店主すい臓がんが本になりました!

店主すい臓がんが本になりました!

店主すい臓癌4コマ漫画という闘病記漫画から病気になりながら、雨も晴らしてしまう元気になれる食堂漫画へ変化しましたが、現在は亡くなるまでをイラストエッセイで綴っています。

2013年12月手術不可能な末期癌がみつかり、2014年1月奇跡的に癌が小さくなり5月に膵臓全摘、胆嚢、脾臓、十二指腸切除。6月退院。2014年12月より少しづつ営業再開。『店主すい臓癌4コマ漫画始めました』というタイトルから『てるてる坊主食堂』にタイトルを変更し、雨にも負けない明るいお店の4コマを描いています
 
 
 

このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

同じ様な病気の方の参考に

支える家族の方のためになれば

と思い綴ったものです

 

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目

 

 

母の日ですね
母にプレゼントを
買えないのが寂しいです
ぐすん


 
母を亡くした者同士であり
シングル仲間でもあった
ケアマネであり同級生のママ友と
 
夜のウオーキングをしました

 
母の日
私達は
大好きだったお母さんを
懐かしく思い出すんだよね〜
 赤薔薇


 
話は変わりますが
 
先日
久しぶりに高校の同窓会誌を
開いてみたら
 
 
若かった仲良しの先生が
校長先生になっていた!!
 

のでお手紙を書いたら
 
電話をくれました
 
 
凄い数の生徒を送り出しているの
だから、覚えていないかな?
と思ったけれど
 
目の細い私を覚えていてくれました
 えー


そういえば担任じゃなかったよね?
って話になってね

黒板に落書きしていたら
気にいってくれた先生が
冊子のイラストを描いてって
頼まれたよね?って
思い出して

そのまま成長したんだね
って笑いあったよ

絵描きにもなれず
絵で生計はたてられなかったけど
誰かの心に響く物を残せたかな?
 
 
今思えば 
仏教系の私立の女子校だったから
母に負担をかけたな〜
授業料高かったよな〜



高校には修養の時間なんて
あったりして
ありがたいお話も聞けたり
今思うと良い学校だった





ずっと無駄だったかな?
って思っていたけど


お母さんの本を
図書室に置かせて
もらう事になったよ
ニコニコ

こんな事で母さん喜んでくれるかな?


もう少し一緒に居たかったな〜


1番大きなプレゼント

新しいお家へもっていくわよ


こちらは日常のブログです
ニコニコ




イベントバナー

 



 
 
 
 

 




このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

同じ様な病気の方の参考に

支える家族の方のためになれば

と思い綴ったものです

 

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目





お久しぶりです

今日は5月1日
フランスではスズランを贈る日
贈られた人は幸せになると
言われています





母は蘭を育てるのが
うまくできなくて

今まで沢山いただいた蘭は
咲かせる事ができなかった
忙しすぎたね
頑張りすぎて
余裕がなかったね



そんな母に贈られた蘭


今日咲きました(^^)


スズランよりも
ずっと大きな蘭
母さんはやっぱり
派手ね〜



皆様の所に幸運が訪れますように





闘病でもお店でもない
日常のブログです


 
 

 

このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

同じ様な病気の方の参考に

支える家族の方のためになれば

と思い綴ったものです

 

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目

 

 

 

月日の流れは早いものですねー

 

母と過ごしたお店の復活を考えていた所に

コロナ禍、、、

イベント的に開きたかったお店も

時が止まったままで

 

 

お弁当屋さんでもやろうかしら?

とお弁当箱を用意したり

消毒液を買ったり

用意しようとすると

感染拡大!

 

 

私は今現在契約社員として

お仕事をしています

副業が認められているため

お休みの時に営業するのも

悪くないと考えていました

 

が、、、

 

もう無理かもしれませんね

 

 

維持するのにもお金がかかるし

 

 

 

 

片付けをしにお店に入ったのですが

 

 

中に居ると身体が仕事モードの

スイッチがはいってしまいます

 

 

メニューを考えたりしてしまうの

 

 

母だったらどうするかな〜

 

 

 
 
良かったらご訪問くださいませ
今の私のもうひとつのブログです
 
 

すい臓癌闘病記は

このぼたんから 

  ↓

 
 
 
 
 

 

このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

同じ様な病気の方の参考に

支える家族の方のためになれば

と思い綴ったものです

 

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目

 
 
 
トップブロガーのお友達の
ここっとさんのインコのちるくんが
ご卒業という事で悲しいニュース
なのですが
 
 
こうして大変な時にかけつけて
くれる友人って1番の宝ですよね
 
 
 
実は私母が亡くなっても
全く泣けなくて
私って強いんだなー
中にはよく泣かないで居られる
 
なんて事を言われたりしましたが
 
 
母が亡くなって
49日を過ぎた頃に
泣けてきて
インコのパレちゃんが
ポロリと落ちた
涙をふいてくれました
 
 
娘の進学や引越しで
留守にしていた時に
あちらの世界へ旅立ってしまい
突然の出来事で
最後一緒にいられなかった
悲しみに号泣しました
 
悲しすぎてブログにも
あまり書けなかった
 
 
 
