いつも木端微塵

いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Blue Nile,
The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
https://www.instagram.com/terrykoppa/?hl=ja

NEW !
テーマ:

 

素直な感想、イントロのヴォーカル入るまでのギターが良い。

その後、となりのヘボギターリストが弾くが

一気に凡庸になる。

ヴォーカルは、予想以上ではある。

結論は、スミスの方が1000倍良い。

 

モリッシーのThis charming manは、パンクソングであって

もはや別物。

そして、モリッシーが、スミスをやってもニュースにならない。

 

でも、ジョニー・マーがスミスをやるとニュースになる。

どれだけ、ソロ作品が弱いんだよ。

ああ、本当に偉大だよねというものはない。

結局スミスのカラオケが一番良いという結論になる。

 

アーティストとしてダメじゃん。

死に体だよ。

 

キング・クリムゾンを見習え!

音楽的挑戦をしろ!

 

ジョニー・マー信者たちは、スミスを聞いていたんだろ?

もっとレベルの高いところを基準にすべき。

劣化しているものを誉めても仕方ない。

ジョニー・マーバンドなんてどうでもいいじゃん。

歴史に残らないから。

NEW !
テーマ:
来週、ちゃんとクリムゾンが見られること
これが最大の心配事だ。

でも、それが終わると、待っているのは、
クリムゾンロス→抜け殻→灰
 
もちろん、プライベートでは、演奏するための努力もするし、
音合わせもする。
仕事も頑張る。
それぞれの生活の中にある目標を達成すべく頑張る。
いつもの日常。
 
しかし、コアな生きがいというか、魂が求めるものが
無くなる。

終わりは必ずあり、これは、死のようなものかもしれない。
21日というエンディングに向かって
しっかり歩めるのかという心配をしていることになる。
エンディングの後どうなるかは、100%わかっている。
 
つまり、灰になるために、しっかり生きられるのか心配しているという。
これは、人生と同じだ。

でも、考えると不思議すぎる。だって待っているのは灰だよ?
まあ、もう考えても仕方ないので、
私は、22日に灰になり、放心状態のまま千葉に戻るわけだ。
 
そして、もう2018年は、私にとっては実質的に終わりとなる。

つまり、21日名古屋で終わる。
 
あとは、いつもの日常を頑張るだけだ。
2021年のことは、考えられない。
いったい、自分はその時、どこで何をしているんだろう?
想像もできない。

でも、生きないとならないと思った。

クリムゾンが、寿命に挑戦している。
ならずっと若い自分が、もっと頑張らないのはおかしい。
 
今回の来日は、2015年よりずっと消耗しているし、疲弊している。
フリップ大先生、私、来週も頑張ります。

テーマ:

 

最近、某プログレバンドのメンバーから、また来ていると思われたり、

顔がわれていて話しかけられたりする。

 

あの人、またいると思われる可能性があるので

サングラスが欲しい。どでかいやつがいい。

こんな感じの。


テーマ:

ほとんど謎のアーティストとして存在している
カナダのMorMor
ツアーをするらしいが、日本には来ない。
 
才能のある人だと思う。

チャンスがあれば、見てみたい。
 
ところで、来週のクリムゾンライフ
最後は、平穏に過ごしたいw
 
今日は、
難解なパズルがようやく解けた。
転換の時。

テーマ:
席は、3列目だった。宮殿のお面?が各席に置かれていた。
この日は、夢のように良いコンサートだった。

やっぱり、セットリストに左右されるかなと思った。
 
一番、良かったのは、21世紀の精神異常者だった。
元気をもらうことができた。
 
初日から全身全霊で見られるだけ見ている。
全身全霊で見に行くアーティストは、極めて少ない。
 
2021年クリムゾン来日説を聞いたのだが、
マジ?
 
そんな先のことは、想像できないw
人生の残り時間を延長する努力をしようと思う

テーマ:

 

クリムゾンは、コンサート会場で聞けるため、

プライベートでは、繰り返し

エンジェルを聞いている。

 

この歌を繰り返す。

心にしみる。


テーマ:
3時前に会場に着くと、かなりの人がいた。
ロイヤルパッケージについて質問で
話しかけられた。
知っていることは全部答えた。
その方は、全公演行くそうだ。
海外も回っているらしい。
強者がいる。
 
人生の中で5回目の最前列だった。
今回のツアーのようなことは、
もう、この先ないかもしれない。
そのくらい座席に恵まれている。
 
戦慄1のドラムが強烈だった。
良いコンサートだったと思う。
ただし、聞きたい曲が聞けなかったw
 
2日目にサプライズがあるかわからないが
希望をもって向かいたい。

テーマ:

モリッシーナイトをやるらしい。

 

じゃあ、秘蔵のエンジェル・オルセンのシャツを着て

また、嫌がらせにいこう。

 

え?来なくていい?

あ、そう。


テーマ:

基本的に地方公演は、ベストセレクション的な

セットリストだと感じる。

これは、正しい判断だと思う。

フリップのこういうところは、自分が今後生きていく上でも

参考になる。

 

明日からの大阪公演は、2日ある。

もしかしたら、私の見たい曲が演奏されるかもしれない。

 

しかし、最も可能性が高いとすると

やはり、オーチャードなのだろうなと思う。

ここでサプライズソングの可能性が高い。

 

つまり、名古屋での可能性は、ほぼない。

まあ、HEROESが演奏されたら奇跡だと思う。

 

勝負は、明日からの2日間と

結局東京にもどってからということ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス