続いて邦楽を。
今年はホントに良いアルバムが多くて、選ぶのに苦労した。
ただ、相変わらずチャートミュージックは入らないので、ご容赦を(笑)。

第10位 七尾旅人「BILLION VOICES」

地元で観たライブも素敵だったミュージシャンの傑作。
「ローリン・ローリン」は夏のヘビロテでした。名曲。

第9位 土岐麻子「乱反射ガール」

この音の感じが大好き。
暖かい日差しの午後に聴くと最高の1枚。

第8位 星野源「ばかのうた」

サケロックとはまた違った柔らかい歌ものの1枚。
じわっとくる。

第7位 サカナクション「kikUUiki」

ダンスロックは数多くあれど、完成度で図抜けた1枚。
愛美さんのベースは最高にカッコいい。

第6位 80kidz「WEEKEND WARRIOR」

ひたすら踊れるエレクトロロック!
邦楽のインストでは1番聴いたかも。
カプセルとか好きならまずハマル。
今日のカウントダウンにも出るので、行っている方は是非体験してください!

第5位 安藤裕子「ジャパニーズ・ポップ」

ねえやん、かっこいいですよ。タイトルも含めて覚悟を感じる。
アレンジ力がアルバム毎に上がっている。
これぞ「POP」!

第4位 ライムスター「マニフェスト」

「ONCE AGAIN」を聴くと勇気がわいてくる。
硬軟織り交ざった貫禄のラップが堪能できる1枚。

以下次点。
トクマルシューゴ「ポート・エントロピー」
ハンバート・ハンバート「さすらい記」
踊ってばかりの国「グッバイ、ガールフレンド」
昆虫キッズ「text」
カミナリグモ「BRAIN MAGIC SHOW」
大橋トリオ「NEWOLD」
BUCK-TICK「RAZZLE DAZZLE」
山本精一「PLAYGROUND」
OGRE YOU ASSHOLE「浮かれている人」
フジファブリック「MUSIC」

多いな(笑)。

ではベスト3。

第3位 壊れかけのテープレコーダーズ「箱舟」 

オルガンの使い方が抜群。
ドアーズっぽいところも感じるけど、とにかく曲が良い。
懐かしくて新しい。

第2位 住所不定無職「ベイビー!キミのビートルズはボク!!!」

これは評価が割れるよね(笑)。
正直、ここで良いのかわからない(笑)。
でも、中毒になったら最後、ハマリまくり。
ヘタウマというよりヘタなんだけど(笑)、楽しんでやってるのがビシビシ伝わってくるし、曲がまたたまらない。
来月、ニューアルバムが出るけど、そこで真価が問われると思う。問われないかも(笑)。
未聴の方は1回聴いてみて。

では第1位!

第1位 くるり「言葉にならない 笑顔を見せてくれよ」

文句なし!
全ての曲がオリジナリティに溢れていて、くるりらしい。
特に「魔法のじゅうたん」は何度聴いても涙溢れてくる稀代の名曲。
本当に日本を代表するバンドになったと思う。
来年は前半にライブが集中しているので、楽しみ♪
28日のカウントダウンジャパンでも素敵な演奏を聴かせてくれたしね。







ご無沙汰です(笑)。

さて、年末恒例のアルバムベスト10。
まずは洋楽から。

第10位 スティーブ・ミラー・バンド「ビンゴ!」

まあ、大好きなバンドなので贔屓目大ですが(笑)、相変わらずで嬉しい限り。
ご機嫌なオールド・ロックンロールが楽しめる1枚。

第9位 Nas&ダミアンジュニア・ゴング マーリー「ディスタント・リラティヴス」

これはラップミーツレゲエってとこだけど、トラックがめちゃカッコいい!

第8位 スフィアン・スティーヴンス「ジ・エイジ・オブ・アッズ」

ねじれたポップセンス全開!
これが「POP」だよね。
明るくて切ない。

第7位 アントニー&ザ・ジョンソンズ「Swanlights」

新譜が出るたびに上位なんだけど(笑)、今回も素晴らしい。
声の説得力が桁違い。
特に「サンキュー」は必聴!

第6位 ヴァンパイア・ウィークエンド「contra」

これもミーツアフリカって感じだけど、同世代の中でも抜け出したと思う。
ライブも良かったしね。

第5位 ピーター・ガブリエル「Scratch My Back」

この人も昔から大好きなので、点が甘いです(笑)。
カヴァー集だけど、ガブリエル節全開でカッコいい。

第4位 ジョン・レジェンド&ザ・ルーツ「Wake Up!」

好きなミュージシャン同士がタッグを組んで、こんな素敵なカヴァーを出されたら言うことなしでしょう!
ライブで是非聴きたい!

以下、次点。
ニッキ・ミナージ「ピンク・フライデー」
ミス・リー「ダンシング・ザ・ホール・ウェイ・ホーム」
カサンドラ・ウィルソン「シルヴァー・ポニー」

ここからベスト3!

第3位 ナンシー・アジュラム「7」

アラブミュージックを再認識させてくれた1枚。
歌謡曲好きな方は絶対ハマル!

第2位 アーケイド・ファイア「ザ・サバーブス」

例年なら1位もあった位の快作。
正しく成長していると感じるバンド。
雄大で繊細で、聴き終った後に残る余韻がたまらない。

ではいよいよ第1位!

第1位 トロンボーン・ショーティー「バッカタウン」

衝撃の1枚!
メジャー1作目だけど、貫禄充分。
グルーヴしまくりの展開が最後まで続く。
今年のフジロックではベストパフォーマンスだったし、これから期待充分の人。
目が離せない!