いつも木端微塵

いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Blue Nile,
The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。

 

今日は、我が最愛のオーダーメード、

レスポールをイシ●シ楽器に持っていく。

年に2本ぐらいはギターの調整をしているように思う。

毎年ローテーションを組んでいる。

 

私が亡くなったら、これらのギターはどうなるのだろうか。

ゴホゴホ(あ、血だ)

モリッシーは、時々レコーディングに失敗するのだが、

いまだに、この歌だけは何とかして欲しいと思っている。

 

 

ライブテイクのように、レコーディングすれば良かった。

どうして、あんな風にしたのか?

センスがない。

ライブレコーディングをリリースして欲しい。

 

sweetie pieのMKFバージョンも、こっちだろと思うわけだが、

この歌も同じ。

あんなスタジオレコーディングをリリースするなら、

ライブ音源をそのままリリースしたほうが良かった。

 

モリッシーの地名の歌で良かったのは、ロンドンとメキシコだけだった。

 

遠くて行けないんですけど。

ショック。

近辺の人にとっては、良いリペアショップがやってくるので

いいんだろうけど。

千葉県民には、つらい。

使い捨てのマスクのゴムが切れる時、凹む。

そして、割と切れる。

購入しているものが悪いのかもしれない。

いきなり切れる。

 

常にマスクのバックアップがあればいいが、

ない時に、よく切れる。そんな気がする。

 

いちいちマスクのバックアップを持っていない。

 

仕事の時は、切れるのが怖いので、必ずマスクのバックアップを持参している。

 

あと、先日、凹んだことがある。

 

毎年行っている病院に、

インフルエンザの予防接種を受けに行ったところ、

予約をしないと予防接種は受けられませんと言われる。

 

「え!?」

 

毎年普通に受けているのにと言ったが、

密回避のために

いつのまにか予約制になっていた。

 

この病院は、3000円で予防接種が受けられる。

 

予防接種の金額は、オープンプライスであり、

値上げの一途をたどっている。

1500円ぐらいで受けられた時代が懐かしい。

 

予約っていつできるのか尋ねると、一か月どころじゃないぐらい先だった。

 

その前にインフルエンザなるかもと思って、

そこから、慌てて病院を探し始めた。

 

鬼検索をして、3500円で予約不要の病院を見つけた。

 

予防接種は、5分ぐらいで終わる。

5分のために予約制にしている。

これで、予防接種が受けられないって何のための予防接種なんだろう?

 

コロナのワクチンが出てきても、受けられないんじゃないのか?

この国の場合、ありそうだよね。

 

マスクも買えなかった時があるし、つめが甘いから受けられないっていう

落ちがありそう。そんな予感がする。

そもそも信頼できない。

Aria Pro2のRS-380という韓国製のギターを購入した。

送料込みで15500円。

1997年製だ。

20年以上ニート引きこもりで

保管されていた未使用品のギターだ。

テープがまだ貼ってあった。

誰も購入せず、見捨てられたギター。

いやー、こういうのがいいね。

Fender USAも持ってるよ。

トーカイをフルでオーダーメードもしたぞ。

80年代の未使用品、フェルナンデスのテレキャスターも改造した。

中国製も買ったし、今回は韓国製。もうやりつくした。

そして、自分が購入したギターの中では、最安である。

 

ボディ材は、アッシュだ。

一本は欲しかったSSH。

 

今回は、オークションで購入した。当然、試奏はできない。

よって、

これを小岩ファンクに調整に持って行った。

 

調整費用が、ギター費用の半額以上になったが、

とても良い感じだ。

 

この安ギターで、来年、SUGAR BABEをやる。

安ギターでどこまでがんばれるか。

このギターを弾いている人は、まずいない。

しかも、97年のギターが新品で登場する。

98年の同じギターを購入した人はいるので、

日本に2人ぐらいしかいないだろう。

 

20年以上前のギターが、ひたすら保管されているというのは、

めったなことではない。

 

 

机の上が無残なことになっており、仕方なく整理整頓

お掃除をすると、書類の山に埋まっていた、

カリフォルニア産が出現する。

ビニールにくるまれて未開封だった。

こんなところにあったのか!

 

忘れないうちにスマホに取り込んだ。

明日から、一曲ずつ聞いて、感想でも書くか。

5点満点で点数をつけるか。

 

モリッシーの新作カバー集である。

 

みんなもう聞いた?(遅すぎ。。。。)

 

確信した。

これを、クリムゾンでカバーしたら、すごくいいと思う。

トリプルドラムを激しめにして、歪ませて、

プログレバージョンにする。

 

素晴らしいカバーになるような気がしてならない。

オリジナルとは、また別の意味で。

 

 

びっくりしたけど、

これは、消されるだろう。

生前、本人が、カラオケの時に、キーをDにして歌ってたと言っていたが。。。。。

このタイミングで聞くことができるとは!

 

これまで聞いたカバーの中では、トップと言える。

なかなかいい。

演奏もいい感じだ。

できれば、自分で最前列で録りたかった。


素晴らしい音質のライブ録音を

サウスポー・グラマーに収録して

2枚組とかで売ってくれたら買いたい。

99年と2000年あたりのものがいい。

 

モリッシー自体が、ライブ音源を軽視しているから

録ってないだろう。

クリムゾンみたく全公演録音しているというのが正しい。

 

 

 

 

アランが映っている。

もっと世界を周りたかった。

最近は、めっきり懐古主義に陥っている。