鬼川の山行日誌
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

あきつのとなめ 2

   蜻蛉島とはどこか(『盗まれた神話』)   続き
                                   (14,6,27記、一部改)



  倭・百済連合軍が唐・新羅連合軍に壊滅的な敗北を喫した「白村江の戦い」を画

 期として、倭国が衰退していく。そしてこの戦いにほとんど参加しなかった近畿天皇

 家が、倭国の衰退に乗じて権力を簒奪したのが7世紀後半頃のことであり、これは

 天智の頃のことである。
  そして「日本国」が対外的にも(唐から)列島の王者として正式に認められたのが、

 702年のことであり、ここが「倭国から日本国へ」(九州王朝の衰退と近畿大和王

 朝の興隆)の転換点である。

  ** 近畿天皇家が「日本」を名乗り始めたのは、この7世紀半ばから8世紀の始

   めである。しかし九州王朝の史書『日本旧記』は既に6世紀の中頃には成立し

   ていたと思われるから、そもそも「日本」を名乗ったのは九州王朝らしいのであ

   るが、この点については省略。

  しかしながら天智は10年(671年)に崩じた。そして壬申の乱が起きた(672年)。

 天智の弟天武とその妻持統によって、天智の子大友の皇子(弘文)は自害に追い

 やられた。

  そしてこの天武・持統の後継王者たちによって、完成させられたのが『古事記』

 『日本書紀』なのであるから、そこに大友の皇子側ではなく、自分達こそが天智の

 意志を受け継いだ正統の王朝であることを書き記すことこそが、「記紀」の最大の

 目的となるのは当然である。

  さらに直前の倭国から日本国への権力の獲得を特筆大書きしなかったのはもち

 ろん、いにしえ(神武どころかその祖先の神話時代)から、近畿天皇家が、列島を

 支配してきたとする大義名分が、この日本書紀の根本のテーゼだからである。


  九州王朝などはなかったのであり、自分達こそが分流ではなく本家であり、倭国

 とは自分達の昔の名前であると。そしてこの歴史の書き換えに以後の歴史家たち

 つまり近畿天皇家一元主義者たちは完璧に操られてきたのである。
  これが天武の言う「削偽定実」の意味である。

  * 「記紀」の成立

  さて近畿天皇家が己を古からの列島の支配者であると、歴史を書き換える、偽

 を削り、実を定めるとは、これまで列島の支配者であった九州王朝に代々伝わる

 歴史書を換骨奪胎するということであったに違いないのである。

  既に5世紀の倭の五王(*)の時代から、とりわけ著名な倭王武の堂々たる上

 表文(478年**)からしても、漢文を使った歴史書がなかったと想定する方が

 おかしいわけである。

  そしてもう一つ、「壬申の乱」で大津の近江朝廷に有った記録類、歴史書等が焼

 失、散亡してしまったことが改めて歴史書をつくる理由であったと思われる。

  * 『三国志』につづく中国の史書『宋書』(梁の沈約しんやく著)に出てくる「讃、珍、

  済、興、武」と中国風一字名を名乗る倭国王たち。
   古代史学者たちは酷く勝手な解釈で、近畿天皇家の天皇に当ててきたが、

  それがどれだけデタラメなものかを古田は暴いている。
   『失われた九州王朝』 第二章 「倭の五王」の探求

  ** 「封国は偏遠にして、藩を外に作す。昔より祖禰そでいみずか甲冑を

      擐つらぬき、山川を跋渉ばっしょう寧処ねいしょに遑いとまあらず」

  * 『古事記』と『日本書紀』


  よく記紀の性格の違いが取りざたされるが、一言で言えば『古事記』は(712年

 成立、天地開闢より推古朝まで)近畿天皇家に伝わった伝承を核としたものであり、

 そしてそれと外国の史書(唐や百済に伝わる)や九州王朝の歴史書(古田によると

 『日本旧記』、これは『書紀』の中に名前がちらりとでてくる。)をつぎはぎし、剽窃し

 て作られたものが『日本書紀』である(720年成立、天地開闢より持統朝まで)。


  ( 百済系三史料の例ではっきりしているように、直接引用以外に大量の資料を

 三史料から切り取って『書紀』の本文としているのだそうだ。記事量の多い欽明記

 では、約70%弱がそれであるというから剽窃も甚だしい。しかもその内実は「九州

 王朝-百済」間の史実なのである。(古田))


  書紀にはあって、古事記には出てこない説話の場合はこの剽窃を疑って見る必

 要があるのだ。しかし正史とされたのはあくまで『日本書紀』であり、『古事記』は

 長い間封印され、あやうく歴史の闇に葬り去られそうになった事実があるし、「偽

 書」説も根強かった。

  * 『日本旧記』

  ところでこの神武のものとされる「あきつのとなめ」の説話は、『古事記』には出

 現しないのである。ということはどこからか取ってきて接木されたものである可能

 性がある。それは『日本旧記』からであり、この説話は九州王朝のもの以外には

 あり得ない。

  九州王朝の始祖が九州一円を平定する遠征譚の中にあったと推定されるもの

 を、神武の説話として剽窃し、場所も大和に持って来たものである。


  だから奈良盆地を指して、「まさき国」とするのも地図を俯瞰しているわけでもな

 い古代人の感覚としては明らかにおかしいものとなっているし、「内木綿」も永遠

 に解けない謎である。
  さらに神武が登って見下ろしたとされる「わきがみのほほまの丘」もどこだか分か

 らないままなのである。

  * とよのあきつしま

  書紀、古事記の国産み神話は「大八洲国」を何に当てるかにいろいろな違いが

 ある。通説では洲はシマと読まれている。
  ところが越洲、や対馬洲といった使い方からしても、越の国は島ではないしツシマ

 のシマというのはおかしいのである。「洲国を産む」としてクニと読んでいることから

 しても、この「洲」は「洲国」の省略形で「クニ」と読むべきと思われる。


  そうすると「越洲」は越のクニで、「大洲」はオオシマではなく、大国主のいたオオ

 クニ(今の島根県、出雲王朝の地)であり、「筑紫洲」も九州島全体を指すのでは

 なく、博多湾岸のツクシノクニ(チクシノクニ)であり、この三ヶ所が「記紀神話」の

 主要な舞台である。そしてこの3つは一段地名で、わりと広い地域を指している。 
  
  「大日本豊秋津洲(おおやまととよあきつしま)」は本州全体を意味するとされる場合

 はもちろんのこと、大和の国を指したりする場合もこの記紀神話の舞台からは外

 れているので、おかしいのである。

 

  とりわけ大和の国はこの頃は明らかに銅鐸文化圏であり、記紀神話の銅剣、

 銅矛文化圏ではない。 


  「大日本」は明らかに後代の美称であり、新しい意味を付与されて成立した名称

 なのである。これを除くと、豊のアキツ(洲)クニとなる。2段地名で、他には伊予の

 フタナ(洲)クニ、吉備のコ(洲)クニ、隠岐のミツゴ(洲)クニなどとなる。こちらは

 ずっと狭い。

  この豊は豊かな地という形容詞ではなく、豊クニつまり豊後・豊前、今の大分県

 である。本来の話は九州王朝の始祖が、博多湾岸から豊の国に進撃し、この地を

 平定したときの遠征譚なのであるから。 

 
  そして「アキツ」はこの豊国の「津」(湾岸を指す)に面した「アキ」という地名を意

 味している。そして実際に別府湾に面した国東半島に、今でも「安岐川」の河口に

 「安岐」町がある。そしてこれは『和名抄』にも出ている古名である(安岐郷)。

 支配し占拠したまさに最初は拠点だったのだ。
  その後支配地アキツは別府湾周辺全体に広がっていっただろう。

  (『古事記』の「雄略(天皇)記」に雄略の腕に食いついたアブをトンボが食って

 しまったという説話から、「其の野を号して阿岐豆野あきづのといふなり」「倭やまと

 国を蜻蛉島あきつしまといふ」という地名説話が別にあり、近畿天皇家の本来の伝承

 はこちらだったと思われる。
  同一地名に二人の命名始原者がいるはずはないから、このことからも神武記

 の命名説話は他(『日本旧記』)から挿入されたものだといえる。)

  * あきつのとなめ

  この豊国のアキツ、別府湾の奥に由布院(ゆふいん)がある。
 「由布岳」「由布川」があり、この一帯が由布という地名であることは、同じく『和名

 抄』にも出ているし、『万葉集』では「豊国之木綿山」と表記も同じである。
  「まさき国」の枕詞か?として意味不明だった「内木綿」は地名であった。
 
  そして奈良盆地の「掖上」の「本間」という地名に似せて「わきがみのほほま」と

 読ませていた漢字も「ふくま」と読むべき字であり、由布院盆地の西側に「福万山」

 がそびえ、近くには「ワキ」という地名もある。
 
  そして何より「あきつのとなめ」つまりトンボの交尾である。神武ならぬ九州王朝

 の始祖が、この辺り一体を血みどろの戦闘で勝利し獲得して、「あなにや国を獲

 つること」と勝利の感慨に浸り、見渡した土地の様子である。

  それは「まさき国」せまい土地で、トンボの交尾のようだというのであるから、ハート

 型の狭い盆地が相応しい。奈良盆地は一目で見渡せるほど狭い土地ではないし、

 ハート型とは関係ないのである。しかし由布院盆地は福万山から由布岳に向かって

 その狭い土地を一望に出来、ハート型に近い形をしているのだ。

  *  

  こうして私たちは古田武彦の苦闘に導かれて本来の「あきつのとなめ」の地に辿

 り着いた。もちろんこれは私のかなり簡潔な要約でしかない。

  一番の核心は列島の支配者は昔から近畿天皇家だとする『記紀』の呪縛から解

 き放たれることである。

  その先在の九州王朝やさらには出雲王朝、その他天皇家以前の各地の古代の

 王たちの存在と闘争をごく当たり前のこととして据え置けばなぞは解けるのだとい

 うこと、王と言えば近畿天皇家とする一元主義では解けないのだということである。
  
  ここに至る膨大な論証は、古田の三部作を、この話の場合は『盗まれた神話』を

 読んでもらうしかない。それもその前の『「邪馬台国」はなかった』『失われた九州

 王朝』が前提であるが。もちろんこれらに続く沢山の著作がある。

 最近復刻版が出ているはずだ。

  余りにも長い行程がその前提としてあり、結論だけ聞いたのでは「突飛な説」と

 しか思えないだろうからである。だがじっくり古田の話を聞けば、その論証の手堅

 さや推論の行方に納得できるはずである。

  私はいつも古田の本を読むと、下手な推理小説を読むより、ずっと面白いと思う

 のである。だが、基本は古代の漢文の読み下しであるから、難しい漢字のオンパ

 レードに困難を極める。学者でもない私たちはこれは素直に着いて行き自分の頭

 で考えるしかない。

  もちろん古田の論証が総て正しいと盲信するつもりは全くない。古田もそんな事

 は望んでもいない。論証が十分ではないとおもわれるところ、判断できかねること

 分からないことも多い。しかし古田の論証のその底に流れる真摯な学問的探求の

 態度には疑問の余地はないと思うのである。
  そして古田によって開かれた古代の真実の扉を潜れば、目の前にまったく新し

 い世界が広がるのを覚えるだろうと思う。
 
  
  ** 関係する私のブログ

  19,1,22(11,6,21)  歴史の見方
  19,1,25(11,6,25)  歴史の見方 その2
  19,2,5 (11,7,3)   歴史の見方 その3

  19,5,29(12,1,17)  「日本」
  
  
  付記 14,7,10
  図書館で『山と渓谷』7月号を見てびっくりした。その表紙を飾っているのはまさに

 この「あきつのとなめ」の地、由布岳の下に「まさき地」そのままに眺められる由布

 院盆地の写真ではないか。「神武」ならぬ九州王朝の始祖が眺めた「福間山」から

 とは位置関係が東からと西からと逆ではあるが。
  撮ったのは大分県生まれの山岳写真家で、ヒマラヤの写真集などを出している

 佐藤孝三さんという方だ。それにしても私がこんな文章を書いているときにその答

 の地、湯布院盆地の写真がまるで無関係なところ(だが山屋の本)から出るなどと

 いうのは何となく面白いな。
 

 (了) 

  

