Free! 自由へ

Free! 自由へ

心/体/人生
バランスで調和と解放の道

 

不思議なタイトルかもしれません。

 

ヨガ的には祈りというものがものすごいパワーがある訳だけど

 

それは本当にそう人生で思います。

 

愛って

 

受け取ることと

 

表すこととが

 

2種類あると思うんです。

 

私はこちらの方達は愛があると思います。

 

行動という責任を伴う愛です。

 

私は幼稚な人間でしたから、志も出たり入ったり


気付く事も出来ず後悔や失敗も多い


情けない中年です。


しかしこの方達は愛がある気がします。

 

声に温かみがあるんです。


声と言えば


東日本大震災で飼い主を失った犬の新しい飼い主を探すボランティア活動をしていた人も優しい声でした。


駆け出しでしたので当時、


お金の無い当時の私は少しお財布がある時、募金をしていました。


私は優しい声の人が好きです。






皆さんこんにちは

 

このメールも今回100%仕事外の本音トークです。

 

数年前にあるヨガセラピー団体に何年かお世話になりました。

私、いろんなヨガしてたんです。

 

体調不調の方を専門にしたヨガクラスで学会員が当時数千人のヨガ講師が在籍していました。

呼吸や体を動かすことでどんどん不調が改善される。そんなメソッドでした。

(ある領域の不調ですね)

 

中枢の人達は多分、学術的に世間に認知されるためにと、しこたまヨガに関わる論文を提出していました。

私もよろめきましたよ。だって本当に政府に関わる部分まで動き出したようでしたから・・。

私も、1度論文、発表させて頂きましたよ。

 

でもその団体、

 

ヨガの本文を失ったのか、わかりませんが大きくなるにつれいろんな問題が出てきたんでしょうね。

 

そこまでのムーブメントにはならなかった。

 

結局、ヨガの悲しいことは、健康法の悲しいことは

 

水や体操や呼吸だから・・お金が絡まないんですよね(苦笑)

0円だっていいじゃない?の世界ですから。

巨大な組織や仕組みはそこに、システムにのるための商品が必要です。

 

呼吸にはそれが無い・・。

 

粉末や液体です。

 

権利となる形が必要なんです。

 

どこかの医大の先生に、ヨガを研究しても喜んでお金を出資する組織は中々ないと・・

だから、純粋に今でもそのまま残っているかもしれない。

インドでは多くの文献がありますが宗教観があるため広まっていません。

 

でもそれでも代替え療法としてアメリカを始め日本も健康法としてのエビデンスは少しづつ出てきているようですね。

 

ヨーロッパで登場したモーツアルト療法は権利の問題で、多くの効果が学術的に立証されているのに

あまり広まれなかった。(親族の利権争いとの談)

ヨーロッパに勉強に行った時に直接、教えて頂きました。

 

結局、利権先行になり、純粋な研究者たちが離れてしまったとか。

突き詰めていくと、損得関係なしにやっているところが

怪しいけど、そこそこ純粋に頑張っているのでしょうか。

 

そうなると探すのは大変。。

 

結局、答えを求めた人に、その答えが届くようになっているのだろうな?

と思っているんです。

 

例えば私も腰痛で散々病院に行ったし、私は会社員時代、不調で散々いろいろ調べたし

でも自分でその治癒の鍵が見えてきましたよ。

 

私も、たかが呼吸がどれだけの重大なメッセージが隠されているか、その秘密に出会う機会がなければ

お釈迦様が全ては呼吸だという言葉を残していることを、その重大さを心底信じられなかったですよ。

 

 

そんなの息してるんだから大事に決まっているでしょう?

 

くらいなものです。

 

それって、これからもそうかもしれない。

答えはいくらでも、今の時代探せば見つけられるだろうから。

 

しかし

 

日本は世界一位の精神疾患病棟のある国

 

国民の75%以上が不安やストレスを感じながら生きている。


そんなに薬が解決してくれるなら、こんな結果になっていないですよね。

 

だから私は、

 

呼吸やヨガを通してお手伝いが出来ますって!

 

楽しくなれるって!

 

これからも、発信していきたいです。

 

image

 

Health Promotion Center

Nataraja Project

 

皆さんこんにちは

 

今回のお題のテーマは3つ!

