パーソナルカラー講座⑥ 肌ベースとパーソナルカラー | 印象学イメージコンサルティングで「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」【東京(目黒)】

印象学イメージコンサルティングで「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」【東京(目黒)】

国際イメージコンサルタント・印象学者akoによるブログ。2008年より口コミだけで全国からお客様が集まり続ける人気コンサルタント。印象アップの秘訣や養成講座スクール情報の他、自由な海外生活などのプライベート情報もお届けしています。


テーマ:

今日は、前回お話した「ベース」の続きです。

よく聞かれるのが、肌のベースと
パーソナルカラーのベースの関係です。

誤解されている方が多いのですが、
肌色のベースとパーソナルカラーのベースは
必ずしも一緒ではありません。
※一致する方も居ます。
 
 



肌がイエローベース(オークル系)の人にとって、
「イエロー」という共通点のある
イエローベースの色は確かに馴染むでしょう。

肌がブルーベース(ピンク系)の人にとって、
「ブルー」という共通点のある
ブルーベースの色は馴染みやすいでしょう。

しかし「馴染む」ことが「ベスト」
とは限らないのです。

身に着ける色とお顔映りは連動します。
イエローベースの肌だからこそ、
イエローベースを付けると顔が黄ばんで見える。

ブルーベースの肌だから、
ブルーベースを付けると顔が青白く見える。

こんな風に、似たような色を身に着けることで、
欠点がさらに目立つ場合もあるのです。

その為、肌がイエローベースでも、
パーソナルカラーはブルーベースだったり、
肌はブルーベースでも、
イエローベースということもあります。

これは本当に人それぞれ。
診断をしてみて初めて判明するのが、
パーソナルカラーの面白さです。


「なりたい自分」になるための印象学レッスン


料理に例えると分かり易いかもしれません。
例えば、甘いイチゴをもっと甘く食べたい時には
皆さんは何をかけますか?

おそらく練乳とか牛乳に砂糖などだと思います。
甘さを引き立てる為に甘いものをかけて、
より甘くする。
これは分かりやすいですね。
 
 



では、スイカをもっと甘くしたい時に
使うものは何でしょうか?

きっと「塩」という答えが多いと思います。
こんな風に敢えて真逆の物を加えることで、
素材が引き立つということもありまよね。





これをパーソナルカラーに置き換えて考えてみると、
こんな感じです。

イチゴ+練乳パターン
(甘いものを加えてさらに甘くする)


イエローベースの肌の人が、
イエローベースの色を身に着けて
イエローベースの健康的な肌を強調する

ブルーベースの肌の人が、
ブルーベースの色を身に着けて
ブルーベースの透明感ある肌を強調する

スイカ+塩パターン
(真逆の物を加え相対的に甘さを引き立てる)


イエローベースの肌の人が、
ブルーベースの色を身に着けることで
イエローベースの肌が程よく引き立つ

ブルーベースの肌の人が、
イエローベースの色を身に着けることで
ブルーベースの肌が程よく引き立つ

スイカ+練乳でも甘くはなりますが、
スイカには塩を使うのがベスト!
これは、素材がスイカだから当てはまったこと。

イチゴの場合は、塩はベストではないはずです。
イチゴにはやっぱり練乳が正解でしょう。
 
 



というわけで、パーソナルカラーも素材次第、
個人差があります。

但し、これは流派により考え方が異なる為、
イエローベースの肌には
イエローベースの2シーズン(春と秋)

ブルーベースの肌には
ブルーベースの2シーズン(夏や冬)
とする手法もあります。

素人が見ても診断がつくので、
一見分かりやすく、それっぽいのですが、
誰が見ても分かるならプロは要りません。笑

「似合う」と判断する視点が違うだけの話であって、
どちらが正解不正解ということではないと思いますが、
診断基準が異なれば結果も異なります。

というわけで、私は肌色だけで可能性を絞らず、
実際にドレープを当てて診断をする
現在の手法が気に入っています。

可能性が広がる分、
コンサルタントはスキルが求められ
診断も複雑になりますが、
よりプロならではの診断になると思うので、
やりがいもあります。
 
 



試したら塩の方が良かったりするかもしれないし、
やっぱり砂糖が良いのかもしれない。

人間は千差万別。
可能性は人の数だけあるはずです。

パーソナルカラーと肌色の関係も、
活字にはしきれない奥深さがあるんですよ。

また引き続き、パーソナルカラーについて
書いていきたいと思います。


MAIC国際イメージコンサルタント養成講座HP

 

 


■私がパーソナルカラーを学んだきっかけ

■パーソナルカラー講座①4シーズン分類

■パーソナルカラー講座②春夏秋冬

■パーソナルカラー講座③準備と診断方法

■パーソナルカラー講座④イエローベースとブルーベース

■パーソナルカラー講座⑤ベースが肌に与える影響

■パーソナルカラー講座⑥肌ベースとパーソナルカラー

■パーソナルカラー講座⑦トーン

■パーソナルカラー講座⑧清色と濁色の違い

■パーソナルカラー講座⑨清色と濁色がお顔に与える影響

■パーソナルカラー講座⑩彩度

■パーソナルカラー講座⑪彩度がお肌に与える影響

■パーソナルカラー講座⑫明度

 

 

国際イメージコンサルタント・印象学者® akoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント