おはようございます!

高橋ひとみです!
 
 
 
 
 
自己肯定感とは、
 
 
 
・自分に対して自分を大切にしている
 
 
 
・自分のことがすきだと言える
 
 
 
・失敗とかしちゃっても「これが私だからなあ〜」と認めてあげられる
 
 
 
・むやみやたらに他人を気にしない
 
 
 
ざっくりと言うと、この状態です。
 
 
 
 
 
自己肯定感をあげていくためには 
様々なステップがあります。

 
 
 
 
 
自分が生きてきた年数分だけ繰り返している考え方・自己肯定感は1日やそこらでは治りません。
 
 
 
 
 
ですが、手っ取り早く自分を大切にできる方法があります。
 
 
 
 
 
それは、
 
 
 
「自分の大切な他人に対してできないことは、
自分にもしない」
 
 
 
ということです。
 
 
 
 
 
例えば、
あなたの今着ている服やパジャマ、
使っているタオル。
 
 
 
 
 
それをそのままひとみさんの友達に貸せますか?
 
 
 
 
 
あなたの恋人、
職場の仲のいい先輩に貸せますか?
 
 
 
 
 
それができないものを
「自分だからいいか」と
思い使い続けていませんか?
 
 
 
 
 
それをまず処分し、 
「他人に対しても貸せるもの」を
自分に用意してあげましょう!
 
 
 
 
 
何もめちゃくちゃ高価じゃなくていいんです。
 
 
 
 
 
GUで全然構いません。
 
 
 
 
 
ただそれを着た時に自分が「気持ち良い」と思えるかが大事です!
 
 
 
 
 
自分が気持ち良いと感じるものを自分で用意してあげる。
 
 
 
 
 
これが大事なんです!(大事なことなので2回言いました!)
 
 
 
 
 
誰かから与えてもらうんじゃなく、
「自分で」用意してあげましょう。
 
 
 
 
 
自己肯定感とは自分のことを大事に思う感情です。
 
 
 
 
 
自分に対して適当な扱いをしないのがとても大切です。
 
 
 
 
 
そうやって自分が自分に対して扱うことで 
「私は大切にされる存在なんだな」と
自分で実感できるようにもなっていきます。
 
 
 
 
 
自分の大切な他人に貸さない。
 
 
 
 
 
クローゼット、タンス、お風呂場。
 
 
 
 
 
「自分の大切な他人に対して貸せないもの」は処分してしまいしょうー!
 
 
 
 
 
そして次のお休み新しいものを買いに街へ出かけましょ♪
 
 
 
 
 
一人で買い物も楽しいですよ!
 
 
 
 
 
寂しいかも、恥ずかしい…と思う必要はありません。
 
 
 
 
 
 
街行く人やお店の人は自分のことを誰も気にしていません(笑)
 
 
 
 
 
一人で行動している女性もすっごく多いですしね。
 
 
 
 
 
ぜひ、「自分で自分のために」用意してあげましょう!
 
 
 
 
 
さて今回は「自己肯定感とは自分を大切にすること!」というテーマについて紹介させていただきました。
 
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
 
 
 
 
 
参考になったらうれしいです!
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんにちは!

高橋ひとみです!
 
 
 
 
 
私は自分の事を話すのが苦手です。
苦手というか
自分の事を知られたくないと言うか、、、。
 
どうしても自分の事を話すのは抵抗があります。
自分が触れて欲しくないから、
私からもプライベートな話題は振らないようにしています。
これも自己肯定感が低いからでしょうか?
 
 
 

 
 
考えられる原因は2つあります。
 
 
 
 
 
ます1つ目は、
「自己肯定感が低いからこそ」というのも十分考えられます。
 
 
 
 
 
あなたももしかしたら同じように悩んでらっしゃるかもしれません。
 
 
 
 
 
私自身も全く同じように、
自分のことを話したりさらけ出すことはすごく苦手で、嫌でした。
 
 
 
 
 
自分のことをあまり知ってほしくないというか、内面を見られたくないというか。
 
 
 
 
 
だからこそ「聞き役」に徹することも多かったです。
 
 
 
 
 
自己肯定感が低くなり自分に自信がなくなってしまっているからこそ
自分の意見、考え、プライベートを見られたくない、
知られたくないというのは十分にあり得ます。
 
 
 
 
 
ですがもっと仲良くなりたい・
親密になって楽しく過ごしたいと思うのであれば自己肯定感をあげて自分のことを話す・わかってもらうということも必要になってくるのではないでしょうか(*^^*)
 
 
 
 
 
深い話ができて初めてお互いのことを「信頼」できますしね。
 
 
 
 
 
2つ目に考えられるのは
「性格がもともと内向的」という可能性です。
 
 
 
 
 
もともと一人で何かすることが好きだったり、
誰かといるよりも一人で行動したかったり。
 
 
 
 
 
そうした方は自己肯定感が高くても自分のことをあまり言わない、
というケースはよくあります
 
 
 
 
 
北海道に一緒に行った私のいとこもそうです。
 
 
 
 
 
自己肯定感はめちゃくちゃ高いのですが
内向的な性格で、
あまり自分のことを話したがる性格ではありません。
 
 
 
 
 
彼女は一人で漫画を読んだりアニメや動画を見ることが一番楽しいと言ってました。(私と激似…ww)
 
 
 
 
 
そんな彼女ですが看護師さんとして働いています。
 
 
 
 
 
内向的な性格・外交的な性格。
 
 
 
 
 
どっちが良いというものはなく、
単純に向き不向きの話です。
 
 
 
 
 
「内向的だからだめ」
 
 
 
「外交的だからしあわせになれる」
 
 
 
というものでは全くありません。
 
 
 
 
 
私も昔は自己肯定感が低く、
しんどい思いを抱えていて今ではすごく楽になりました。
 
 
 
 
 
ですが実は、
元々の性格が内向的なので自分のことを話したり人前で話すことは割と苦手です。
 
 
 
 
 
めちゃくちゃ緊張します(笑)
 
 
 
 
 
セミナーとか人前で話す時はめっちゃ頑張ってひねり出します(笑)
 
 

 
 
 
 
 
話を戻しますが、自分のことを話せなくても困ることはないと思います。
 
 
 
 
 
ですが、プライベートを見せることによって職場で働きやすくなったり、
初対面の人ともっと仲良くなれたり。
 
 
 
 
 
いいところ(メリット)がたくさんあります。
 
 
 
 
 
「もっと楽しくなりたい。しあわせになりたい。」
 
 
 
そう思うのなら自己肯定感をあげて自分のことも開示していく必要もあるんじゃないかなーと私は思います。
 
 
 
 
 
自己開示することによって格段に「生きやすく」なります。
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログで自己開示をし、 
「素」を出してますからね。
 
 
 
 


 
 
 
 
そして、自己開示するのは何も世の中全員にする必要はありません。
 
 
 
 
 
あなたが信頼できる・好きな人にだけ知ってもらえたら良いんです(*^^*)
 
 
 
 
 
1日やそこらで自己肯定感は上がりませんが、一番大事なのは継続です!
 
 
 
 
 
自己肯定感をあげるためにも、
引き続きブログを書いていきますので、
読んでいただけたら嬉しいです♪
 
 
 
 
 
さて今回は「自分のことを話すのが苦手」というテーマについて紹介させていただきました。

それではまた〜!
 
 

インデアンカレー

テーマ:
こんばんは!
高橋ひとみです!

今日は大阪の大正駅に用事があり、
途中、大阪駅で下車。


お目当は、
あの市川海老蔵さんが、
楽屋に150食も差し入れをしたという、
インデアンカレー‼️


三番街店に寄ってみたところ、
お昼時なこともあって、
10人ほどの行列が、、、。


でもここの良いところは、
一人一人の滞在時間の短いところ。
5分ほど並んだら、
すぐに席が空きました。

注文はもちろん、
カレー  ご飯ルー普通   玉子トッピング!


ここのカレーの不思議さは、
一口食べると甘い‼️
でも後からじわじわ辛さが!


ここで、
玉子の登場。

うーんマイルド。


奥のキャベツのピクルスが
お口直しになりますよ!


大阪にお越しの際は是非!

おはようございます!

高橋ひとみです!


話題の藤本さきこさんの
2019年手帳

お金の神様に可愛いがられる手帳

ゲットしました!


可愛いマゼンダピンクは、
私好み!


後半に具体的にどんな風にに使うか、
利用方法が書かれています。


12月始まりなので、
使い心地のリポートは
先になりますが、


仕事がら
色んな手帳を使ってみる私。

ワクワクです。

自信をつけるノウハウ

テーマ:
こんにちは!
高橋ひとみです!



人生を楽しむために必要なのは「自己肯定感・自信」です。
 
 
 
 
 
 
口を酸っぱくして言っているので
あなたもよくご存知だと思います。
 
 
 
 
 
 
じゃあ、どうやったら自信ってつくのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
それは、「自分の行動を認め、褒めてあげる」ということです。
 
 
 
 
 
自分がした行動・経験を「頑張ったね!」って褒めてあげることが何よりも大事なんです。
 
 
 
 
 
 
仕事へ行った、ご飯を作った、歯医者へ行った、話を聞いてあげた…
 
 
 
 
 
どんなことでも経験をし、
それに対して褒めてあげるんです。
 
 
 
 
 
「私よく頑張ったね!」
 
 
 
何か経験をしてそう言ってあげることが自信になっていきます。
 
 
 
 
 
 
この時、
 
 
 
「○○さんからそう言われたから」
 
 
 
「お母さんに褒めてもらえるから」
 
 
 
「○○さんのために」
 
 
 
というように
他人に意識を向けながら行ったことは自信に繋がりません。
 
 
 
 
 
あくまでも、「自分自身が」という、
【私が】という意識をもっていないと自信にはならないんです。
 
 
 
 
 
不思議ですよね!
 
 
 
 
 
 
「お母さんに言われたから」、
「先生が喜んでくれるから」とう理由で頑張ってテストで良い点を取っても、
自信にはならないということなんです。
 
 
 
 
 
めちゃくちゃつらくないですか、この事実。
 
 
 
 
 
だからこそ、「自分自身に意識を向けている」ということが必要なんですよね。
 
 
 
 
 
 
自分に意識を向けているということは
 
 
 
「今、自分が何を感じているのかを意識・認識する」
 
 
 
ということです。
 
 
 
 
 
 
他人に向けていた意識を自分に向けることができるようになって初めて自己肯定感は上がり、
自信がつくようになってくるんです。
 
 
 
 
 
そしてしっかり続けなきゃ意味がありません。
 
 
 
 
 
自分に意識を向けながら経験したことを褒め続けてあげる。
 
 
 
 
 
それを継続すること。
 
 
 
 
 
なので順番としてまとめると、
 
 
 
①自分に意識を向ける
 
 
 
②何か経験をする
 
 
 
③自分のことを褒めてあげる
 
 
 
という流れが自己肯定感をあげ自信をつけるノウハウです。
 
 
 
 
 
自己肯定感や自信は1日やそこらでは上がりません。
 
 
 
 
 
今まで生きてきた考え方、身についてしまっている考え方の癖が原因で自己肯定感を低くしてしまっているのですから。
 
 
 
 
 
だからこそ、低くなってしまった自己肯定感を高くするのは時間もかかるし根気もいります。
 
 
 
 
 
ですがしっかり「継続し続けてくれた人」だけが他人を気にせずしあわせな毎日を送れるようになるんですね(*^^*)
 
 
 
 
 
簡単なことではないし、
大変な時もあります。
 
 
 
 
 
でもみなさんはしっかり行動してくれたおかげで少しずつ良くなってくださっていると思います。

 
 
 
 
 
とにかく「行動・継続」です。
 
 
 
 
 
自分のことをしあわせにしてあげられるのは自分だけ。
 
 
 
 
 
「誰か私のことしあわせにして〜(;_;)」
 
 
 
そう嘆いても、誰もたすけてくれません。
 
 
 
 
 
自分の力でしあわせになりましょうね!♡
 
 
 
 
 
さて今回は「【保存版】自信をつけるノウハウ」というテーマについて紹介させていただきました。
 
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
 
 
 
 
 
参考になったらうれしいです!