京都癒しの旅 | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき
新型コロナウイルスに関する情報について

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

「酒を飲めない下戸と書いておりとと読むんです」と

開口一番の挨拶。

京都ことば磨き塾(26日)。

京都癒しの旅案内人の下戸眞由美さんをゲストに招き、

塾生たちによるインタビューワークをした。

 

「京都癒しの旅」は、女性の心を癒し、京都の佳きところを案内し、

生きる勇気を与える旅だ。

歴史案内はしない。旗もあげない。名札もつけない。

旅する人の気持ちに寄り添う。

かつて、祖母と二人旅をするのが楽しみだった。

だが、祖母が年老いてからは、団体のペースについていけなくなり、

多すぎる食事を残してしまう罪悪感から、旅に出かけなくなった。

この祖母との体験が、一人一人に寄り添う、今の「癒し旅スタイル」に結びついている。

下戸さんも、介護の心労などから、うつ病と診断されたことがある。

その最中、大好きな祖母が他界し、精神状態はさらに落ち込んだ。

そんな時、彼女を癒してくれたのは、京都の風景だった。

京ことばが、京野菜の食事が、お寺の庭が、肩に力を入れない素の自分を取り戻してくれた。

そんな自分の体験が、しんどい想いを抱えて旅に出た人に寄り添える原点になっている。

 

京都ことば磨き塾は、当然ながら京都人ばかり。

京都のことだけに興味津々。

灯台下暗しで知らない京都の魅力を教えてほしくて、

聴きたいことがいっぱい。

下戸さんが飾らずに答えてくれるから、聴き手も気負いがなくなる。

まさに、癒しのひとときとなった。

 

(↑ 下戸さんオススメの癒しスポットが書かれている)