こんちゃ。


ちょっと今回は、ココでの運転事情についてこれまで感じてたことを書いてみようかなと。


結構、大きな事故がときどき起こったりするし被害にも加害にもならないようにしたいなと常々思ってるもんで。


2008年、9年と立て続けにこの国に旅をしに来たときスキー場に向かう道路上で横転?っていうのか、逆さにひっくり返ってる車を見かけた。雪は積もってはないけどカーブが続いてた道で。


どないなスピードでこうなる?って思ってさ。



そもそも、
道路というのは、流れているのが正常な状態。

そうでないのは異常。


だから運転手には正常な状態を保ちながら走る義務があるワケ。トーゼン、進路を妨害するようなことはあってはならないワケで。


免許取るときそう習った。数十年前。


で、ニホンってところは和の秩序を乱さないのが美徳なもんで、それが運転にも反映されているといってヨイかと思う。


逆にニュージーは自己主張バリバリが先。ハイ。それが運転に反映されておられマス。


なのでか、そんでもなんか違うよーな...って思うことがちょくちょくある。



直進レーンで赤信号を待つ先頭車。右折オッケーの右青矢印出た途端、右ウインカー出して「やっぱ右折するー」って主張してる。後続車の流れを停めてもヘーキなごようすでね。こーんなのニホンでは遭遇しなかったな。

それってただのワガママじゃ...?


進路妨害してるってカンカクないのかなと。



高速道路にて。
出口直前の三車線連続車線変更ヘーキね。あー、こっち降りるんだったー、っていうような。後続車は結構スピードでてんだぞ。あぶねーじゃねーか。



もうちょっと他の車への配慮とかさ、流れを停めないような運転ができないものか。




オウンルール?


あとね、ウインカー出してる車の少ないこと。ウインカー出してる車なんて5割もないように思う。パトカーやバスのような公共の車でさえ出してないのを見たことがあるぞ。


でも一方で、100メートル以上手前からウインカー出しててどこで曲がるねん、アンタ!! というのもいてたりする。


かと思えば、曲がる直前でウインカー出すヤツもおる。ワタシ、右折できたやんっ怒る怒る  左折するんやったらはよ出さんかいっ! ということはしょっちゅう。

ワタシが後続車なら追突の危険性だってあるし。

高速でも車線変更にウインカー出さんヤツは多い。


それぞれのルールで運転しているように思う。(それでいいのか?)   



大阪人を越えるKiwi


ほんでクラクションを気分次第で鳴らすヤツ多過ぎのように思う。


歩行者が通り過ぎるのを待ってたら、後ろの車からクラクション。人ひけっちゅうのか?


ランドアバウトでの進入のタイミングがつかめないときに後ろからクラクション。ってか行かれへんヤロ!  


右折直進両方レーンで、ワタシが直進で赤信号を待ってた。だけど信号は左折青矢印を指しててね。そしたら後ろの車、左折したいのかしてクラクション。

ってか、そこでいちいち鳴らすなって。


どんだけイラチやねんって。大阪人よりタチ悪し多し。そんな思いを大阪でもしたことないし。



その寛容さは違うんじゃ...



優しい人も多いニュージー。
だけどその寛容さはちゃうヤロってのが、車側は青。歩行者は赤なのに、悠長に赤信号をヘーキで無視して歩いてる歩行者を待つタクシー。

アホかって思ってこんときはクラクション鳴らした。歩行者が間違ってるし、危ないし、待ってるバカがどこにおんねんってさ。



片側一車線の住宅街の道路。路駐されている車が連なり、対向車が来る際は減速したほうがよさげなくらい狭い道路。


ワタシの前の車が縦列駐車しようとしてたのと、対向車線から車が来てるのが見えたので一旦止まった。対向車線からの車が通り過ぎるのを待ってから、縦列駐車の車をよけて進行するつもりでね。


対向車線の車がなぜか止まっていっしょに縦列駐車の駐車を待ってる...。アンタがなぜ止まる...?

意味わからんのやけど。

アンタが行ってくれたらワタシが行けるのに。自分の車線の流れ止めちゃダメやろ。

運の悪いことに縦列駐車ヘタな車だった。
トホホ(;´д`)💧。



■謎が解ける。


なーんか、ちょっとヤバい運転手多くねが? ってずっと思ってたけど、あんましそれを他の人と話題になぜかしたことがなく、自分でモンモンとしてて、最近は巻き込まれたくないがために慎重な運転だけに集中するようになったんだよね。


だけど、コレ読んでナットク。



ジモッティKiwiでもそう思うんかーってさ。この彼女、ご存知?  ニホンでタレント活動をされてるKiwiらしいね。テレビで拝見したことないんだけどね。


彼女はこのインタビューの中でこう話してる。

『車の運転は、日本人は気配りができるし、時間帯によっては渋滞するけど、互いに譲り合ったり、ハザードランプでお礼の合図を出したり。ニュージーランドではそんなこと考えられません! 遅すぎると言って文句を言われるし、平気でクラクションを鳴らす人もいて怖いですよね



そうか!  やっぱそうなんや! って。そうやねん!  道譲っても、あいさつせんヤツの多いこと。期待しないけど、気ぃ悪いわな。



そーゆーもんなんやなって。はい。そーゆー認識でいきましょう。



ただ安全運転するにこしたことないね。みなさんもお気をつけてね。



ではまた。あーホリデーも終盤だね。週末何して遊ぼーかなー。ポチンとねー。
 

とむおのゲンザイ。

 
ラインでしゃべってたら、めずらしく『とむおくんの今』とかで書けば?と言ってきたので、ほな書きましょうと。
 
 
 
彼が帰国して1年。
 
 
早いねー。
 
 
ぐうたらしてるかと思いきや、学校の課題やテストもバンバンあって勉強もそこそこしているらしい。というか、しないとついていけないっていうか。
 
 
英語もがんばってるらしいよ。
 
 
学校では、英検、TOEIC(漢検もやるんだってさ)とか受けさせられるとかで日曜も受検に行ってたりとか忙しいらしい。
 
 
 
でも、やつのことなので、ずっと勉強っていうのは性に合わないからね。
 
 
先日は『バイトの面接に行く』とか言いだして。
 
 
 
 
なんでもタウン情報紙で自分で見つけて、最寄り駅から少しで、夕方数時間ってやつ。きっと同級生との会話からの影響だと思うけどさ。
 
 
まぁ、高校生やしバイトっていいけどほどほどに、なんて思ってた。業種が業種でどうやろーっていうのも思ったり。
 
 
 
で、バイトの面接の報告を聞いたところ、
 
 
 
『そっこー、合格やったで。』
 
 
 
マジで?
 
 
 
 
『英語ができるんが決め手になったで』
 
 
ってさ。
 
 
 
外国人のお客さんくるから即戦力となるなーって言われたとか。
 
 
 
マジで?
 
 
 
 
つーか、まだしゃべれるん?
 
 
 
 
おかあよりマシ。
 
 
 
 
 
やってさ...。ムキー怒る
 
 
 
 
    店長; 一回、○○○○○○って言ってみてよ。
とむお; Gh△ hii beas nmd□. 
    店長; すごいねー。今度教えてよ。
 
 
というような会話だったんだとか。
 
 
 
社会人としての当たり前のマナーはきちんとって言われたとか。
 
 
 
社会に出てもまれたら、また違う意味で勉強にはなるし、精神面でも成長できるんやろうね。そっから職業意識も芽生えたらええけど。
 
 
 
業種はあえて書かないけど(ごめんね)、必要な書類を出せばすぐ働けるそうで。
 
 
 
オットーは、渋い反応やけどね。どーすんだ?
 
 
 
ワタシはずっとこの間、正直とむおにももうちょっとここにいて過ごしてもらいたかった。なじんできてたし、楽しんでたしこっちにも友人はたくさんいてね。だから帰国は早い決断だったのかもっていうのもずっと思ってて。もちろん離れてる不安なんかもあるし、本人はすぐダラダラするしね。
 
成長ぶりを聞くとほっとしたっていうのもあり。(母)親はなくとも子は育っちゃうんだな。オットーはいるから安心なんだけど。
 
帰国する機会があれば、こっそり潜入して働きぶりを見てみたいもんだ。
 
あいつ、役に立つんか? っていう疑問は解けるであろう。
 
 
 
なんだか、たくましくなってんじゃね?
 
 
 
 
ほいじゃまた。
 
 
 
とむお、こっち遊びに来たがってるけど、バイトなんか始めたら無理やん...。ポチリとくださいねー。



おはよ。

tomtom家は元気だよ。



昨日は先生との懇談会に行ってきた。物語を作ったやつを見せてもらったり、この学期の自分を振りかえってどうやったかっていうself reflectionっていうのを見せてもらったりね。


こっちに帰って来てほぼ1年。ようがんばりました。こっちに1年おれたなーっていうことにもしみじみしてたワタシやってんけどね。


ちーこもクラスでの課題づくりにも精を出してたみたいで、太陽系ついて描いた絵を見せてくれた。


むるこも物語創作に興味があるみたいでね。


高学年year5だし、やることも濃くなってきたなーっていうのはよくわかった。


こんなんも作ってるみたいよ。

中国語の時間に書いてんて。by むるこ


筆と墨。ええなー。



楽しそうやん。



元気で鼻ズルズルでも休まず学校に行ってイロイロ吸収しているようですわ。ワタシも日々励もう。



ホリデーも楽しくいこー。



ではまた。

みなさんもよい週末&ホリデーを!!


ポチンとねー 。

 

 

 

とむおを介してお知り合いになった方々と久々の再会。昨年の今ごろ、彼の帰国に向けて会った以来だと思われるのだけど、飲茶に誘われてフラフラ来てしまった。

 

さっそわれて、ふらふーら。

 

まさしくその通りなカンジで。

 

 

なんていうか、女子会っていうか。

 

 

朝ごはん抜いて行きました。



 

たらふく食べた。女子ばかりで、男子のようにガツガツ食べるわけにいかず、お上品を装っていたワタシでした。


 

場所はココ。   Star Cafe

 

 

ちゅうかね、前に書いた北海漁村(過去記事ココ。)がつぶれたのかなんかで、いつの間にか無くなってて泣さ。手ごろですぐ行ける飲茶ってのに困っててね。

 

いいとこ教えてもらった。

 

 

また来よう。

 

なんていうか、週末は仕事のリセットと翌週の準備と充電できる時間なので貴重。あと娘らとの時間。

 

 

 

 

みなさまもよい週末を!  ちゃおー。バイバイ

 

 

あんまし頻回な更新でなくてごめんねー。今度いつになるかもまた不明。気が向いたら更新なので申し訳ない。

そんでもよろしければポチンとねー。


  



 

9歳になっている娘たち。




 

来たばっかしのコロはこんなだった。

 

ちっさ‼

ともに3歳直前。(プーさんダッコしてるのがむるこ。右がちーこ。初めて住んでたアパートにて)

 

 



そんな娘たちの質問が最近高度になってきている。

 

 

星ってどうやってできるん?

 

戦争ってなんで起こるん?

 

なんでトランプ大統領ってどうやって大統領になれたん?

 

 

......。

 

 

そのうち、親って実はなんも知らんねんなって気づくであろう。オットーがいればまだ知識もつくであろうけど。

 

 

 

娘たちの小学校では、っていうかニュージーどこもそうやと思うけど、あまりたくさんの宿題ってでない。日本でいう音読くらいだ。



でも毎週なんかやってきたらよいことってのがあってさ。プチ自由研究みたいなね。


で、むるこがあるとき言うた。



今週は"石"について調べてくるねん。むるこは宝石についてやりたい。

 


はぁ、なんぼでもドーゾって思ったら、



むるも、みんなみたいにパワーポイント使ってやってみたい。


って言い出した。




えっ、顔に縦線2  なんて?








ちゅうか、我が子から"パワーポイント"っていうコトバを聞くとは思わんかった。




紙とかで発表する子もおるけど、むるはパワーポイント使いたいねん。



ちゅうか前日に言うなっ怒る   めんどくせー。紙でええやん、紙で。




パワーポイントってても、全数4~5枚。



表紙、発表中身2枚、Any question?、Thank you for your listeningの計5枚。







ワタシの小学校んころは、




こーゆーの。




オーバーヘッドプロジェクター、略してOHPってのを使ってた。



教室にあったよ。透明なファイルに表とかイラストとかつけてね映すやつ。ホンマに昭和チック。こんなん使ってたけど、時代は変わるねー。(あたりまえだ)





ニュージーの小学生は、プレゼンもやっておまけにパワーポイントですかー。スゲー。いや、ニホンでも使ってるコは使ってると思うんだけどね。ワタシの頭は、とむおの小学生時(2014年くらい)で止まってるもんでさ。



で、むるこの課題。



ワタシもニュージーに来てプレゼンなんて専門学校以来だからさ、6年ほどパワーポイントとのギャップありだったけど、アニメーションどーすんだっけ、フォトどうやって入れるんだっけ、思い出しながら試行錯誤しながらの作成となった。



むるこは、自身で修得したであろうWebからの写真挿入を自らやってた。そんな技もできるんかー。



アニメーションを自分で試して、自分のプレゼンをイメージしながらスライドショーしてブツブツゆってる娘が自分のコに見えなかった。



知らん間に大きなってさ...。






オマケ。


日本の小4道徳教科書(東京書籍)に『世界の小学生』ニュージーランドが載ってた。




そのまんまやん(笑)って思って。



日本のコ、バージョン花  作成 by tomtom

『放課後は、すぐに帰宅して学校の宿題をすぐに終わらせて、塾に行ってさらに勉強している子もたくさんいるよ。塾も遠くて電車で自分で行くんだよ。帰宅は夜の9時になることもあるかな。』





対照的すぎ。忙しいニホンの子どもたち。



ほなまた。バイバイ