業績頭打ちだが、大型記念配当で今期はフル還元へ・AOKIホールディングス(8214)。 | なちゅの市川綜合研究所

なちゅの市川綜合研究所

「別に勝たなくてもいいので、負けないこと」を志向しております。
本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報等に基づき、作成されています。
当ブログの情報に全面的に依拠することはお控えいただき、最終的なご判断はご自身でお願いいたします。


テーマ:

IMG_2420.jpg

【8214】AOKIホールディングス(東証1部) ---

現在値 1,538円/100株 PER17.9 PBR0.92 3月配当優待 9月配当優待

紳士服専門店2位。複合カフェやカラオケ、結婚式場『アニヴェルセル』も。
配当は3月末・9月末の合計60円配であり、配当利回りは3.90%となります。

AOKIホールディングスは株主優待制度を実施しており、3月末・9月末時点で単元株を

保有する株主に対しAOKI・ORIHICAの20%割引券を5枚(他割引併用可)やカラオケ・

コートダジュール、複合カフェの快活CLUBの20%割引券を10枚進呈しております。割引

券のため優待利回りの算出はしませんが、さらにこれとは別にアニヴェルセルの10万円

分の割引券も付いてきます。

業績を確認していきます。
■2015年3月期 売上高 1,838億円、経常利益 189億円、EPS 107.4円 
■2016年3月期 売上高 1,885億円、経常利益 176億円、EPS 127.7円
■2017年3月期 売上高 1,940億円、経常利益 138億円、EPS 83.3円

■2018年3月期 売上高 1,984億円、経常利益 140億円、EPS 84.8円

■2019年3月期 売上高 1,991億円、経常利益 137億円、EPS 85.4円 ce

□2018年6月1Q 売上高 448億円、経常利益 1.6億円、EPS ▲3.4円(8/3)
□2018年9月中 売上高 860億円、経常利益 10.0億円、EPS 2.3円 四e

2018年3月期の売上高は前期比2.3%増の1,984億円、経常利益は同微増の140億円となり、

中間時点で業績を微妙に修正していたものの、概ね予算水準での着地となりました。主力

のファッション事業については、前年比1%程度の既存店増収を見込んでいましたが、通期

では1%程度のマイナスとなったほか、カラオケ事業も軟調に推移しました。なお、出退店に

ついては全業態で48店を出店したものの、55店を閉鎖(ないしは業態転換)し、退店超過と

なったものの、改装による店舗休業ロスは減っているため、全社では増収となっています。

 

進行期である2019年3月期の予算については、売上高が微増の1,991億円、経常利益は

同1.8%減の137億円を予想しています。例年通り下期偏重決算となる見込みですが、予算

前提となる既存店売上高はファッションで+1.3%、カラオケ・複合カフェで+0.8%程度を見込ん

でいます。ファッション事業では、可洗スーツや高伸縮スーツによる単価増や、売上割合が

向上しつつある女性向商品の拡充、ブライダル・複合カフェ事業においては、リニューアル

やVRの全店導入、人件費増加対策としてオーダー端末の導入を推進します。

 

当社は期限の定めはないものの、中長期的な定量目標として、営業利益率を7.5→12.0%、

ROEを5.1→10.0%、EPSを84.8→180円(矢印の前は直近実績)へそれぞれ伸長させる計画

をもっています。ここ数年はファッション事業を中心とした不採算店の閉鎖や改装、カラオケ

・複合カフェへの業態転換を進めてきましたが、こうしたS&B系の取組はほぼ一巡しており、

当面は既存店の活性化に注力していく方針です。特に利益を牽引してきたブライダル事業

(アニヴェルセル)が過当競争で頭打ちとなっており、今期も挙式組数の減少が予想されてい

るような状況であるため、今後はこれまで挙式した顧客に対する保険、ジュエリー、記念日

フォトの撮影といった派生ビジネスの展開により業容を拡張させていく方針のようです。

 

また、株主還元については、配当性向を30%基準として定めており、断続的な増配を実施

【15→17.5→22.5→33→36→40→43→44→60円(予】しています。特に今期は創業60周年

記念配当として16円もの増配を見込んでいます。またこれとは別に、総還元性向を50%に

定めており、本年1月には20億円(1.15%)の自社株の取得を決議していて、足許では6億円

程度買い進んでいますので、仮に全部買い込むと仮定すると、今期の総還元性向は概ね

100%に達する見通しとなり、同業の青山商事同様にフル還元が実現することとなります。

 

*参考記事① 2018-01-16 1,669円 ---

複合カフェ踊り場で、引き続き株主還元に着目・AOKIホールディングス(8214)。


*参考記事② 2017-09-08 1,442円 ---

見た目よりも高還元な“漫喫銘柄”・AOKIホールディングス(8214)。

 

 

会社四季報 2018年3集夏号 

新品価格
¥2,060から
(2018/6/15時点)


*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 

特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 
基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。


このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村

なちゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス