JUNJI

JUNJI

Yoga/Massage
Enlightment

皆さん こんにちは


ヨガにご興味のある方、されている方へ


日々、ご自身のヨガを深められている事と思います。皆様に耳寄りな情報です。


私は一昨年、インド大使館で政府の認定するヨガライセンスを取得させて頂きました。

片岡鶴太郎さんも受験された事で広まったライセンスです。

瞑想の大家、トウドウ先生など、顧問にはケンハラクマさんです。

しかし非常に難易度が高く当時日本に合格者は38名でした。


組織では普及を推進する意味でその将来、受験も見据えられるように日本でビギナーのヨギ、ヨギーニから取組やすいように検定試験が、創設されました。


3級からはじまります。

1級レベルがインド政府の試験と同じレベル感になるそうです。


ヨガ検定の詳細ページ リンク



私はその試験管、試験運営、および受験対策講座などのお手伝いのご相談を組織から受けています。合否判定や認定は組織から授与されます。

将来的には柏で準備や受験が可能になるという可能性が、あります。

準備するためのテキストは申込時に購入可能です。


インドの文化的なお話からアサナ、ポーズや身体の話となります。出来たての試験ですが近年ヨガの深まりからインドと関係のない場所でヨガが広まっている部分も確かにあり、方向性や軸を、インド政府で担当してくれているのはベースがあって学ばれる方には安心ですね。既に学ばれている方にはその学びを整理する機会になるかもしれません。


将来ヨガを先々にも続けていかれたい方、

ヨガって何?もっとヨガを学びたい!


皆様のヨガが、深まる良い機会になればと思っています。


私自身は現在、検討段階です。もしご興味のある方がいらっしゃれば、お気軽にお知らせ下さい。


何かつながりをお手伝い出来たら私もお役に立てて嬉しく思っています。


JUNJI


Hearth Promothion Center

Nataraja Project


皆さんこんにちは

 

最近、私達のしぜん治療院ではダイエットプログラムに参加される方が増えてきてくれています。

ご好評頂き、本当に有難うございます。

私達の推奨している食事プログラムによって体重の減少や以前はけなくなっていたズボンがはけるようになったとか

体重が5kg減ったとか、肌がスッキリしたとか、アレルギー性の症状が激減したとか様々です。

私達のプログラムを信じて下さって本当に嬉しく感謝することと、

共に歩んでくれている佳子先生、我ながら素晴らしいなと思います。

ダイエットプログラムとは関係なく実は私は何を隠そうほぼベジタリアンです。

今日はそのお話を少しご紹介させて下さい。

 

先ずは最近の日本の情勢と食事についてのお話です。

国会議員の先生方がビーガンやベジタリアンの勉強会が発足されたとか、、、

 

時代ですね。

 

少し話題を広げれば大学の学食のベジタリアン食の創設やアメリカの州でのベジタリアンの日の制定や急速にベジタリアンの普及が進んでいますね。東京でもオリンピックに向けたベジタリアン準備が進んでいます。

 

かつてタバコが自由に据えた頃から、だんだん、灰皿を準備して、喫煙所や分煙が準備されていった頃の動きを思い出します。

 

かつて私は、「えーお肉食べないなんて信じられない!」そう思っていました。

 

しかしヨガが深まっていくにつれて、何を食べると体が喜び、何を食べると体が疲れるのかを感じていくうちにいつの間にか菜食になっていました。世界の巨匠ビートたけしもお肉は食べないんだったかな、焼肉屋に行っても食べないと何処かで知った気がします。

食べないで力が入るのか?オリンピック選手やボデイービルダーでも今は食べていない人も多いようで、どうもそういう定説は幻だったかもしれません。今は野菜やフルーツが美味しくてたまりません。

 

こればかりは、そのような生活になってみないとわからないし、一般的な常識を知識で知っていても、実際に食べなくても全然大丈夫だとわかってしまったら・・天変地異なわけです。私達が知っている情報とは何か?

 

しかし急には難しいですね。お肉から栄養を吸収することに体が慣れているから・・

 

続いて気持ちの部分。

 

今の私は動物と意識でつながる感覚、正直最近はマグロの解体ショーという言葉を聞くと少し怖い気持ちになります。

 

彼らにも意識がありますよね。

 

そういった繊細な感覚もヨガがもたらしてくれた物だと思います。

 

話を国会議員の勉強会まで戻しましょうか。

すごく大きな問題を含んでいるようです。

動物を食べないというのはベジタリアンになるかそうでないかだけの問題ではありません。

 

食用の家畜を育てるための食物を貧しい国の人間のための食糧に回すこともできるし

家畜が吐き出すゲップや二酸化炭素での地球温暖化、

今後、経済成長している大国の皆さんがもしお肉を食べたいと言ったら?食べ物の取り合いにならないか?

 

皆さん、肉や魚を取り合いますか?

 

それとも食べてはいけないと言えるのか?

 

実に難しい問題です。

 

動物のように食べ物の取り合いになるのか?

 

動物は必要な時しか狩はしませんものね。

 

遺伝子組み替え食品とホルモン注射で育った家畜を食べるのか?

 

かつての日本でも大事な日はお肉や魚も食べていたとは思います。

 

しかし、生命として尊厳を持って自ら刃を入れていたのだと思います。

 

さぁ、今後どのような社会になっていくのでしょうか。

 

私達、知性ある人間が地球と動物と海と仲良く暮らしていく方法を見つけ出し、未来へこの地球を良い形で残していく方法を探していきたいものです。


 

 

柏しぜん治療院 KENKO

併設ヘルスプロモーションセンターKENKO

https://www.nataraja-lakshmi.com/

 

皆さんこんにちは

【治療院スタッフ通信】です。


現在、施術の他、ダイエット、ファスティングやトレーニングを主に担当している佳子先生!


今回、介護予防健康アドバイザーの資格も取得されました!(祝)




心身の健康は食事も運動もみんな大事ですよね。

カウセリング中も身体の話から食事や生活の話もまさにオールマイティー。


(美容整体・小顔もまもなくリリース)


佳子さんは仕事が終わると皆様の変化を嬉しそうに私にまとめてくれています。

皆様の健康作りや輝きや発展にに、さらにお役に立てるようにと邁進中です。


いよいよ来年は国家試験本番皆様と共に歩ませて頂いています!

私も頼もしく思っています。

よろしくお願いします。


柏しぜん治療院 KENKO

併設ヘルスプロモーションセンターKENKO

https://www.nataraja-lakshmi.com/