床に反射したようなパッケージ画像を作る⑰ ~ いよいよパッケージが完成!?でも落とし穴が… | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 床に反射したようなパッケージ画像を作る⑯ ~ 側面部分を斜めに配置し床に反射 』



それでは、いよいよ前面部分と側面部分とを組み合わせて、
パッケージ画像を完成させるとしよう。




【 側面部分 】 【 前面部分 】


ここで再び使用するのが GIMP である。
再び GIMP を起動し、上記の二枚の画像をレイヤーとして読み込む。






背後の市松模様は、そこが透明であることを示している。






こうして読み込んだ前面部分と側面部分の画像をピッタリと合わせれば、
ついにパッケージ画像が完成する!( はずだったのだが… )






あれ…!?、よく見ると、前面部分と側面部分との間で、
高さに誤差が生じてしまっている!






別々に画像を作成して来たがゆえの副作用とでも言うべきか…!?
そこで、今回は苦肉の策ではあるが…、



( 次回へつづく... )
『 床に反射したようなパッケージ画像を作る⑱ ~ 今度こそ本当に完成!!』



サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス