿しておられました。

 

その内容が、

まさに 我が意を得たり! でした。

 

 

以下、記事のリンク切れに備えて

要所を引用し、解説します。

 

 

 

日本語には

さまざまな配慮言葉が

あふれています。

 

例えば、

「ちょっと…行けません」の

「ちょっと」、

 

「とりあえずご報告します」の

「とりあえず」のように、

 

文頭に枕として置き、

話し手の意思を柔らかくしたり、

 

「お茶でも飲みませんか」の

「でも」のように

 

文中につけて

断定的な言い方を避けたりする

言葉。

 

これらはみな相手への配慮、

気配りから生まれた表現なのです。

 

 

また、英語や中国語は

「あなた」や

「私」を省略しませんが、

 

日本語では

「あなたは何を食べますか」だと、

何となく語調が強くなることから、

 

単に「何を食べますか」とだけ

言っています。

 

 

こうした日本語の配慮表現は…

外国人には難しい。

 

 

 

外国人だけじゃありません。

 

 

生粋の日本人でも自閉系の人たちは

 

「ちょっと」「とりあえず」などの

曖昧言葉の理解が難しいし、

 

省略された言葉を想像で補えないため

当惑します。

 

 

でも、多数派の日本人は

 

そうした少数派への配慮が足りない。

 

 

 

 

長い歴史の中で形作られた

数多くの日本語の配慮表現は

 

当然、日本人の国民性と

深く結びついています。

 

 

配慮表現がこれほど豊富に存在し、

 

日本人が無理せず細やかに

使い分けられるのは、

 

日本人が皆

 

ほぼ同じパターンの

 

行動や思考スタイルを

 

共有している

 

国民だからこそなのです。

 

 

逆に言えば、

 

仲間うちだからこそ

通じあえるのが

 

日本人同士の「配慮」なのです。

 

 

 

このブログで何度も書いていますが、

 

日本人は世界的に見て

 

異様に同質性が高すぎるんです。

 

 

そして、排他的でもあります。

 

 

だから、外国人や発達凸凹など

多様な人々が生きづらい。

 

 

 

 

このことは

言葉だけでなく行動にも言えます。

 

日本人は

 

仲間うちではない、

 

何か変わった存在や

個性的な主張が出てきたときに、

 

それを扱うのが下手な国民です。

 

 

相手が誰であろうと、

 

決められた1種類のパターンでしか

応じようとせず、

 

相手に応じた

臨機応変な対応が

できません。

 

 

その結果…

 

形式上は「配慮」でも、

 

1種類しかなく、

肝心の本人が選ぶことが

できないなら…

 

押しつけになるかもしれません。

 

 

 

「臨機応変な対応が難しい」のは

 

自閉系だけではないようですね。

 

 

『お互い様だ』と思えたら

 

今よりうまくいくのではないかしら。

 

 

 

 

対人表現は

非常に豊かな日本語ですが、

 

気持ちがこもっていないと、

通り一遍の冷たい印象を与えます。

 

 

配慮に血を通わせるには、

 

違うものに対する寛容さ が

 

もっと必要なのではと思います。

 

 

 

 

あなたは、どう思いますか?

 

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 


テーマ:

 

これはADHDの次男が、

小3の春、

初めて毛筆を習った日に

書いた作品です。

 

 

 

 

「悪」と「魔」が間違ってますね。笑

 

学力は中程度の子でした。

 

 

それなのに、

「神龍(シェンロン)」という

難しい漢字を迷わず書けたのは、

担任がお手本を書いてくださったから。

 

 

当時の担任は「話がわかる人」でした。


 

 

息子がこれを書いた日、担任は

電話で情報をシェアしてくれました。

 

 

 

「いやー。

 チビ太君の集中力には

 驚かされました。

 

 

 初めて毛筆を使う授業

 だったので、

 

 まず

 線を引く練習から始めて

 『山』が書けたら終わり、

 

 時間が余ったら

 好きな字を書いていい

 

 と言ったら、

 彼は張り切りましてねー。

 

 

 あっという間に課題をやっつけ、

 

 ドラゴンボールの

 『神龍』と書きたい

 

 と僕に言ってきたんです。

 

 

 難しい字でしたが、手本を見て

 立派に書き上げたので

 

 『すごいじゃないか!』

 

 と、いっぱい褒めました。

 

 

 ところが、

 せっかく上手にできたのに

 

 『魔人ブゥ』と署名したい

 と言い出して…。

 

 

 ふざけたら作品が台無しだよ

 と諭しても

 

 結局は聞きませんでしたね。

 

 それも含めて

 チビ太君らしいです。 苦笑 」

 

 

 

愉快な話を聞き、私も嬉しくなりました。

 

親と教師の協力は とても大切です。

 

 

 

 

型にはめられることや

退屈な作業が超苦手な次男は、

 

「好きな字を書いていい」

 

と先生が言った瞬間、

 

脳のスイッチが ON になった

と思われます。

 

 

 

「自由」にやれる喜び、そして

 

大好きなドラゴンボールの「神龍」を書く

 

というワクワクする思いつきは、

 

大量のドーパミンをドカーッと放出させ、

 

集中力などを司る

 

脳の前頭前野を強く刺激。

 

 

 

 

ADHDの場合、努力だけでは

 

なかなかスイッチ ON になりません。

 

脳に「大きな刺激」が必要です。

 

 

 (医学的な解説はこちら)

 

 

その一方、ON になったらなったで

 

なかなか OFF にできない。(過集中)

 

 

 

ADHDとは、そういう障害です。

 

定型発達の人が考える

「わがまま」とは 質的に異なります。

 

 

 

 

1つ前の記事 に書いた

音読や書き取りのエピソードも、

 

一見「わがまま」にしか思えません。

 

 

でも、実は

 

「脳のスイッチが ON にならない」

 

せいでゴネていたんです。

 

 

 

そうと分かっていても

相手する親はしんどいですが、

 

本人のしんどさを

 

「分かった上で根気よく付き合う」のと

 

「分からずに押さえつける」のとでは

 

子供の育ちが違ってきます。

 

 

 

 

 

4月の家庭訪問時、

次男に「神龍」を書かせてくれた担任は

私にこう仰いました。

 

 

「チビ太君は、うまく指導できれば

 

 大化けする と思います。

 

 けれど、道を誤らせてしまったら

 

 悪の大王 になる恐れがある。

 

 教師の力量が試される子なので

 

 1年間、

 心して向き合っていきます」

 


 

 

ADHD児は

 

教師や親の力を伸ばしてくれる

 

試金石的な存在です。

 

 

 

苦労は後で報われますから、

 

根気よく楽しんで育てましょう。

 

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 


テーマ:

 

「読み聞かせが好きなら国語は?」

 

と尋ねられた少年、虹一くんは

 

「教科書見ると頭痛くなる」

 

と言いました。

 

 

 

それから、彼は国語の教科書を開き、

無言でページを見つめながら

 

盛んに目をしばたたかせ、

 

「一樹くん、読んで」と差し出しました。

 

 

 

 

 

あ、この子には学習障害もありそう…。

 

 

『僕らは奇跡でできている』第4話、

切なくもリアルな一場面でした。

 

 

 

 

学習障害の人は、ざっくり見て

20人に1人はいると言われています。

 

なのに、発見が難しい。

 

さんざん苦労を重ねた挙句、

成人後にやっと判明する人もいます。

 


 

 

 

私は、次男が発達検査を受けた際

「ADHDですが

 学習障害(LD)はありません」

と言われました。

 

 (ADHDとLDは合併例が多いです)

 

 

 

教科書を音読する宿題を、

「やりたくない!!」と泣き叫んで

毎日抵抗していた次男です。

 

でも、それはひとえに

「面倒くさいから嫌」だっただけ。笑

 

 

彼は音読が難しいのかも、と

疑ったことはありませんでした。

 

 

 

なぜなら、次男は小1の頃から

 

『マンガ日本の歴史』とか

『マンガで読む偉人の伝記』とか

 

説明が多く、絵を見るだけでは

楽しめない作品を読んでいました。

 

 

ギャグマンガのセリフを音読しては

げらげら笑いこけていました。

 

 

書き文字はとても乱雑でしたが、

これも「面倒くさいから」。

 

何かの拍子にスイッチが入ると

そこそこキレイな字を書けました。

 

 

要は「好きならできる」んです。

 

 

 

でも、学習障害をもつ子は

 

がんばればキレイに書ける とか

 

好きなものならスラスラ読める とか

 

いう「出来のムラ」がありません。

 

 

常に、安定して、しんどい。

 

これが見極めポイントです。

 

 

 

この知識をふまえて相手を観察し、

 

「あれ?」と感じたら

 

本人の思いをよく聞いてあげる 

 

学習障害は早期発見できるはず。

 

 

 

 

 

『僕キセ』の虹一くん(ADHD+LD)は、

 

授業に身が入らず、しょっちゅう

先生に注意されている 子です。

 

 

それは、

注意がそれやすい特性だけでなく、

 

「教科書を読めないから」

授業についていけず、興味が持てない

 

せいかもしれません。

 

 

図工と体育以外の勉強が嫌い なのも

 

「字が読みにくい」問題と

関係している可能性があります。

 

 

 

本人を観察すれば

もっと手がかりが得られます。

 

 

 ・テレビの内容はよく理解している

 ・読み聞かせも楽しんでいる

 

から知能に問題はなさそうなのに、

音読をやらせると

 

