村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

高校2年生の少女の人生を動かした芝居があった。

舞台『釈迦内柩唄』を観劇したことが、彼女の人生を変えた。

前進座の浅利香津代さんが、20年間演じ続けた舞台だった。
和歌山市民会館。前から2列目、下手通路側。

有馬理恵さんは、座った席も覚えている。

東北の言葉もわからないのに、泣きっぱなしだった。

幕が下りても動けない放心状態だった。
一週間、学校へもいけなかった。

生まれ育った周辺に被差別部落があったこともあり、

「差別」については、これまでも考えてきた。

部屋に籠り、身体中何かが駆け巡る思いで、

改めて「差別」について考えた。

この芝居には、交錯する思いをすべて引き受け、

自分は何をしたいのか問われているエネルギーが感じられた。

 

それから28年。

女優になった有馬理恵さんは、

きょう『釈迦内柩唄』489回目の舞台にたった。

21年にわたって、浅利さんからバトンを受け継ぐ形で、

彼女は、この芝居をライフワークにしている。

 

原作は、作家の水上勉さん。

戦時中、秋田県で起きた花岡事件を背景にした物語。

職業差別、人種差別、奥深い人間の業や憎悪を問題にしている。
釈迦内は、花岡鉱山の近くにある。

そこで、親の代から続いた火葬場の仕事を引き継いだ娘・ふじ子が、物語の主人公。焼却炉を前にしたモノローグがほとんどだ。

その職業ゆえに差別を受けてきたが、

ふじ子は家族の深い絆と愛情で、父の仕事を引き継ぐ。

その父が亡くなり、遺体を焼く準備をしているふじ子は、

様々なことを思い起こす。

鉱山から逃げてきて憲兵隊に捕まった朝鮮人の崔さんのこと、

足の不自由な身で、懸命に働いていた母のこと、

踊りが得意な上の姉、

読書好きな下の姉のこと、

そして、辛さを酒で紛らわしていた父のこと…。
父は、人を焼いた灰でコスモスを育てていた。

「人は死んだら、大臣も百姓もおんなじ仏さまになるんだ。コスモスになって風に揺れてるんだ」と言っていた。

舞台は、一面のコスモス畑で、幕を閉じる。

 

これまで、有馬さんと一緒に講演会をしたことが何度かある。

そのとき、短縮版の一人芝居では、何度か拝見したことがあったが、

通しで拝見するのは初めてだ。

有馬さんはもとより、舞台に登場する7人の役者が、

自分たちの役どころを心得ていて、

「せりふ」を言っているように聞こえない。真に迫ってくる。

特に、父役の加藤頼さんの間合いがいい。

有馬さんの「本気」もビシビシ伝わってくる。

終演後、「いまこそ、いまの時代だからこそ、多くに方に、

この芝居を届けたい」と観客に訴えていた。

まずは、500回、

そして水上さんに約束した1000回公演を目指してほしい。

 

『釈迦内柩唄』、今回は、

いのちをテーマにした公演に相応しい場所、

築地本願寺ブディストホールで、15日(日)まで。

 

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。