深い声 | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:



川田龍平さんと、堤未果さんがご夫婦だとは知らなかった。

薬害エイズ訴訟で知られる川田さん、

アメリカのルポルタージュで知られるジャーナリストの堤さん。

互いの想いに共鳴しあい、2008年2月に結婚した。

互いに佳きパートナーシップを発揮している。

2人を見ていると、同志のような感じ。 

堤さん曰く、「この人なら、より良い世界を作るためにやっていけると思った。
あ・うんの呼吸で、自然にサポートしあえる」。

「私の妻としての最大の役割は、彼の健康を守ること。

健康最優先だが、結婚してから肩の力が抜けるようになり、

無理しないでいられる」。

 

川田龍平さんは、

1976年1月12日生まれだから、40歳になったばかり。

「長く生きられると思っていなかったから、感慨一入だ」という。
生後6か月のときに遺伝性疾患である「血友病」の診断を受け、
治療のために3歳のときから「非加熱輸入血液製剤」を使用したことが

原因でHIVに感染。10歳のときに母から感染を知らされ、

1993年「薬害エイズ」訴訟の原告となる。
そして、19歳だった95年に、

未成年として初めて実名を公表して被害をアピールした。
それを機に多くの国民の関心が集まり、

厚生省に損害賠償を求める「薬害HIV訴訟」の和解が成立した。
川田さんは、この一連の動きで常に先頭に立っていた。

2007年、31歳のときに「参議院選挙」に立候補し当選。
2013年再選を果たしている。
「いのちが最優先される社会の実現」を目指して議員活動を続けている。

川田さんは、NHKラジオの熱心なリスナーで、

ボクの番組もよく聞いていてくれていたそうで、初対面感がなかった。

 

堤未果さんは、高校卒業後、アメリカに留学し「ニューヨーク州立大学」、「ニューヨーク市立大学大学院」に学び修士号を取得。
「国際連合婦人開発基金」、

「アムネスティ・インターナショナル」ニューヨーク支局員を経て、

「米国野村證券」に勤務。
2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件の日、

 「WTC」の隣のビルにいて、大惨事を目撃した。

自分の目と耳でアメリカという国を見つめ直してみようと思い、

ジャーナリストとなる決意を固めた。

以来、アメリカと日本を行き来して執筆、講演活動を行っている。
結婚した年に出した『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)が

50万部を超えるベストセラーになった。

その後政治と企業の癒着をテーマにオバマ後のアメリカを追った

『ルポ・貧困大国アメリカ II』(岩波新書)もベストセラーになるなど、

一貫して日本では報道されない「アメリカの弱者の視点」も見据えた

ルポルタージュを次々に発表して注目を集めている。
こういう経歴だけみると、

一分の隙もない気鋭のジャーナリストという感じがするが、

気遣いのある優しい温かい人だった。

父は、ジャーナリストのばばこういちさん。

母は、元文化放送アナウンサーで詩人の堤江実さん。

堤江実さんの詩集『つたえたいことがあります』は、

ボクの愛読書のひとつだ。

お二人の平和観にも通じると思い、詩を朗読した。

川田さんも堤さんも、傾聴してくださり、

「村上さんは、声に深みがありますね」と賛辞を送ってもらった。

考え想像するためにも、聴き手の入り込む隙間を作ることだけは、

意識している。ひとりよがりにならないよう配慮している。

その想いが「深み」に繋がっているなら、この上なく嬉しい。

 

二人と親しい鎌田先生の「鶴の一声」で、とんとん拍子に出演が実現した。

二人揃っての放送メディア出演は、初めてのことになる。

文化放送『日曜はがんばらない』で1月24日放送予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村上信夫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス