先月、ベビーベッド「ストッケ スリーピー」をサイズアップしました。

 

ビフォー(ミニベッドが、ちょっとパツパツになってきたので)

 

組み替えて、大きなサイズにUP。ひろびろです!

 

で、ふと思ったことが。

このストッケの「スリーピーベッド」。いざ購入となると、ベビーベッドにしてはお値段が張るかもアセアセとか思ったりもするのですが、でもまてよ、と。

 

むすこ1&2のことを考えてみると、

最初にベビーベッドを1台購入(あるいはレンタル)し、その後、IKEAでキッズサイズのベッドを購入しましたニコニコ

image

 

調整機能付きでしたが、むすこたちが暴れてなんだかちょっと破壊してしまったりしたので....泣く泣く再び購入。

 

 

 

ところが、ところが。

これがあっという間に小さくなってしまいまして(調整機能はついていましたが)、結局、大人サイズのシングルベッド×2台を、昨年追加で購入しました。

 

なんだか、結局、ベビーベッドもあわせて、1人に4台も買ったことにゲッソリ

か、買い物が、下手すぎる滝汗

 

いやしかし。言い訳をさせてもらえるのなら、やはり育児は未知との遭遇の連続。どのくらいの時期に、どのくらいのサイズのものが必要になるのかの予測は、なかなか難しいのです。

 

おそらく、ストッケさんはそんな子供の成長も、かなり意識してくれているのではないでしょうか。先ほど登場したむすめちゃんの「スリーピーベッド」も

 

最初はオプションでミニセット(これがまた、かわいい!)

 

 

そして、サイズアップ!

 

これでおしまいではないのです。

次は、ジュニアベッドキット(別売)を取り付けると、10歳頃まで使えるジュニアベッドになるんですってニコニコ

 

※画像はストッケさんのサイトから拝借しました

 

なるほどー!です。

買い替えのコストや手間はもちろんですが、やはり古くなったものを処分するのって、心が痛みますし、なにより、新生児からずっと10歳まで、同じベッドを少しずつ形を変えて使うことができるのって、こどもたちにとっても幸せなことだななんて思いましたピンクハート

 

はじまったばかりのむすめちゃんと「スリーピーベッド」のおつきあい。これからもたのしみですラブ

 

「Baby365」日記にも、むすめちゃんとベッドのおつきあいを、記していきたいな~と思いましたウインク

 

AD

暑い。まいにち暑い。

外のお散歩は、木陰を選んで歩いていますアセアセ

 

今日は抱っこ紐で保育園へ。

 

 

首がしっかりしたので、マイキャリアのヘッドの部分を折りたたんでみました。涼しげですウインク

ずいぶん色で迷いましたが、やっぱりブラウンにしてよかった。仕事ウェアとの相性もぴったりですピンクハート

 

むすめちゃん、すでに体重7kgを超えているのですがポーン、でも、抱っこはまだラクラク。たしか以前、むすこ1&2の育児の際は、長時間抱っこで尾てい骨とか肩甲骨が痛くなっていたのですが、今回は、それもありません。やはり、抱っこ紐によってママの身体への負担って、かなり変わってくるのではないでしょうか。快適口笛

 

身体への負担がでにくいのには、そもそものマイキャリアの構造(人間工学に基づいたデザインなのだそう)もあるでしょうし、また、きめ細やかに調整ができるので、どんな体型の人でも"自分好み"のフィット感を得ることができるのだと思います。

 

たとえばここ

腰ベルトは、両側から調整できます。ウェスト(腰回り)や衣類の厚さに応じて抱っこのたびにラクラク調整。

 

それから、ここ。

ここを絞ると、赤ちゃんのボディ部分を、きゅっと自分の側に引き寄せられます。これで赤ちゃんの姿勢もバシッと決まります。助産師の浅井貴子先生によると、赤ちゃんの抱っこ時の姿勢は「尾てい骨や恥骨が地面に対して垂直になる」ことが大切なのだそう。これがほかの抱っこ紐だとなかなか難しいんですよね。赤ちゃんの背中が丸まったスタイルになってしまうタラー

 

マイキャリアは、ここの絞りできゅっと赤ちゃんを引き寄せることで、赤ちゃんの姿勢が取りやすくなっているように感じます(あ、わたしの個人的な感想です)。

 

ここも調整可能。

ヘッドの部分ですね。首すわり前は特に、ここをきゅっとしておくと赤ちゃんの頭がぐらぐらせずに包み込まれて安心。少し大きくなった今も、眠ってしまった時などに、ここをキュッとすると安定しますウインク

 

ほかにも調整できる箇所がたくさん。何度か試すうちに自分好みが見つかりますし、赤ちゃんがサイズアップするたびにちょっとずつ簡単に調節ができるのもうれしいところです。

 

 

だからもちろん、男性との兼用も問題なしOK

 

 

AD

最近、むすめちゃんと2人で出かけるときは、抱っこ紐(マイキャリア)のスタイルが多いのですが

 

マイキャリアが使用できるのは生後1ヶ月頃からハート機動力がありますし、両手が空くのでとても便利ウインク

ですが、たとえば生後2週間健診・1ヶ月健診などのおでかけはどうするの?と妊婦さんや産後ママから聞かれることもあります。そうなんですよね!

