サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。

公式サイトでは─、


サラリーマンの副業+在宅のための、必要悪ソフトを公開中!





アメーバ ( アメブロ ) の「 片思い 」読者登録を一掃する!まだ、読者登録の管理で悩み続けますか? アメーバ ( アメブロ ) の "片思い" 読者登録を一掃する!
『 Ameba ReaderManager 』( 無料 )


AI ( 人工知能 ) により、画像認証も自動認識!


条件を指定したブログの読者登録&登録削除、
アメーバ ID の取得なども自動化!


まだ、読者登録の管理で悩み続けますか?




自動クリック&タイマー予約で、各種ブログランキングの上位に喰い込め! ブログランキング自動クリックツール!
『 BlogRankingClicker 』( 無料 )


『 人気ブログランキング 』のルーレットも自動クリック!


自動クリックのタイマー予約も可能!
Windows の自動シャットダウン機能付き。


自動クリックのタイマー予約を使うと、
一日一回の自己クリックが、実質、一日二回に!?




ステップメールや、一斉メール配信サービスは高価だからなぁ…。 自分のパソコンで実行できる、ステップメール&一斉メール、一斉送信。
『 Personal StepMail 』( 無料 )


ステップメールや、一斉メール配信サービスは、
高価だからなぁ…。


まだ、あまり費用がかけられない、

あなたの副業ネットビジネスにも!


これでもう、月額費用の心配はいりません!




PayPal ( ペイパル ) の唯一の悩みは、決済時に自動でサンキューメールが送れないこと! PayPal 決済時にサンキューメールを送信!
『 PayMail 』( 無料 )


PayPal ( ペイパル ) の唯一の悩みは、
決済時に自動でサンキューメールが送れないこと!


メールの文面を入力するだけで、PayPal サンキューメールを

送信する PHP スクリプトを 自動生成!


もう、他社のネット決済サービスに高い手数料を、
払い続ける必要はない!

前回の記事は、こちら─、
『 私の人生を変えた一冊…、とまでは言いませんが。』



そんなわけで─、



それ以降、ビジネス系と言うか、
社会派と言うのか、



または─、



人生哲学とでも言うのか…、



まぁ─、



呼び名は何でもいいのだが、
外出した際などにも書店に立ち寄った時には、



そういったジャンルの書棚にも、
足を運ぶようになったというわけだ。



そういう意味では─、



私にとっての、
『 わが友 本田宗一郎 』体験というのは、



紛れもなく─、



人生の視野を広げるきっかけとなった、
貴重な書籍となったわけである。



その後─、



これがきっかけで当時、
手に取るようになった書籍を幾つか挙げてみると、



例えば─、



『 道は開ける 』
『 人を動かす 』
( デール・カーネギー )



であるとか…、



『「 NO (ノー) 」と言える日本 』
( 盛田 昭夫、石原 慎太郎 )



などなど…。



まぁ─、



名著と言われるものから、
当時、話題となった著作のほか、



『 孫子の兵法 』
などといったものもあった。



そんなこんなで─、



当時、ただのパソコンオタクと言われても、
仕方のなかった一介の情報系の男子学生が、



ちょっと─、



これまでとは違ったジャンルの書籍にかぶれ、



『 ウォール街 』などといった、
社会派映画なども好んで観るようになり、



少し─、



成長した人間になったような気分に、
浸っていたのを覚えている。



まぁ─、



お恥ずかしながら、
まだまだ世間知らずだった頃の昔話で、



今尚─、



人生の達人や、一流のビジネスマンと言うには、
ほど遠いレベルではあるのだが…、



こういった─、



様々な過去の断片 ( ピース ) が、
今日の自分を作り上げて来たのも事実で、



それは─、



きっと皆さんも心当たりが、
おありなのではないだろうか。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







昨今─、



ネットを調べると「 人生を変えた一冊 」
などといった触れ込みで、



書籍を紹介しているサイトやブログが、
多数、見つかる。



もちろん─、



そこで紹介されている本は、
良い本ではあるのだろうが、



しかし─、



私の経験から言えば、



自分にとって大きく人生を変えるような名著が、
そこここに点在していることは稀で、



どちらかと言えば─、



そういった本や、
出会った人々、



観た映画、
よく聴いた歌の歌詞、



などなど…、



自分の思考や意識に、ちょっと引っ掛かかった、
何千、何万という要素が、



5年、10年、15年、20年と、
体内で醸成されて行く中で、



「自分」という、おぼろげな何かが、
形成されて行ったように思う。



そんな─、



私の思考や意識に多少なりとも、
さざ波を立てた要素の一つに、



かってベストセラーとなった
『 わが友 本田宗一郎 』という本があった。



これは─、



ご存知、ソニーの創業者の一人、
井深大氏が執筆した名著で、



あまりにも有名なため、
ご存知の方も多いだろう。



自分も─、



学生時代に読んだ記憶がある。



しかし─、



お恥ずかしながら、
良い本だったという印象は残っているのだが、



その─、



具体的な内容については、
すっかり記憶から抜け落ちてしまっているのが実状だ。



しかし─、



今だに鮮明に記憶に残っているのは、
この本との出会いのいきさつだ。



当時─、



この書籍のことを知ったのは、



たまたま─、



読んでいた友人がおり、
彼から薦められたからだったのだが、



当時─、



あまり、こういったビジネス系の書籍には、
手を伸ばしたことがなかった自分は、



「 何が良いの?」と当然、聞き返したわけだが、
その友人は単刀直入に、



「 男の人生の一つの理想形だ 」答えた。
「 へぇ~、どんな人生?」とさらに突っ込むと、



彼は─、



「 いわゆる波乱万丈の人生ってやつだ 」
と答えた。



「 波乱万丈 」という言葉は、
もちろん知ってはいたが、



しかし─、



あまり使用頻度の、
高い言葉ではなかった自分にとって、



まずは─、



友人から発せられた「 波乱万丈 」という、
言葉が、やけにに耳に残るものであり、



何より─、



「 波乱万丈 」→ ( 理想 ) だと主張する、
その友人の価値観が軽いカルチャーショックだった。



それ以降からだろうか…?
読む本と言えば、もっぱら技術書か、



あまり実用的とは言えない、理屈をこねくり回したような、
SF 小説がほとんどだった自分のレパートリーに、



こういった─、



ビジネス系のジャンルが追加されたのは。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







( 次回へつづく... )
『 恥ずかしさ満載の過去に現在の自分を見出す!』



前回の記事は、こちら─、
『 珍しく、やるべきことを先送りにして来た結果…!?』



そう─、



この WebView2 コンポーネント…、
実は動かないんです!



ここでは─、



具体的な実装方法にていては触れないが、
プログラマーならご周知の通り、



現在─、



WebView2 コンポーネントは、
マイクロソフトが運営する NuGet という、



フリーやオープンソースの、
ライブラリ管理システムから入手することが出来る。



そして─、



入手後、新しい C# プロジェクトを作成し、
他のコンポーネントと同様、



ツールボックスからフォームに貼り付けるだけで、
使用していくことが出来るのだが、



単に─、



それだけの作業を行ったプロジェクトを作成し、
ビルド実行させても起動すらしない。



Debug モードで実行しエラーの箇所を調べてみると、



これも─、



プログラマーなら容易なことではあるのだが、
起動の初期段階で WebView2 コンポーネントに対し、



NullReferenceException と呼ばれる、
エラーが発生していることが分かる。



この─、



NullReferenceException エラーと言うのは、
文字通り "Null" …、



即ち─、



プログラム上で「 何も示さないもの 」を、
使用しようとした際に発生するエラーで、



プログラムにおいては深刻な問題を引き起こす、
厄介なエラーなわけだが、



こと─、



今回の WebView2 コンポーネントに関しては、
そんなことは有り得ない。



これは─、



明かに現在 WebView2 コンポーネントに、
何らかの深刻な欠陥が含まれていることを示しており、



ネットを検索すると、この問題について、
言及している掲示板などは多数、見つかるのだが、



現在のところ─、



マイクロソフトは知ってか知らずか、
対策を講じてはいない。



気付いていないなどということは、
無いとは思うのだが、



いずれにせよ─、



我々、プログラマーサイドでは、
どうすることも出来ないため、



現状は─、



見守るしかないのが実状だ。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!