なちゅの市川綜合研究所

なちゅの市川綜合研究所

「別に勝たなくてもいいので、負けないこと」を志向しております。
本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報等に基づき、作成されています。
当ブログの情報に全面的に依拠することはお控えいただき、最終的なご判断はご自身でお願いいたします。

IMG_4009.jpg

【7605】フジ・コーポレーション(東証一部) NT

現在値 1,264円/100株 P/E 8.9  P/B 1.31 10月配当 4月株主優待

タイヤの専門店「タイヤ&ホイール館フジ」を東北・関東に直営で展開。
配当は10月末一括の17.5円配当であり、配当利回りは1.38%となります。

 

フジ・コーポレーションは株主優待制度を導入しており、4月末現在の2単元株主に対して、5,000円の三菱UFJニコスギフトカードを進呈しておりますので、2単元保有時の配当優待利回りは約3.36%となります(※1年以上の長期保有が必要)。

業績を確認していきます。 

■2018年10月期 売上高 328億円、経常利益 28.6億円 EPS 97.1円 

■2019年10月期 売上高 351億円、経常利益 37.6億円 EPS 126.0円 

■2020年10月期 売上高 342億円、経常利益 35.3億円 EPS 115.4円 

■2021年10月期 売上高 370億円、経常利益 42.0億円 EPS 141.9円 ce修正

□2021年4月2Q 売上高 227億円、経常利益 30.9億円 EPS 103.0円

□2021年7月3Q 売上高 297億円、経常利益 33.9億円 EPS 113.1円(9/6)

2021年4月中間期の売上高は前年同期比21.1%増の227億円、経常利益は同35.1%増の30.9億円となり、トップラインから2桁増収となったほか、対予算でも上振れしました。2020年末については、2019年末の暖冬から一転して全国的な降雪・多雪によりスタッドレスタイヤの売上が好調に推移し、上期6ヵ月間の既存店売上高(SSS)は実に113%水準にまで膨れ上がりました。他方、会社側計画では新型肺炎禍による下押しを相当程度見込んでいたものの、結果的にバッファ未消化となり上振れた格好となります。


2021年10月期の通期予算については中間時点で増額しており、売上高が前期比8.1%増の370億円(期予:360億円)、経常利益は同19.0%増の42.0億円(期予:37.0億円)にそれぞれ修正しています。ただ9月6日に公表された3Qによれば、売上高は前年同期比15.9%増の297億円、経常利益は同16.7%増の33.9億円と積み上げがやや減速しているほか、直近3ヵ月(6‐8月)のSSSは緊急事態宣言の適用地域拡大とお盆に3日間の店休日を設けた影響等もあり、軒並み前年割れに落ち込んでいます。なお、第三自動倉庫(※後述)新設による償却負担増をこなし、通期で12%程度の販売量増加が見込まれ、実際にEC売上も伸長していますが、増額後予算の達成は不透明な情勢です。
 

当社は2015年までJASDAQ上場企業でしたが、2016年に東証二部から一部へ指定変更となり、二部指定の際にPOで14億円(80万株@1,868円)を調達し、タイヤ・ホイールの在庫購入費用に充てています。これは同年9月に“第3ロジスティクス”という先進物流倉庫を竣工させて在庫保管能力を増やしたことと関係していますが、当該倉庫は仕入・販売・顧客管理等を統括する基幹システムと連携させ、多品種在庫の確保と効率保管・速やかな商品発送を両立させています。またこの“第3ロジスティクス”に追加で30億円を投じ、在庫保管能力が従来の2倍となる第三(自動)倉庫を2020年9月に竣工させたため、自社内サプライチェーンがより一層強化されたことになります。

 

かような取組により年間285万本体制だった供給能力は、本年度中にも305万本体制にまで膨らむ見通しとなった一方、販売力の強化が課題となっています。2020年に47店目となる白河店をやっと開業したものの、ロードサイドの出店適地物件は争奪となることが多く、進行期は移転を除き出店ゼロとなる見通しです。また人手不足もネックとなっており、20人台に留まる新卒採用を倍増ペースで増やして対応する方針ですが、この採用は例年未達が続いており、繁忙期の冬タイヤ交換に2時間待ちが続出するなど既存店の実影響まで出ているような状況です。そのため、物件確保難・人材確保難の両面から“踊り場”状態が避けられず、当面はEC伸長など限られたドライバーに頼る格好となりそうです。

 

なお株主還元については、実績期の業績好調にともなう特別配当の5円を減配し、年17.5円配を予想しています。自己資本比率は足許ベースで76%と財務体質が非常に良いため、配当性向15%程に過ぎない現水準は明らかに還元不足であり、引き続き自社株買いや増配に期待したいと考えています。

 

*参考記事① 2021-03-11 1,156円(*分割遡及修正) OP

【7605】フジ・コーポレーション/全国的な降雪で特需発生、株主還元は物足りぬ印象。 

 

*参考記事② 2020-09-30  1,161円(*分割遡及修正) OP

【7605】フジ・コーポレーション/期初予算奪回はなお難しいが、客足の戻りは順調。

 

*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。

 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

南房総の鋸南町にある保田漁協が直営している海鮮食堂「ばんや」を訪店しました。当方はかつて千葉県に在住していたこともあり、もう何度目かのリピート訪店となります。TVの旅番組でも年がら年中紹介される言わずと知れた超人気店です。

IMG_4057.jpg

東京から車でアクセスする場合は、アクアライン→富津館山道(鋸南保田IC)経由の国道128号線南下で約90分、電車の場合はJR内房線・保田駅から徒歩15分の距離にあり、東京からは延べ2時間ほどの“時間距離”です。

