不運を嘆く、みたいなことってすごくよくない気もするんです。

実際、運命とか、そういうものがないと思ってるかと問われればそうでもなくて、割とスピリチュアル的な思考回路を持ってるほうなんだけど、

でもやっぱ、

「一生懸命に準備してきた運動会なのに、どうして当日に雨が降るんだろう」みたいなことを、あれこれ考えても仕方がない。

降ったのだ、雨が。以上。

だけど僕ら、ついつい、「日頃の行いが悪かったからだ」とか「神さまはいつも自分に冷たい」とかって、考えちゃう。「次もまた意地悪される」なんてことまで。

よくない。

雨が降って運動会が中止になったのなら、「じゃあ代わりになにして遊ぶ??」てこと考え始めた方が、当たり前だけどハッピーだ。

降った雨は追い返せない。自分ではどうにもできないことに憤ったり泣いたりしてる時間は、なんかもったいない。

できなくなったことよりも、まだなんとかできそうなことは何か、って、感謝まじりに考えた方がいい。

悲しいことがあると視野が狭くなる。狭くなった視野は、すぐ隣にいるすごく大切な人のこととかをうっかり見落としたりする。

気をつけよう、って、おもったりするのです。すくなくとも、僕が泣いていると悲しむ人もいるってこと、ちと思い出すとよかったりする。めんどくさいけど、それが人のためだってなら、落ち込まない、っていうこともやれたりするもんです。

どーにもならないことは、どーでもいいこと。だって、運動会の当日が晴れても、自分の手柄にはならないしさ。

ただただ、運が悪かったとしか思えないことってたくさんあるけど、考えすぎないでね。

・・・・





・・・・





僕がやってるオンラインサロンMonogatalinaというのがあるんですが、今夜は歩きながら年末に岡山で上演される物語の構想を練っていて、サロンの住人に向けて公開執筆会のようなことをしました。誰か相手に話していると頭の中が整理されてありがたい。なかなか直接は会えない世界だから、ありがたさを感じます。
おやすみなさい。どうか素敵な夢をみれますように。朝の気温が読めない今日このごろなので、気をつけて。

すーずしい!

まさか本当に8月の終わりと同時に夏が去ったのかと、2020年の夏の律儀さに、愛しさを切なさと心強さと。あと、寂しさと。

僕らはせいぜいが上着を羽織ればなんとかなるけれど、セミなんてちょっとびっくりしてるでしょう?

「さっむーぅ。土の中にいったん避難しよっかな。」なんつって、また土の中で次の夏を待てばいいのに。

さっきから、「ミーン」とか「ジー」なんて泣いてるけど、たまに「へっくし」てくしゃみが混ざってる。


アサガオのやつも、のっぴきならなかろうでしょ?

むしろ、「夏の間に枯れ損ねた!」なんつって、このまま枯れずに成長し続けて大樹にでもなってしまえばいいのに。

アサガオの大樹にクリスマスの飾り付けをしたい。一緒にサンタさん待ちたい。

大晦日にはアサガオも花をしぼませずにちゃんと夜更かしして除夜の鐘を聞いてほしい。煩悩なんかないかもわからないけど。

・・・・・・・・・



・・・・・・・


・・・・・・・

今日もとびきり楽しい1日でありますように。寒暖差で体調なんてくずしたらダメだわよ。

夏休みが4日!?

今年の夏休み事情は例年とぜんぜん違うらしいですね。

いくら8月末とは言え「たまっていた夏休みの宿題を半泣きでやる」みたいな恒例行事、今年はないのかな。

いっぽう、わたくしはですね、宿題、宿題、宿題の嵐。ホームワークタイフーンが襲来し続けです。まあ、夏休みは関係ない。そもそも、家でやる仕事が多いだけです職業柄ね。

てか、「宿題」というニュアンスが嫌だからみんな、わざわざオフィスを構えたりするのかもですね。僕も、座ってるのが苦手だから、宿題といいつつ、図書館行ったりカフェいったり。基本、散歩して、地べたに座って、ちょっとなにか書いて、また歩いて、みたいなのが多い。宿題というか、道題。


それにしても、リモートとかテレワークとかであらゆる仕事が「宿題」になっちゃって、小学校のころから宿題提出能力の高かった者たちが勝利するかもですね。

僕ですか?

提出物に関する能力はズタズタでした。出さなかった事はないけど、図工の作品とか、納得いくまでは提出したくなくて、半年とか1年とか経ってから提出したりしてました。魂が合うまではひとに作品見せたくない、みたいなのは昔からでした。よくないことです。

自由研究というか、自由工作は大好きでした。これも、夏休みが終わったからって研究が完結するわけもなく、1年中続けたりして、提出はなかなかたできなかったものです。でも、研究することが大切なんだから、提出したかどうかで評価されるなんておかしいだろ!みたいなこと考えてましたね。

いまだに提出できていない自由研究を、まだ続けてるようなもんですね。気付けばそれが仕事になっちゃってたりもして。
先日新宿で見つけたおもしろもの。積み重ねられた椅子を横から撮りましたの。