母が居たら
あんた、私の時より泣いてない?
って言い出しそうでした
 
 
今年は父が亡くなって丁度45年
父の事を考えて泣く様にもなりました
 
 
 
歳をとるって涙もろくなるのねー
 
 
私は母でしたが
ここっとさんはお父様
続いて大好きなインコちゃんを亡くし
本の出版と(KADOKAWA だからレベル違うけど)
 
なんだか似てるなぁー
と思いました
 
 
ここっとさんの相棒エミさんのブログ
 

 
 
 
父が亡くなった時
私が生まれた時
母の闘病中
お別れの時
 
 
かけつけてけれた友人の事を
思い出して改めて感謝
 
 
私は新たにブログをはじめ
母に自慢できるように
心配をかけないように
ハッピーになる生活を
はじめました
 
 
良かったらご訪問くださいませ
 
 

すい臓癌闘病記は

このぼたんから 

  ↓

 
 
 


 

お越しいただきありがとうございました

このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目





昨日は月を見ました
とても美しかったです

コロナ禍でなかなか会えないまま
闘病していた親類が亡くなりました

お見舞いにも
お通夜にも
お葬式にも
行けませんでした

私は父を早くに亡くしているので
昨日は父の事を思いました

現在の仕事場が
父が修行したお寿司屋さんが
あったであろう場所でして



闘病中の皆様やご家族の皆様
病気からの回復と
笑顔で生きられますように




 
 

 

お越しいただきありがとうございました

このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目

 

 

お久しぶりです
月命日には何かを書こうと
思っていたのですが
先月は忙しく更新できませんでした
 
 
image
 
 
オリンピックを目標に
娘の成人式の晴れ姿がみれるまでは
と、頑張っていた母を思い出すと
 
泣けてくるのはわかるけど
 
幸せいっぱいの瞬間でも
急に涙が出る事がある
 
淋しいというよりも
母さんがそばに来て
もう少し一緒に居たかったと
泣いていないか
もう少し早く病気に気がつけたんじゃないか?
 
そんな風に考えてしまう
 
 
さあ、そんなに泣いてないで!
明るく行こうよ!
お母さんは元気だよー
って言っているかもね
 
 
 


 

お越しいただきありがとうございました

このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目

 

 



やっぱり月命日には
母が帰って来る感じがする

月に一回くらい
一緒にご飯がたべたいよね

コロナになって
開けようとしていたお店も
イベントもできないまま
維持費だけ払っている
来年には
またみんなで笑って食べられる?



年末年始に
お弁当でも作りたかった気もしたり


母さんの人気メニューの
牡蠣ソテー
牡蠣フライ
作って懐かしんでみたよ


母のしたかった
墓じまいもできないまま

さあ、どうする?




 

 

お越しいただきありがとうございました

このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目

 

 


 

あっという間に12月ですね

今年はコロナ禍という事もあり

時の進みが早かった様に感じました

 



今年はお店を再開しようと考えていましたが

なかなか難しい時代になってしまいました



 

毎年12月になると

忘年会やクリスマス料理や正月用の

美味しい料理を楽しんで作る母

 

もし、母さんがいたらお弁当屋さんとか

出前とかやっていただろうなーって

思いながら生活しています

 


 

 


 

クラウドファンディングのノベルティー用に

作ったカレンダーですが

 

最後の12月はイラストレーターでありデザイナー

として本作りの後押しをしてくれた友人

Etsumi Sato


さんのデザインです

 

母のトレードマークでもあった

スーパーカブで出前をする姿

 

サンタさんになって美味しいご飯を配達中

 

 


ああ、あのお店で食べたあのご飯

美味しかったなあー

あそこに元気なお母さんいたよなー

って思い出してくれれば幸せだなあ


って言っていた母



美味しかったよー


 

Withnewsにとりあげてもらいました

 

 

 

アラフィフママの再出発ブログ

右矢印

こちらもよろしくお願いします

 

 

 

 


 

 

お越しいただきありがとうございました

このブログは突然の余命宣告を受けた

母のすい臓がんと闘った漫画です

 

右矢印そして本が完成しました〜!

 

初めての方はこちらから

右矢印闘病1話目

 



旅に出ていたので

カレンダーの紹介を忘れてしまっていましたガーン


11月のカレンダーは、美術学校時代からの友人で

今は、さをり織り作家のしほさんの作品

フランス時代にも留学して一時期

一緒に暮らした事もある親戚風な友人です


同時期にお互いの母が闘病になって

色々情報を共有しあい

励まし合ってきたお友達

 

 

とってもかわいい

カレンダーになりました

 

 

彼女の優しさがでてますね〜

 

 

 

 

彼女のおかげで母も織物を作ったのよね