中村刺繍のブログ

中村刺繍のブログ

日々の出来事や刺繍のあれこれをご紹介。

10月30日

京都市産業技術研究所の染色実験室をお借りして

塩野屋の服部さんを講師に

日本刺繍糸の草木染体験を行いました。


今回は5人の参加でしたが、長野、東京、名古屋、大阪、滋賀と全て遠方からお越し頂き

皆さん日本刺繍をされているのですがそれに加えて蚕を飼って養蚕をしている方や布の草木染をしている方などが参加してくださいました。


午前中は、蚕から日本刺繍の糸を作る工程の

講義です。




近くでお昼ご飯を食べて

昼から、糸染めをしました。



今回は、参加者が少なかったので

私も体験させて頂きました。

そのために写真を撮り忘れていました。


参加された方、お疲れ様でした。

染めた糸は、管に巻いて皆様にお送りします。








10月30日(月)11:00〜16:00
JR丹波口から徒歩5分の京都リサーチパークにあります、京都市産業技術者研究所の色染基礎実験室をお借りして、草木染の日本刺繍糸の染め体験を行います。
草木染をした日本刺繍糸は、後日管に巻いてお渡しします。

下記申し込みフォームから
参加お申し込み、お待ちしています。



10月14日 表美展に行って来ました。

この展覧に出すための二曲屏風に使う、刺繍の依頼がありました。

宝尽しの刺繍をしました。





この刺繍がこんなに素敵な屏風になりました。


京都府知事賞を受賞されていました。

明日、15日16時まで、経済センターの2階で行われています。

9月18日、亀岡の塩野屋さんで養蚕見学と

布の草木染体験を行いました。


最初に絹糸の作り方のセミナーを聞いて
午後から染め体験です。
苅安、蘇芳など3色に分かれ好きな色を染めます。

最後にそれぞれ染めた布の発表をしました。

次回、10月30日11:00〜は京都リサーチパークにあります、京都市産業技術者研究所の色染基礎実験室をお借りして、草木染の日本刺繍糸の染め体験を行います。
参加お申し込み、お待ちしています。








中村日本刺繍教室作品展を

10月27日(金)〜29日(日)

10:00〜16:00

京都烏丸御池

しまだいギャラリーで行います。


生徒さんは、最後の仕上げの段階に入っています。



帯がもう少しで完成します。

お稽古にもくずの花の刺繍の帯で来てくださいました。





10月27日(金)〜29日(日)

10:00〜16:00

〒604-0844京都市中京区御池通東洞院西北角

しまだいギャラリー西館



中村日本刺繍教室作品展を行います。

全国各地の中村日本刺繍教室の先生と生徒さんの作品を展示します。

着物や帯、バッグ、額など約100点出展予定です。

是非、お越しください。



中村刺繍でございます。

5月頃より欠品となっておりました刺繍台、うま、椅子用うまの販売を再開しましたのでお知らせします。
 

下記ページよりご購入頂けます。
https://shop.nakamurashisyu.com/shopping/category.php?cat_id=38

ウッドショックや木工店の廃業などが重なり入手が困難な状態となっておりましてご購入をご検討頂いていた皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。
当面は安定してご用意が出来るようになりました。

木材の高騰などで価格が以前より上がっておりますので、2023年12月末までは1割引きで販売を行っております。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

皆様に刺繍を楽しんで頂けるよう努めて参りますので今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

養蚕・布染め体験ツアー企画を
お知らせいたします。



開催日時:2023年9月18日(月祝)
開催場所:亀岡市民交流センター
参加費用:15,000円(税込)昼食代込 布代別
締め切り:  9月14日
詳細やお申込みは下記URLをご参照頂ければ幸いです。
https://peatix.com/event/3604235/

京都亀岡を尋ね、どのように絹が作られているか学べるツアーを開催します。
中村日本刺繍で販売している絹糸の生産をお願いしている織道楽 塩野屋にて養蚕体験、布染め体験とセミナーの受講を行います。

養蚕体験は蚕の餌になる桑の葉を蚕に食べさせる作業になります。
セミナーは刺繍で使用する正絹がどのように制作されるかなどを説明します。
また正絹を実際に自分で染める体験も予定しております。
ご自身の手で染めた布は後日お渡しします。
※染める布はご自身の物をお持ち頂くか、中村刺繍・塩野屋でご購入頂けます。

ご都合が宜しければ是非ご参加頂ければ幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

3日間参加のOさん

瓢箪の信玄袋です。

瓢箪をひたすら地引繍、葉っぱも地引繍です。




通信コースのOさん

金魚と朝顔のタペストリーが完成して、

次に結婚式用のバックを始めました。







通信コースのIさんは前回の続きで

花兜の紐の部分を3日間かけて完成させました。







去年の刺繍三昧に参加から

通信コースに入会いただいた

Kさんは秋草の色紙です。

桔梗、菊、ナデシコなど色々なお花を少しずつ

進めました。





長野から毎回刺繍三昧に参加していただいている

Sさんは

変わり繍薔薇の桐箱で

今回疋田鹿子、麻の葉、松葉菱の3種類の変わり繍をお稽古しました。






台風も来ましたが、無事にお稽古が終わり、

五山送り火を鑑賞して、全ての日程を終了しました。

参加された方、お疲れ様でした。

また、来年もお待ちしています。





南風風刺繍三昧2023


8月14日〜16日

南風風刺繍三昧を行っています。


今回、8人の方が参加してくださいました。


今回初参加、1日体験後に申し込んでいただいたい

Tさんは2日間参加で、梅の袱紗に挑戦です。



姉妹で参加の姉さんのOさん

十二単のお姫様の帯、今回は、髪の毛の部分でひたすら黒糸で地引いて、まつります。



妹さんのUさんは

日本刺繍は初めてで宝尽しの袱紗で、地引繍、切り抑え、まつり繍に挑戦です。




一日目の夜ご飯は、近くの日本料理のお店

西陣  阿うんへ



京都を大変大きな台風が通過する中、

3人の参加者は、2日間参加して、お帰りになりました。

3日参加の5人は、また後ほど紹介します。

南風風刺繍三昧