もっちゃんのゴルフ(ギア)の真髄

もっちゃんのゴルフ(ギア)の真髄

☆ゴルフギア(ヘッド、シャフト、仕様)の客観的分析 ☆ツアーの話 ☆最適クラブフィッティングの話 そんなゴルフの真髄の話し色々

昨年に引き続く

Golf Classicのヘッド&シャフトパーフェクトブック2023より

71モデルの7番のデータを分析しました

全体の平均と構造別に分けると下記となりました。

 

71モデル 7番重心データ平均値

前年と比べて診ると全体では、

重心距離が、0.1㎜短くなり、重心角が0.7度小さくなったので

操作性重視に寄ったイメージへ

 

軟鉄鍛造は、

No.5からの開発からNo.7での開発メインになってきた関係か

つかまり過ぎを嫌うのか、重心角が0.5度も小さくなった

 

相対的な軟鉄のくくりの中で軟鉄+MAGFA構造は、

軟鉄鍛造に操作性を寄せるイメージに大きく移行した

結果鍛造より短くなった

ややセミグースなのと、実深度が深い関係で、重心角は大きいので

必然的に、つかまり重視の操作性能になっている

 

SUS鋳造は中空系も増えてきた関係か、

重心距離が1.4㎜も長くなり、重心角も0.4度大きくなった

 

チタンフェイスは操作性を重視する方向なのか、

重心距離が2㎜も短くなり、呼応して重心角も0.8度小さくなった

 

解説

上記数値は、単純に7番アイアンの数値を素材、構造別に分けて平均値にしたもの

W1はプロモデルも、シニアモデルも、アベレージ向けモデルも、

メーカーが勝手に分けているだけで、基本チタンしかないので性能設計でわかるのが本筋

IRONに限っては、全体の平均値だけでは語れない

素材、構造で大きく、性能が違ってくるのが実情

 

ある意味オールチタンのアイアンが市場で受け入れられなかった時点で

チタンフェイス(SUS+Ti)以外は、軟鉄・SUS・マレージングとも比重は8前後でほぼ差がない

違うのは強度で、大枠は下記の通り

軟鉄<チタン<SUS系(マレージングSUSも含む)<マレージング鋼

強度=フェイス厚(薄くできる)となるので

必然的にヘッドの大きさ(重心距離に影響)に関与する

したがって、

軟鉄系が、重心距離が一番短くなる傾向で

SUS鋳造が、重心距離が一番長く(ヘッドが大きく)なる傾向で

フェイス材の比重が軽いチタンフェイス

フェイス材が強度の関係で薄く出来るマレージングフェイスが

設計自由度の関係で、長めで調整できる

 

F.P.に関しては

別に素材や、構造の影響を受けないが

素材、構造によるターゲットに則して

ストレート寄りの軟鉄系

グースよりの複合及びSUS鋳造に分かれている。

 

昨年に対して、鋳造IRONに本格方向の選択肢が増えたようです。

軟鉄+マレージング系フェイスのクラブの重心距離・重心角が

軟鉄単体に近づかし、尚且つ重視が深すぎないように

フェイス材は違いますが、飛びの軟鉄アイアン的なカテゴリーが

完全に確立されたと感じます。

その流れで飛び系のSUS+MAGFAは、重心距離が長い方向に戻った状況

次回、7年間のNo.7の分析を振り返る

 

 

自分のセッテイングに不安のある方

WEB対応の13本のマッチング診断は随時受け付けていますので

問合せ、依頼は下記より

dftmh823@ybb.ne.jp

2023年度新商品W1の、性能設計傾向分析を行う

 

全体平均対してブログの中で分けた、

地クラブメーカー系の性能設計傾向分析を行います。

 

地クラブメーカー系全21モデル ヘッドス性能ペックデータ 

※( )内は過去5年の平均値

モデル

重心距離
39.9

実質深度

21.6

重心高

29.9

有効打点距離

21.8

全体AVE

40.3mm

22.1mm

29.9mm

21.8mm

地クラブAVE

40.3mm

17.8mm

30.9mm

22.5mm

重心角

24.3

想定打出角

14.7

有効打点比率

42.2

スピン±

295

 

24.9

14.8

42.1%

296rpm

 

20.8

13.8

42.2%

305rpm

 


LOFT±:表示ロフトに対する上がりやすさ指数

スピン±:フェイス面スポットに対し、フェイスセンターで打った時のスピン量の増減

 

【スペック解説】  ※平均値に対する評価

 

- 操作性

重心距離に関しては

平均が40.3㎜に対し

長め寄りが13モデル、短め寄りが8モデル

最長が47.5㎜のPROCEED DOUBLE-R 450MAX(ジャスティック)

 ※45OVERはこのモデルのみ

最短が29.7㎜のGXD EX460(フライハイト)

 ※34㎜未満は、このモデルのみ

 

重心角に関しては

平均が24.9度に対し

最大が27.5度の0311XF GEN6 (PXG) 

30OVERは、1モデルも無いことになり、

25度以上で診ても、0311GEN626.41モデルのみとなる

 

