この度の西日本を中心とした豪雨により、

 

被災されたみなさまならびにご家族のみなさまに

 

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お見舞いとお知らせが大変遅くなりました。

 

遠方の知り合いの方々から、お気遣いのメールや連絡を受けましたが、

 

弊社は、通常通り営業しております。

 

 

 

 

 

 

 

5日(木)の夜間、下関も大量の雨が降りました。

 

6日(金)、朝5時40分のエリアメールで飛び起きました。

 

その後は、何度も鳴りました。

 

下関市の河川も水位が上がり、避難勧告が出た地域もありました。

 

出勤する途中も小さな土砂崩れが起きている所がありました。

 

場所によっては、土砂崩れで通行止めの道路もあり、

 

関門トンネルは冠水し、高速道路は関門橋のみ通行可と

 

至るところが渋滞したようでしたが、

 

弊社および近隣や弊社管理物件に大きな被害はありませんでした。

 

そんな中、すぐ近くの地域では酷い水害で、

 

記憶にある風景が一変しており、呆然としたのを覚えています。

 

特にここ最近、自然の脅威に不安を感じるようになりました。

 

ご入居者のみなさまからも、避難経路や避難場所などの

 

問合せを受けることが多くなりました。

 

ニュースでも何度も言われていましたが、

 

「まずは、自分の身を守ってください。」です。

 

エリアメールだけでなく、外の状況を確認して、

 

早めに安全が確保できる場所へ避難することが大切です。

 

改めて、そう実感させられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日が続いています。

 

避難されているみなさま、復旧作業に従事されているみなさまの

 

安全と被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

や