「GOLDEN BOY」

競輪選手の新田祐大のブログです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2022年3月11日

11年前の東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

あの日から時は経っていきますが、いつもすぐにあの日のことは思い出せます。

 

地元福島の皆様とはもちろん、オリンピックやスポーツを通して、

その他の東北の皆様とも繋がり、ふれあう機会をいただくことで、

災害の事実と復興の軌跡を新たに知り、苦しみや葛藤を感じることがありました。

 

そして、そんな中でも活気溢れる町を再び築き上げようと未来に向かう力に勇気付けられたこともたくさんありました。

 

 

これからも自分のできること、

スポーツを通して、東北への想い、

あの日の経験を未来に繋ぐことを胸に刻んで今日も前に進みたいと思います。

 

 

会津魂

新田祐大

 

 

2021年 締め括り

いつも応援ありがとうございます。


昨年は、

オリンピック競技並びに競輪競走におきまして、たくさんの応援をいただき、

ありがとうございました。


オリンピックでの経験を活かして、

競輪競走に挑んできましたが、GⅠ制覇に届かず悔しい思いで一杯です。


この結果を真摯に受け止め、惜敗の気持ちを今後の発奮として、

来年は全力で走り抜けていきたいと思います。


来年も応援よろしくお願いします。


良いお正月をお過ごしください。



全日本選手権2021





伊東競輪 椿賞争奪戦 G3



2021年3月11日

 

東日本大震災から10年が経ちました。

震災により亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

 

震災当時、私は翌年開催のロンドン五輪出場に向けて、練習に取り組んでおりました。

それまで当たり前だった日常が、一瞬にして、そうではなくなりました。

目標にしていたロンドン五輪も目指し続けていいものなのか?

そもそも、スポーツを続けていることが正しいのか?

震災後、悩み続けていました。

 

しかしながら、そんな私の背中を押してくださったのは、

被害を受けて、大変な思いをされていた皆さんであり、同じように被災地で頑張っている地元の仲間達でした。

その支えが、ロンドン五輪出場へと大きく繋がりました。

 

2016年に発足した自転車チーム<DreamSeeker>には、

自転車やアスリートを通じて、被災地を元気にしたいという思いがあります。

ご縁があり、福島県の子供たちとふれあう機会を作って頂き、震災に負けずに明るく元気に育つ子どもたちの成長を見させて頂いています。

その他、これまでの10年間で、様々な出会いがありました。

その中で印象的だったことは、辛かったことより前向きなお話される方が大変多かったことです。

もしかしたら、それは本音ではなかったのかもしれません。

ただ、そのふれあいを通して、アスリートである私がすべきことは、前を見て走り続ける姿を示すことであると感じました。

 

10年を迎えたこれからも、自転車競技のアスリートとして、パフォーマンスを通して、これからもみなさんにエールを送れるよう、邁進して参ります。

 

絶対に忘れない、あの日を。

 

 

新田祐大

2021年3月11日10年前の今日起きた事一生忘れない私の思いはアメブロに綴り...

KEIRINグランプリ2020

今年も年の瀬、いよいよグランプリシリーズが始まる時を迎えました。
今年はオリンピック延期、GⅠレース中止と予期せぬ出来事の多い一年となりました。
しかし、競輪を止めたくない気持ち一心でメディアを通して皆様にメッセージを発信し繋がれたことが嬉しく、様々なことをプラスに捉えて、トレーニングに邁進してきました。

そして、周りの皆様に支えられながら瀬戸際でしたがグランプリ出場を決めました。

無観客試合が続くなかで、限られた試合ではありましたが、ファンの皆様からの生の声援が届く試合は感慨ひとしおでした。

競輪祭での悔しさ、一つ一つの声援に応えるべく今年こそグランプリ頂点に立てるよう、戦って参ります。

どうぞ画面越しに応援をお願いします。


12月30日
16:30
平塚競輪場での競輪グランプリ2020

どうぞご注目ください!




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>