 

そんなときに、1本あるととても重宝するのが「スリング」です。こちら!むすめちゃんとの初おでかけのときの写真です。出生届を出しに自宅から徒歩2分の役場へ出かけたところ。わたしが使っているのはベッタの「キャリーミー!プラス」です。こちら右矢印

 

スリングのもっともよい点は、抱っこ紐に比べて装着が簡単なこと。とくに新生児期は、赤ちゃんを先に袋に入れてから、ママパパの肩に紐をかける、といった使い方ができるので頼りない時期の赤ちゃんの身体を無理に縦にしたりする必要もありません。

抱っこ紐の装着って、慣れてしまえば本当になんということもないのですが、最初は汗だくになるほど難しいですよねキョロキョロ

 

ちょうどyoutubeに動画があったので、新生児期から使える抱っこの仕方はこちらでご覧ください。スリングはほんとに簡単、ですOK

 

 

最近はこんな感じ。3ヶ月になりました!だいぶしっかりしてきていますウインク

わたしがちょい二重あごなのはご愛嬌笑い泣き

 

さらにこれからは、いろいろな向きの抱っこができるのがまたいいところちゅー 首が座って腰がしっかりしたらまた別の抱き方も。、楽しみです。

↑こちら「キャリーミー!プラス」パッケージの画像より。

 

 

今日のBaby365日記はこちら。むすこたちの写真を見ると、抱っこ紐やスリングの写真って意外と少ないんですよね。小さな小さな時期の抱っこフォトって、かわいいラブラブおすすめですニコニコ

 

 

AD

じーーーーーー 目

 

 

 

こ、これは.....

 

もしや......

 

 

ハンドリガード

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!

 

 

古い。

 

というわけで、2週間ほど前(生後60日目ごろ)から、ハンドリガードっぽいしぐさが見え初めまして、以降、

 

じっと手を見る

 

 

 

じっと手を見る

 

 

じっと手を見る

 

と、毎日毎日、ハンドリガードしているむすめちゃんです。

 

 

毎日みているのに

 

「おおっ、な、なんだこれは!?」と、いまはじめてみたような顔をしているのが、かわいらしいですハート

 

 

ちなみに。

ハンドリガードとは、

Hand Regard

 

手(や足)をじっと見る行動で、それまで自分に手(や足)がついていると、認識できていなかった赤ちゃんが、「なんとー!わたしに手が付いている!これ、自分で動かせるっぽい~~音符ブルー音符と気が付いていく行動なのだそうです(ちょっと説明てきとうですが)。

 

 

そうなのよ、むすめちゃん。

あなたには手が付いている。足が付いている。

 

その手を伸ばして、欲しいものをつかんでね。その足で、どこまでも行きたいところへいくんだよ照れ

 

成長の過程で、ほんの一瞬しか見られないハンドリガードも、もちろん「Baby365日記」に残しています。

いまは当たり前のことでも、ちょっと時間がたつと

 あれって、いつごろだったかな

 その頃、どんな顔していたっけな

 その時期、わたしやほかの家族はどんなことしていたのかな

とか、意外とあとから思い出せないんですよね笑い泣き

 

 

区役所からお電話ありまして、保育園、内定したとのこと。

 

イヤッホゥ ヒャッホゥ

 

・・・・・・笑い泣き

 

 

もう行っちゃうのか。

 

 

 

3月生まれだし、保育園なんて無理よね、

でも、いちおう申し込んでおかないと、いつまで経っても決まらないし

 

お仕事だってしなくちゃだもんね

 

 

と、“はいれないつもり”で、申込書を書いたのですが

 

 

 

まさか

こんなに早くきまっちゃうとは。

 

 

 

むすこ1のときに、保育園探しには本当に苦労したので、認可保育園に1席いただけたのはほんとうにありがたいですし、家の近くで通いやすそうですし、文句を言ったらいけないのですが

 

でも。でも。

 

もう行っちゃうのかえーん

 

 

家のなかで、一緒に過ごしながら仕事をすることも考えてみたのですが、いまはいいんだけれどね、ハイハイが始まったりすると動きまわりたいもんね。遊んでほしいもんねショボーン 仕事にも集中しきれず、中途半端になっちゃうもんね(経験済み)。わたしにとってもむすめちゃんにとっても、それじゃ意味がないもんね。

 

ちょっとさみしいけれど、またお仕事がんばろう。

「よるくま」のお母さんみたいに、たーくさん働いて、夕方になったら笑顔で迎えに行って、帰ってきた子どもたちとたくさん話ができたらいい。週末にたくさん遊べたらいいな。

 

 

 

そう思っていても、むすこ1はもう3年生。「もっと一緒に遊ぼう!」と思っているうちに、わたしではなくお友達と遊ぶ方がたのしい年齢になってしまいましたぶー

 

子どもの成長ってはやいな。

たっぷり時間があるようで、じつはほんのちょっぴりだ。

 

 

と。

保育園がきまって、すこしセンチメンタルな今日のわたしの今日の「Baby365日記」はこちら。えーんタラー