IMG_4058.jpg

駐車場は300台程収容できるようであり、客席も宴会場のようにだだっ広いですが、それでも余裕で満車・満席状態となり、殆どのケースで数十分は待たされることが多いのですが、この日はアイドルタイムを狙っていったので僅か2組待ちで難を逃れました。ちなみに『ばんや』の由来は漁師の作業小屋兼宿泊所であり、漢字では『番屋』と書くそうです。そういえばそんな名前の居酒屋チェーンもありますね。

IMG_4060.jpg

保田漁港は、浦賀水道に面した豊かな漁場を有しており、沖合の設置している定置網で数トン~数十トンの様々な魚を捕獲しています。本日のネタ帳を見るとコショウダイ、ウスバハギなどちょっと珍しい魚も見受けられます。

IMG_4066.jpg

店内に入るとおすすめメニューが一覧展示されています。個人的にはまだまだ揚げ物大好き30代(実は牡蠣も生よりフライが好き)なのでお手頃なミックスフライ定食に惹かれたのですが、さすがに漁港では鮮魚を優先すべきと考え、安牌の刺身や寿司を中心に選びます。

IMG_4062.jpgIMG_4067.jpg

こちらが屋号を冠した「ばんや寿司」、1,200円です。ネタが新鮮なのは言うまでもありませんが、ネタとシャリがどれも大振りな“房総寿司”で食べ応え抜群です。ネタはワラサ、マグロ、サワラ、サーモン、イカ、タイ、アジ、海老、タチウオの9種です。

IMG_4074.jpg

当店名物のイカのかき揚げ(700円)と、刺身定食6点(1,500円+ご飯セット250円)です。イカのかき揚げはイカがたっぷり入った手のひらサイズの大きさのものが4枚も提供される爆安メニューです。とんでもない量なので持ち帰りも出来ますが、パックは有料(20円)となります。

IMG_4070.jpgIMG_4071.jpg

ばんやには日帰り温泉や宿泊施設が併設されているほか、朝5時頃に行くと定置網漁の見学もできるようです(大人2,000円、小学生以下1,000円)。

IMG_4068.jpgIMG_4069.jpg

南房総にお越しの際にはぜひどうぞ。

 

*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。

 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

みなさまはご投資先のIRに問い合わせされたりしますでしょうか。私は投資を始めてそろそろ20年になりますが、その手の問い合わせをしたことは一度もありません。根がシャイなので恥ずかしくて電話なんてできない()、といった理由もありますが、申し訳ない気持ちが先行してしまって出来ないというのもあります。

 

そもそも企業のIR担当者の方は多く居るわけではありません。IR室やIRグループがあるような大企業ならいざ知らず、総務部門や広報部門、財務・経理部門の方が兼任されていたり、1人だったりしますので、言うまでもなく多忙なケースが多いです。

 

少し乱暴な言い方をすれば、個人投資家も機関投資家も1人の株主のQAに対応する手間は一緒です。個人投資家は1単元とか10単元とか買ってくれるかもしれませんが、機関投資家は1,000単元とか、10,000単元とか買ってくれる(ないしは売ってくる)可能性があります。ではどちらに限られたIRリソースを注ぐことが、株価向上に寄与するでしょうか。仮に自身がIR担当者であり、業績考課の最重要評価項目が株価の上昇であったとしたら、果たしてどちらを優先するでしょうか・・・。

 

そんなことをついつい考えてしまうので、個人的にはやはり機関投資家を優先してほしいですし、私は平等に扱ってほしいなどと思ったことは一度もありません。たまにIR問い合わせで特ダネ情報をつかんだ旨発信される個人投資家の方もいますが、フェアディスクロージャーの観点からはやや疑問ですし、そういう情報を簡単に個人に漏らすような会社は、得てして機関投資家向けの1on1meetingではもっと凄い情報を匂わせている可能性も考えられます(機関投資家の方が大株主ですし、IR担当者への“詰め”が個人投資家とは比較にならない程キツかったりするので、サラリーマン心情的には理解出来る部分もありますが・・・それとこれとは話は別です)。

 

そもそも個人投資家を重視する企業とはなんでしょうか。合理的な理由としては、株主数や流動性を確保したい、買収防衛的な意味で分散させておきたいといったものが考えられます。ただそうした指標は最重要指標である株価と比べると重要性は薄いものです。うがった見方をすれば、機関投資家のアポが入らない(相手にされていない、ないし、もうお腹いっぱいで買えない)ので、仕方なく手間のかかる個人投資家の開拓にリソースを割いている可能性も考えられます。

 

そのため個人向けIRフェアなどに出展していて、「明らかに個人投資家とコミュニケーションを取りたがっている」会社に対しては、私も遠慮なくIR担当者に質問したりもしますが、必ずしもそこの出展企業が株価的に有望かというと一概にそういうものでもないと思います。私はキーエンスも任天堂も個人投資家向けのIRフェアで一度もみたことはありません。

 

今回の記事は研究ご熱心な個人投資家の方には少々耳の痛い内容になってしまったので申し訳ありませんが、個人投資家がIRに問い合わせすること自体は決して悪いことではないと思います。然しながら、せめてご多忙なIR担当者の方のお手間にならないように「既にHPに開示されているような公知情報を聞かない」、「端的にわかりやすく聞く」、「沈黙期間を考慮する」、「アポ無し訪問は絶対にしない」などなど、マナーを守って質問するようにしたいですね。(おわり)

 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