高田郁さんたら! | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

大坂天満の呉服商、五鈴屋の六代目店主の女房となった幸。

三兄弟に嫁す、という数奇な運命を受け容れた彼女に、

お家さんの富久は五鈴屋の将来を託して息を引き取った。

「女名前禁止」の掟のある大坂で、幸は、夫・智蔵の理解のもと、

奉公人らと心をひとつにして商いを広げていく。

「買うての幸い、売っての幸せ」。

買い手も売り手も幸せにするため幸は知恵を絞る。

 

そんな幸に、幸という名前なのに、

作者の高田郁さんは不幸をもたらせすぎ。人を死なせすぎ。

第1巻早々で、優しい兄の雅由があっけなく死んだ。

あいついで父も死に、幸は大坂に奉公に出る。

嫁いだ四代目徳兵衛が放蕩の果て死ぬ。

幸を見込んで嫁にしたお家はんの富久も、

五鈴屋の将来を案じながら亡くなる。

最新刊の第五巻では、働き詰めだった母の房が亡くなる。

生まれ変わりと期待されていた幸のお腹の子も死産。

これはないでしょーと、読みながら、高田さんにブーイング。

そして、ラストでは、六代目徳兵衛が倒れる。

まさか、まさかと気がかりだが、この先次巻は、1年待たされそう。

それはないでしょーと、またブーイング。

 

文章の巧みさに、今回も舌を巻いた。

「境内で鳴らされる太鼓の音が、

 会話の消えた室内を優しく埋めている」

「熟した実梅の芳香の溶け込んだ弱い雨が、天満の街を覆っていた」

「座敷に滞っていた残暑の熱気を、極楽の余り風が払っていく」

「(大川に)小さな波が生まれて、月の光を砕いて川面に撒いた」

ますます、時代小説の筆をとる気力を萎えさせる。もうっ!

 

人生の処世訓も散りばめられている。

女衆のお竹のことば「古手を解いたら、縫い手の心が見えますのや。

心ないものは心ない仕立てをするもんだす。たとえ見えるとこ、目立つとこは綺麗に繕うてあっても、解いてみたら、一遍にわかります」

亡くなった兄・雅由のことば「疾風知勁草~疾風に勁草を知る。陽だまりに群れているときは、どの草も同じに見える。激しい風に晒されて初めて、強い草が見分けられる。艱難辛苦に遭って初めて、その人の意思の強さ、志の高さがわかる」

だから、あえて疾風を吹かせるのか。艱難辛苦を与えるのか。

高田郁さん、一体全体、あなたはどういう人なの~!?

 

 

 

村上信夫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス