パーソナルカラー講座⑤ ベースが肌に与える影響 | 印象学イメージコンサルティングで「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」【東京(目黒)】

印象学イメージコンサルティングで「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」【東京(目黒)】

国際イメージコンサルタント・印象学者akoによるブログ。2008年より口コミだけで全国からお客様が集まり続ける人気コンサルタント。印象アップの秘訣や養成講座スクール情報の他、自由な海外生活などのプライベート情報もお届けしています。


テーマ:

今日は、前回の続きで「ベース」のお話です。
今回は、「ベース」がお肌に与える影響について
お話したいと思います。

イエローベース、ブルーベースの一番大きな反応は、
それぞれ以下の通りです。



 イエローベース   ブルーベース

「なりたい自分」になるための印象学レッスン


イエローベース
肌の色味が出る=血色がよく見える

ブルーベース
肌の色味が引く=美白に見える


そんな風に聞くと、
健康的に血色良く見せたい人はイエローベース?
色白になりたい人は全員ブルーベース?

と思われるかもしれませんが、
そう単純ではありません。
実は似合わない場合の反応もあるのです。


イエローベース
肌の色味が出る=黄色く、くすんで見える

ブルーベース
肌の色味が引く=青白く、不健康に見える



つまり似合うかどうかに関わらず、
以下の反応は必ず共通しているということが言えます。


イエローベース=肌の色味が出る

ブルーベース=肌の色味が引く



但し、その反応の程度差が個人によって違う為、
良い方(血色が良い、美白に見える)に出るか、
悪い方(黄黒く見える、青白く見える)に出るか、
転び方が変わってくるのです。

その反応を見極めるのが
パーソナルカラリストの役目というわけです。

それでは次回も引き続き、
「ベース」のお話をしたいと思います。


エミュ・デザインHP

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座HP




■私がパーソナルカラーを学んだきっかけ

■パーソナルカラー講座①4シーズン分類

■パーソナルカラー講座②春夏秋冬

■パーソナルカラー講座③準備と診断方法

■パーソナルカラー講座④イエローベースとブルーベース

■パーソナルカラー講座⑤ベースが肌に与える影響

■パーソナルカラー講座⑥肌ベースとパーソナルカラー

■パーソナルカラー講座⑦トーン

■パーソナルカラー講座⑧清色と濁色の違い

■パーソナルカラー講座⑨清色と濁色がお顔に与える影響

■パーソナルカラー講座⑩彩度

■パーソナルカラー講座⑪彩度がお肌に与える影響

■パーソナルカラー講座⑫明度

国際イメージコンサルタント・印象学者® akoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント