タイの子どもの本日記

タイの子どもの本日記

タイの絵本や子どもの本、タイの文化などについてぽちぽちと書いていきます。もと日本人会バンコク子ども図書館ボランティア。ご質問などはメッセージにお寄せください。

 

「タイのBLドラマがきっかけでどっぷりタイの魅力にはまった」方が

「毎回タイのカルチャーやことばをお伝えしていく番組」

 

星WELCOME タイ沼星

 

に、おまねきされて、はずかしかったのですが、タイの絵本についてお知らせできるいい機会だと思い、勇気を出して出演しましたニコニコあせる

 

Vol.171 タイの絵本事情に迫る! GUEST:たんぽぽびより

 

こちらのどこからでも聴けます(クリックください)

 

Apple

 

Spotify

 

Google

 

Amazon Music

 

KKBOX

 

Voicy

 

WELCOMEタイ沼さんがすごいのは、3年くらい前から、一般のタイドラマファンの方々がPodCast番組をたちあげて、毎週1回、リスナーさんからのメールなどで、タイドラマや俳優さん、タイ文化について、とてもおもしろい番組をずーっと継続して放送してられることなんです。

そして、現地などからの楽しいブログもあります。

私も初期のころからこの番組を楽しく聴いて、勉強させてもらってますし、ブログの読める有料会員である

「沼っこ」

にもなってますウインク

 

そんなWELタイさんでお話させていただいたんですが、そこでとりあげた本などの画像をこちらであげておきますね。

 

まずは・・・ドラマ『Last Twilight』の本がこれです。

ドラマは楽天TVで配信が始まりました。
 

 

 

そして、タイで「親から子どもへ」伝えられるようになった絵本の、人気シリーズ

『イーレーンケーンコーン』

はこちらです。

 

題名の上に 「音を高くする」声調記号がついていますね。

 

このガチョウのレーンくんのお人形は昨秋タイに行ったとき作者チーワン・ウィサーサ先生からいただいたものですおねがい

(タイ旅行についてはカテゴリー「タイ旅行」に書いています)

 

『イーレーンケーンコーン』の内容については私のブログのこちらで紹介しています。

 

そしてご紹介した、タイの子音字のアルファベットである「コー・カイ กไก่(コーはニワトリのコー)」の私が持っている絵本です。

タイのこの子音アルファベットは「コーはニワトリのコー」とか、全てに「~の」ということばがついているので、それぞれの子音のところに、その絵が描いてあります。

タイ文化を美しく描いた本もあるのです。

 

 

こういうタイプのもあります。

 

 

これは『コー・カイ・カイ・サヌック楽しいコー・カイ(ニワトリ)・カイ(たまご)』

 

という題名で、この絵本は、作者ポンアノン先生の説明によると、自分もコー・カイの順番がうろ覚えになってしまうので、辞書を引くとき困る。

(タイ語辞書はコー・カイの順に並んでいます)

それで、覚えられるように、それぞれの子音についているものから連続した短い文で物語をつくっている本です。

たとえば、「ニワトリがたまごを産んでびんに入れた」

など・・・

 

そして、お話の中で出したタイドラマ『千星物語』。

お話したほかにも、このドラマでコー・カイについておもしろいことを言っているのです。

 

 

このドラマは、主人公で都会の若者ティアンが、ある事情があって、山の村の小学校に赴任するのです。

最初、数人しかいない生徒たちに、この「コー・カイ」から教えようとするのですが、それはもう知ってる、と言われます。

実は、この学校に来る先生たちはみんな短期間で入れ替わってしまう。

だから新しい先生が来たら、そのたびに、また「コー・カイ」から始められてしまうから、と。

 

このドラマは、そこはかとなく村の学校の問題も入れていてとてもおもしろいです照れ

 

そして、今まではタイでは工学部がかっこいいと思われていて、工学部が舞台になるドラマが多かったのですが、珍しく文学部の学生が主人公になって、文学部存続にふんとうするドラマ

『アンシャンテ』。

 

『星の王子さま』がモチーフになっていますね。

 

 

U-NEXTで見直したら、ブックフェアじゃなくて「ZINEフェア」という紹介のあるエピソードでした。

学内で本への関心をたかめようと、主人公が開くのですが(偶然ですが、この俳優さんの実生活の名まえがBookくんていうんですよね)

 

そこで、大学のアンバサダーというイケメンくんたちの、おすすめ本のところは、必見です。

 

このドラマは、バンコクのネルソン・ヘイズ・ライブラリーという、洋館の美しい英語図書館でロケもされているのも必見です。

(タイ観光庁のサイトはこちら)

私も行ったことあるんですが、写真が全部私と友人が映っているのしかなくて・・・

ニヤニヤ

そして、ダイソーで買った、タイ製サーの木の手すき紙です。

サーの木の手すきのようすは、私のブログのこちらに書いています。

 

また、オウギヤシの葉を拍子木状にして束ねたものを「貝多羅葉(ばいたらよう)、バイラーン」っていうのですが、そのほかに、

「コーイ」という木から和紙のような紙にして蛇腹式の帳面にした「コーイ・ブック」というものもあったそうです。

タイドラマ『運命のふたり(ブッペーサンニワート)』に出てきたのはこれではないかと思います。

 

WELタイさんからは、WELタイ商店で、沼っこさんたちとつくりあげた、すごろくとかるたも買いました。

 

 

いやーこれはおもしろいです!

後世この時代のことを伝える良い資料となるでしょうウインク

 

なお、今日お話したことで、日本語で読める資料は次のようなものです。

 

ピンサライ・カムシリ『タイ児童文学史研究』(梅花女子大学大学院博士請求論文 日本語で書いてあり、国会図書館が所蔵しています)

 

「タイの子どもの本の25年 ポンアノン・ホリカワ・ニヨムカ」『こどもとしょかん 2017年 秋 155号』東京こども図書館

 

また、日本の子どもの紙文化については、

 

アン・へリング『江戸児童図書へのいざない』 が良い本と思います。

 

WELCOMEタイ沼さん、今回は拙いお話でごめんなさい。

ほんとうにお世話になりました。

これからも応援していますね~~~ラブラブラブ

 

 

 

 

年に1回タイで選定されるタイ良書賞、今年2024年の結果が出ていますので、最優秀賞、3-5才部門奨励賞、6-11才部門奨励賞とご紹介してきて、最後に子どものための美しい本部門の奨励賞をご紹介します。ウインク

 

 

まずご紹介するのは、

 

『良い土の国: 知っておくべき科学の物語』

 

です。こちらは、公式動画があがっています。

 

 

お話は、木が乱伐されてなくなり、山くずれが起こりやすくなっている「破壊された土の国」に住む田ガニがそこから逃れようと、土を掘っていくと、野ウサギに出会います。

野ウサギがいるのは、「固い土の国」野焼きなどで動物のいない、何もはえていない土の国から、いっしょに土を掘り進めてその国を出ていくことにします。

それから、農薬汚染された「毒の土の国」のアリたちに出会い、いっしょに出ていくことにします。

さらに掘り進めると、「ゴミの土の国」のモグラに出会います。

みんなでいっしょに堀りすすみ、ミミズに出会います。

ミミズは言います。

「ここは良い土の国ですよ」と。

とうとうみんなは良い土の国にたどりついて喜びます。

空気も良くおいしいものも食べられ、みんなはそこに住むことにします。

 

という物語です。

 

この本を出版してるのが、またまた、

前記事6-11才 ノンフィクション部門受賞三作品すべてを出版した

 

THAI MEDIA FUND
กองทุนพํฒนาสื่อปลอดภัยและสร้างสรรค์

「安全と創造開発基金

なんです!びっくり

 

さらにその上に、

โครงการ นิทานวิทยาศาสตร์น่ารู้ (クロンガーン ニターン・ウィッタヤサート・ナー・ルー)

สู่หัวใจรักษ์สิ่งแวดบล้อม   (スー・フアジャイ・ラック・シンウェートローム)

「環境を守る心を作る知っておくべき科学の物語プロジェクト」

 

という文もついています。

 

(カタカナで「ラック」と書いた部分は愛するのラックรักではなく、守るなどという意味の「รักษ์」です電球

 

二作目は、

 

『ともだちをさそって動物の家を見に行こう』です。

 

 

これについては、子どもの本のレビューをされている方の動画で紹介されています。

出版社の公式サイトではないのですが、すでにたくさんの動画を紹介されているので、だいじょうぶかなと思ってあげます。

問題があったら、教えてくださいね。

 

 

 

おばあちゃんの家に行ったこどもたちは、おばあちゃんの家のまわりでたくさんの動物や植物に出会ったり、自然のもので遊んだりするものを、図鑑ふうに紹介していますが、とてもきれいな絵です。

そして、最後のページが大きく開くしかけになっていて、全体にとても美しい魅力的な絵本です。ルンルン

 

もう1作は、

 

 

 

『うれしいな タイのくだものはほんとうにおいしい』

 

です。

この本は、3-5才部門奨励賞も受賞していて、W受賞となりましたが、残念なことに内容などはネットではまだ見つかっていません。

 

ということで、2024年の良書賞で子どもの本の部門の受賞作品をご紹介しました。

 

全体を通して、おもしろい創作物語よりも、環境を守るための科学絵本でほぼ占められているのが今年の傾向のようです。

これもたいせつなことですが、一方で、独自の物語を創作する、ということは一般的にみてもむずかしいものだなあということをも感じています。おねがい

 

 

 

2024年の子どもの本最優秀作品はこちら

 

2024年の子どもの本3-5才奨励賞はこちら

 

2024年の子どもの本6-11才部門はこちら

 

これまでの受賞作品については、カテゴリー「タイ良書賞」をごらんになってくださいね。

 

 

 

 

 

 

今バンコクではタイ最大のブックフェアが開催されています(3月28日から4月8日まで、シリキットコンベンションセンターで)サイトはこちら

 

そのFaceBookのアカウント、Thai Book Fairに、6分ほどの今年の会場のようすの動画が上がっています。

FBの動画はYouTubeでないのではりつけられないので、FaceBookの検索でアカウントをさがしてごらんになってくださいね。

 

 

それによると、今年は最大の規模で、100万冊以上の本やグッズが、322出版社から944(?!)ブースで出店されているとか。

・・・944ブースって!私が行ったときは300ブースくらいだったのに・・・びっくりびっくりびっくり

広い会場ではさがしやすいように、ゾーンが色分けされていて、子どもの本は黄色ゾーン。

そして、タイ良書賞受賞作品展示ブースもあるそうです。

本や読書についての思いを来場者がポストイットに書いて貼り付ける壁もあるとかラブラブ

それに、毎日、小説がドラマ化されたもののGMMの俳優さんたちが夕方やってきて、サイン会、サイン会の権利が得られなくても見ることはできるというイベントが(地下駐車場で!)催され、その俳優さんたちを見るために日本からのファンも駆け付けてらっしゃいます。

もうぎっしりのタイやインターファンもみなさんが毎日会場を埋め尽くしておられますラブ

 

こんなふうに、広い会場で行かれるみなさんご自分の目的をさがすのもたいへんなので、子どもの本ゾーンの写真を撮ってきてというのもとても頼めません・・・

 

と思っていたら!

タイ在住経験があり、タイ語翻訳通訳者のお仕事をされていた絵本セラピストのらくちゃんさんが、渡タイされ、ブログ「今日も一歩の足あとを」で訪問記を書いてくださっていて読ませていだだきましたキラキラ

リンクはこちらです。

リンクのお許しありがとうございます~~。

 

そんな中、今年2024年のタイ良書賞のご紹介続きです。

 

今回は6-11才部門奨励賞です。この部門から、「物語部門」と「ノンフィクション部門」に分かれています。

 

まず物語部門。

 

『むかしむかし、ガラパゴスで』

 

内容は、ダーウィンによって発見されるまで、陸ガメたちの楽園だったガラパゴスに、人間がやってきてカメが乱獲されるようになる。

主人公のカメのサバイバルのようすが描かれているようです。

作者の対談が動画に上がってきているので、時間がある時見てみます。

 

 

続いては、『ドーイトゥンで遊ぼう』

 

 

この絵本は、ドーイトゥンで、子どもたちが自然の中で遊び学ぶ物語だそうです。

出版したのは、The Mae Fah Luang Foundation under Royal PatronageというNPOです。

メー・ファー・ルアンというお名前は、ラーマ9世前国王陛下のお母さまのお名前で、平民の看護士出身でありながら、国母さまになった方として国民にたいへん親しまれ、愛されていらっしゃいました。

北部地方を愛し、メー・ファー・ルアン・ガーデンという花あふれる庭園公園は観光スポットになっています。

メー・ファー・ルアン・ガーデンのタイ国政府観光庁のサイトはこちら。

 

続いてノンフィクション部門は3作。

 

『ゴップゲップとペッティー』

 

これは、YouTubeに公式動画がありました。

 

 

プラスチックのお菓子のふくろのゴップゲップとペットボトルのペッティーが、ポイ捨てされて、ひどい目にあう話から、リサイクルとゴミの分別の大切さを教えています。

 

続いては『森で楽しくあそぼう』

 

こちらも公式動画があがっています。

 

 

 

内容はカオヤイ国立公園の動植物の紹介ですが、動画を見ると、読み上げる文の調子がとてもよくて、韻をふんでいてかわいいです。

 

そして3作目は、

『下流へ楽しく漕いでいこう』

 

こちらも公式動画があります。

 

 

 

水の循環について教える絵本でした。タラー

 

そして・・・このノンフィクション部門受賞3作品ですが、同じ出版社が科学絵本シリーズとして出している絵本なんです!

 

THAI MEDIA FUND

と英語でありますが、タイ語では、

กองทุนพํฒนาสื่อปลอดภัยและสร้างสรรค์

「安全と創造開発基金」(?)

 

いっきに出てきたのですね!びっくり

 

というところで、長くなりましたが、最後に「子どものための美しい本部門」に続きます。

 

2024年タイ良書賞最優秀作品の紹介はこちら

 

2024年タイ良書賞3-11才部門奨励賞の紹介はこちら

 

 

そのほかのタイ良書賞についてはカテゴリーをごらんになってくださいませお願い

 

以前から絵本仲間さんたちから聴いていて、行きたいなあと思っていた吉祥寺にある子どもの本の専門店、

 

『緑のゆび』。

 

吉祥寺に用事があって、それが終わったあとに、とうとう行ってこられました。

公式サイトはこちら

 

吉祥寺パルコの向かいにあるUNIQLOから入る商店街中道通りをまっすぐ行くと、ありました!

 

 

お店の入口からすでにステキです。

 

 

 

この書店は、出版社こぐま社の前の社長さんが店主でいらっしゃるんですよね。

 

こぐま社さんといえば、『こぐまちゃん』シリーズ、『11ぴきのねこ』シリーズ、『わたしのワンピース』など、長く愛されてきた絵本を出版された会社です。

公式サイトはこちら。

 

あっ・・・いらっしゃいます・・・おねがい

 

と心の中で会釈しつつ、店内をゆっくり見せていただきます。

 

 

夢にあふれたディスプレイ。

その中から、大好きだけれどまだ持っていなかった

『おかあさんだいすき』と『つきのぼうや』、そして赤羽末吉さんの『ももたろう』のポストカードを買いました。

 

 

そうしたら、おまけに、『11ぴきのねこ』のポストカードをいただきました!

店内の写真を撮っていいか、SNSにあげていいかそこでお聞きしました。

 

ひと見知りなんで・・・お話はそれだけで・・・

 

でも、帰宅してから、Instagramで次のイベントのアーカイブ視聴の申込をさせていただきました

 

 

タイで年に1回、一般の本から子どもの本まで部門別に与えられる良書賞。

2024年度のものが、このたび発表されました

子どもの本に関する優秀賞はこちらで(クリックください)ご紹介しています。

 

今回は、3-5才部門奨励賞のご紹介です。奨励賞は3作品。

 

まず、タイの代表的絵本作家、昨年タイに行ったときもお会いしてきたチーワン・ウィサーサ先生の

 

『ぶたぶた』

 

です。

このブログでは、カテゴリーで「チーワン先生とプリーダー先生の絵本」というのをつくっていますが、プリーダー先生の作品が最優秀賞を受賞していますので、仲良く受賞されましたねニコニコ

このおふたりは共作も多かったので、カテゴリーをまとめたのです。

 

さて、絵本は、こちらのページで全部観ることができます(クリックください)。

 

ムーペン(หมูแป็น ぶたのペーン)ちゃんはおねえちゃん。

ムーディー(หมูดี ぶたのディー)ちゃんは弟です。

左ページにムーペンちゃんがバミー(タイラーメン)を食べるとき、右ページのムーディーちゃんはおかゆを食べています。

ムーペンちゃんがキャベツが好きで、ムーディーちゃんは果物を食べます。

いろいろと遊んだりして、最後は仲良く眠ります。

 

あとがきに、この絵本ができたわけをチーワン先生が書いています。

 

きっかけは、読書文化の創造計画を推進する団体の方から、ナコンパトムでブックスタート用の本をつくりたいという連絡を受けたことによるそうです。

 

主人公をぶたにしたのは、ナコンパトムの畜産業で1番多く飼育されているのがぶただから。

 

そして、ソムオー(ポメロ、文旦のように大きなかんきつ系果物)も有名で、

 

ムーペンちゃんという名まえは、ソムオーのカーオ・ペーンสมโอขาวแป็น種から、

ムーディーさんという名まえは、ソムオーのトーン・ディーสมโอทองดี種から名まえをとったそうです。

 

そういえば・・・昔在タイ中、ソムオーの果樹園を訪ねる日帰りツァー(レヌカーさんの旅)に行ったことがある・・・キョロキョロ

 

その時もらった資料をひっぱり出して見ると(ものもちがいい)、訪問するのはナコーンチャイシー群の有名なおじさんのソムオー果樹園とあり、ナコンチャイシー群を調べると、まさにそのナコンパトム県にあったのです星

 

ナコンパトムはバンコクのとなりのとなりくらいの近い県です。

 

その時の写真です。

 

 

用水路があり、木の上のソムオーを長い棒で落としています。

 

 

ソムオーが実るようす・・・わかりますか?写真(携帯が無い時代なのでフィルムカメラだよ)ヘタですみません笑い泣き

 

ソムオーの実。

 

 

なんかこれ、大きさを比較しようとお人形を置いたらしいんですが、その比較すべきお人形の大きさがわからないので意味ないという・・・ニヤニヤ

 

そして、この絵本は、文も短いですが、調子よく音読できるし、絵を見るといろいろなものがあって、見ながら子どもさんとお話しあえるので、読み聞かせにとてもいい、と書いてあります。

 

奨励賞ほかの2作です。

 

『歌って楽しくあそぼう タイの子どもの遊び歌の歌詞』

 

この絵本は、「子どものための美しい絵本部門」で最優秀賞を受賞していますので、W受賞ですね。

最優秀賞のご紹介記事であげていますニヤリ

 

そして、

 

『うれしいな タイのくだものはほんとうにおいしい』

 

です。

 

この作品については、調べたのですが、情報が見つかりませんでした。

 

というわけで、次回は6-11才部門のご紹介です。

これもまた時間がかかりそうなので、気長にお待ちくださいね。