最小が驚異の15.4度(やさしいIRON並み)のJBEAM ZY-MAXJGE

20度未満はなんと9モデルも有り、43%も占めることに

ワイルドD MAX19.5/アストロプレミアム(18.9/

アストロツアーVS18.8/

PROCEED DOUBLE-R 450MAX18.5/

レックス&レジーナSL18.5/GXD EX46018.4/

WAC LS-0118.0/フライングキャットFCF-10316.7

 

操作性で別けると21モデル中

ドロー寄りが13モデル(61.9%)を占め、詳細としては

オートマチックドロー系は、わずか3モデル(14.2%)

左のミスを嫌う典型的ドローヒッター向けは、5モデル(23.8%)

左のミス絶対NGのドロー系が、5モデル(23.8%)

フェード系は残り9モデル(42.9%)だが、

全部のモデルが、重心角が22度以下で

とにかく左のミスを嫌うフェードヒッター向けだけという事になる。

 

-打出性能とスピン量 -

指標となる実深度を検証すると

全体5年平均が21.6㎜に対し、17.8㎜と3.8㎜も浅い

その割には重心が平均値より1㎜も高くスピン多め、

でも打出角は低い(平均値より約1度低い)

 

【総合性能分析】 ※全体AVEに対して

高打出/低スピンはわずか3モデル(849D/ネクスジェンNS210/0311GEN6

逆の低打出/低スピンは8モデルも占める状況 ※()は打出角/スピン

JBEAM KZ-5BE4.3/215/WAC LS-0114.0/285/メタルファクトリーA10STR13.9/256

レックス&レジーナSL12.6/259/DOCUS RELOADED 701 LTD12.5/245

アストロツアーVS12.4/259/A GRIND BZ-D12.3/110/XD EX46011.7/190

基本的に、やさしくでも飛ばすの流れではなく

左には絶対いかない… 

そう簡単に吹け上がらない… 

そんなイメージ

 

自分のセッテイングに不安のある方

WEB対応の13本のマッチング診断は随時受け付けていますので

詳しくは下記より

https://ameblo.jp/motuchian-pro/entry-12342028696.html

問合せ、依頼は下記より

dftmh823@ybb.ne.jp

2023年度新商品W1の、性能設計傾向分析を行う

 

全体平均対してブログの中で分けた、

大手メーカー系の性能設計傾向分析を行います。

 

大手メーカー系全53モデル ヘッドス性能ペックデータ 

※( )内は過去5年の平均値

モデル

重心距離
39.9

実質深度

21.6

重心高

29.9

有効打点距離

21.8

全体AVE

40.3mm

22.1mm

29.9mm

21.8mm

大手AVE

40.2mm

23.8mm

29.5mm

21.5mm

重心角

24.3

想定打出角

14.7

有効打点比率

42.2

スピン±

295

 

24.9

14.8

42.1%

296rpm

 

26.5

15.2

42.1%

293rpm

 


LOFT±:表示ロフトに対する上がりやすさ指数

スピン±:フェイス面スポットに対し、フェイスセンターで打った時のスピン量の増減

 

【スペック解説】  ※平均値に対する評価

 

- 操作性

重心距離に関しては

平均が40.3㎜に対し

長め寄りが30モデル、短め寄りが23モデル

最長が47.5㎜のTM-X(ロイヤルコレクション)

 ※45OVERはこのモデルのみ

最短が31.9㎜のB3 DD(ブリヂストン)

 ※34㎜未満には、B LTD 415BS

 

重心角に関しては

平均が24.9度に対し

最大が34.5度のTSi1(タイトリスト)

 ※30OVERは、G430SFT32.6/E ZONE GT460(32.6)/G430MAX32.1/XXIO PRIM31.0

/STEALTH2 HD30.3/TSR1(30.3)

最小が19.2度のAEROJET LS(コブラ)

 ※20度未満はこのモデルのみ

 

操作性で別けると

オートマチックドロー系は、53モデル中20モデルを占め

左のミスを嫌う典型的ドローヒッター向けは、わずか1モデル(SRIXON ZX5MkLS

中間(26未満~23度)が9モデル

圧倒的につかまり重視のヘッドが多いという事になります。

 

-打出性能とスピン量 -

指標となる実深度を検証すると

全体5年平均が21.6㎜に対し、23.8㎜と2.2㎜も深い

その割には重心が低いため、高打出/低スピンを実現させていると言える

平均値以上が、53モデル中35モデルを占め

20㎜以下のモデルは、わずか6モデル

PROTOTYPE GL-0219.5/TSi4(19.4)/BERESS NX(19.1)/

ST-Z230(18.5)/B LTD415(18.4)/ST-X230(17.6)

 

【総合性能分析】 ※全体AVEに対して

大手系の最大の特徴としては

操作性的には、重心距離がやや長め寄りで、重心角が大きい

オートマチックドロー系の操作性の

打出角は、0.4度も高いけど、スピンは、平均値より少ない

まさに高打出/低スピンで飛ばせる性能設計と言える

最大要因は、実質深度が深いけど、重心が低いことにつきます

考えた設計と言えます。

 

 

自分のセッテイングに不安のある方

WEB対応の13本のマッチング診断は随時受け付けていますので

詳しくは下記より

https://ameblo.jp/motuchian-pro/entry-12342028696.html

問合せ、依頼は下記より

dftmh823@ybb.ne.jp