サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。

公式サイトでは─、


サラリーマンの副業+在宅のための、必要悪ソフトを公開中!





アメーバ ( アメブロ ) の「 片思い 」読者登録を一掃する!まだ、読者登録の管理で悩み続けますか? アメーバ ( アメブロ ) の "片思い" 読者登録を一掃する!
『 Ameba ReaderManager 』( 無料 )


AI ( 人工知能 ) により、画像認証も自動認識!


条件を指定したブログの読者登録&登録削除、
アメーバ ID の取得なども自動化!


まだ、読者登録の管理で悩み続けますか?




自動クリック&タイマー予約で、各種ブログランキングの上位に喰い込め! ブログランキング自動クリックツール!
『 BlogRankingClicker 』( 無料 )


『 人気ブログランキング 』のルーレットも自動クリック!


自動クリックのタイマー予約も可能!
Windows の自動シャットダウン機能付き。


自動クリックのタイマー予約を使うと、
一日一回の自己クリックが、実質、一日二回に!?




ステップメールや、一斉メール配信サービスは高価だからなぁ…。 自分のパソコンで実行できる、ステップメール&一斉メール、一斉送信。
『 Personal StepMail 』( 無料 )


ステップメールや、一斉メール配信サービスは、
高価だからなぁ…。


まだ、あまり費用がかけられない、

あなたの副業ネットビジネスにも!


これでもう、月額費用の心配はいりません!




PayPal ( ペイパル ) の唯一の悩みは、決済時に自動でサンキューメールが送れないこと! PayPal 決済時にサンキューメールを送信!
『 PayMail 』( 無料 )


PayPal ( ペイパル ) の唯一の悩みは、
決済時に自動でサンキューメールが送れないこと!


メールの文面を入力するだけで、PayPal サンキューメールを

送信する PHP スクリプトを 自動生成!


もう、他社のネット決済サービスに高い手数料を、
払い続ける必要はない!

前回の記事は、こちら─、
『 何事にも存在する通過儀礼、それは本人にとっては黒歴史かも知れないが… 』



その後─、



大学の工学部へと進んだ私は、人工知能なるものに感化され、
自ら、そういった思考ゲームのプログラムに手を染め始める。



もちろん─、



チェスの思考プログラムなんぞに、いきなり取り組むのは、
無茶な話なわけでで、まずはオセロから…。



そして─、



解説書を片手に、( 当時、この手の解説書はレアだったが、
ある教授のご厚意でお借りすることが出来た!)






覚えたての拙いプログラミングテクニックを駆使しながら、
試行錯誤を繰り返すこと数ヶ月…。



自ら組み上げたプログラムが初めて、
手を打ち返して来た時の、あの瞬間の衝撃というのは、



その後─、



ソフトウェア会社に就職し、さらに高度なプログラミングにも、
取り組むようになった現在においても尚、



鮮明な記憶として、
ありありと思い出すことが出来る。



だから─、



これからプログラミングの勉強を始めようとしている、
ビギナーの諸君には、



ぜひとも─、



一度は、この思考ゲームプログラムの作成にも、
取り組んでみてもらいたい。



確かに─、



今日、チェスの世界チャンピオンが、
コンピュータに敗北して、はや二十数年…、



かつては─、



コンピュータには不可能とさえ言われた、
将棋や囲碁でさえ、



現役の名人や世界チャンピオンが、
コンピュータに敗北したのが、



過去の出来事となりつつある昨今において、
今更、思考ゲームのプログラムに取り組むなど、



無意味だと思われる方も、おられるかも知れないが、
こういった世に存在する思考ゲームのような、



完全に解析することは不可能、かつ、
刻一刻と流動的に変化する状況下において、



決して少なくはない複数の選択肢の中から、
目的指向に従い、



最善と思われる筋道を決断する、

意思決定のアルゴリズムというのは、



おおよそ多くの場面でも、

流用が可能であり、



ましてや─、



自ら開発した AI ( 人工知能 ) と一戦、交える。
そんな瞬間が訪れるとしたら、



それは─、



プログラマにとっての、
一つの至高とも言えるだろう。



また─、



仮に将来、ソフトウェア開発などの分野に、
進むことがなかったとしても、ここで得た知見は、



きっと、その後の自身の、
大きな糧には、なってくれるに違いない。



それに取り組むのに、
どうしても口実が必要なら…。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







おおよそ─、



どのような分野でも通過儀礼というものが存在する。
私が過ごして来たソフトウェアの世界では、



たいてい最初は─、




  • 『 ウォー・ゲーム 』
  • 『 2001年宇宙の旅 』
  • 『 トロン 』
  • 『 サイバーネット 』
  • 『 マトリックス 』
  • 『 エネミーオブアメリカ 』
  • 『 劇場版 機動警察パトレイバー the Movie 1 & 2 』
...



等々といった映画に触発されたり、




  • ハッキング
  • コンピュータウィルス
  • コピープロテクトの解除



さらには─、




  • ( 人類を脅かす!?) 人工知能



といった─、



少々、ダークな分野に惹かれて首を突っ込み始めた、
という輩も少なくはないのではないだろうか?



少なくとも─、



一度はそういった分野に惹かれて、調べてみたことがある、
という人間は、この業界には一定数はいるだろう。






2018年の3月─、



Amazon DVD コレクションから、
『 ウォー・ゲーム 』30TH ANNIVERSARY EDITION がリリース。



\1,000 とわりかし安値だったこともあり、
懐かしさから思わず購入。



私も─、



幼少期、テレビで放送された録画を、
幾度となく観返したのを覚えているが、



当時─、



テレビで放送される映画は、
放送時間の兼ね合いからか、



シーンが少なからずカットされるというのが、
当たり前だったが、



今回あらためてオリジナル版を観返してみると、
この作品に関しては、



割りと良心的な放送であったようだ。
( 案外、覚えているものだ… )



もう─、



30年も前の作品になるのか…、
と感傷にひたってしまうが、



確かに─、



モデム、音響カプラ、黒い背景に文字だけの画面、
( これは今でも、一部のユーザーの間では健在か… )



そして─、



キーを打ち込む際の、あの "パカパカ" 音(!?)、
この 30 年で様変わりしたデバイスは少なくはないだろうが、



そうだとしても─、



今、観返してみても、
この作品に取り立てて「 時代 」は感じない。



むしろ─、



一般ユーザーのセキュリティ意識は、
依然として当時のままとも言える!?



もっとも─、



争い事が無益であることを、
コンピュータに学ばせるために、



「 学ばせるんだ、一人でプレイさせるには、
どうしたらいい?」



との主人公の高校生、
デビッドの問いかけに対して、



「 ならプレイヤーゼロだ 」



と即答するフォルケン博士の返答には、
さすがに幼少期の自分と言えども少々面食らった記憶があるが…、
( そんなんでいいの!?って感じ… )




( 映画『 ウォー・ゲーム 』より )



この映画の中でも、
やはりと言うべきか(!?)、



チェスが、映像にこそ登場しないものの、
重要なファクターとしての役割を担っている。




( 映画『 ウォー・ゲーム 』より )



まぁ─、



こういった影響もあってか、



その後─、



大学の工学部へと進んだ私は、
人工知能なるものに感化され、



自ら、そういった思考ゲームの、
プログラムに手を染め始める。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







( 次回へつづく... )
『 いいじゃないか黒歴史でも!誰でも決してクチにはできない秘密を、1つや2つは抱えているものだ。』



( 次回へつづく... )
『 いいじゃないか黒歴史でも!誰でも決してクチにはできない秘密を、1つや2つは抱えているものだ。』



前回の記事は、こちら─、
『 プログラミング教育に批判的な人たちの理想像…(!?) 』



他にも─、



私が実際に聞いた意見の中には、こんな、珍回答 ( 珍意見!?) も、

あったので幾つか、ご紹介しておこう。



まずは、こういうもの。



「 これからの時代は AI 自身がプログラムを書くようになるだろうから、
もう人間がプログラミングスキルを身に付ける必要は無いのではないか…?」




IT 弱者が陥りそうな典型的な、
AI 万能主義的世界観の一つだろう。



とにかく─、



「 AI が何でもやってくれるんでしょ… 」



というわけだ。



しかし─、



比較的古くからある情報処理分野の、
研究テーマの1つで、



最近─、



実用化もめざましい技術に自動翻訳があるが、
これなどにおいても、



やはり─、



どれだけ翻訳の精度が向上したとしても、
人間の翻訳家や編集者によるチェックを経ずして、



書籍が出版されるようなことは、
まず有り得ないように、



将来─、



AI がプログラムを "書く" ような状況が生じたとしても、
人間のエキスパートによる検証、及び、修正を経ずして、



それらが─、



例えば、金融や医療機器関連の制御システムに、
実装されていくというようなことは、まず考えられない。



通常─、



ソフトウェア開発における、

動作チェックというのは、



単にそのプログラムを動かしてみて、

正常動作が確認できれば良いというものではなく、



記述されているプログラムの「 通り道 」を、

すべてチェックしておく必要がある。



従って─、



それらに修正を加えるのならもちろんのこと、
動作確認を行う上でも、



やはり─、



人間側にプログラミングを、
理解している者は必要なのだ。



◆◇◆◇



また─、



他にも、こんな意見もあった。



「 今回の小学校におけるプログラミング教育必修化の流れは、
二流プログラマーの就職口を作っているのでは…!?」



う~む…、これもどうなのだろう?
この意見を述べた御仁は、



ひょっとすると、周囲よりも少し斜め上を行くと言うか、
世間の建て前と本音を見透かした、



シニカルなご意見を述べたつもり ( に聞こえたが… )、
だったのかも知れないが、



これも─、



少々、的外れな見解で、
たとえ、一流や超一流のプログラマーではなかったとしても、



それで飯を食えるレベルのプログラマーであるのなら、
このご時世、職にあぶれることは稀だ。



従って─、



わざわざ行政に、
働き口を斡旋してもらう必要はない。



もっとも─、



概して彼ら個々人の社会的適応能力については、
その保証の限りではないが…。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!