(100%プライベートの本音トークです)

 

普段しない社会の時間です。

(選挙もありますからね。)

 

では先ず、労働者賃金

 

いろんな見方がありますよね。

 

この30年間で賃金は上がらず月給は20万円という世界

他の国はジャンジャン賃金が上がっているという事実

株式の株主至上主義で、会社は利益を内部保留、

 

 

社員へは中々還元しない

 

 

この30年間は発展だったのか?

 

 

株主の配下に立たされた労働者。

 

 

このストーリーに乗った人は成功したでしょうし

疑問を持った人は損をしたかもしれません。

勝ち組・負け組って懐かしいですね。

 

私は15年前に脱サラしたんですよ。

 

 

続いて、食品・・

 

体を整えて自分のバイブレーションを整えるほど・・

私、パンが飛べにくくなるようで・・

おやつにドーナツ(○○パン製)食べると、食欲不審になります。年齢も勿論ありますよ。


負担に感じる物を取りたがらないんです。

 

小麦や油、添加物でしょうか。

ある医師が言っていましたよね。

原因不明の難病、食事を変えると瞬く間に治るって話です。

 

この数年で、珍しかった、難病だった癌が国民病のポピュラーな病気に!


アメリカから、日本には無かった、


がん保険が輸入されました。

 

この手の話

 

私はヨガを始めた頃からよく聞きましたよ。

 

でね。

 

経済的自由人やセレブリティーな人々はみんな分かっていて

あんまりそういう食品に手を出さないとよく聞きます。

しかも、要注意とかも発信しないです。


どことなく受け入れ、何処となく避ける


私もホテルなんかだとそれだけで

ウキウキで,なんでも食べます!


何故、メディアは取り上げないのか?

 

確かにそうなんですよ。

メディアの巨大スポンサーって大手ですから、そういう人達が嫌がる

テーマはニュースやテレビで取り扱わないでしょう。

そういうニュースもう一切テレビで見ないし・・。

 

私も会社員の時に、発言力のある著名な人とビジネスする時に、そう言う損得話でますよ?

相手も分かってますよ。

こちら側の損になることは喋らんといて下さいって・・。(分かってますって)


研究費もスポンサーの時代です。

 

これを必要悪と捉えて後世に引き継いで進むのか?


 

なんでも、良い面と悪い面がある。

 

不思議だと思いませんか?

 

もしも小麦がなんの問題もないなら

 

米粉パンやライ麦パンなど、大手のパン屋が出さないですよ。

 

しかし少しづつ小麦離れが出ているのを知って、後追いでニーズをキャッチしてる訳です。

 

麺類や餃子などなど、米粉が出てきています。

 

しかも少々高くても買ってもらえるし・・実際米粉製品の方が健康に良いし(笑)

 

相手も分かっているってことですかね。

 

とは言え2022年、世界の難題が目白押しですから米粉作戦はいいですね!

 

私はヨガ先生なので基本的に中立なんです。

 

ヨガの教えですから。。

 

でもね、以前、感謝感謝な訳で

 

縁あって食事や精神世界のことをたくさん教えてもらう機会があって思う訳です。

 

本当は、私達のみんながそういう情報を全部知った上で判断できれば良いんだけど

 

大手側以外の情報が本当に取り出しにくくなってきていますから。。

 

で、ヨガを深めていくと情報に触れなくてもいくらか分かってきますよ。

 

サーモンやウナギは食べればそもそもわかりますよね。

 

昔、ある先生やヨガの本で書いてあったこと書きますね。

 

食べ物でも、サービスでもなんでも

 

取り込まれるな

 

あくまでも利用させてもらいなさい。って

 

確かにそう

 

でも次の世界、あなたはいかがですか?

 

WEB3の時代がやってきます。


バーチャルで公平な世界。


3Dメガネの中で服を着て社会生活を送る(実際はパジャマでOK)

 

3Dメガネの中で恋愛し買い物をする。


遺伝子組み換え食品の食材にロボットが作る食事

 

これが最後のお題です。

 

いよいよマトリックスの世界到来ですね!

 

あなたはいかがですか?

 

3つのお題に対して思うことです。

 

こんなことを最近見聞きしました。

 

人間の科学の発展量と愛の進化発展量がバランスされてれば


その科学技術はプラスに働き


バランスがくづれると、


技術の行き先は人間は滅びの方向へシフトしてしまう。

 

さぁ、少しづつ


いよいよ私達は


変わっていくのでしょうか?


過去に言われていたことが、


やってきましたね。


この世もバーチャルかもしれませんね。