いつも木端微塵

いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。この日記は、フィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。
音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Blue Nile,
The Smiths,Morrissey ギターは、Tokai SEBレスポール木端モデル。

Bonefireで全否定していることについて、

自分の感情はない。

 

当時のテロ事件が起こった時に、

この歌で追悼していることに共感はできなかった。

 

自分は、そんなコンサートには行かないし、

歌いもしないだろう。

 

でも、仮に、遺族が追悼コンサートで

この歌を歌ったというなら、何も言うことはない。

 

このテロ事件は、自分の身に起きたことではない。

負傷した人や遺族の立場になって、

こんなバカな歌を歌うなというのも真実だと思う。

逆に、負傷したり、遺族になったりして、

これを歌うとするなら、それも真実だと思う。

 

しかし、自分は直接関係していないから、

この歌を歌って追悼する立場にいないってのが

率直な感想。

 

くだらない理由で殺される方の身にもなれってのは

その通りだと思うが、ロシアが起こした侵略戦争でさえ、

ロシアのくだらない理由に思えてならない。

 

「右の頬を打たれたら,左の頬をも差し出せ」

の議論に近い。

現実問題、その人がそうするのも自由だし、そうしないのも自由だ。

 

冷蔵庫が新しくなると料理する気が湧いてくる。

得意料理は、

日の丸弁当

絶望うどん

絶望カレー

絶望カレーうどん

このあたりか。

 

それよりも、

冷凍庫のスペースが大きいというのは、

かなり大事なことだ。

 

レディボーデングリーンティーを明日補充しよう。

生命維持に欠かせない。

あと、楽天で買ったチーズケーキも冷凍にしておけばいい。

 

【楽天市場】【送料無料・3種のチーズを使用】規格外チーズケーキ5個入り2箱セット ベイクドチーズケーキ スイーツ ケーキ 冷凍ケーキ 業務用 アウトレット 訳あり 訳アリ おやつ:パティスリーLeitry (rakuten.co.jp)

この2つが生きる理由だ。

家電が値上がりしていきそうなので、

思い切って、maladjusted冷蔵庫の

引退式を今日行った。

 

アルバム maladjustedがリリースしたころから

全く壊れなかった。

しかし、節電が叫ばれる中、電気代は食っていた。

 

メーカーへの信頼性から今回もシャープにした。

とっても静か。

冷凍庫が大きい。

冷蔵庫が上になっているので扱いやすい。

こんなに進化しているのか。

もっと早く、買いかえれば良かった。

 

ドアも右でも左でも開くし。

便利すぎる。

これで少しは電気代が下がるだろう。

 

 

 

5年ぐらい頑張っているが、ようやく、メギド数205体

レベル125

欲しいメギドが次から次へと追加されていき、

終わりが無い。

 

特に、今一番欲しいのは、重奏プロメテウス

いつ手に入れられるのか。

 

続けていれば、いつの日か、会えるだろう。

暑すぎる。

スマホも障害で繋がりづらい。

こういう時は、クーラーの下で

ゆっくりするしかない。

シーリングファンで7月中旬まで

粘ろうと思ったが、耐えきれなかった。

 

今週は忙しくて、疲れ切った。

それに加えてこの暑さ。

レディーボーデンの抹茶アイスで何とか持ちこたえた。

 

この樽アイスから、お皿によそったりしない。

樽から直接スプーンで食べる。

これを小学生の時にやるとどうなるのか?

 

犯罪者扱いだ。

決してしてはならないことをあなたはしました!

みたいなことになる。

 

小学校の時の夢は、

野球選手になることではなかった。

サッカー選手でもないし、ロックスターでもないし

社長でもない。

樽アイスをスプーンで一人で食べることだ。

 

時は流れて、

夢は叶った。

1人だけルールを破っているような気がして

アイスを食べるテンションも上がってくる。

これこそがロマンだ。

 

暑すぎるけど、

夢が叶って良かった。

1番好きな映画は何か?

というのは、かなり難しい質問になる。

音楽だと再生回数で選ぶが、

映画は、100回とか見ない。

 

自分は、2006年の放逐(エグザイル絆)と答えることにしている。

このシーンが大好きだからだ。

 

サマソニに来る。

しかし、最近のライブ映像とか見ても

ダメだと思う。

 

勢いがない。

鬼気迫るものがない。

 

衰えたという感じがする。

歳をとってもクリムゾンのように偉大なコンサートをする

ケースもあるが、典型的にダメだ。

 

この程度のリバティーンズで満足できるか?

難しい現実だ。

 

やはり、一番、活動しなくちゃいけない時を

台無しにしたピートの罪は重い。

 

ジョイ・ディヴィジョンが、ニュー・オーダーになった時と

同じぐらい、特別な存在が凡庸になったと言える。

 

歳をとっても偉大なライブができないってのは、

ダメだと言う結論。

昔のリバティーンズを見に行きたい。

 

1年間でいいので、

昭和時代を、暮らしてみたい。

毎日、いろいろなところに行くと思う。

週末もいろいろなとこに行くと思う。

すべて貴重なものを見に行くような感覚になるだろう。

 

今は?

熱いので、どこも行きたくない。

 

今の社会に魅力を感じてない自分がいる。

熱い、だるい、めんどいが、

昭和パワーで、よし冒険だ!になる。

 

理由はわからない。

 

昭和時代に戻りたいわけじゃない。

辛いこともいっぱいあったわけだ。

でも、1年間冒険したい。

 

 

昔のカレーのほうが全般的に黄色かった。

絶望カレーを完成させるために

いろいろな作り方を見ている。

この昭和96年ってのが面白い。

音楽は、音を楽しむと書くので、

やはり、ある程度の音質が必要だと思う。

 

スマホの動画撮影よりも、

良い音質で音源が欲しいわけだ。

 

スマホでそのまま録音してはならない。

そんなことは、わかり切っている。

 

これに、ステレオマイクをつけたら、

どのぐらいなのか??

 

どうすべきかは、初めからわかっている。

TASCAMの業務用のマイク内蔵レコーダーを

持っていけということになるけれど、

十分没収の可能性はある。

4万円近くかかる。

 

スマホは、チケットのかわりに使われるぐらいなので

何の問題もなく持ち込める。

これに、ピンマイクぐらいなら没収されないだろうから、

それで録音したらどのぐらいになるのだろうか。

 

今回は、スマホチャレンジしてみるか。

実験してみないとわからない。

正直、やらないと答えはわからない。

自分でやってみて判断するか。