  

あきつのとなめ

    蜻蛉(あきつ)島とはどこか  
                                   (2014,6,19記一部改)

  * 「今大騒ぎになっているSTAP細胞は実はES細胞だったのではないかという

  話になりかかっていて、小保方さん大ピンチである。後は小保方さんが再現実験

  で証明するしかない。しかしこれで再現できないとなったらえらいことになるが。」

  ・・結局再現できなかった。STAP細胞は幻だった・・
  ところで分子生物学に少しでも興味を持っていない限り、では「ES細胞」とは何

  なのかも余り知られていることではない。
   cf、13年の私の雑記帳ブログがほとんどこれに関することです。
     13年3月13日、3月21日、4月8日のブログ。  


  分子生物学者福岡伸一ハカセの本に『やわらかな生命』というのがある。

 この中でハカセは日本古代史にも興味を持っているらしいことを窺わせる文章を

 書いている。

  * あきつのとなめ

  この本の二章「野生と生命」に「トンボの体位」という節がある。

  トンボは交尾し連なったまま飛行していることがある。これがなかなかアクロバ

 ティックな体位で、前のオスが「つ」の字型に胴体を曲げて尻尾で後ろのメスの

 頭を捕らえ、後ろのメスは「し」の字型で尻尾の先をオスの胸のあたりに差し込ん

 でいて、連結してハート型をなしている。
  これはトンボの生殖器が尻尾の先にあり、オスは交尾の前に自分の尻尾から

 精子を胸に貯めておき(交尾の時には尻尾でメスを捕まえなければならないので

 使えないから)、「普通の場合(?)と違って、メスがオスに挿入して」、精子を受け

 取っているので、こういう形になるのだそうだ。
 
  これを古代人は「あきつのとなめ」と言った。あきつ(蜻蛉)とはトンボのことだ。

 となめは「臀呫」という字が当てられ文字通り尻をなめる(なめあっているように

 見える)で、トンボの特徴的な交尾のことである。
 
  さて「日本書紀によれば、神武天皇が山に上り、大和の国を見渡した。

 『あなにや、国を獲つること(なんとすばらしい国をもったことか)。うつゆふの

 まさき国といへども(せまい国ではあるが)、あきつのとなめの如くにあるかな』。

 となめ、とは交尾のことである。国土の風景が、トンボの交尾のようだ、とはどう

 いうことだろう。山々が幾重にも連なっている様子のことだろうか。」とハカセは

 書いている。この後先のトンボの交尾の解説があるのだ。

  ハカセが引用しているのは『日本書紀』の「神武紀」の末尾にある記事である。

 続いて「是によりて始めて秋津洲の号有るなり。」と書かれているように、大和の

 国を秋津洲(あきつしま)と呼ぶようになった、謂れを記したものとされている。しかし

 ハカセも書いているように、それがトンボの交尾のようだとは一体何のことだろう、

 それはハート型であって、「山々が幾重にも連なっている様子」なら、この日本の

 ほぼあらゆる地点でいえることで、その特徴的な形に例える理由はどこにもない。

  ということで何のことやら分からないままの難解部分だった。まさき国の前にある

 「うつゆふ(内木綿、うちゆふ)」も意味不明とされている。
 そしてこれは日本古代史学会では解けない謎だったのである。
  私はあれだけ博識のハカセが、日本古代史に関しては、あくまで常識的な通説

 に依拠していることに何度か驚かされた。
 (通説=津田史学そのままの「神武」架空説ではないようだが。)

  さてこの謎を解き明かしたのは在野の古代史学者、古田武彦である。
 直接この部分を問題にしているのは、『盗まれた神話』(角川文庫)の第六章、

 「蜻蛉島あきつしまとはどこか」である。謎は見事に解き明かされている。

  これを読んでもらえればそれでいいのだが、それに到達するためには相当な前

 提があり、これを私なりに解説してみたいと思う。
 もちろん「私なりに」以上のことではありえない。私たちにまとわり付いている常識

 をひっくり返す作業となり、実に大変なのである。

  * 「邪馬台国」論争


  ハカセの『動的平衡2』にも「卑弥呼の墓とされる奈良県箸墓遺跡」ということが

 何の疑問もなく書かれていたりする。「邪馬台国」の卑弥呼がいたのは今の福岡

 県、博多湾岸以外にはありえないことは、既に何十年も前に古田武彦が、完膚な

 きまでに明らかにしたことである。
  せめて古田の3部作、『「邪馬台国」はなかった』、『失われた九州王朝』、『盗ま

 れた神話』を読んでいれば、「邪馬台国畿内論者」たちが「卑弥呼の墓」と想定し

 ているに過ぎないこと、そしてこの通説はありえないことを、どこかに書き記した

 はずなのである。

  * 九州王朝=倭国 

  古田は『魏志倭人伝』の原本を渉猟し、著者「陳寿」を信じとおし安易な原文改定

 はしないことをモットーとして貫いた。そしてそこには「邪馬台国」という表記ではなく

 「邪馬壱国」と書かれていること(これが『「邪馬台国」はなかった』とする表題の直

 接の意味だ)を、実証的に明らかにすることから始めて、卑弥呼が女王であった国

 が、九州博多湾岸以外ではありえないことを読み解いていった。


  * 3世紀の『魏志倭人伝』には正確には「邪馬壹国」(やまいちこく)という表記。
  5世紀の『後漢書、倭伝』には「邪馬臺国」、これもヤマダイコクであってヤマトと

  は読めない。臺と台とは意味も異なり別字であるにもかかわらず邪馬台国ヤマト

  論者はトとも読める台と混用してきた。

   (ヤマイチコクでは理解できない-近,現代人の頭で-からというのがまず

   あったに違いない。幸い5世紀の後漢書にはヤマダイコクとある。臺と台とは

   意味も異なり別字であれそれを無視して、同じダイでこれはトとも読める。

   これならヤマトで理解できるというわけだ。)
 
  卑弥呼の時代は銅剣、銅矛の文化だが、その鋳型の出土が、そしてその頃の

 甕棺と沢山の王墓が圧倒的に博多湾岸に集中しているというこの決定的な物証、

 考古学的な事実にもそれは裏付けられている。
 
  そしてこの邪馬台国畿内論者との論争を通じて、古田はこの「耶馬壱国」の後

 継が「倭国」であり、それは九州王朝であったことを明らかにした。

  * 「神武東征」(東侵) 

  さらにこの九州王朝の分流(日向を出自の地とした)としての「神武」一派が、九

 州を脱出して畿内の銅鐸文化圏に侵入し、土地の王等をだまし討ちにして(後の

 神武は銅鐸文化圏の王者「長脛彦」には結局勝てなかった)、大和の地に小さな

 根拠地を作ったのがいわゆる「神武東征」(事実は国家の軍隊が東方を征伐する

 などというものではなく、少数の武装集団神武一派が東方の銅鐸国家の一部を

 侵略した東侵)の中身であることを古田は論証した。


  侵略に成功した「神武」一派は銅剣、銅矛文化の出であり、異文化であった銅鐸

 を徹底的に破壊した。その後第10代の崇神以降に銅鐸文化圏を飲み込んでいく。

  (これによって)銅鐸文化は歴史的に突然消滅してしまっていて、これが謎とされ

 てきたのだが、これは「神武」一派(とそれ以後の)侵略による銅鐸文化の破壊を

 史実として据えれば、解ける謎なのである。

  そしてこれこそが近畿天皇家の始まりであり、「後の神武」は大和盆地に小さな

 根拠地を確保した、小数の武装集団の一部族長だったに過ぎない。 
 だからこれは「日本建国」とは何の関係もないし、そもそも「天皇」とかでもありえず、

 即位とか、即位の日とかはもちろん後世になってからのでっち上げに過ぎない。

 2月11日が「建国記念日」などというのはまったくの噴飯ものなのである。

 

  それにしても後の「神武」(若御毛沼命(わかみけぬのみこと)の実在などを言おうも

 のなら即「皇国史観」で、9代までの天皇は後世のでっち上げとするのが戦後

 史学=津田史学で、この二者択一以外はありえないのが「常識」となっている。

  しかし戦後史学も近畿天皇家一元主義であることには変わりなく、「皇国

 史観」の本当の根っこを掘り崩す力は持っていないことを看破したのが古田で

 ある。

 
  * 倭国から日本国へ

  この九州王朝「倭国」の分流=分家としての近畿大和王権が、徐々に力を付け

 てきて、倭国の衰退に乗じて権力を簒奪した(「日本旧もと小国倭国の地を併あわす」

 『旧唐書』)のが、天智天皇の頃である。(私のブログ「日本」参照)


