なちゅの市川綜合研究所

なちゅの市川綜合研究所

「別に勝たなくてもいいので、負けないこと」を志向しております。
本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報等に基づき、作成されています。
当ブログの情報に全面的に依拠することはお控えいただき、最終的なご判断はご自身でお願いいたします。

夏休みで大分に来ています。旅先の選定に大した意志はなく、昨年は北海道だった

ので、今回は九州でいいか・・・といった薄い理由です。福岡や長崎には行ったことが

あるので、鹿児島や熊本には行ったことはないものの、とりあえず北側を制圧すること

とし、大分に大決定しました。

 

大分の最初の宿泊先は別府温泉です。オリックスが所有・運営する「杉乃井ホテル」に

宿泊しました。別府を代表するホテルであり、別府八湯のひとつに数えられる観海寺温

にあり、客室数647室を誇る別府温泉で最大のホテルとなります。

IMG_6634.jpgIMG_6561.jpg

当ホテルは2001年に一度民事再生となったものの、その後オリックスの所有&加森観光の

運営体制へと移行したものの、途中で加森観光が撤退し、今はオリックスによる一元化が

なされています。既に施設自体は複数棟に跨っていますが、更に2棟の宿泊棟を追加する

予定であり、2025年に全面開業を目指しています。潰れた後に華麗な復活を遂げたホテル

として、全国的に非常に有名な存在であり、本邦におけるホテル再生事例の代表格です。

 

部屋は本館の改装後客室でした。ツインの部屋を予約したところ、和洋室にしてくれました。

IMG_6566.jpgIMG_6563.jpg

 

お食事は巨大ホテルならではスケールを活かしたバイキング・オペレーションであり、

非常に種類が豊富です。

IMG_6607.jpgIMG_6601.jpg

 

大分名物のとり天はもとより、ステーキや関さばなどの地場刺身、果てはフォアグラ丼や

鰻丼まで食べ放題(※上の具だけも可能)となっており、なんでもござれの勢いです。

新・大分名物とされている「雪ん子寿司」もありました。

IMG_6605.jpgIMG_6603.jpg

 

離乳食も完備、アイスもハーゲンダッツとまさに“フルハウス”状態のラインナップです。

IMG_6594.jpgIMG_6604.jpg


杉乃井ホテルは共用部施設も凄いです。ゲームセンターも非常に大きいです。ナムコ

オペレーターとして入っている、本格的なものです。パチンコ・パチスロ台も沢山あります。

IMG_6577.jpgIMG_6578.jpg

 

ホテルバーはテラス付きのプロントが入っています。20時までハッピアワーでプレモル

が290円です。ホテルバーは高いので、プロントが入っていると安上がりですね。

IMG_6585.jpgIMG_6592.jpg

 

36レーンを備えるボーリング場も併設してます。宿泊者は1ゲーム無料(500円/g)で、

24時まで営業しています。久々に挑戦したところスコアは130くらいでした。

IMG_6591.jpg

 

実はこの他にも大浴場とプール施設もあるのですが、写真は撮れないので入口と眺望

のイメージ写真(2枚目)を貼っておきます。大浴場は“棚湯”という名称巨大な屋上露天

風呂であり、その名の通り棚田方式で複数層の露天風呂湯舟がミルフィーユのように

配されており、どこに座っても別府市内が一望出来るような仕様になっています。

IMG_6619.jpgIMG_6568.jpg

 

ホテルの目の前にはセブン・イレブンもありますが、館内にもセブン・イレブンの自販機

があり、おにぎりやパン、おつまみなどが買えるようになっています。

IMG_6570.jpgIMG_6589.jpg

 

館内施設は他にも色々あるのですが、書ききれないほど沢山あるので、是非公式サイト

まとめサイトなどをご参照いただきたいと思います。なお、オリックスの株主優待カード

の使用により優遇レートでの宿泊が出来るので、株主の方はぜひご活用いただいた上

で視察いただければと思います。このホテルだけで別府に来る価値があると思います。

 

以降、旅行記②に続きます(予定)。

 

 

会社四季報 2019年4集秋号 [雑誌]

新品価格¥2,200

*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 

特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 

基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。


このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村

IMG_6536.jpg

【2705】大戸屋ホールディングス(東証JQS)  NT

現在値 2,198円/100株 PER54.8 PBR3.69 3月配当株主優待 

定食専門店『大戸屋ごはん処』を直営・FCで首都圏中心に展開。
配当金は3月末の一括25円配当のため、配当利回りは1.14%となります。

大戸屋ホールディングスは株主優待を導入しており、3月末に100株以上を保有する株主に

対して2,500円分の食事券を進呈しておりますので、配当優待利回りは約2.28%となります。

(※3年以上の長期保有株主については、食事券の進呈額が表記より500円増額されます)

業績は以下の通りとなります。
■2016年3月期 売上高 260億円、経常利益 5.9億円 EPS 42.4円 
■2017年3月期 売上高 256億円、経常利益 7.1億円 EPS 49.6円 

■2018年3月期 売上高 262億円、経常利益 6.6億円 EPS 28.3円

■2019年3月期 売上高 257億円、経常利益 4.6億円 EPS 7.6円 

■2020年3月期 売上高 275億円、経常利益 5.0億円 EPS 40.0円 ce

□2019年6月1Q 売上高 60.9億円、経常利益▲1.1億円 EPS▲14.5円(8/8)
□2019年9月2Q 売上高 130億円、経常利益 0.5億円 EPS 1.3円 ce

2019年3月期の売上高は前期比2.0%減の257億円、経常利益は同30.1%減の4.6億円で

の落着となり期初予算を大きく下回りました。既存店は台風や降雪などの天候の影響が

あったほか、2月の店員による「不適切動画事件」による悪影響により、3月単月既存店

売上高が前年同月比92.5%(全店休業日1日有り)に沈んだ結果、通年の既存店売上高

は同98.7%に留まりました。また、原価面では人件費や原材料費・水光熱費等の経費上

昇は想定線で収まったものの、動画事件による店員教育再徹底のための全店休業日

を設定したことによるFC加盟店への売上補償金の支払いが営業外で発生しました。


進行期である2020年3月期の予算については売上高6.9%増の275億円、経常利益は同

7.9%増の5.0億円を計画しています。今期の国内純増店舗数は13店(出店は15店)を予定

しているほか、「もうひとつの食卓大戸屋」という新スローガンを掲げ、昨年から実施して

きた立地に応じた提供メニューの変更(駅前商業立地・ビジネス立地・ロードサイド立地)

にくわえ、そもそものグランドメニューの刷新とサイドメニューの充実による高単価化を

促進します。またメニューの刷新にあわせ、これまで調理工数が多く、提供までに時間

が掛かっていましたが、食材統一化や工程改善により提供時間が1.5~2.0分短くなる

見込みであり、生産性向上のほか、顧客回転率の多少の良化が見込まれます。なお、

会社側は予算の前提となる既存店売上高を103.0%水準に置いていますが、足許5ヵ月

累計は95.7%で推移しているため、早くも予算未達が濃厚な情勢となっています。


今期は3年中計の中間年度となっており、最終年度である翌2021年3月期に売上高303

億円(CAGR5%)、経常利益10.1億円(CAGR15%)を目標としていますが、マイルストンの

業績目標によれば、本来今期は売上高291億円、経常利益8.9億円を予算にしなくては

ならない筈なので、事実上初年度から躓いてしまっている格好となります。当該中計に

よれば実績期にまでに既存店のテコ入れを完了し、今期以降は出店再加速による500

店体制の実現(※3月末時点は492店)を実現する予定でしたが、出店の方はともかく、

件の不適切動画事件の影響を色濃く受けてしまっているため、今期も顧客信頼度回復

といった既存店のテコ入れ対策期間に充てられる見込みであり、中計目標に対しては

大きくビハインドする公算が高そうです。

 

ただ、国内が苦戦する一方、ニューヨークで4店舗を運営する米国事業はついに黒字化

を果たしており、新たにニュージャージー州にも現法を設立して米国での業容拡大を図

る方針です。これまでFC展開を中心としてきたアジアも、今期からはベトナムで直営で

の展開を実施することとしているため、今後の成長シナリオについては専ら海外に求め

ていく形となりそうです。またFC中心で展開しているタイ・台湾についても、既に各50店

舗級までに成長しているため、次第に海外のFCのライセンス収入が主に利益面での

強力な下支え要素として機能していくことが期待されます。

*参考記事① 2018-08-16  2,209円 OP

三かみ堂」「かこみ食堂」など派生業態にご執心・大戸屋ホールディングス(2705)。

*参考記事② 2017-07-14 2,033円 OP

長期優待導入は創業家の相続対策か?大戸屋ホールディングス(2705)。

 

 

会社四季報 2019年4集秋号 [雑誌]

新品価格¥2,200

*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 

特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 

基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。


このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村

IMG_5584.jpg

【3648】AGS(東証1部) NT

現在値 694円/100株 PER30.1 PBR1.05 3月配当優待 9月配当優待 

独立系の情報システム会社。データセンター運用。りそな向けが3割。
配当は3月末・9月末の年2回合計11円配当のため、配当利回りは1.59%となります。

AGSは株主優待制度を導入しており、3月末の単元株主には1,000円のVJAギフトカード、

9月末の株主には1,000円のクオカードを進呈しておりますので、配当優待利回りは4.46%

となります。なお3月末・9月末優待ともに1年以上保有を継続することが、優待進呈条件と

なりますのでご注意ください。

業績を確認していきます。 
■2016年3月期 売上高 168億円、経常利益 6.9億円、EPS 22.4円 
■2017年3月期 売上高 186億円、経常利益 8.7億円、EPS 80.1円 

■2018年3月期 売上高 194億円、経常利益 8.6億円、EPS 32.0円 

■2019年3月期 売上高 196億円、経常利益 8.6億円、EPS 30.5円 

■2020年3月期  売上高 197億円、経常利益 6.1億円、EPS 23.0円 ce
□2019年6月1Q 売上高 45.5億円、経常利益 1.2億円、EPS 4.3円(7/30) 

□2019年9月2Q 売上高 93.0億円、経常利益 2.4億円、EPS 8.9円 ce

2019年3月期の売上高は前期比1.0%増の196億円、経常利益は同変わらずの8.6億円と

なり、ほぼ期初予算線での着地となりました。主力の情報処理事業については、自治体

向けのIDC運用およびクラウドサービス案件が伸長したほか、償却費の減少等も寄与し、

当該セグが全社業績を牽引しました。その一方で、ソフト開発事業については、一般法

人向けが停滞したほか、その他情報事業については金融機関向けの機器保守案件等

が増加したものの、利益率の低下に伴って概ね前期比横ばいの水準となりました。

進行期である2020年3月期の予算については、売上高が0.2%増の197億円、経常利益

は29.4%減の6.1億円と3割弱もの大減益を見込んでいます。情報処理事業については、

昨年10月から開始された武蔵野銀行向けの税公金処理事務業務のBPO受託業務の

通期稼働効果等によりセグメント増収を見込んでいるものの、ソフト開発事業は開発案

件の一巡により一般法人向けが引き続き停滞することから、当該セグは連続で減収と

なる見通しです。また、実績期では好伸したシステム機器販売事業(利益貢献は僅少)

も反動減となる見込みです。利益面が大きく圧迫されるのは、人件費のベースアップや

いわゆる“働き方改革”への対応費増が主な要因となります。

 

今期は2022年3月期を最終年度とする5年長期経営計画の3年度目となっており、最終

的には売上高210億円(CAGR3%)・経常利益10.4億円(CAGR4%)を目標としています。

今回長計では、DC(データセンター)を軸としたクラウド型にくわえ、ソフト開発事業(SIer

業務)についても、AIやIoTといった付加価値をつけて、受注の高単価化を狙うとともに、

本年3月にはAmazonからパートナーライセンスを取得し、非常に高いシェアを誇る同社

のクラウドである「AWS」の一貫導入サービスを開始し、受注範囲の拡大を狙います。

 

具体策としては、依然として売上高の33%を占める最大の依存先であるりそなグループ

(埼玉りそな銀行)や、埼玉国保、全国生協連(共済)などの金融関連機関に対して、RPA

の活用等を提案しつつ、BPOの受託を増やしていく戦略になるかと思われます。特に

今期からはりそなHDシステム部長だった石井氏が会長に退任し、りそな銀行の副社長

だった原俊樹氏が管理本部長から社長に昇任しており、古巣からどれだけBPOの受注

を取ってこれるのか、お手並み拝見・・・といったところになろうかと思います。但し、売

上高の達成はともかくとしても、本長計策定時点よりも人件費が高騰していることから、

利益目標である経常利益10.4億円はかなりハードルが高いものと考えています。

 

なお当社は現金同等物を40億円抱える無借金企業であり、筆頭株主も従業員持株会

(11.3%)ですので、潜在的に相応の株主還元インセンティブが機能するとみております。

実績期は残念ながら配当が年11円のまま据え置かれてしまい、今期も年11円の予想

をしていますが、下値では確りとした自社株買いに期待したいと思います。

 

*参考記事① 2018-09-14  770円 NT

大株主売出後は軟調推移だが、株主還元余力は大きい・AGS(3648)。

 

*参考記事② 2018-02-12  813円* NT

10末の分割後も優待基準を維持、今期は増益着地も・AGS(3648)。

 

会社四季報 2019年4集秋号 [雑誌]

新品価格¥2,200

*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 

特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 

基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。


このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村