緊急‼️尼崎多頭飼育崩壊、続きの続き。 | TEAM ねこのて活動日記〜命を繋ぐために〜

TEAM ねこのて活動日記〜命を繋ぐために〜

初めまして、2018年4月に結成しました「team ねこのて」という、主に行政収容猫の保護と譲渡をしているボランティアグループです。M代表の自宅シェルターには、現在80匹の保護猫がいます。そこでの日々の活動報告をしていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人CONのホームページにも
緊急譲渡会の会場提供のお申し出や、
預かりボランティアのお問い合わせが
来ているようです。

 リブログや、ツイッターなどで拡散して
下さったお陰で、預かりはできないけど
使っていないケージを使ってください!など
ご連絡いただいたりしています。

みなさま、
本当にありがとうございます‼️



昨日はCONのメンバーと、尼崎市の3名の市会議員の方々がシェルターに視察に来られました。





みなさん、M代表の説明を熱心に聞き入っておられました。

多頭飼育崩壊は、元はと言えば個人の責任ではありますが、だからと言って誰も手を差し伸べなければ、犠牲になるのは罪の無い猫たちです。
飼い主に憤りを感じることも多々ありますが、
最初に飼い始めた猫の避妊手術さえしていれば
日常が壊れることも、愛しい猫と
離れることも無かったはずだと思うと
今は残念で仕方ありません。

尼崎市は今年から、10匹以上の多頭飼育に避妊手術の
助成金が出るそうなのですが、それには手術後の
猫をそのまま飼い主が責任を持って飼うという条件があるのだそうです。

今回は家を出ないといけなかったので、手術をしても
猫を飼う場所すらありません。手術費やワクチン代、検査代を誰が負担するのか、助成金は使えないのか、まだまだ何も決まっていないのが現状なのですが、
盛りがきている子たちもいるため、のんびり構えてはいられません。




ケージで、のびのびお腹を見せてくれる子。
美味しいご飯をお腹いっぱい食べて
やっとみんな落ち着きました。





身体は大きめだけど、本当に穏やかな性格の
「中ボスくん」
今までいっぱい我慢して生きてきたんでしょうね。
これからは、お腹いっぱい食べていいんだよ。
これから、ずっと可愛がってくれるお家を探そうね。




ケージの中で、こぼしてしまったカリカリを
慌てて端っこからキレイに
拾って食べる子が何匹もいました。切なかったです。

シェルターの子たちは、こぼしてしまっても
知らん顔で、
新しいの入れて❣️って顔をします。



皆の話を、ずっと一生懸命に聞いてた
接待係のたまいくん。
みんなみんな幸せになれたらいいね。




ふかふかのお布団、うれしいね。
安心して、おやすみ。




満足に食べれていなかったようで
一度に食べてしまって下痢をしたり
トイレの使い方が分からない子もいましたが
それもやっと徐々に落ち着きつつあります。


61匹の猫たちが、何とか幸せになれるよう
行政とボランティアが協力し合って
頑張りますので、どうかこの子たちを
忘れないでください。

引き続き、このブログにて
随時、お知らせしていきたいと思っています。




シェルターや預かりボランティアさんのところには
里親さんを待っている子たちがたくさんいます。

ぜひ16日はねこのての譲渡会
お越しください‼️



ご支援をありがとうございます‼️


M代表のところへ直接送ってくださった、
Tさま、(猫砂)
ハリーの保護主Iさま、(猫砂、フードなど多数)

チュールを送ってくださった方のお名前が
わかりませんでした。
ぜひ、ご連絡ください!


25日、茨城県 Nさま、(猫砂、フード)
            神戸市 Sさま、(ケージ、食器)
26日、不明  (猫砂)  ぜひご連絡ください‼️

28日、堺市 Sさま、(猫砂)
            西宮市Yさま、(猫砂、フード)
9月2日、神戸市 Oさま、(猫砂、フード)


多頭飼育崩壊の子たちも増えましたので、大変
助かります‼️
本当にありがとうございました。





皆さまのご協力に感謝いたします。




ハリー、トライアルへ❣️





先住猫の凛ちゃんは、ハリーが気になるようで
時々シャーと言いながらも、そばにいるそうです。
もう1匹の先住猫の七海ちゃんも、そばにきてくれ
るそうです。
仲良くなれたらいいね!
ハリー、頑張れ❣️