  決定的には倭・百済連合軍が唐・新羅連合軍に壊滅的な敗北を喫した663年

 8月の「白村江の戦い」であり、ここが倭国衰退の画期となったようだ。


  次の年664年に百済は滅亡したし、またこの戦いで「倭国」は壊滅的な敗北を喫

 したはずなのであり、それ以後隆盛してきたのが近畿天皇家であり、「倭国」とは

 近畿天皇家が代表していた国ではありえない事を、「白村江の戦い」は逆に証明し

 ていることでもある。

  (近畿天皇家の軍勢はほとんど戦闘には参加していない。天皇、皇太子、そして

   藤原鎌足等の重臣も誰一人戦死していない。)

  戦いに勝利した側の新羅の歴史書『新羅本紀』に、新羅の文武王10年=670年

 12月「倭国、更えて日本と号す。自ら言う『日の出づる所に近し』と。以て名と為す」

 と記されている。

  これが単なる名称の変更ではなく、権力が「倭国」から「日本国」へ、近畿天皇家

 へ移行したことを宣言した画期と思われる。

  この年は天智9年であり、天智は10年(671年)に崩じている。そして天智の子

 大友の皇子を自害に追い込んで権力を掌握した(壬申の乱)のが、天智の弟天武

 とその妻持統である。

  この後継王朝が派遣した遣唐使が、「702年冬10月、日本国、使を遣わして方

 物を貢す。」と『旧唐書』に記され、唐から(倭国に代わり)日本国が列島の王者とし

 て正式に記載されることとなったのである。
  だから対外的にも「日本国」が正式に出発したのはこの702年である。


   (続く)

 
 

谷川岳・南稜 3

  肩の小屋から下山  19,6,5    

 

 

  疲れて寝込むように眠れるかと思ったが意外と寝付きの悪い夜だった。 

 朝食は6時からで後は下山するだけ。もう報告するほどのこともないのだが。

 管理人さんは表に出て見送ってくれた。途中で花を少しばかり写真に収めた。

 

  肩の小屋前から万太郎山方向。昔平標山まで歩いたな。

 

 

  小屋から直ぐに大きな雪渓が残っている。降りなので軽アイゼン(チェーン)を

 着けるがすぐに雪渓は終わる。

 

 

  雪渓を振り返る。白い花はオオカメノキかな。ツツジがまだ咲いている。

 

 

  ナナカマドの新緑。ムラサキヤシオは疎らに花を付けているだけだが赤紫色

 が濃く深くとてもきれい。

 

 

  カタクリはこれしか見かけなかった。

 

 

  タムシバ多分。まだ咲いていた。

 

 

  イワカガミとマイヅルソウ。

 

 

  ほぼ1時間くらいで熊穴沢避難小屋に着く。

 

 

  イワウチワでしょう。若干感じが違うが雌しべ雄しべが同じだね。

 

 

 

  わずかに残った雪渓を2、3ヶ所ほどわたる。越えてきた谷川岳双耳峰。

 

 

  天神平到着。8:30過ぎ。ロープウェイ乗り場の手前にシラネアオイ。

 

 

  ロープウェイからは朴の木の花を上から眺めることが出来た。

 下山して谷川湯テルメ。(営業は10時からだったが30分ほど早く着いた。)

 ひと風呂浴びて帰京した。

  笹薮を漕いだがダニには食われてなかったようだ。

 

  一ノ倉沢から肩の小屋までのトラック。岩場では電波が乱れるらしい。

  黒丸。右から①衝立岩の回り込み始め ②南稜テラス ③南稜終了点

         ④5ルンゼの頭

 

 

  センターから肩の小屋を経て天神平まで。

  距離、12.4km  累計標高+2542m、-2016m

  最高高度はオキの耳、1977m

 

  (了)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>