OASYSの社長をやってる関谷有三のブログ

たった一人しかない自分を、たった一度しかない一生を、
ほんとうに生かさなかったら、人間生まれてきたかいがないじゃないか。
(山本有三「路傍の石」より)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

宣言が解除されたいまの気持ちの話。

宣言が明けてステップ1とやらで、
週末あたりステップ2になるらしい。
よくわからず、なにが、なんで??
もやっとするけどまあいいとしよう。


見たこともないような赤字を経験し、
返せるかわからない借金も抱えたけど、
グループ約250名の誰一人として、
解雇や1円たりとも減給をせずに、
今日という宣言解除を迎えられた。
それだけでも恵まれたと思わないと。


まだまだ経済全開には程遠ーい
だろうけど、長い長いロンバケが
ひと段落で肩がすこーしだけ、
きもーち楽になった気がする。
後は見えない敵ではなくて、
やるべき事の課題の山との戦い。
大変は大変だけど気持ちは明るい。


監禁生活を支えてくれた相棒たち。
ネトフリ、正麺、宝缶チューハイに、
感謝としばしのさよならを告げよう。
これからは程よい距離の付き合いで。


水商売やイベント業界など、まだまだ
先の見えない方々にはかける言葉も
見つかりませんが。。。


世界や日本全体の事を心配してる
余裕も器もありません。
いいわけも見栄も張りません。
自社と社員を守り、お客様だけに
フォーカスあてて頑張ります。


幸い夏生まれで、夏が好きで良かった。
大好きな夏に、死ぬほど頑張ります。
自己満な想いとメッセージだけど、
まずは気持ちを込めるところから。


コロナと共に生きる話。

明日からGWに入るので、

コロナに対しての今の考えを

独り言的にまとめてみます。

社内向け、社外向けっていう

内容でなく、単なる現時点での

私見なのであしからず。

 

 

緊急事態宣言、

休業自粛要請、

ステイホーム、

アフターコロナ、

休業補償問題、

雇用調整助成金、

 

 

どれだけ続くのか、

乗り越えられるのか。

サービス業を経営していると、

ずっと焦って、変な夢見て、

おかしな時間に目が覚める。

 

 

外出はだめで、

ジョギングはいい。

外出はだめで、

飲食は8時まで営業可。

線引も難しく、

正義が何かもわかりづらい。

みんなが不安や不満を

多く抱え、誰かを叩き、

ZOOM飲みでしこたま酔う。

 

 

なんとなくわかってきたことは、

この問題は思っていた以上に、

かなり長く続くっていうこと。

 

 

イライラや思考停止で

悶々としているよりも、

いち早く順応して、共存して、

新たな生き方、生きる術を、

色々試して模索するしかない。

 

 

同じような世界や日常には、

きっともう戻ることはないと

覚悟してしまった方が気が楽だ。

 

 

その中で、どうしたら良いのか。

変化できなければ先はない。

 

 

新たな働き方、新たな稼ぎ方、

新たな生活スタイルを見出し、

変化して、順応して、

不便や不快なことを

新たなチャンスや価値に

変えていかなきゃいけない。

 

 

言うのは簡単で、

実行するのはずっとずっと

難しいことなんだけど、

僕自身もどうしたら良いかって

正解はまだ見つからないけど、

それでも生き抜くために、

会社や仲間を守るために、

無理やりでも受け入れて

コロナと共にある世界を

あがき続けていこうと思う。

 

 