 ・自分で読むことを嫌がる

 ・読むとき目をしばたたかせる

 ・異常にたどたどしい読み方

 

なら、

「字の見え方に問題あり?」と

疑った方がいいです。

 

 

「字が見えにくい?」

 

と、よく話を聞いてあげてください。

 

 

 

 

 

 

虹一くんの母親はシングルマザーです。

 

「普通こだわり」をもつ人で、

息子の個性を歓迎していません。

 

しかも、彼女は

「普通ではない」息子のことで

しょっちゅう先生から小言をくらい、

精神的余裕を失くしています。

 

 

勉強の遅れを指摘されて

焦った虹一母は、

彼の「しんどさ」に気づかぬまま、

問答無用で

彼を塾へ通わせています。

 

 

 

虹一くんは、とても可哀想です。

 

学校でしんどい思いをしているのに、

放課後まで

「たくさんの字を読み書き=勉強」

を強いられるのですから。

 

 

知的探究心を満たせて楽しい

一樹との交流も、

「変わり者」を嫌悪する母親に

禁止されてしまいました。

 

 

虹一くんは、のびのびするチャンスを

奪われています。

 

これでは人生が楽しくない…。

 

 

 

余談ですが、

 

小学生にとって

もっとも大切なことの1つは


「のびのび遊ぶ」ことです。

 

 

机上の勉強なんか

中学に入ってからでも間に合います。

 

遊び足りない子は中高で伸びません。

 

 

 

 

 

話を戻します。

 

 

日常のちょっとしたシーンで

 

何か困ってそうなサインを

 

弱く発している子に気づいたら、

 

わが子でも、他人の子でも、

 

「どうしたの?」と

 

優しく声をかけてみてください。

 

 

 

社会の大切な宝である子どもは、

親の力だけでは育てきれないので。

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

【関連記事】

 

ADHD目線で見た『僕らは奇跡でできている』

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 


テーマ:

 

えーっ!

 

1年間に 女性が洋服にかけるお金は

 

「平均46,000円」ですと?

 

 

少なすぎて驚きました…。 ( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

以下、NHK『あさイチ』HP 

 

「"失敗しない"服の買い方」より。

 

分かっていても止められないのが

「衝動買い」

 

その場の勢いで買ったものの

「ほとんど着る機会がなかった・・・」

という経験、ありませんか。

 

片づけアドバイザーの石阪京子さん

によると、

衝動買いを防ぐためには

「その服を着る

 1回あたりのコスト」

計算することがおすすめです。

 

価格を、その服を着るであろう

回数で割った結果が

1,000円以下になれば、

「元を取った」と思える人が多い

とのことでした。

 

 

 

「元が取れた」=

「失敗しない」の判断基準は

 

着用単価 ≦ 1,000円

 

ですか…。

 

 

 

 

まず、

冠婚葬祭用の服は

除外して考えるべきですね。

 

「元を取る」といった基準で

選ぶものではないし、

 

着用単価は高いはずなので。

 

 

 

 

問題は、普段着や外出着。

 

 

着用単価、

つまり「単品コスパ」は

一見もっともらしい基準です。

 

でも、これは

現実的に使える気がしません。

 

 

着用単価1,000円。

 

ファストファッションの服なら

2、3回着れば

ほぼクリアする計算でしょう?

 

でも、そんな感覚は

もったいない気がします。

 

 

 

 

そもそも、服を買う時点で

 

「これを何回着るか」

 

正確に予想することなど

できるでしょうか?

 

 

 

それができる人なら、

 

 

「試着室ではよかったのに、

 家に帰ってきたら何か違った・・・」

 

「試着したのに

 サイズが合っていなかった」

 

「同じような服ばかり買ってしまう」

 

「せっかく買ったのに

 ほとんど着ていない」


 

などの失敗もしないはずですが、

 

そんな人は稀です。

 

 

 

 

発想を切り替えましょう。

 

 

 

ADHD系など

衝動買いで失敗しやすい方は、

 

"失敗をリカバーできる" 

 

手段を選ぶ のも一案では。

 

 

「単価計算」よりも

 

「返品可能な店で買う」方が

 

買い物の失敗を減らせそうです。

 

 

 

 

 

ちなみに、

通販での失敗を防ぐ方法について。

 

 

「体に合う手持ち服の寸法を

 測っておいて、

 商品ページの寸法表示と

 照らしあわせる」

 

 

「迷ったら白か黒を買え」

 

 

は基本テクニック。

 

ですが、これを守っていても

失敗は起きます。

 

 

パターンが体に合っているかや

製品の個体差などは

 

試着してみないと分からないから。

 

 

 

 

失敗したって いいじゃないですか。

 

 

人間、生きている限り

 

失敗するのは当たり前。

 

 

失敗は教訓にすればいいんです。(^^)

 

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★
 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス