MINERVA

$MINERVA $MINERVA $MINERVA





Facebook、Instagramで最新情報を更新しております。blogより早い情報はそちらをフォローお願いいたします。
現在育児中のため、イベント時のみ営業しております。
お問い合わせはメールにてお願いいたします。
mito_minerva@yahoo.co.jp



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

【8/9】シネポートシアター MITO VOL.33『音楽』せーの、始まるオレたちの音楽...

この投稿をInstagramで見る

【8/9】シネポートシアター MITO VOL.33『音楽』 せーの、始まるオレたちの音楽。いよいよ『音楽』が動き、響く 先日、アヌシー国際アニメーション映画祭2020 長編部門 最優秀オリジナル音楽賞を受賞した岩井澤健治監督の舞台挨拶が決定しました! しかも舞台挨拶後にはサイン会・原画即売会も行います! しかもしかもなんと、舞台挨拶もサイン会も原画即売会も全ての回の上映後に行います! 製作期間7年以上!作画枚数40,000枚超!71分を全て手書き。 多くのミュージシャンやクリエイターから支持されてきた大橋裕之原作の漫画を岩井澤健治が圧倒的熱量でアニメ映画化。日本の映画史、アニメ史に残る大傑作であるアニメーション映画『音楽』 心にも体にも効く音楽映画の誕生です! ぜひたくさんの方のご来場をお待ちしております。 上映期日|2020年8月9日(日) 上映時間|開場13:15 ①13:30〜14:50(上映後舞台挨拶15:10終了予定) ②15:30〜16:50(上映後舞台挨拶17:10終了予定) ③17:30〜18:50(上映後舞台挨拶19:10終了予定) 入場料金|前売1400円/当日1700円/高校生以下500円 ※前売・当日共にチケット代にワンドリンク含む ↓前売デジタルチケットはpassmarketサイトにて販売中(感染症予防のためデジタルチケットの事前購入をお勧めします。) デジタルチケット決済方法|クレジットカード決済(手数料無料)・コンビニ決済(別途コンビニ決済手数料がかかります) 主催:310+1シネマプロジェクト 問合せ:310cinema@gmail.com 上映作品|『音楽』 (71分) 製作期間7年以上!作画枚数40,000枚超!71分を全て手書き!ここから伝説が始まる!! 楽器を触ったことがない不良高校生が、思いつきでバンドを組む。多くのミュージシャンやクリエイターから支持されてきた大橋裕之原作の漫画を岩井澤健治が圧倒的熱量でアニメ映画化! 実写で撮影した素材をアニメーション化するロトスコープという手法を採用し、妥協なき製作期間は7年を超えた。作画枚数40,000枚は全て手書き。監督は「誰も見たことがない映画を作る」と語り、そのエネルギーはクライマックスの演奏で爆発する。 その熱量に伴い、今作には豪華出演陣が揃った。坂本慎太郎、駒井蓮、芹澤興人、前野朋哉、平岩紙、竹中直人、さらには役名は秘密で岡村靖幸が参加。また主題歌には圧倒的カリスマ性を誇るドレスコーズが新曲を書きおろすという、二度と揃う事はないであろう豪華顔ぶれが集結した。 第43回オタワ国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門でグランプリを受賞 原作:大橋裕之 「音楽 完全版」(カンゼン) 監督:岩井澤健治 脚本・絵コンテ・キャラタクターデザイン・作画監督・美術監督・編集:岩井澤健治 撮影・編集:名嘉真法久 音響監督:山本タカアキ 音楽:伴瀬朝彦 GRANDFUNK 澤部渡 ロトスコープミュージシャン:Gellers ホライズン山下宅配便 澤部渡 安藤暁彦 劇中曲:GALAXIEDEAD 井手健介 野田薫 オシリペンペンズ 主題歌:ドレスコーズ 声の出演:坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、岡村靖幸 、竹中直人他 製作 : ロックンロール・マウンテン、Tip Top 配給 : ロックンロール・マウンテン 配給協力 : アーク・フィルムズ 2019年/71分/日本/カラー/PG12 公式ホームページ http://on-gaku.info #水戸 #上映会 #映画 #音楽

MINERVA(ミネルバ)(@minerva_mito)がシェアした投稿 -

【7/18】シネポートシアター MITO VOL.32『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っ...