タカラ缶酎ハイロング缶と

正麺を食べすぎて3キロ太った。

まずはこの問題をなんとかしたい。

エイプリルフールではない話。

【宣言】

話すとすべて叩かれる。
話さないと問われ叩かれる。
言っても言わなくても叩かれる。

あえて沈黙してましたが、
今の考えを綴ろうと思いました。

憶測や愚痴や不満は、
おいておきます。
星の数ほど言いたいことや、
不満や不安はそりゃあるけど、
思考停止と愚痴だけはやめよう。

経営者がやることは、
最後の一人になっても、
お客様に向き合い、
給料を遅延なく払うこと。

起業した時から決めていたし、
どんな時にでも果たしてきた。
これからだって絶対にはたす。

僕がコロナにかかっても、
国がデフォルトしても、
たとえ死んだとしても、
絶対に必ずやること。
やらなきゃいけないこと。
それが経営をするということ。

法人という人格者を己で
生んだ以上は、責任がある。
どんな時にでも守り抜く。

ただそれだけ。
不満も不安も関係ない。
日本の最後の一人になっても、
やりぬきます。それが経営者。

あえて宣言する必要はないけど、
発言のエビデンスと覚悟のために
約束のために公然と綴っておきます。

飲食業も、イベント業も、
夜の世界の接客業も、
経営すると決めた時から、
経営は何が起きても自己責任。
いい時だってあったんだから。

もっとも弱いスタッフに、
胸を張って伝えます。
最後の一人になっても守ります。
でも、僕一人では非力なので、
みんな、力を貸してください。
そして、全力で守り抜きます。

オアシスは逆境に強い会社です。
変化できる会社が1番強い。

関谷

逆説的な我慢やストレスの乗り越え方についての話。

フェイスブックに6年前の写真が。
台湾の新聞に載ったものですが、
決して犯罪絡みではありません(笑)。


もう今年も早いもので、2月も半ば。
世界的にコロナウイルスパニックが
日に日に広がる中、オリンピックや
アメリカ大統領選も近づいてきてます。
割と激動の1年になりそうですね。


個人的には本厄や大殺界のど真ん中を
抜けたせいなのかはわかりませんが、
年末年始の調子が悪かった時よりも
日に日に元気になってきてます。


体調を崩した原因も、精密検査の結果、
胆のう炎だとわかり、緊急を要しない
ものの、胆のうを摘出するか否かの
判断のための検査を今度受けてきます。
※現在は症状もなくすこぶる元気です。


胆のう専門の日赤のお医者さんからは、
胆のうは無くても全く食生活や運動制限も
ないとの事で摘出を勧めて頂いてますが、
手術も入院もしたことないので、
回避できたら良いなと願っています(笑)。


さて、我慢やストレスなどの悩みについて。
誰だってできることなら避けたいですよね。
我慢やストレスだらけの毎日なんて、
想像すらしたくもないし最悪ですが、
仕事のトラブル、人間関係、借金、
満員電車、、人生にしんどい事は多い。


我慢やストレスがない人なんていないし、
どんなに側から見れば楽しそうに見えても、
当の本人は実は悩んでいるなんて事も多い。


では、どうやって向き合っていくか、
乗り越えていけるか考えてみます。


本来は逃げず、目を逸らさずに、
問題解決する事がベストなんですが、
そんなに人間は強くない。
僕も割とガラスのハートなんで(笑)、
ガチで立ち向かうことは出来れば避けたい。
どうしても仕方ない場合に限っては、
どんなに嫌でも向き合いますが。。。


その他の悩みはどうするかというと、
大きなリターンを得られるための、
ポジティブな我慢やストレスをあえて作り、
そっちの課題解決に没頭するようにする。
悩みで悩みを覆い隠す作戦です(笑)。


人間は暇だと凄く悩むんですが、
夢中で没頭しているものがあると、
割と気にならなくなるものです。
ましてやリターンが得られるための
障害や困難の場合は乗り越えると、
そもそもの悩みを解決してくれる
大きな手助けにもなってくれます。


僕の場合は、仕事における新たな
チャレンジがそう。チャレンジっていうと
聞こえはいいですが、0から1を生む行為は、
いやーしんどい。我慢やストレスだらけ。
しかも簡単にうまくいくことをやってる
わけではないので、最低3年は続きます。


でもチャレンジや自己成長の為の、
我慢やストレスはそりゃ辛いんだけど、
自ら選んだものだし、リターンが大きいので
割と耐えられる。また没頭していると、
他の悩みが気にならなくなってきます。
さらには、0から1を乗り越えると自信や
金銭的な見返りも大きく、他の問題解決に
繋がったりする。


酒やギャンブルや薬に逃げたり、
趣味でちょこっとリフレッシュしても、
一瞬楽しくても問題解決には繋がらない。
ポジティブな仕事上の大きな困難に向かい、
よりしんどい悩みを自ら作り出すことで、
他の悩みが気にならなくなり、さらに、
問題解決につながるという循環。


反対に人生や仕事にうまく行ってなく、
ネガティブで暇なひと達に関わってると
文句と他責ばかりでドツボにハマります。


ネガティブな悩みをポジティブな悩みで
没頭して包み込み、レベルアップを目指す。
決して正攻法ではありませんが(笑)、
僕のようなガラスのハートの方には、
荒療治としてオススメです。

明けましておめでとうございます。年頭挨拶的な話。

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

大晦日遅くまで勤務だった人、

元旦朝早くから勤務だった人、

年末年始本当にお疲れさまです。

店舗を支えてくれてありがとう。

心から感謝致します。

 

また、休みが取れている人は、

折角のお正月休みですので、

のんびりと休暇を満喫してください。

 

また、多くのお客様、そして関係者様、

昨年は大変お世話になりました。

この場を借りて深く御礼申し上げます。

 

昨年はアップダウンのあるタフな一年

となりました。グループ全体で今年3月での

上場を目指し準備を続けて来ましたが、

スケジュールを白紙とすることとしました。

 

主な原因としては、現在グループの一番の

売上部門である飲食事業において、

社会現象ともいえる空前のタピオカブームの

反動で、売上が計画を下回る結果となり、

より強固な基盤整備の必要があるためです。

 

ブームは大きくなりすぎてしまうと、

その分短期的に大きな反動が来てしまうので、

懸念はしてましたが、予想を遥かに上回り

ブームを超え社会現象となってしまいました。

 

その苦しい反動の中で、皆な頑張ってくれて、

12月からはまた回復傾向に向かっています。

少しずつですが、トンネルの長い先に

大きな光が確実に見えてきています。

 

もちろん順調に物事がすすむことに

越したことはありませんが、

オアシスでは、何度もこのような

波や壁を乗り越えて成長を続けてきました。

 

課題や苦境というものは喜んで迎える事は

できませんが、乗り越え振り返った時に、

物事が飛躍的によくなるターニングポイント

だったと思えることばかりです。

渦中ではすごく大変ではあるんですが(笑)。

 

創業事業であり、長年グループを支え続けて

くれている水環境ソリューション事業。

ブームを乗り越え骨太な事業へと変革成長を

遂げようとしているカフェ・スタンド事業。

答えが全くない中、毎日悪戦苦闘しながらも、

大きな飛躍が見えてきたアパレル事業。

そして、それら個性的な事業を日々支えて

くれているホールディングスの皆。

 

いつも本当にありがとう。

今年もみんなで頑張っていきましょう。

乗り越えられない壁なんてないし、

今までだって、いくつもいくつも、

何度も何度も、乗り越えてきました。

 

2020年は日本にとっても転換の年。

オリンピック後に何が待ち受けているのか

誰にもわかってはいません。

今絶好調と言われている個人や会社が

リーマンショックの時のように、

ある日突然だめになることだってあるし、

その逆だってあります。

 

オアシスが多角化をしている理由は、

そのような社会現象や景気の変動が

起きても乗り越えられるようにするため。

 

オアシスの頼れる素敵な仲間たちと共に、

いつも支えて頂いている関係者の皆様と、

日々当グループをご愛好頂いております

多くのお客様の期待に答えられます様に、

「努力と笑顔」を絶やさずに尽力して参ります。

 

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2020年元旦

株式会社オアシスライフスタイルグループ

代表取締役 関谷有三

働き方改革を成功させる1番のポイントの話。





先日ワークウェスーツの記者会見を
行いました。身体や脳波に与える
影響を鹿屋体育大学にて実証実験を
行い素晴らしい結果が出ました。


WWSは通常のスーツと比べて、
5倍近く疲労を軽減させ、快適で、
集中力も高まる事が実証できました。
まさに働き方改革時代に最適な服。


自身もWWSの愛好者であるロコンドの
田中社長もゲストで登壇して頂き、
大変盛り上がった会見になりました。


さて、働き方改革と言われてかなり
の時が経ちます。時短やら、在宅やら、
まさにワークライフバランスの時代。


なんですが、結局働き方改革って
やってみても作業効率が悪くなったり、
なんだかんだで、業績が悪くなると、
続かないし、見直すことになる。


利益が潤沢に出ている大手企業や、
GAFAみたいな利益が死ぬほど
でているシリコンバレーの会社なら
いくらでもテストできますが、
ギリギリでやってる会社では、
なかなかきついものがあります。


経営者目線でいえば、
ブラックになりたい社長なんか
まったくもっていないわけであって、
利益がでないから、仕方なく、
キツイ労働力やサービス残業に
頼って利益をなんとか出している。


つまるところ、どんな仕事も
ガンガン利益が出る仕組みや
三方良しのビジネスモデルがないと、
小手先の何を変えても抜本的に
よりよく変えるのは難しい。


働き方改革は、利益の確保が
バランスよく伴わないと、
結局は理想論で終わってしまう。


週休3日でも、在宅がメインでも、
仕事中雑談ばっかりでも、
遊ぶようにふざけて働いてても、
利益が適正かつちゃんとした形で
たっぷりでていたらなんにも
問題がありません。


どうすれば作業効率が高くなるか、
どうすれば経費削減できるか、
どうすれば残業を減らせるか、
の議論はもちろん必要で大切だけど、
利益がガツーンときっちりでる
仕組みやモデルを頭ひねって
構築する事も諦めずにやらないと
いけないなと思います。


このあたりは経営者が
しっかりやらないといけない
大事なミッションですね。
という事で、最近は頭すり減らして
色々と考えています。すぐには、
特効薬は見つかりませんが、
考え続ける事と試行錯誤すること
を逃げずにモヤモヤ日々やってます。


簡単にできないから、
しんどいし、もどかしいんだけど、
簡単にできないからこそ、
やる意味があり、楽しかったりもする。


社員達の頑張りを何倍もの成果に
繋げてあげられるようにしたい。
もっと働きやすく、長く続けられる
いい職場環境に変えていきたい。
しっかりと有言実行できるように、
もっと考え、もっと行動していきます!

ジャングルジム型スキルの身につけ方の話。



WWSのデザイナーズモデルの
YZOがレッドカーペットデビュー。
濱田岳さんに着用頂きました!
実はこれは僕らの貸出しではなく、
普通に報道で知りました(笑)。


着実にワークウェアスーツの認知が
日に日にどんどん広まってきていて、
不思議なきもしますが、有難い限り。


さて、令和時代に活躍するスキルに
ついて少々。これからの時代は、
スペシャリストもゼネラリストも
そう簡単に生き残るのは難しい。


どんなに特別なスキルがあっても、
ある日突然、AIやロボットに
代用される可能性があります。
また広く浅く程度のスキルじゃ、
突き抜けることはできません。


両方を高い次元で兼ね備えてる
マルチな人材が求められています。
いわゆるジャングルジム型人材。 
縦にも横にも斜めにも自由自在に
すいすい渡れ、変化にも強い。
優秀な人材の宝庫であるGoogleで
最も高く評価される能力です。


それではジャングルジム型スキルを
身につけるため必要な方法とは。
僕自身も割とジャングルジム型だし、
オアシスにも数多く存在してます。
だからうちは変化に強く、どんどん
新たな事業が生まれうまく行く。


マルチな能力を伸ばすためには、
以下の5段回ステップの繰り返し。


①まずできるようになる。
②凄くできるようになる。
③仕組みを作り教育する。
④併走して大胆に任せる。
⑤新たなことをはじめる。
また①に戻る。


このサイクルを高速で、
20〜30回くらい回せば、
ジャングルジム人材になれます。


僕から見てると、世の中の人は
②で終わっている人が多い。
また、任せても、ちゃんと併走して
ないケースも多い。任せっぱなし。


自分のスキルやノウハウを
己の8がけ以上引き継げたら、
未知のゾーンのことを始めないと
いけないわけです。
そりゃ今までの経験が活きない
全く新たなことは大変だから、
今うまくいってる事をやり続けた
方が楽に決まっています。


でもそれではスキルの幅は
いつまでたっても広がらないし、
極めた事がテクノロジーにある日
突然とってかわられたら、
とたんにゲームオーバーです。


ジャニーズのタレントさんも、
カッコいいだけではだめで、
歌って踊れるだけでもダメで、
演技もお笑いもキャスターも
できて初めて評価されています。
お笑いの世界も、MCや俳優も
できる人が活躍しています。


僕自身ももっともっと出来る事を
増やし、自分より優秀な部下を育て、
うまく行くまで併走し、大胆に任せ、
新たなチャレンジを今まで以上に
トライしていきたいと思います。


早いものでもう10月も終わり。
残り少ない令和元年駆け抜けます。


ORじゃなくてANDでいいじゃんって話。






春水堂の中四国では初となる
広島EKIE店がオープンしました。
多くのお客様にいらして頂き感謝です。


広島は東京から行きづらい事もあり、
あまり馴染みがありませんでしたが、
ご飯もお酒も美味しく、人も優しく、
大好きな街となりました。


広島の方々また広島にお越しの際には、
是非春水堂にもお立ち寄り下さい。
広島限定のトリプルベリージャスミンティー
を味わいに来てください!!


さて、自分らしくあり続ける事と、
社会人として自分を曲げる事について。
30すぎ位までの僕は両立は無理だと
完全に諦めていました。


ヒゲも剃り、嫌いなスーツを着て、
もっと嫌いなネクタイしめて、
安い革靴を何足も履き潰し、
苦手な人と無理矢理会食したり、
行きたくないゴルフコンペに行き、
それがお金を稼ぐことであり、
社会人としての務めなんだと
思っていた。


自称一流コンサルタントという方に、
あなたは人間がふざけている。
もっと真面目になれ。私語は慎め。
経営者としての自覚と責任感を
もっともっと持たなければ失格だ。
何百回も言われ、いつしか真に受け、
自分らしさってなんだったのか
すらもわからなくなっていた。
考える事すらも放棄していた。


売上も利益も倍々で伸びていたので、
それが正解なんだと納得もしていた。


ある日の朝、何かがポキっと折れた。
会社に行きたくない自分がいた。
自分で作った会社なはずなのに、
偽りの自分であり続ける事に、
心が完全に拒絶してしまったのだ。


何もかも失ったとしても、
自分らしくある事を選ぼうと決めた。

でも次の瞬間、その事も間違いだと
気づく事ができた。


なんでORで考えるんだ。
自分らしくあることは、なんで、
何かを失うことに繋がるんだ。
自分らしくあることと、
会社を成長させる事をANDで
実現しようと心に決めた。


自分らしさも妥協せずに、
圧倒的な結果も絶対に出す。
でないと、自分らしくある事に
堂々と誇りを持てない気がした。


そう決めてから10年がたつ。
会社は急成長を遂げていた。
新卒が50名入社する規模になった。
苦しい時がなかったわけでは
ありませんが、仲間が支えてくれた。


毎日大笑いして、仕事に関係ない
くだらない私語ばかりして、
つまらないギャグで皆に引かれて、
好きな服を着て、基本的にいつでも
Tシャツとサンダルで出勤して、
眠くなったらソファーで昼寝して、
社内のキッチンでエアDJ対決して、
苦手な人とは絶対にご飯食べないし、
ゴルフセットは10年前に捨てました。


それでも会社は成長できる。
毎日が楽しいと言い切れる。
ANDで目指したから出来た。
絶対に自分らしさと結果を
妥協しないって決めたから出来た。


ライフとワークのバランスなんて
とらない。ライフもワークも
満点にしちゃえばいいだけ。


僕の永遠のヒーローはルパン。
目指してる社風と規模はGoogle。
出来ないなんて思わない。
いつもANDでどうやったら
できるとしか考えない。


もちろんまだまだこれからなので、
自分らしく、そして、結果にも
こだわり、楽しく生きていきます!


10月も仲間と共に頑張ります!!

ノーベル賞的発見!?仕事を頑張る目的の話。




最近特に色んなとこにいって、
色んなことをやってるので、
時間が過ぎるのが超絶早い。
そして、ふと気がつくと、
頭も体もフラフラっす(笑)。


テニスボールを追いかける
犬のごとく夢中になれることが、
沢山あるのは幸せなのだが、 
楽しすぎて全てに手が抜けない。
限られた体力と時間の
使い方を工夫しないとなぁ。


さて、仕事を頑張る目的の
究極の答えに辿り着いた話。
仕事の目的って本来は、
人によって答えはバラバラ。


お金のため。自己成長のため。
売上のため。利益のため。
お客様のため。社会貢献のため。
出世のため。キャリアアップのため。
暇つぶしのため。家族のため。
仲間のため。老後のため。
マイホームのため。ローンのため。
世界平和のため。宇宙に行くため。


本当に目的は人それぞれだ。
人それぞれだから、他人の
モチベーション形成って難しい。
そして、その目的って、
ステージや環境によって、
その都度変わることも多い。


僕は仕事を頑張るための
動機形成って、マネジメントの
9割を占めると思っています。
さらに、それは短期的ではなく、
中長期に続く継続性のある
ものでないとあまり意味がない。


この動機形成や部下の指導に
関しての僕なりの究極の答え。
それは、仕事を頑張る目的って、


周囲からの「信頼」を得るため。
そして、
自分自身に「自信」を得るため。
と置き換えると全てに合点がいく。


また、部下の指導のゴールを、
周囲からの「信頼」を得させること。
そして、
自身への「自信」を持たせること。
に置き換えると全てに合点がいく。


時代や価値観が変わっても、
テクノロジーが変化しても、
急激なデフレやインフレで
お金の価値が変わっても、
オリンピックが終わって
バブルがはじけたとしても、


周囲や仲間からの信頼や、
自他共に認める自信って、
価値が損なうことはないし、
その他の価値を手に入れる
魔法のカードになるのだ。


絶対的な信頼と自信があれば、
時間差は多少あったとしても、
アラジンのランプのように、
大抵のものは手に入れられる。


一生懸命に頑張る理由も、
高い売上を目指す理由も、
遅刻しちゃいけない理由も、
嘘をついちゃいけない理由も、

人を騙しちゃいけない理由も、
お客様に喜んでもらう理由も、
挨拶をちゃんとする理由も、
人を褒めて育てる理由も、

大胆に人に任せる理由も、
任せても放任はしない理由も、
簡単には諦めない理由も、
決めたらやり抜く理由も、


目的を信頼と自信を得るために
置き換えると全てに合点がいく。


僕自身も20代や30代の苦しい
時代に得られた信頼や自信は、
一生ものの輝く財産になった。
これらのお陰で、どんなことに
だってチャレンジ出来るし、
大抵のことはうまくいく。


他人が助けてくれることだって、
信頼や自信があるからこそだ。
人を惹きつける事ができるのも、
信頼や自信があるからこそだ。
様々な事業がうまくいくのも、
信頼や自信があるからこそだ。  
 

信頼と自信は合わさると強い。
どちらもなければまずは信頼から。
そして信頼や自信には限界はない。
謙虚にさらなる上を目指し、
貪欲にもっともっと高めたい。


短期的にお金を得ることや、
近道して楽に成功する事を、
安易に目指す人が多いですが、
中長期ではマイナスの結果に
繋がってしまう事が多いです。


芸能人の彼女をひけらかすことって、
宇宙に行くとこを自慢することって、
現代アートを下品に買い漁ることって、
自分に自信がないことの裏返しだし、
長年積み重ねてきた大切な信頼を
切り売りして、いつか失ってしまう。


あ、妬みからくる愚痴ですね(笑)
あくまで個人の見解であり偏見です。
あれだけの成功をされた方です。
素晴らしい方なんだと思います。


話はそれてしまいましたが、
仕事って信頼や自信を手に入れるのに
ダイレクトに繋がるし、効率もいい。
見えない苦労や誰にも知られない
努力すらも全てちゃんと繋がっている。
物事や考えや行動を信頼と自信に
結びつけてみるとスッキリしますよ。


さてと、残り少ない2019年も、
ガンガンいきます。アクセル全開です。
まだまだ頑張りまーす!
いつまでかって?どこまでかって?
令和が終わるころに考えます(笑)。



フリーアドレスにしたのは、成功か失敗かの話。

オアシスの青山本社では、

セミフリーアドレス制を採用してます。

総務、経理、デザイングループなどの

モニターが必要なメンバーは固定。

その他の事業グループの社員は、

フリーアドレスで仕事しています。

 

 

割合は50%50%くらいですね。

僕はもちろんフリーアドレスで、

一般スタッフに混じって、

毎朝席を選んで仕事しています。

 

 

中央の席の白Tが僕。

 

カフェで仕事してる感覚です。

 

私物はロッカーへ。

 

 

フリーアドレスを採用する前は、

不安もたくさんありましたが、

結論めちゃくちゃ良かったです。

 

 

ほとんどの備品は共用で十分。

ほとんどの資料は不要でした。

固定席が決まっているよりも、

プロジェクト単位で席替えする方が

はるかに業務効率がいい。

 

 

僕は社長室を作った事がありません。

社長室がなくて困ったことも、

不都合を感じた事も一切ありません。

むしろ寂しがり屋の僕は、

社長室なんて拷問に近いですね(笑)。

 

 

社長がすぐとなりにいるって、

スタッフからしたら煙たいのかも

しれませんが(笑)、

気軽に直ちょく相談がくるし、

相談内容を即断即決できるので、

かなり便利がられています。

 

 

オアシスが目指している組織は、

FREE FLAT FLEXIBLE

自由で、フラットで、柔軟なチーム。

 

 

上下ガチガチ、閉鎖的で硬直した

組織は個人的には大の苦手です。

もちろん会社の規模や風土として、

縦割りで上下がしっかりしていて、

社長は社長室に籠もっていた方が、

いい会社もあろうかと思います。

 

 

僕が起業した理由の一つは、

大好きな仲間と、ワイワイガヤガヤ、

毎日が文化祭みたいな雰囲気で

仕事をしたかったから。

子供みたいな理由が本音です。

 

 

もちろんオアシスグループ内でも、

業種や部署によっては、

そぐわない場面もありますが、

会社全体の文化としては、

Googleのような社風を目指しています。

 

 

正解はないです。

オアシスではワクワクする方を、

選ぶようにしているだけ。

仕事に関わる時間って

人生においてはめちゃくちゃ長い。

 

 

会社が自由で楽しい場所で、

職場の仲間といるのが楽しくて、

月曜日を待ち遠しく思えるなら、

人生は100倍、1000倍、面白くなる。

 

 

MORE FREE

MORE FLAT

MORE FLEXIBLE

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>