7月14日・15日・16日・17日 の四日間、6名づつ合計24名が日代わりでPCR検査を

徳洲会病院で受けてきました。当然、誰も発熱もない状態での検査ですので、

実費精算です。会社の経費は嵩みましたが、お客様の不安を少しでも払拭できれば

と、実費で行いました。

不安もありました。もし誰かが感染していたら?なんて・・・でも社員全員を信じました。

そして、全員 「陰性」 でした。良かった、本当に良かった!

全員 ほっと しました。 当社は新型コロナウイルス対策で車を6台購入!

社員が自宅から現場まで直行直帰を原則にして、極力、外部の人達と接触をさけ

電車やバスは使用しない事にした。

抗体キットも購入し、社員の家族、同棲者、恋人、までも抗体検査を実施しました。

これも全員、総勢80名が 陰性 でした。

パチンコの好きな人には年内はあきらめて頂き、カラオケの好きな人には、一人

カラオケも我慢して頂き、田んぼで一人で歌ってもらう事で了承してもらいました。

バス通勤の方には自転車に切り替えて頂き、消毒、手洗い、マスクは当然の如く

着用。

お客様にも入室作業の際は、マスク5枚と消毒液ミニを1本、進呈し、お互いに

不安を無くす努力を続けてきました。 しかし待てど暮らせど公共機関、政府関係では

PCR検査を民間には実施してくれません。非常に残念で、積極的な経済活動を行う

上で避けては通れないPCR検査が無い!これは企業にとっては致命的な打撃で

経済回復の遅れに他ならない。

ならば自分でやろう!実費でも構わないから自分たちの足で立ち上ろうと決めました。

何よりも「お客様の為に!」をモットーにして自らの身体の潔白を証明し、安心して

接して頂こうと 前 を向きました。

実施して、前が明るくなりました。社員の笑顔にも余裕が出てきました。余計に慎重に

大切に時間や環境を使う事に意識が向きました。

まだまだ予断を許さないコロナ環境ですが、私たちは負けません。もっともっと

対策を微に入り細に渡り取り組んでまいります。

新型コロナウィルスの抗体検査を実施!全員陰性でした。

良かったです。

経費は掛かりましたが、社員、家族、お客様、みんなの

不安を払拭する為に抗体検査を実費で行いました。

全員が陰性で良かったのですが、更に気を引き締め

自粛と細かい注意、行動規制を継続する事を社員間で

確認しております。

来週は、これも実費でPCR検査も行います。

 

ここに載せた写真は社員の一部の人達のものですが、その他の方々や

社員の家族の分の掲載は割愛させて頂きました。

家族の方々も全員、陰性で、ほっとしております。

漏水は待ってくれない。時期も時間も関係ない。

コロナも関係なくやってくる!

まったく、厄介である。特にワンオーナーが所有している

マンション、アパートでの漏水は大変である。

そのほとんどのオーナーさんは、管理会社と言っても入居管理の

管理会社であり、普段から修繕などのメンテナンスまで管理委託

をしていないのが普通である。

当然、長期修繕計画など作成していない場合が多く、且つ管理費

と修繕費を区別してプールしていない。

 

そこに突然の漏水!慌てて入居管理を委託している不動産屋に

電話するが、気の利いた専門会社にたどり着けない場合が多い。

何でも屋みたいなにわか仕込みの業者が来て、あちこち開口し、

しまいには、オールリフォームを薦めてくる有様!

費用もべらぼうに高く、二の足を踏む金額に呆然としていると、

 

「コロナが収束しなければ工事はできません。」なんて

言いぐさでオーナーを困らせる!漏水しているのに?

階下に被害が出ているのに?

 

何故直ぐに工事をしないのか?

水回り工事は緊急性があるインフラ工事で、禁止されていません。

自粛要請もありません。

 

そして私どもに涙の依頼が来ます。

銅管の漏水を一発で直す工事は、私どもでしかできません。

 

ですが、やはりこの時期は、私どももお客様も怖いです。

なので、作業員は、毎朝検温、個別車で通勤、マスク、消毒スプレー

持参、全社員検温、体調報告を本社に通知!

お客様には、マスク3枚、テッシュペーパー1箱、空間殺菌スプレー

1本、プレゼントを実施しています。

 

そうした対策の中で、漏水を止める!直す!工事を行っています。

こんな時期でも、やらなければならない工事もあるのです。