何歳から始めてもピアノは上達できる!MUSICA音楽教室
  • 04Dec
    • ブルグミュラーコンクール本選へ

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。先週の土曜は生徒さんの出場する、ブルグミュラーコンクール東京ファイナルへ応援に行ってきました。場所は武蔵野音大ブラームスホール。母校ではありませんが、学生時代に友人がおり何度も行ったことがあったのでとても懐かしい場所です。江古田駅もとてもきれいになっていました!!流行のストリートピアノがおいてあり、おそらくコンクールに出場するであろう小学生の女の子が練習?していました。^^;なんと、武蔵野音大も新装されてかなりキレイになっていました!あれから10年過ぎてるんですもんねぇ・・・・いろいろと新しくなっていましたが、武蔵野音大に行くまでの道中にある喫茶店や演劇スタジオなど、変わっていない風景もあり1人でしみじみしていました。生徒さんは練習でやってきたことを堂々と披露でき初のコンクール挑戦にもかかわらず立派な演奏をしてくれました!私自身も、指導者としてお子さんのコンクール出場は初だったので傾向も分かり、いろいろと勉強になりました。今回の経験で、ますますピアノを楽しんでくれているようで早速4月の発表会の曲の候補も選んできてくれました。また一緒にがんばりましょうさて、その後は私自身のゆるーい演奏会があり生徒さんの演奏が終わってそそくさと幡ヶ谷へ。演奏前は私はほとんど食べれない人なのですが朝から飲まず食わずだったので、さすがに軽く何か・・・と思い会場近くのカフェへ。一番少なそうなサンドウィッチを頼んだらば・・・どーんフランスパン、半分はあろうかというまさかのアメリカンサイズ・・・・・いつもなら泣いて喜ぶところですがこの日ばかりは泣きながら食べました。(嘘)急いでいる時に、慣れない土地で、慣れない店に入ってはいけないということもとても勉強になりました。久々の更新が、日記ですみません。またお役立ちブログ書ける時にがんばりますね💦ワンレッスンご希望の方を募集しております  大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか?あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓ https://www.musicapiano-ongaku.com/ ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・水・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   2019年11月現在、 金曜日15:30~16:40 空きがございます。

  • 27Oct
    • 2人以上の先生に習うメリットとやりくりについて

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。ここ最近は、フィンガーレッスンに通う大人の生徒さんが増えておさらい会などで顔見知りになり、ピアノ仲間として個別にも交流されているようで大人の方々のコミュニティもにぎわってきました♪フィンガーレッスンは、都内はもちろん、栃木、神奈川など かなりご遠方から通ってくださっている方も多くご自宅近くで別の先生にも師事している生徒さんも多いのですがそんな中で出た話題が2人以上の先生に習って同じ曲を見てもらう時どっちのアドバイスを聞いたらいいの??というものです。私の意見からおこたえしますと両先生の意見が異なった場合自分がより好みな方を選択し良いとこどりな演奏をするのがおススメです。私も学生時代、公開レッスンや海外の先生に師事したりなどで複数の先生から同じ曲の指導をいただいたことがありました。バッハあたりはバッハがチェンバロのために作曲した曲なんだからチェンバロを意識して当時の再現を演奏するという先生もいらっしゃればバッハだがそれを現代のピアノで演奏したらばきっとこう演奏させただろう という先生もいらっしゃるわけでそのどちらも、間違いではないですね。また、一流の先生であればあるほど、得意分野(突き詰めた分野)というのが必ずあります。この先生はショパンの大家だとか、バッハ研究に精通してるなど。ショパン以降や近現代が得意な先生はペダリングの指導がかなり細やかな傾向があります。逆に古典以前に精通している先生は和音進行や、拍による強弱など 基本を特に重視する傾向があります。簡単に言えば得意と好みによって、先生自身もその曲の何を重視するかが変わり指導も千差万別になるわけです。あとは生徒さんのクセや、テクニックによって言うことを変える場合もあります。ということで、先生が真逆のことを仰っていたとしてもどちらも正解である可能性が高いので気に入った方をどんどん採り入れてハイブリッドな演奏をしちゃいましょう演奏力と音楽力アップのためには沢山の先生の意見を聞ける方がメリットが大きいです。音楽を愛する先生ならば、そのあたりご理解いただけるかと思います。とは言え、2人以上の先生に師事することよく思わない先生などごくまれにいるようなので、そういう場合はその場をしのげるように演奏スキルをアップしちゃいましょう。それではまた次回。ワンレッスンご希望の方を募集しております  大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか?あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓ https://www.musicapiano-ongaku.com/ ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・水・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   2019年10月現在、金曜日15:30~17:00 募集中です。 体験のお申し込みをいただきましたため 今後、枠が減る可能性がございます。

  • 15Aug
    • ピアノ講師という仕事が、AIにとって代われる未来はあるのか?

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。「ピアノ練習、AIが教師」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48539460U9A810C1FFE000/という記事を読んで・・・ピアノは一つのキーが一つの音を出す構造で、運指の正誤が明確なため、とくにオンライン指導や可視化教材に向いている。楽意音楽はプロの演奏による音源が2万曲収録してあり、これらを再生すると、画面上の楽譜にリアルタイムで演奏の過程が表示される。テンポ、強さ、ペダルテクニック、運指なども同時に楽譜上に表示される。また、ユーザーの演奏はスマートフォンやタブレットのマイクを通じて認識され、こちらもリアルタイムでミスを指摘し、評価が行われる。(一部引用)これは、いったいどこまで緻密に人間の演奏のニュアンスや音色の違いまでを指摘してくれるのか分からないですがフィンガートレーニングを教えている身として感じるのは、プロの演奏の音源と同じテンポ、強さ、ペダル、運指を教えられたところで演奏している人の身体や指の具合、テクニックが違えば同じ演奏にはならないはずなんですよね。中・上級者の方なら分かると思いますがプロの素敵な演奏というのは、楽譜に書いてあることは演奏の半分くらいの要素でしかなく楽譜に書いていない微妙な音色の変化や、テンポの揺れや間など、沢山の微妙な具合によって演出しているものでそれはピアニストの卓越したテクニックだけでなく、知識とセンスとそれまで積み上げてきたものによる芸なので素人が同じように真似しても、同じようにはならないと思うのです。たとえば、大谷翔平くんのバッティングの方法を緻密に分析しそれを私が真似したところで、同じ成績が残せないのと同じで。(そもそも真似できないと思うけども。。)と考えれば、このAI先生にピアノを習ったところで結局何を得られるかと言えば、楽譜の読み方と運指とプロの演奏との違いや、プロの演奏の方法のほんの一部(実践できるとは限らない)ではないかな?と思いますので手間をかけず、自宅で好きな時に楽譜をなぞる程度の演奏を習いたいと言う方には、確かに良い方法かもしれないですが私ならばやっぱり人間の先生に直接習いに行きたいと今は考えます。なぜなら人間の先生なら・まずはピアノを演奏するにあたり必要な身体づくり身体の使い方を教えてくれ、実践できるまで付き合ってくれる・楽譜に書いていない微妙なニュアンスを、個人に合わせて事細かに指導してくれる・コミュニケーションを通じて、生徒の求めている演奏のニュアンスを提案してくれる・生徒の身体の動きを直接見て、なにが良くないかどうすれば良いかを臨機応変に提案してくれる・曲の背景、時代背景など雑談の中にも演奏のヒントがある・先生の生の音色が聞ける(ピアニストの演奏も、音源になるやっぱり生とは違うので)・その先生にしかない音楽の感性を学ぶことができるなど、これらの点で、まだAIには対応できないと考えるからです。記事内では、ピアノは可視化やオンラインレッスンに向いている、みたいなことが書かれていますがピアノ講師からすると、ピアノはただ一方的に知識と方法を教えられるだけでは足りず実践できてはじめて成り立つものなので、通り一辺倒の習い方ってあんまり合わないと思うんですけども。。まあ、これを全てAIでもできる!と言われたら、また話は変わるんですが・・・ただ、あくまでAIはプログラムされたものに対応できるだけであって「臨機応変」とは、人間にしかできないと思うのですけども。それを言うなら、算数や社会などのほうがよほどAI向きだと思いますが、それでも私は、AIよりも人間が教えた方が良いと考えます。なぜならまだまだ現代では、人間が生きるためには、人間同士のコミュニケーションが不可欠で人間は、人間同士の関わりでしか身をもってコミュニケーションを学べないと思うからです。また、コミュニケーションを通じて生まれるアイディアもあります。だから未だに、学校でも人間の先生が教えているし会社などでもわざわざ1つの場所にみんな集まってわちゃわちゃするわけなんですが(そうでない会社も増えてきてますが)このように何でもかんでも、AIによって「知識と技術だけ」で完結するのが当たり前になると、そのうち人間同士のコミュニケーションを一切とらなくとも生きていける社会というのが、やってくるのでしょうか。現に、近年コミュニケーションを苦手とする人が多く増えたのはなんでもかんでも機械化し、人とのかかわりが乏しくなったためと言われていますね。子どもの頃、未来はロボットだらけになる、なんて漫画も見ましたが人間が人間同士のコミュニケーションをしなくなるならば人間そのものが、ロボットになってしまうんでないかなぁと思いました。私の考えは、古いのかな・・・?少し話が逸れましたが、ピアノ講師という仕事が、AIにとって代わられてしまうかは上記の「人間の先生でなければできないこと」を知っている生徒さんがどのくらいいるか、に関わってくるのかなと思います。それを現代と、後世に伝えていくのが今いる私たちピアノ講師の仕事の1つでもあるかと思います。がんばらないと~それではまた次回。ワンレッスンご希望の方を募集しております  大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか?あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓ https://www.musicapiano-ongaku.com/ ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・水・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   2019年8月8日より、金曜15:30~ 2名様分の募集を開始しました。詳細はHPにて^^

  • 04Aug
    • ホームページをリニューアルしました!

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。前回でもお知らせしましたがこの8月より、MUSICAに新しいピアノ講師の先生をお迎えすることとなりましたもちろん、私が今までレッスンしていた生徒さんはそのまま私がレッスンを続けます。ホームページをようやくリニューアルしましたのでぜひご覧くださいホームhttps://www.musicapiano-ongaku.com/今回は、MUSICAが得意としているレッスン内容についての詳細も載せています。①フィンガートレーニングで正しいピアノ奏法を身に着け、確実に上達したい11歳以上の方②1人でも楽譜が読めて弾け、自ら考える力、表現する力を身に着けながら、生涯にわたってピアノを楽しめる知識と技能を身に着けたい導入期のお子さまその他、ピアノ演奏Q&Aなども少々リニューアルしています。機械やネットが苦手ですが なんとか がんばりました~><💦引き続きMUSICA音楽教室をよろしくお願いします!ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓ https://www.musicapiano-ongaku.com/ ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・水・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   2019年8月8日より、金曜15:30~ 2名様分の募集を開始します。 詳細はHPにて^^

  • 27Jul
    • MUSICAに新しい先生をお迎えすることとなりました♪

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。毎度毎度、ご無沙汰ですが、本日はサラリとお知らせを・・・この8月より、MUSICAに新しいピアノ講師の先生をお迎えすることとなりましたもちろん、私が今までレッスンしていた生徒さんはそのまま私がレッスンを続けます。これまで1人でやっていましたが、一緒に教室を盛り立ててくれる先生が来てくださるのはとてもうれしいですね♪これから二馬力で、ますますMUSICAの生徒さんにご満足いただける教室にしていけたらと思っています。それに伴いまして、金曜日の15:30~ 2名様分の空きができました。HPもリニューアルします。その際はまたお知らせしますね。最近はなかなかブログで、ピアノ練習に役立つ情報がお届けできておらず申し訳ないですが亀の歩みで更新していきたいと思います💦ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・水・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   2019年8月5日より、金曜15:30~ 2名様分の募集を開始します。 詳細はHPにて^^

  • 23Jun
    • 本番で力を出すために、必要な要素

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。さて、前回の3つの記事にてこれまでの私の本番での演奏について記述してきましたが今回は 本番で力を出すために、必要な要素についてこれまでの経験から考察をしてみたいと思います。Q① 暗譜の得意不得意は、音感に関係しているか?学生時代から現在に至るまで、本番の暗譜に対して苦手意識が拭えない私ですがその理由を「絶対音感がないからでは?」と疑ったことがあります。過去のブログでも綴ったように、小5で初めてピアノに触れた私は、絶対音感がありません。最初の1音が分かれば、相対音感である程度聴音や耳コピはできるのですがいきなり鳴った音が何かを瞬時にとらえることができません。大事な本番には、暗譜の練習もしっかり行い、万全を期して臨むつもりですが、それでも極度の緊張状態になると一瞬「次なんだっけ」となってしまうことがあります。その時に、もし絶対音感があったらば、次の鍵盤にいけるような気もしていました。実際、「楽譜は読めないが耳でおぼえてしまう」という人もけっこういますしね。しかし答えはA①.音感は役立つが、絶対音感がある人が必ずしも暗譜が得意、というわけではないようです。3歳からピアノを始め、ピアノ科に入った大学の同期がそれこそ絶対音感を持っており、聴音のテストはいつも満点でしたが彼女も「本番で暗譜が苦手」な1人でした。逆に、「暗譜は自信がある」人にも出会ったことがあります。Q②.本番で力を出すには、性格も関係がある?大学の先輩ですが、自他ともに認める自信家で本番でミスタッチしまくり、違う曲のようになりかけていても平然と演奏を続けていました。やはり演奏は止めてしまったり、戻ってしまうのが一番痛いので曲が多少変わったとしても、止まらずに進めるのは1つの強みです。その先輩は、自信家でもありますが、良い意味で楽観的でもあり私や、上記の同期はどちらかと言えば神経質なところもあり、A②.性格も、本番で力を発揮するには関係していると言えそうです。あくまで私の周りの人々の統計にすぎませんので、断言はできませんが、これまで出会った人々の話による考察です。Q③.楽典の知識や即興演奏能力は、暗譜に有効?これについては、私自身も実感していることですがこの仕事をするようになって、曲をアレンジしたり、子どもたちの歌の伴奏をしたりという機会が随分増えました。従って、即興伴奏や即興アレンジも、学生の頃よりずいぶんできるようになりました。それもあるのか、例えば古典やロマン派前期くらいの曲であればある程度、次の音や伴奏も予測がつくのでその時代の楽曲の暗譜においては、随分と気が楽になりました。作曲専攻だった同期は、有名な曲を即座にアレンジして自分の曲にするのが得意ですが、本番で危なくなったらアレンジして危機を乗り越えていました。A③.楽典の知識や即興演奏能力は、暗譜にかなり有効だと言えそうです。考察というほど、研究された内容ではないのですが皆さまがこれから本番を迎えるために、1つでもお役にたつ情報があれば幸いです。それではまた次回ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・水・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 14May
    • 本番で力を出すために ~現在の話~

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。さて、前回記事「本番で力を出すために ~院生時代の話~」の続きです。大学3年~院生の頃はテクニックも向上し、人前での練習演奏を行っていたおかげで本番でもだいぶ安定した演奏ができるようになったもののいくつかの理由から、暗譜への恐怖が増すようになったとお伝えしました。それから約10年、現在の私の本番の様子はどうかというと・・・大学3年~院生の頃 とほとんど変わっていません。笑理由は以下です。①単純に、学生時代より練習してない学生時代はバイトに明け暮れていましたが、「試験やコンクールでいい成績をとらねば人生終わる」と思っていたため、残りの時間は練習に費やしていました。まぁ、バイト忙しくてもそこに責任は少ないですし・・・今はやっぱり、仕事が生活の軸であり「仕事をせねば人生終わる」と思っているので、仕事で頼まれたもの以外は、どうしてもピアノの練習は優先度が低くなります。ピアノ弾きながらよく仕事のこと考えているので、集中力も低いでしょう。練習時間が減ったわりには、さほど変化がないので良しとしたいところです^^;②本番の練習 をする機会がないこれも大きな理由です。学生の頃は、いつでも聞いてくれる友人や先生がいましたが今はレッスンも通っていないし、誰も練習を聞いてくれません。笑本番の練習はせず、本番を迎えることがほとんどなのでその対策もできていません。③暗譜はやっぱり怖いこれも変わっていません。なのでつい、伴奏はやるけどソロは避ける、ということが増え、ますます暗譜の練習をする機会が減っています。ただ、良く変わったこともあります。①学生の頃に比べて、テクニックがより向上し、少ない練習時間でも音楽表現は自由度が増したテクニックが向上したこともありますが、人を教える仕事ゆえに演奏法や音楽理論の知識がさらに深まったこともあり学生の頃より練習時間が圧倒的に少ないですが譜読み程度の仕上がりであれば、かなり短時間で曲が弾けるようになりました。あとは、単純に曲数や演奏の経験値があがったからかもしれません。やっぱりピアノは、積み重ねていると衰えないものだなと思いました。②気持ちよく演奏できる時が、ほんのたまに訪れるようになったこれも学生時代にはありえなかった話ですが極まれに、本番でも音楽を楽しみ、気分よく演奏できる時が訪れるようになりました。恐らく過度のプレッシャーがない状態になったことと「こう弾かなければいけない」という精神的拘束がなくなったからだと思います。とはいえ、仕事の演奏の時はプレッシャーありますが💦とは言え、「気持ちよく演奏している」=実際に良い演奏になっているわけではないのです私の場合、気持ちよく演奏している時は、おそらくテンション高い状態で全体的にテンポが上がってしまうことが多く、そういう曲であればハマるのですが、ゆったりした曲だと演奏と合わなくなってしまいます。まさに昨年の演奏会で、本番中は恥ずかしくも「けっこう自由に演奏できてるな~」なんて思っていたらば後から録音聞いて、なんじゃこりゃぁぁあ となった演奏がこちら・・・(お蔵入り演奏なので限定公開)ミスタッチも随分多くなったし(本番中にあまり気にならない)演奏時間が、普段より30秒近く速くなってました。。本人の意識と、実際の演奏が一致しないというのもなかなか本番演奏の難しさですね・・・そんなわけで、私の経験を日記形式で綴ってきましたが現在の私はこのようなところに落ち着いています。「本番で力を出すために」は、私自身まだまだ発展途上であり、研究すべきものです。ただ、これまでの経験から少し考察できる点があったので次回からはそのことについて考察を述べたいと思います。それではまた次回ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・水・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 09Apr
    • 本番で力を出すために ~院生時代の話~

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。さて、前回記事「本番で力を出すために ~学生時代の話~」の続きです。大学1年~2年次の下手くそだった私が本番に失敗してしまう理由は基礎メカニックがなかったからだとお話しました。今日はフィンガートレーニングに出会い、基礎メカニックを向上させた後大学3年~院生 の本番でのお話をしたいと思います。結論から述べますと本番でもだいぶ安定した演奏ができるようになりました。とは言え、この頃本番でうまく行くためのカラクリがあって大事な本番の前に、人前での練習演奏を最低2回以上やっていました。だいたい1回目は暗譜がとんだり、緊張でリズムが狂ったり速くなったりしてさほどうまくいかないので人前で演奏した時、その曲がどのような演奏になるのかを知りその対策を練習することで、大事な本番ではまぁまぁの演奏ができるようになりました。しかしながら、この頃から暗譜への恐怖が増すようになりました。なぜなのかは正直ハッキリ分かりませんが思い当たるとすれば以下の理由です。①基礎メカニックが向上したことにより、その曲の練習総時間が減ったため大学受験の時や大学1、2年の頃は試験の曲に半年くらい練習時間をかけていたので、単純にその曲をしっかり覚えていたと思います。ですが、大学3年次あたりから演奏会に選ばれたりコンクールに出るようになり1年で10~20曲くらいこなしていたので、そりゃ1曲あたりの練習時間は短くなります。②学内演奏会に選抜されはじめたことで「失敗できない」という恐怖が強くなったためこれが一番の原因かも、と自分では思います。母校は全体の人数が少なく、学内演奏会に何度か選抜されると全ての学年にその名が知れ渡ります。すると伴奏を頼まれたりする機会も増えるため、汚名を残すことができない(と私が勝手に思ってただけかもですが)わけです。そんなプレッシャーと、バイト三昧で練習時間が少ないプレッシャーでちょっと情緒不安定で、たまーに人前の練習演奏で、とんでもない間違いなどをしていました。③年をとった?この頃はまだ20代前半なのでこれは冗談ですが、今ならこれも理由の1つかもです・・・苦笑そんなわけで大学3年~院生の頃は、人前で演奏する際の失敗の仕方は主に・暗譜が不安でガタつく・ミスタッチではなく、流れを忘れて間違った音を弾くでした。このような失敗の仕方だったので、先述の通り、大事な本番の前にあらかじめ2回くらいは人前で演奏する機会を設け本番での失敗対策をして、なんとか大事な本番を乗り越え院卒業や、ソロリサイタルを乗り切ったわけです。では、30代も半ばになった現在の私はどうかというと・・・また次回。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 17Mar
    • 本番で力を出すために ~学生時代の話~

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。さて、予告通り「本番で力を出すための研究中間報告」を感想文形式で綴ってみたいと思います。本日は学生時代の話です。晴れてピアノ科の1年生になった私が最初の試験で演奏したのはベートーヴェンのピアノソナタ7番、1楽章です。過去にブログに書いた通りhttps://ameblo.jp/musicapiano-technique/entry-12296575807.html?frm=theme当時の私は下手くそ。基礎メカニックも全くなかったので、↓のフォルテからの6度の分散音型でぐっちゃぐちゃになり、3回くらい弾きなおしました。。。今となっては、どうってことない音型ですが、苦手な方が多い音型では?この部分は、指を開きっぱなしで手首を固めて弾こうとするとうまくできません。また、強拍になる位置が狂いやすいので、強拍をきちんと意識して弾かないとガタガタしやすいです。注意書きの「流れるように」は、当時先生にいただいたアドバイスですが、「流れるように」一気に弾こうとするとかえってうまくできない部分なんです。それを知らない当時の私は、「流れるように」一気に弾こうとして、流れをせき止めてしまったわけです。ぐはそれはさておき、なぜこの時こんなに失敗したかというと基礎メカニックがなかったからです。この部分は、当時の私は練習の時から、なんとか弾けるかな?という不安定さでした。練習で「危なっかしい」部分は本番で必ずといっていいほど失敗します。基礎メカニックがない というのは、簡単に言うと自分の身体のコントロール力が足りないということです。どんな素晴らしい大物ピアニストでも、プレッシャーのかかる場面では多かれ少なかれ緊張し身体は普段よりも力みがちになります。その時、自分の身体をコントロールする術を知っていれば失敗は避けられるか最小限に抑えられますが普段からコントロールできていないものを普段と違う状態で無理やりコントロールしようとすれば余計に事故を大きくする可能性があります。これが1つめの、本番で力を出せない主な原因です。このことは、単純に指が動く動かないとかの話だけでなくテンポにうまく乗れない人も当てはまります。練習の時からテンポが危なっかしい人も同様に本番では失敗する可能性が上がります。結局突き詰めれば、テンポに乗れない=テンポに従って身体をコントロールできないということだからです。私の本番での失敗の仕方は、大学1年~2年の終わり頃まではこの原因によるものでした。具体的な失敗の仕方は、・ある個所がメカニック的に弾けず弾きなおす・指が思うように動かずもつれて先に進めない・ミスタッチが増えすぎてしまう・音が抜けまくったり、転んだりする・和音をつかみきれないなどです。これらを改善し、本番でも弾けるようにするには、まずは基礎メカニックを向上させるしかありませんそんなことは分かってるという声が聞こえてきそうですが・・・💦そのくらい基礎力は本番での演奏状態を左右します。。そんなわけで私はフィンガートレーニングを学んで基礎メカニックをある程度向上させたわけですが、その後の大学3年~院生 くらいの頃の私は、本番での失敗の仕方が変わりました。次回はその原因と対策についてお話したいと思います。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 24Feb
    • 演奏会を終えて・・・本番で力を出すために

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。相変わらずブログ更新が滞っております。さて、2月頭(もうずいぶん前。。)に恒例の演奏会がありました。今回は声楽とチェロとピアノという、珍しいトリオ。ブラームスの曲は良い曲ばかりですねぇ。さて、私は学生の頃から「本番に弱い」と言われておりました。爆自分でもそう思います。もちろん、本番に強い人なんてそうそういないわけですが想定外のことをよくやってしまうのですね。まだまだ研究の途中ですが次回から、「本番で力を出すための研究中間報告」を感想文形式で綴っていきたいと思います。なかなかきちんとまとめる時間がなく読みにくいかもしれませんがお楽しみいただければと思います。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 10Feb
    • フィンガートレーニングの観点から考える、ピアノの選び方

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。遅ればせながら、2019年もどうぞよろしくお願いいたします。今年も相変わらずブログの更新は遅いですが皆さまに役立つ内容が書ければ・・・と思っています。今日は、生徒さんからよく聞かれる「ピアノの選び方」について。ピアノ上達のためには、何といっても最初からグランドピアノに触れることが大事!と思う方も多いでしょうがフィンガートレーニングの観点から言えば、実はそうでもありません。私自身、ピアノを始めて半年はキーボードその後小6~高1 電子ピアノ高2~25歳 アップライトピアノ25歳~現在 グランドピアノと過ごしてきて、それぞれの楽器の経験が一応あります。昔は、きちんとグランドピアノを持っていないと音大に入れないとか、上達できない と言われた時代もありましたがそんなこともないよなーと。フィンガートレーニングの観点から、上達するために有効なピアノの選び方について述べてみたいと思います。①幼少期 →なるべく鍵盤の軽い キーボードや電子ピアノMUSICAにいらっしゃる方で、初めてピアノを習うお子さんはだいたい4~5歳が多いです。世間一般的にそのくらいからが多いと思いますがこの年齢の子どもたちは、まだ指の関節が柔らかくグランドピアノの鍵盤ほど重いと、正しい手の使い方で弾くのにとても苦労します。特に関節がふにゃふにゃのお子さんの場合はなおさらです。最近では良質な音の電子ピアノが沢山出ているのでなるべく軽くてお子さんが楽に打鍵できるものを選ぶと鍵盤を押しつけて弾いたり、手首を固める癖がつきにくいです。指の力をつけるため、と重い鍵盤にするのは幼少期においては逆効果になりやすいです💦それでも教室にくればグランドピアノなので、教室ではピアノを弾く時間以上に音を聞く練習、リズムの練習楽譜を読む訓練などを多くとり、幼少期のうちに培った方が良い音感、リズム感、読譜力などを養います。②小学校2年頃~ →アップライト、できればグランドピアノ4、5歳から始めてきちんと習い、数年経つと、だいたいのお子さんは教室のグランドピアノと、自宅の電子ピアノ等とのタッチや音の違いに自ら気づくようになります。そうなったらできれば買い換え時です。また、よほど身体の小さなお子さんでなければ、小2くらいから関節はかなりしっかりしてきます。この頃までに、手首や腕を固めたり、鍵盤を押し付けたりする癖がついていなければ、いよいよピアノデビューです。少しずつ指の力をつける訓練もはじめます。正しい身体の使い方でピアノが弾けるようになっていればこの年齢あたりから伸び盛りに入ります。③フィンガートレーニングの場合→グランドピアノまたはグランドピアノと同じハンマー機能を搭載した電子ピアノお子さんであれば本格的なフィンガートレーニングを行うのは10歳以降(身体の成長具合で個人差あり)が良いとされています。最終的な目標が、ステージ(グランドピアノ)でよりよい演奏をするため、である以上、フィンガートレーニングに適した楽器はやはりグランドピアノとなります。置き場所、音の問題を考慮するならば、アップライトよりもグランドと同じハンマー機能を搭載した電子ピアノ(最近出ているハイブリッドピアノなど)が好ましいです。アップライトピアノとグランドピアノでは、音を出す仕組みが決定的に違います。また、グランドピアノの鍵盤を、ゆっくりゆっくり沈めていくと最後の1ミリくらいのところで「カクン」というひっかかりがあるはずです。これはアップライトにはありません。かなり指の力がついた人が弾く場合、この「カクン」のないアップライトや電子ピアノでは、指に大きな衝撃を与えてしまうことにもなってしまいます。ハイブリッドピアノにもアップライトに近い仕様、グランドピアノに近い仕様、など現在は色々とあるようです。もちろんいずれもやはり電子楽器であり、全く同じではありません。また、アップライトピアノでも価格によってかなりの差があり一概にアップライトはダメ、とも言い切れません。ただし、同じ金額を出すのであれば、やはりよりグランドに近い「タッチ」を優先する方が良いと言えます。フィンガートレーニングの観点から考えると練習用のピアノは上記のような選び方が有効と言えますがとはいえ、ピアノは置き場所に困るものですよね。マンション等では音漏れの苦情などもありますしスペースも取るため、なかなか置けないと思います。かくいう私は、教室は普通の賃貸マンションですがオーナーさんと周りの方々がとても心が広いため、今のところ苦情なくグランドピアノ弾かせていただいています^^;それぞれご事情や制約などがある中で自宅に置ける楽器には限りがあるとは思いますが、今の自分に必要な楽器、最終的な目的に沿った楽器を知り、その楽器に触れる機会を少しでも多く持つようにすると良いのではないでしょうか。そしてなによりも、自分の演奏している音をよく聴くのは、どの段階においても大切です。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 30Dec
    • 「脱力」を叶えるための指力をつけるトレーニンググッズ

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。皆様、年末はいかがお過ごしでしょうか。私は実家に帰省し、のんびりさせてもらいつつ、雪かきしつつ、経費処理などなどに励んでいます。MUSICAではフィンガートレーニングレッスンも行っておりますが、指の力が弱く、鍵盤を1本の指で打鍵した後、前腕~手までの重さを支えていることが難しい方のために指の力を鍛えるグッズを手作りしました。グランドピアノの鍵盤はおよそ50gなのですがその50gだと指の力が足りずについ手首を固めたり、前腕の力を借りてしまう人が多いので30g、40g、と段階的にトレーニングできるようにしてみました。これです。手作り感半端ない。40gは縫うの忘れた。私も頑張りましたが、手芸は苦手なので見かねた母がほとんど作ってくれました。笑ありがたいありたがい。年明けからはこれでフィンガーの生徒さんたちの指力特訓が始まります。正しいやり方でないとあまり意味がなくなってしまいますので、レッスンをお待ちくださいね。ちなみに先日募集させていただいた、定期レッスンの空き枠1名様分ですが、お陰様で埋まりましたため、引き続き月2回以下の単発の方のみ募集とさせていただきます。ありがとうございました!2018年も皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。よい年末をお過ごしくださいませ。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 10Dec
    • ピアノの音色の違いは何によって生まれる?

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。今回は予告の通りそもそも音色の違いは何によって生まれるのか?についてお話してみようかと思います。前回も触れましたが、現代のピアノの適切な基本奏法とされているのは身体を自然に楽に使い、最小限の力で指を動かし、重力によって腕が自然に落下する重さとスピードを利用して落下した瞬間には脱力できている「脱力」「重力奏法」などとも呼ばれる方法が一般的です。これが基本、であり、常にこの状態ということではありません。そもそもこの奏法ではなく、・腕の自然落下ではなく、力を使って鍵盤を叩く 金属音が混じった「硬い」音になりやすいです。 昔のいわゆる「ハイ・フィンガー奏法」はこのタイプです。・鍵盤をぎゅっと力で押し込む 音が遠くにとばず、こもった音色になりやすいです。・鍵盤を底まで打鍵せず、表面をなでる 芯のない、ひょろひょろした薄い音になりやすいですなどなど、弾き方が違えば音色が変わるのは当然ですがいずれにしても身体の機能に反した不自然な奏法は上達の妨げになるだけでなく、身体を故障させる原因にもなりえます。ですが多くのプロ・ピアニスト、またはハイ・アマチュアピアニストはおおよそ自身の身体に適切な奏法で演奏しているわけですがそれでも音色が個人によって異なるのは・身体・腕の重さの違い・指、腕のスピードの違い・指の打鍵角度の違い・指の形(打鍵面)の表面積の違い  などなど・・・このような身体の違い、身体の使い方の微妙な差によるものとなります。なので、身体的特徴、あるいは身体の使い方が大きく変われば音色も大きく変わることとなりますしピアニストが1曲の中でも色々音色を変化させるのは身体の使い方を変えて、欲しい音色を出すようにしているからなわけです。ピアノという楽器は、これほどまでに繊細な加減の違いを察知できる楽器なんですね。(たまに鈍感なピアノもあります^^;)同時に、これらの違いを聞き取れる「耳」を持っていることは必要十分条件となります。次にピアノに触れる機会があれば、是非ピアノと遊びながらいろいろと試してみてください。それではまた次回。ご質問も随時受け付けております♪ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 12Nov
    • 音を遠くに飛ばす方法(ご質問への回答)

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。前回のブログにて、早速ご質問をいただきましてありがとうございました!長らくお待たせしてしまいましたが回答させていただきますね。ホールで弾く機会があるのですが、他の演奏者と比べて音がか細いのが悩みです。低学年なので、指が弱いのもあると思いますが、どうしたら音を遠くに飛ばすことができますか?さて、案外多いこのお悩みですが、まずは簡潔にお話してみます。音がか細い理由には、原因が大きく3つ考えられます。① 鍵盤を底までしっかり打鍵せず なでるような打鍵が主になっている。② 肩、上腕、前腕、または手首などどこかを 余分な力で持ち上げて 腕や指の重さをほとんど鍵盤に伝えきれず打鍵している。③ 鍵盤が完全に浮く前に、鍵盤を押し付けるように 弾いている。これらいずれか、または全てが原因となっているかと思います。指が弱い、というのももちろんあるのですが指が弱いゆえに、①か②になっているはずです。③もあり得ますが、確立としては低いです。音を遠くに飛ばすためには上腕や手首、肩などを適切に脱力して、腕や指の重さをきちんと鍵盤に伝え、鍵盤の底までしっかり打鍵することで解決できます。これができると指もある程度鍛えられてきます。ただ「低学年」と仰っていますので、何歳のお子さまか分かりませんが小2くらいまでは関節がまだ柔らかく、(もちろん個人差あり)大きな音を出すことにあまり重きを置かない方が良いです。上記の方法で正しく音を出せるようになれば、小1、2くらいのお子さんでもそれなりの大きさの音が出せるのですが関節がまだ柔らかいお子様は、指を固めて弾く癖がつきやすいので「音を大きくしよう」と無理をすると関節をガチガチに固めて力任せに音を出す癖がつき、割れる音を出す演奏になったりいわゆる「近鳴り」と言って、近くでは大きい音に聞こえても広いホールで響く音が出せない演奏になったりします。このような癖がつくと、これからもっと難しい曲を演奏するようになった場合、手を故障してしまうことも起こります。未就学児のお子さんでも大きな音を出している場合手首を上下にバウンドさせて、そのはずみで大きな音を出す方法もありますがこれは単調でレガートになりにくい音の出し方のため、ある程度関節がしっかりしてきたら正しい方法に変える必要があります。実際に演奏を見たわけではないので、原因を特定することはできませんが・・・今後のためにまずは・鍵盤をぎゅっと押し付けずに 鍵盤を底までしっかり打鍵する練習をする・上半身のどこかに余計な力が入っていないか入っていれば、楽な姿勢で演奏できるよう意識するできるようになってきたら、腕や指の重さを素直に鍵盤に預ける練習をするを行うのが良いかと思います。音の響きは、それらの結果となって表れます。MUSICAのフィンガートレーニングでも、美しく響く音色の出し方は要のトレーニングになるのですが文章では、とても伝えるのが難しいお話でして💦少しでもお役にたてましたら幸いです。ご質問いただきまして、ありがとうございました!次回は、このお話をもう少し広げてそもそも音色の違いは何によって生まれるのか、についてお話してみようかと思います。またのご質問もお待ちしておりますワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 定期レッスンに関しまして   現在、お陰様で定期レッスン枠は満室のため 月3回以上の定期レッスンの募集は一旦停止しております。 いつもありがとうございます。

  • 22Oct
    • ピアノ演奏に関する疑問、ご相談などを募集します♪

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。前回に引き続きお知らせブログです。MUSICAのブログは、ピアノ演奏などに関して、皆さまに少しでもお役に立てる知識や実践方法などを記載するようにしており、いわゆるノウハウ系のブログですがノウハウ系のブログは、どうしても私視点からの問題提起となりやすく読者さんのニーズに合致しないこともあると思います。おそらくそのうちネタも尽きてくるかもしれません。笑そこで、生徒さんや一般の方々から疑問やご相談などをいただけると、より具体的で、皆さまのお悩みにマッチした内容をお届けできると思いますので、ピアノ演奏に関する疑問やご相談を、コメントやメッセージにていただければ随時ブログにて回答させていただこうと思います。ただし、更新頻度はご覧のようにあまり早くはないため気長に待っていただけますと助かります。また、私自身は自信をもってお伝えする回答になりますが絶対的な科学的根拠があり、100%正しい、ということではない場合もございます。(ピアノ演奏技術自体が、まだまだ科学で証明されていないものですしね。)そして、web上でレッスンのやりとりのようになってしまうようなことも通ってくださっている生徒さんへ不公平となりますので良い加減で要約した回答とさせていただきます。あくまでサービス提供ということで、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。こんなご質問・疑問をいただけるとありがたいですベートーヴェンのソナタ「月光」第3楽章を演奏するにはどんなテクニックが必要ですか?どうしたら身につきますか?速い曲を弾くと右手の外側が痛くなりますが何が原因ですか?どうしたら良いですか?ショパンの略歴を教えてください。(ググると出てきます。)ピアノ演奏とはズバリなんですか?(テーマが壮大すぎます)とは言っても、すぐにはコメントやメッセージなど来ない気がしますので。笑次回の更新までに何もない場合は先日の演奏会の演奏動画アップと、人前での演奏について記載したいと思います。それではまた次回。

  • 11Oct
    • ※現在の空き状況と、料金改定のお知らせ※

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。2018年10月現在の教室の空き状況につきましておかげさまで定期レッスン枠は満室となりましたたため定期レッスンの募集はいったん停止させていただきます。これまでご応募、ご入会いただきました皆様、本当にありがとうございます。月2回以下、単発レッスンご希望の方は若干の受入れ枠がございますので、ご希望の方はご相談いただければと思います。それに伴いまして、2019年1月より新規ご入会の生徒さんの料金は改定させていただく予定です。ホームページもリニューアル予定です。レッスンスケジュールがこれ以上過密になりますとレッスン内容、フィンガートレーニングの研究、その他事務処理をする時間が取れなくなってしまうことなど懸念されますため、これまでどおり、これまで以上に研究を続け、確かなレッスン内容をお届けするためにもご理解のほど、よろしくお願いいたします。それではまた次回。

  • 27Sep
    • ~指使い応用~ なぜ譜読みが遅いのか?理由④ 身体的機能 編

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。前回「~指使い基本~なぜ譜読みが遅いのか?理由④身体的機能 編 」の続きとなります。前回に引き続き、指使いの応用について。前回の流れに沿って、具体的な例を解説してみたいと思います。① 和音指使い下の写真をご覧ください。左手の伴奏に上のような伴奏が出て来た場合全音符であれば、左端のドミソ(531)という指使いをするのが基本です。ですが、右側のようにさらに低い音を伴う分散和音となりそれなりに速いテンポであれば、例のように(ソ-ドミソ)5-321 または(ソ-ドミソ)5-421 の指使いが好ましいと言えます。5-531 という指使いはあまりお勧めはしません。どちらが良いかは、やはり個人個人の特徴次第となります。ワルツなどの曲で、前後関係を考慮しない指使いをしている方を案外多く見かけますが、和音の指使いは、前後関係+自身の特徴で、よく吟味する必要があります。②一般的な、指使いの基本を知る前回の記事でも書いた・ニュアンスを出したい長い音は、5指より4指が良いを具体的にお話してみたいと思います。こちらの楽譜は、ピアノ中級者くらいの方でも弾く機会が多いドビュッシーの「亜麻色の乙女」という曲の楽譜です。この出だしの♭レの音は、楽譜では5指を使うよう指示がありますが私は4の指を使います。実際に後半で出てくる同じメロディではタイの間に4-5と指を変えるように指示がありますね。おそらく楽譜によってこの指使い表記は異なっていると思います。一般的に4指の方が5指よりも微妙な音色を出しやすいというだけで、絶対に4が良いわけではないのでご自身はどの指が良いか、よーく音を聞いて吟味するのもより洗練された音色づくりの第1歩だと言えます。③自分の技量、得意を生かすこちらはベートーヴェン「悲愴」ソナタの第1楽章です。赤丸の部分は、楽譜の指示を見る限り右手で弾くようになっていると思います。私の生徒さんも、前回のMUSICA Concertでこの曲を演奏しましたが、楽譜の指使い通り譜読みしてきました。が、速いテンポだと指くぐりが難点となりなかなかキレイにひけない個所でもあるようです。そこで、このような指使いを提案しました。こうすると、1⇒4という右手の指くぐりがなくなり、音も転びにくくなります。但し、左手の素早い移動が必要となるため、腕の動きが得意か?指くぐりが得意か?またはどちらが苦手かによって、弾きやすさが変わってきます。こうした裏ワザ 的な指使いは、ベートーヴェン以降、とくに近代曲ではかなり応用できます。これ以外にも、応用は沢山ありますが全て書き切ることはとてもできないためほんの一部をご紹介しました。かなり長かった譜読みシリーズですが、ここらへんで一度完結としたいと思います。また都度、まとまり次第記事も付け足していきたいと思います。次回より少しばかりお知らせがあります。それではまた次回。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 導入期のお子様のレッスンに関しまして    教室はさいたま市北区です。  体験レッスンございます♪小さなお子様は、とくに初めのレッスンがとても重要です。まずは音楽大好き!どんな音楽にでも興味を持てるように・・・と、1人1人の性格や興味に合わせたレッスンをおこなっています。 現在、定期レッスンの空き時間は  木曜 17:25-18:10    となっております。  ↓レッスン内容の詳細と生徒さんの口コミはこちら↓         ピアノ教室net.  ↓お問い合わせは下記から↓        お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。    ご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪

  • 11Sep
    • ~指使い基本~ なぜ譜読みが遅いのか?理由④ 身体的機能 編

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。前回「なぜ譜読みが遅いのか?理由④身体的機能 編 ~身体~」の続きとなります。ややこしいタイトルすみません今日は 案外悩んでいる方が多い指使いについてお話したいと思います。初級の楽譜などには、事細かに指使いが書いていますが中級以上になってくると、楽譜の指使い指示が減ってきますね。しかし、中級以上の方であれば譜読みは自分で行い先生に見せる頃にはおおよそ両手で弾ける・・・が求められるようになることが多いと思います。そこで適当な指使いで弾いていったところ先生に全部直されてしまい、かえって混乱する・・・というのは誰しも経験があるかもしれません。それでは譜読みが思ったようにすすみませんね💦また、最適な指使いを瞬時に使えるかどうかは初見能力にもかなり影響します。最適な指使いが分かる&できるこれも譜読みの速さにとって、大きな要素となります。・・・・では、どうやって最適な指使いを瞬時に使えるようになるか?楽譜に記入されている指使いはあくまで指標であり万人に最適とは限りません。手の大きさをはじめ、指の広がり、得意な指、苦手な指など人によって当然違いますので、自分に最適な指使いを知ることもとても大切と言えます。ちなみにツェルニーなどの「練習曲」は、指定された指を使うことに意味合いがあるので、できるだけ楽譜に従ったほうがいいです。ショパンやリストなどの「練習曲的 楽曲」は、練習曲として使うなら従い、演奏会で演奏するなら従わなくてもいいと思います。では、最適指使いを身に着ける方法を具体的にお伝えしましょう。① スケール、アルペジオ、半音階 の指使いはしっかり覚える基本ですが、案外避ける人が多い・・・この3つは、よほど特殊な手をしている方でない限り通常の指使いが最適と言えます。(ハノン参照)ロマン派後期くらいまでの曲の大半は、曲の中にこれらの一部が多用されています。その部分の指使いが瞬時にできるだけでも譜読みは圧倒的に速くなるでしょう。② 3和音、4和音の形に対応した指使いを覚える写真のように、この形であれば通常この指使い、というのがあります。基本形は覚えた方が良いと言えます。ただ和音に関しては応用が必要で、前後関係によって少し指使いが変わってくるので、こちらは実践練習でおぼえるのが良いでしょう。応用については次回お話します。③一般的な、指使いの基本を知る指使いには基本的に… というものがあります。例えば、・黒鍵に1の指をあまり使わない・トリルは隣同士の指より、1つとんだ指が弾きやすい・ニュアンスを出したい長い音は、5指より4指が良いなどなど。このあたりは応用でも触れられたら触れたいと思います。④自分の得意な指、苦手な指を把握する人によって、手の大きさは違います。仮に手の大きさが全く同じでも、指の長さや伸縮性が違います。さらに、自分の右手と左手ですら、手の特徴は微妙に異なります。ある人は、指くぐりが苦手なのでなるべく指くぐりが少ない指使いをする、逆に指くぐりが得意で、開くのが苦手な人は指くぐり多めで、手の開きが少ないように指使いを考える、など、いろいろ考案することができます。これについても、応用でまた触れたいと思います。次回は応用編です。それではまた次回。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 導入期のお子様のレッスンに関しまして    教室はさいたま市北区です。  体験レッスンございます♪小さなお子様は、とくに初めのレッスンがとても重要です。まずは音楽大好き!どんな音楽にでも興味を持てるように・・・と、1人1人の性格や興味に合わせたレッスンをおこなっています。 現在、定期レッスンの空き時間は 木曜 17:25-18:10    となっております。  ↓レッスン内容の詳細と生徒さんの口コミはこちら↓         ピアノ教室net.  ↓お問い合わせは下記から↓        お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。    ご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪

  • 03Sep
    • ~メカニック~なぜ譜読みが遅いのか?理由④ 身体的機能 編

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。前回「なぜ譜読みが遅いのか?理由③鍵盤把握能力編」の続きとなります。譜読みの速さには、・読譜能力(初見力)・脳の働き、伝達速度、記憶力・鍵盤把握能力・身体的機能この4つの柱が必要となります。今回は4つ目の、身体的機能についてお話してみます。まず、「譜読み」とは、単に音符を読むということではなく本来は楽譜どおり弾けるようになる、ところまでを「譜読み」と言います。「譜読み」=音を読んでくる と思う方も多いですが、一応参考まで。例えばこの楽譜冒頭からずっと、右手はオクターブ幅の連打でAの部分からはオクターブに加えて跳躍も入ってきます。このオクターブが、ある程度のテンポでもすぐ弾ける人は、当然譜読みも早くなります。逆に、ある程度のテンポにすると、音が当たらないので音を外さない練習が必要、ということであれば譜読みは遅くなります。または、弾けることは弾けるが、1曲弾き終わる前に手が痛くて・・・痛くならないように練習する必要がある、という方も弾けない、ということと同じとします。片手だとすぐ弾けるが、両手にすると途端に弾けなくなる場合はなぜ譜読みが遅いのか?理由② 脳の機能編 をご覧ください。これはいわゆる「メカニック」を持っているか否かが大きくかかわってきます。ピアノ演奏のメカニックとは、曲の中のパッセージを演奏するために必要な身体の使い方を会得することです。これをいち早く身に着けるには、やはりフィンガートレーニングが一番手っ取り早いと言えます。曲を練習していて身に着く人も稀にいますが、多くの場合は、「弾けるようになっても手が痛くなる」という風に、身体を無理に使う弾き方になってしまいます。ちなみに、譜読みし始めの頃、手や腕が痛いが練習しているうちに痛みが減ってくる・・・という場合動きに慣れて無駄な力が減った 場合と痛みに感覚が慣れてきてしまった 場合があります。弾き方を見れば、脱力できているかすぐ分かりますが筋肉が生まれつき強めの人や、痛みに鈍感な人は痛みがなくなった=脱力できるようになったと思い込み、長年の練習の後、故障の恐れがあるので先生に相談したり、自身の身体をよく知ることが大切です。現在MUSICAには多くの方がフィンガートレーニングに通ってくださっていますが、沢山の方を見ていて、やはりフィンガートレーニングが有効だと自信を持ってお伝えできます。とは言え、フィンガートレーニングは効果は高いですが感覚を掴むまでは骨の折れる練習であることは確かなので、やはり曲を弾いている方が楽しいというのはごもっとも。。本気で上達したい方向けのトレーニングになります身体機能編はもう少し続きます。次回は指使いについて触れたいと思います。それではまた次回。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 導入期のお子様のレッスンに関しまして    教室はさいたま市北区です。  体験レッスンございます♪小さなお子様は、とくに初めのレッスンがとても重要です。まずは音楽大好き!どんな音楽にでも興味を持てるように・・・と、1人1人の性格や興味に合わせたレッスンをおこなっています。 現在、定期レッスンの空き時間は 月曜 19:10-20:00の間 火曜 19:20-20:00の間 木曜 17:25-18:10    となっております。  ↓レッスン内容の詳細と生徒さんの口コミはこちら↓         ピアノ教室net.  ↓お問い合わせは下記から↓        お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。    ご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪

  • 28Aug
    • なぜ譜読みが遅いのか?理由③ 鍵盤把握能力 編

      こんにちは、MUSICA音楽教室です。前回「なぜ譜読みが遅いのか?理由②脳の働き 編」の続きとなります。譜読みの速さには、・読譜能力(初見力)・脳の働き、伝達速度、記憶力・鍵盤把握能力・身体的機能この4つの柱が必要となります。今回は3つ目の、鍵盤把握能力についてお話してみます。初見が早い方の共通点として、(初見時)手元はほとんど見ず、楽譜をガン見して演奏するという特徴があります。なので私のようにコンタクトの人は目が乾いて大変です。これはつまり、鍵盤を見なくても、目に入った音符の鍵盤の位置が感覚で分かっているということです。鍵盤把握能力は、ピアノ曲をたくさん練習していると割と身につきやすい能力です。しかしながら、時々、初心者の方で、ドレミをレミファ、とズレて弾いていても気づかない方がいます。音符と違う鍵盤を弾いたり、音を聴いたりしていると、正しい感覚がなかなか身につかないのでそういう方はまずソルフェージュもされることをお勧めします。大人になっても相対音感はかなり養われますし鍵盤把握能力と音感は密接に関係しています。短期的に鍵盤把握能力を高めるには、まずは正確に音符が読めるようになり音符と鍵盤の結びつけの訓練を行います。MUSICAでは、ある程度の音数が読めるようになった生徒さんにMUSICA特製音読み訓練表をお渡しし幼児や大人の方でも音読み&鍵盤把握能力を高める訓練をしています。教室の壁に、音読みマスター表を貼ったらば大人の生徒さんも一緒になって楽しんでくれているようです♪ちなみに現在の暫定1位は子どもの生徒さんです。合格しないと貼ることができないので、ゲーム感覚で挑戦してもらいます。現在の鍵盤把握力を確かめる&鍛えるには①音符カードをランダムに並べてカードのとおり鍵盤を弾く②ハノン等リズムが一定な音の羅列曲のページを適当に開いて最初の数小節を弾く③紙に適当なドレミを書いて並べ、そのとおり弾く(音符を読むのが遅い方はこの方法が〇)などいろいろありますが、どれもほとんど頭を使わずにゲーム感覚でできるので、よかったらお試しください。ちなみに、5指内で納まる音は弾けるが、跳躍する遠くの音をよく外してしまうという方は鍵盤把握力よりも身体的な問題が大きいと言えますので、次回でお話したいと思います。次回では指使いについても触れておきたいと思います。それではまた次回。ワンレッスンご希望の方を募集しております   大人になってからのテクニック向上を諦めていませんか? あなたの上達したい!自由に演奏したい!をサポートします。 MUSICA音楽教室↓詳しいレッスン内容、講師のプロフィールはHPをご覧ください↓  https://musica-pianoongaku.wixsite.com/musica ↓お問い合わせは下記から↓  お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。教室はさいたま市北区です。池袋、または上野から電車で30分。教室は月・火・木・金・土・日 開校しております。    体験レッスンあります♪  他のお教室に通っているけど、セカンドオピニオン的に・・・  基礎テクニックだけ見直したい・・・   という方も大歓迎です。   「御木本澄子氏 正しいピアノ奏法」  「藤本雅美氏  ピアノのためのフィンガートレーニング」  を基礎として、独自の研究結果でのフィンガートレーニング   レッスンを行っております。      テクニックに関するご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪ 導入期のお子様のレッスンに関しまして    教室はさいたま市北区です。  体験レッスンございます♪小さなお子様は、とくに初めのレッスンがとても重要です。まずは音楽大好き!どんな音楽にでも興味を持てるように・・・と、1人1人の性格や興味に合わせたレッスンをおこなっています。 現在、定期レッスンの空き時間は 月曜 19:10-20:00の間 火曜 19:20-20:00の間 木曜 17:25-18:10    となっております。  ↓レッスン内容の詳細と生徒さんの口コミはこちら↓         ピアノ教室net.  ↓お問い合わせは下記から↓        お問合せフォーム  または  rena.t-happy-life85♡jcom.zaq.ne.jp  ♡を@に変更してください。    ご質問だけなどもけっこうです。  お待ちしております♪