この投稿をInstagramで見る

【7/18】シネポートシアター MITO VOL.32『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』 世界中の映画祭を大号泣と大爆笑で席巻! <ブルース・ブラザース><スパイナル・タップ><デトロイト・ロック・シティ>の系譜に新たな閃光を放つ、今年度最も魂を震わせる音楽映画が遂に日本上陸! これは世界最大のメタル超大国、北欧フィンランドが叩き付けた『ボヘミアン・ラプソディ』へのアンサーだっ! . 上映時期|2020年7月18日(土) 上映時間|開場13:15 ①13:30〜15:10 ②15:40〜17:20 ③17:50〜19:30 上映会場|Café+zakka+gallery Minerva (茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F) ※会場には駐車場はございません。公共交通機関か近隣の有料駐車場をご利用ください。 定員|20名程度 入場料金|前売1400円/当日1700円/高校生以下500円 ※前売・当日共にチケット代にワンドリンク含む ↓前売デジタルチケット(感染症予防のためデジタルチケットの事前購入をお勧めします。) https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01ez8v110wr9e.html 決済方法|クレジットカード決済(手数料無料)・コンビニ決済(別途コンビニ決済手数料がかかります) 主催:310+1シネマプロジェクト 問合せ:310cinema@gmail.com https://310cinema.wordpress.com 上映作品|『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』 (92分) 負け犬として生まれながらも、勝つ事を決意したバンド “インペイルド・レクタム”は、フィヨルドの果てをめざし驀進する! フィンランド北部、何もない田舎の村。退屈な日々を送る25歳のトゥロは、“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”というジャンルを標榜する、4人組ヘヴィ・メタルバンドのボーカルだ。バンドは結成から12年間、一度もステージに立つことなく、一曲もオリジナル楽曲を作ったこともなく、単なるコピーバンドだ。だがある日、遂に自分たちの曲を作るという強い意志のもと、メンバーの試行錯誤の末にとてつもなくキラーな名曲が誕生した。また同時にひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェスの主催者がメンバーの家を訪れ、バンドに千載一遇のチャンスが舞い降りる。 バンド名は“インペイルド・レクタム”(Impaled Rektum ※直訳すると直腸陥没)に決定、ハイウェイの自動速度取締機を使って初のアーティスト写真も撮った。だがいざ地元のライブハウスで初の前座を務めたとき、緊張したトゥロが大嘔吐するという前代未聞の惨劇に終わった。ノルウェーのフェス参戦も水の泡と化し、バンドは敢え無く解散した。さらに愛すべきドラマーのユンキがハイウェイを爆走中にトナカイを避けて事故で死んだ。トゥロは亡き友人を想い涙し、自身の不甲斐なさを恨んだ。ユンキのため、仲間のため、そして自身のため、トゥロはバンドを再結成し、ノルウェーに乗り込む決意を固める。残された3人は盗んだバンに墓地から掘り起こしたユンキの棺桶を乗せ、精神科病院からドラマーを誘拐したのちノルウェーへと逃亡。フィンランド警察から追われ険しいフィヨルドを駆けながら夢のフェスを目指す。だが国境では彼らの前にノルウェーの “デルタ部隊”が立ちはだかる。進め!インペイルド・レクタム!目指せ巨大フェス!フィンランドが誇るインペイルド・レクタム誕生の瞬間を、メタル満載、盗難事件あり、バイキング船の堂々たる巡航あり、果てはフィンランドとノルウェーの武力紛争にロマンスもあり!で描く、まさに破天荒な鋼鉄のロードムービーが日本上陸。 監督:ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン 脚本:ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン、アレクシ・プラネン、ヤリ・ランタラ 主演:ヨハンネス・ホロパイネン、ミンカ・クーストネン、ヴィッレ・ティーホネン、マックス・オヴァスカ マッティ・シュルヤ、ルーン・タムティ他 原題:Hevi reissu/ Heavy Trip|2018年|フィンランド=ノルウェー|言語:フィンランド語、ノルウェー語、英語 92分|カラー|シネマスコープ(2.35 : 1)|R15+ Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018 提供:キングレコード+スペースシャワーネットワーク 配給:SPACE SHOWER FILMS 公式ホームページ http://heavy-trip-movie.com

MINERVA(ミネルバ)(@minerva_mito)がシェアした投稿 -

2020年7月4日(土)310+1CINEMA PROJECTシネマトーク 深作欣二90水...

この投稿をInstagramで見る

2020年7月4日(土)310+1CINEMA PROJECTシネマトーク 深作欣二90水戸  映画ポスターWOW!! 7/4に水戸出身の巨匠深作欣二監督の誕生日を地元水戸でお祝いしましょう! 『仁義なき戦い』『バトル・ロワイアル』など、日本映画史に刻まれる数多くの名作を世に送り出し、今もなお世界中の映画人愛され続けている水戸出身の日本映画界の巨匠・深作欣二監督。2020年7月3日に生誕90年を迎えます。これを記念し310+1シネマプロジェクトは1年間生誕祭を行います。その第1弾として深作欣二監督作品のポスターとともに、深作監督についてのトークを行います。 トーカーはいばらきフィルムコミッションの職員でもあり、310+1シネマプロジェクト のメンバーでもある谷田部智章さん。激アツトークで定評のある谷田部さん、これまでも各地で深作欣二監督についての講演を行ってきましたが、今回はこれまでで最長の3時間越えトークを予定しております。途中入場・途中退場可能です。深作欣二監督を知らない方にも、詳しい方にも、楽しんでもらえる内容を準備しております!水戸出身の巨匠深作欣二監督の誕生日を地元水戸でお祝いしましょう! 【日時】2020年7月4日(土)14:00〜17:00 ごろ  途中入場・途中退場OK 【会場】café+zakka+gallery Minerva (水戸市宮町2-3-38 ) 【トーカー】谷田部智章(310+1シネマプロジェクト ・いばらきフィルムコミッション) 【料金】ワンドリンク付 500円 【主催】310+1シネマプロジェク ******************************************* 「深作欣二90水戸ACTION!!」 2020年7月3日は、水戸出身の映画監督深作欣二監督が生まれて90年目にあたります。この誕生日以降の約1年間を「深作欣二90水戸 ACTION!!」と題し、トークイベントや監督作品全作品のポスター展、深作欣二記念室の一般公開など様々な関連イベントを展開いたします。本企画を通して、水戸のまちなかの活性化と文化的なまちづくりに貢献していきたいと思います。今後の予定は310+1シネマプロジェクト のWEBサイトやSNS等でお知らせしていきます。お楽しみに。 #深作欣二 #水戸 #映画

MINERVA(ミネルバ)(@minerva_mito)がシェアした投稿 -

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>