nakachan13のブログ

nakachan13のブログ

ルールを守って楽しく撮影しましょう。

 

さて、仮眠を2時間で切り上げて7時くらいから撮影再開。(9時までが終了時間だったかな?)

 

あいかわらず、スタジオだとフラッシュで行くか、LEDで済ますか、日中光を取り入れるか迷います。(結局、日中光>LED>フラッシュとなります)

 

さて、この日のもう一つのテーマは「Good sleep (ぐ・っ・す・り)」。

御苗場のテーマの予定でした。(完成時にはコロナ禍で・・・5人分のロケ費用が(´;ω;`)ウゥゥ)

 

まぁ、いいでしょう。

続きます。

 

 

しかし、此処で使った蚊帳。

北は旭川、南は鹿児島まで持って歩いてます。

ワンタッチタイプとは言え、宅配では「引っ越し便」扱い、新幹線では怒られるし(昔は乗せてもらえました)。

 

 

わたしだったら、目をつむっていたらマジ寝ちゃうけどね。

床屋でもイビキかいてます。

 

 

この時のレンズは、Batisの25、85mmとSigmaの105mmの3本。

スタジオではこの組み合わせです。

今は105mmは無いけどね。(Zeiss135mmに変えました。)

 

まつげピンは激うれしす、です。

 

 

さて、此処から一気にベール遊び。(テーマ無し。色遊びです。)

 

 

さて、この中から次回の展示に使う予定なのは・・・

 

そして、最後の衣装です。秋桜畑で使いたかったのですが。(そのためにオーダーしたのにT_T)

 

さて、先ほどの土手は散り始めていたので、お昼の後は宇治川の桜を目指し。

 

 

ここも、散っていました。

先日の大阪が丁度良かったのかな?

 

とはいえ、折角ですから、絵になる場所を探して。

 

 

それなりに撮れます。笑

 

 

この橋も絵になります。

 

大阪の撮影(ふみさん)から、滋賀、京都にわたる撮影も、そろそろ終了です。

 

 

此の裏手に平等院があります。

 

平等院の桜も終わりだったのかな?

 

 

さぁ、埼玉に帰りましょう。

 

 

 

今年は、3月の末から4月の頭まで京都に逗留します。

 

今度こそベストの桜を狙って。

 

月球儀を持て余してます。笑

 

 

例によって例のごとくジェラピケです。

一時期新作が出る毎に追加購入したら・・・衣装ケース二つ分ほど。

 

今でも一ケース分は残ってますが、使う機会が殆どなくなりました。

 

 

「月照姫伝説」の最終章に使う予定だったのですが。

 

当面、押し入れ保存です。今年のクリスマスにもみの木の上に乗せたろうか?笑

 

 

まっ、いっか(^^)/

 

因みに、「十三番目の月」に使用しました。

 

 

この時点で2時半です。

 

 

ほぼシロホリです。

 

 

仮眠です。(撮影許諾済み)

 

 

もうひと頑張りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすでに、葉も出てきています。

なかなか、ネットの満開情報もあてにならず。

前日予報は7分、満開のはずでしたが散り始めです。

 

 

浴衣でも過ごせる天候でした。

これは撮影にとっては助かる。

 

 

日の丸構図だと何処だかわからない。

 

 

ちょっと口元が・・・(^^;

 

頑張ってる感を出さない方法は無いのかな?(何気ない、のが好きです。)

やはり、後ろからブロワーとか、作戦が必要ですね。

 

 

さて、お腹もすいてきたので移動です。

しかし、中々車が捕まらない。

というか、我々がいる場所の住所を伝えても見つからない。

途中、タクシーの運転手さんと電話連絡して20分後。

 

運転手さん、お疲れさまでした。

 

さて、着替えてから、宇治の中ノ島?に。

 

 

ほぼほぼ、散り始めてますので、咲いている木を探しながら撮影。

 

 

以前より、花に拘らずにポートレート撮影をしようと、心に言い聞かせているのですが、絶景でないとテンションがた落ち。

私の悪い癖です。(モデルさんもテンション下がっていると思い込んでしまうのですが、そんな事はないようです。)

 

 

気持ちを入れ替えて、ロケを続けました。

1.広獏たる写真展2「ゆらぎ」

 

5月31日~6月5日 アートコンプレックスセンター(四谷三丁目)

 

「ゆらぎ」をテーマとして、シルクに染色(印刷とはちょっと違う)したものを展示しました。

大きさは80cm×80cm スカーフのイメージですが、ちょっと小さかったかな。

手触りは最高。見に来ていただいた方には、反響は良かったです。

エアコンの風に「ゆらい」でいました。

ふみさん

希美

 

 

2.個展 Shall We?(上原実祐Xnakachan13)

 

8月4日~7日 奥野ビル サロン・ド・ラー

 

入り口左側

 

正面

 

入り口右側

 

入り口

 

計26点 A2 9点、A3 7点、シルク(90×90)4点、綿(45x45)6点

 

40回のロケにお付き合いいただいた上原さんに対する御礼として、「最期」の個展をいたしました。

 

約100名の方に鑑賞いただきました。私自身の人気の無さかモデルさんの来展は「永遠のZERO」。笑

カメラマンさんは仲間・知り合いのみ(20人くらい?)。一般人の知り合いが20人。

そのた、アート系の方々に来ていただけました。80冊用意した図録はさばけました。(もちろん無料)

 

 

3.視線4

 

10月25日~10月30日 アートコンプレックスセンター(四谷三丁目)

 

上半身、「視線」をテーマにした企画展です。描画手法は選ばない、という事でイラスト、絵画、版画の分野での展示がメインです。写真の参加は、殆ど、というか、この数年なかったようです。

販売登録することが条件でした。

 

 

展示数は11枚 アルミボードのA2 1枚、A3 2枚、A4 6枚、綿のハンカチ(45cmx45cm)2枚

 

今回、販売を試みたのですが、1枚だけ、見ず知らずの方に売れたのは「感動」でした。販売となると「品質」にも責任がありますからね。テキトーには作れません。

 

 

4.全国公募総合写真展

 

12月13日~18日 東京都美術館

 

初めての参加でしたが、「秀作」をいただいました。一挙に1300?1400?もの展示ものすごかったですね(^^;

次回は参加しないかな?趣味人としてのコスパはあまりよくなかった、かな?

 

 

全紙サイズですが、プリント、額装はお任せです。

 

以上、今年は4回もの展示を愉しみました。

 

来年は1月から展示がありますが、何回になるか?

3-4回は参加したいですね。

グループ展は「敷島展2」か?企画展は、アートコンプレックスセンターのミックスアート展に絞っていこうと思っています。

 

では、来年も良い年でありますことを。

 

モノクロで作品仕上げをするのは大変難しいのですが、たまには、良いですね。

 

1.5か月ぶりのブログ再開です。

こんなに書かなかったのは何時ぶりでしょうか?

来年1月の展示会と、11月末の京都遠征で描く時間が無くて・・・言い訳です。笑

 

 

開いたばかりのスタジオでしたから、すごくきれいです。

 

 

どうやって、このスタジオを選んだのか?

いまでは、このスタジオの場所もよく覚えていないのですが。

深夜も使えるのは、なかなかないので。

 

 

室内照明も明るいので、影を嫌う撮影ではノーストロボも有りです。

 

一応、ストロボ3台(ソニー純正の無線ストロボ)とLED2台を用意。

大変な荷物なので宅配しています。

備え付けのライトは、でかすぎて面倒なため、ほとんど使用しません。

 

 

シロホリっぽい背景、すきです。(手前のソファー、どかしちゃいました。勿論、戻しました。)

 

 

 

 

 

 

天井も高いので高身長のモデルさんも、自由に動き回れます。

良いスタジオでした。(スタジオ名・・・どこだっけ?)

 

 

シャンデリア、どうとればよかったかな?(脚立を使用すればよかったか?)

 

 

「月照姫伝説」なんて茶番劇を企画していたので、月球儀を買うたのですが・・・どんな物語なのか、「記憶にございません」。

 

 

小物使い、難しいですね。

 

まだまだ、続きます。

 

さて、初日は滋賀の桜巡りでしたが、2日は京都の南を探索。

 

京都は桜予報と異なって、散り始めていました。

去年は、東山付近の桜を愛でましたので今年はちょっと変わった所へ。

 

集合場所は、城陽駅に集合。(初めて来ました)

またまた、タクシーGOが使えない。駅に1台も居なかった。(^^;

 

まぁ、なんとか、とにかく某緑地にやってきました。

 

 

花吹雪手前の状態でしたが、中々の景観です。

 

 

ちょっと、色合いに悩んでいます。

桜の色を出すか、透明感を出すか?

展示に使うときはどちらか?

決定はまだまだ先です。

 

 

日が高くなるにつれて葉が花を押し出してきました。

 

 

風が吹くと、ふわっと花びらが舞うのですが・・・うまく映りませんね。

 

さて、お昼時間に近づくと人がたくさん集まってきました。

平日なのにお弁当やらBBQを。

のどかな街です。

 

 

もう少しローアングルから撮らないとですね。

膝痛でしゃがむのが大変なので。(^^;

カメラのAFの信頼性が上がれば、いいのですが。

ノーファインダー撮影、これから多くなりますから。

 

 

桜、ちりぬるを、ですね。

 

 

もう少しここで撮影しましょう。

 

広大なお花畑で・・・

 

 

撮る予定でした。

 

当初の予定では、秋桜畑に2時集合。

夕方の撮影を終えてから近隣のホテルに泊まって、次の日の早朝に撮影。

昼に解散の予定でしたが・・・

 

台風で秋桜畑が水没。

あるあるです。←ナイナイ(^^;

 

 

てなわけで、夜11時半に東京駅集合。

新日本橋?の新しいスタジオを借りて撮影です。

 

 

まずは色合わせ。

ストロボを使うかLEDを使うか。

個人的にはLEDですかね。

 

 

気分はお花畑。

 

どこぞのプロカメラマンは「生花しか使わない」とかなんとか。

「どうぞ、どうぞ」です。

でも、あまり自慢して欲しくないですね。

金力も才能ですか?笑

まぁ、いじっても仕方がないですが。

 

 

しかし、お花はモデルさんを美しく飾る。

私が全国のお花畑を巡るわけでもあります。

 

 

バラの花びらに埋めて撮影してみたいですね。

バスタブ分ぐらい必要かな?

 

 

ごちゃごちゃしたセットは苦手で、こんな白壁を選んでしまいます。

六本木のシロホリがいいなぁ。また借りてみようかな?

衣装とモデルさんの表情が際立ちます。

 

 

いろいろありますが、深夜撮影開始です。

(深夜に私は強いのですが、、、モデルさんは大変!)

 

 

5月の公募展「広獏たる写真展 ゆらぎ」、8月の個展「Shall We?」に続く第三弾、公募展「視線4」が終了いたしました。

 

5月の展示で、この絵を是非とも欲しいという方がいたのですが、モデルさんに販売許可をいただいていなかったのでお断りしました。(5-6万で買ってくれようとしていました。惜しい!)

題:心の揺らぎ 素材:シルク(70cmx70cm)

 

今回は、「1点以上、販売用の作品を展示する」という制約のもとに展示いたしました。参加された方8名のうち、7名はイラスト、絵画です。しかし、「写真も芸術だ!」の乗りでGO!

5月の結果も踏まえて「もしかすると販売できるレベルかも」と思ったわけで。←以下、もろくも潰えましたが。

 

今回の展示の様子です。

(価格は美術館のマージンは30%なので、個展より高めの設定となっています。)

 

今回、展示するにあたり、3回の「互覧会」(謎の組織「温々団」とそうそうたる写人の皆さん)にて、討議いただいた作品たちで、かなり自信があったのですが。

 

事前に、課題とされていたのは

①「直視」している作品はハードルが高い。

②公募展の縛り、バストアップの写真は購入対象としては厳しい

③飾るサイズとしてA3でも大きすぎるのでは?(最適はA4)

④モノクロの方がアートっぽくない?

でした。さて、結果は?

 

題:視線 和 -WA-、

コンセプト:心なごむ、

A4サイズ

互覧会でも、唯一、「販売可能」と言われた絵です。

しっかり、画家さんの手に渡りました。ありがたい。

表情と、視線の和やかさ。希望の絵と評価されました。

グッチョイス!

 

題:視線 酔 -SUI-、

コンセプト:艶にくらむ、

A4サイズ

「月光姫伝説」の一コマです。視線の先には「月」を想定したレタッチをしました。

しかし、視線の先には「紫陽花」があったほうが良い。このままでは視線が定まらないとのご評価が。

「月の光に酔った表情」がわかる題にすべきでしたね。

漢字一文字に拘ったので、ストレートに「月 -GETSU-」が良かったかな?

私のおすすめは、これだったのです。

顔が暗いとの指摘もありました。

 

題:視線 儚 -MOU-、

コンセプト:はかないおもい、

A4サイズ

これも、良い線行っていたのではと思いましたが、いかがかな?

もう少し上まで入れた方が良かったのか?

 

題:視線 畏 -I-、

コンセプト:何故おそれる、

A4サイズ

直視系です。これは、リビングにはおかないでしょう、と一言。

私の超お気に入りです。ワンタッチテント式の蚊帳と7色のレース。

そして、選りすぐりの古民家での撮影でした。今は閉鎖されています(´;ω;`)ウゥゥ

 

題:視線 問 -MON-、

コンセプト:本当にどうしたいの、

A4サイズ

顔に被りすぎてるとの指摘がありました。(どうしても、そうは思えないのですが?)

これも直視系です。

女性たちからの評価では、この作品が一押しとの事。評価と購入は別のようでした。

顔が暗いとの指摘もありました。

 

題:視線 焦 -SHOU-、

コンセプト:こがれる、

A4サイズ

これも直視系。この幾何学模様が受けるかな?なんて。その点の指摘は全くありませんでした。

心伝わらず。

 

題:視線 綻 -TAN-、

コンセプト:華、ほころぶ、

A3サイズ

直視系です。仲間内ではなかなか良い評価をもらっていると思いましたが。

顔が少し暗い?

 

題:視線 煌 -KOU-、

コンセプト:きらめきの中で、

A2サイズ

これは、今回の看板商品。展示のキモとして出しています。

きらめき、写真描写の骨頂です。受けは良かったです。

顔が暗いとの指摘も?

 

題:視線 括 -KATSU-、

コンセプト:そろそろ決めてね、

A3サイズ

ナイト撮影、苦手なのですが、これは絶品です。背景が乏しいという評価もありましたが、照明と桜は良かったかと。(まぁ、桜とわかるのは私だけですが。)「桜 -OU-」と題をつければよかったか?

直視系で、かつサイズがでかかったかな?

 

題:視線 揺 -YOU-、

コンセプト:揺らぐ気持ち、

綿ハンカチサイズ 45cmx45cm

英国製のハンカチでバイヤーの心を掴もうと。珍しさは受けたのですが、購買行動にはつながらず。顔が少し暗い?

 

題:視線 慕 -BO-、

コンセプト:思いを寄せて、

綿ハンカチサイズ 45cmx45cm

光のバランスで注目を狙いました。

やはり、直視系は難しいようです。

顔が少し暗かったかな?

 

今回の展示は、個人的には大成功です。

一枚売れた、という実績はもちろんですが、展示5日目に訪れた40代の女性5人が、私のブースに来て大声で、

「素敵!」「綺麗!」「こんな写真を撮ってもらったら最高!」と大賛辞を。

此処で私がしゃしゃり出なければ、買ってくれたかもしれません。爺様から写真買う気にはならないかも。

もし、私がイケオジの桐〇ローラ〇ドだったら買ってくれたでしょう。(冗談ではなく、イケメン度も大事。世の常です。笑)

 

かくして、10月末の祭典は終わりました。

イラストって、自分の考える最高の表情で、ブレも無く描ける、って、それ最強!と再認識いたしました。

今回の展示を見て、我が互覧会メンバーも、今後の同様な公募展への参加意欲がわいたようです。

 

写真の楽しみ方が広がったような公募展でした。

 

さて、次なるテーマは?

 

東京ど真ん中です。

 

 

和傘、色味の追加に持って歩いてます。三脚入れにぴったし入る。

我が三脚入れには、三脚は入れてません。フライトの荷物検査に引っ掛かるからね。

 

 

傘をさしてるときは、ストロボたけません。

変な影が入りますからね。

 

この公園には沢がありまして、良い撮影場所です。

先日ロケハンしたら、進入禁止になっていました。

最近の公園って誰のために造ってるの。

 

 

ここまでくると、森林感、半端無し。

 

 

この都会の森には、ちょっとした滝があります。

この付近もアップダウンが激しいので、滝も自然のもの・・・だと思うのですが、どうかな?

 

 

2017年のこの公園。何度も申し上げますが、かなり変わってしまって。

東京にはオアシスが必要なのですが。

 

さて、采さんとは、東京都美術館でお会いできますよ。

総合写真展、彼女のお写真で「秀作」をいただきました。

ぜひ見に来てくださいね。(12/13-18)