motoplazaのブログ

motoplazaのブログ

入庫車両の情報や行った作業についてご紹介しています。
その他イベントレポートなどもお伝えしていきますので
よろしければご覧ください♪

それでは、いよいよ

フレームにエンジンを載せていきます。

 

まずはキズ防止に養生します。

 

そして出来上がったエンジンを担いで

横から乗っけてやります。

ミッションが入っているのでやや重いですあせる

 

エンジンが載ったら、マウントボルトを通します。

 

エンジンの位置決めをして、ボルトを締め付け。

これでエンジン搭載はOKです。

 

そしてクラッチまわりを組んでいきます。

まずはハウジングからですが・・・

 

プレートの張り付きによる汚れが

溜まっているので・・

 

キレイに取り除き、軽く研磨しておきます。

 

ちなみに外したプレートがこちら。

フリクションプレートの跡がクッキリ・・・

 

外側のハウジングを取り付け・・

 

続いて内側。

 

回り止めをして、センターのロックナットを

締め付けます。

 

新品のクラッチプレートと・・

 

フリクションプレート。

 

軽くオイルに浸し、

これらをハウジングに組み込みます。

 

プレッシャープレートを付ければクラッチ完成。

 

そしてクラッチカバーでフタをします。

 

すでにリペイント済みのカバー。

 

ポンプ類のシールを交換しておきます。

 

ウォーターポンプのシャフトは段付きも無く

とてもキレイでした。

 

オイルポンプのギヤと共に取り付け。

 

クラッチカバー取り付け完了。

 

 

 

 

 

 

 

それではエンジンが完成したので

車体まわりを組み立てていきます。

 

リペイント済みのフレーム。

 

逆さにしてショックとリンクを組み付け。

 

こちらもリペイント済みのスイングアームを

取り付けます。

 

そこにステアリングステムを組み付けます。

 

元のレースは若干段付き摩耗しているので

新しく打ち換えます。

RZはニードルベアリングでなく、

ボールベアリングなので

段付きが起きやすいですね。

 

ステム側のレースも打ち換え。

 

そしてフレームに取り付け。

 

これでスタンドに載せます。

 

ハンドルとフロントフォークを取り付け。

 

そしてフロントホイル・・・

 

リヤホイルも付ければ、

バイクらしくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

では続いて腰上を組んでいきます。


新しいオーバーサイズピストンと

ボーリング済みのシリンダー。

 

今回の車両のエンジンは恐らく一度も

開けられた事が無いと思われます。

(その形跡が無い)

中は当然ノーマルピストンのままでした。

 

再利用しても問題無いレベルですが

折角なので、オーバーサイズを入れます。

 

今回は1サイズUP、

0.25mmオーバーを入れます。

 

ボーリング後のシリンダー内。

縦スジが無くなり、新しいクロスハッチが見えます。

これで機能的には新品同様になりました。

 

排気バルブもキレイに洗浄。

 

これをシリンダーに取り付けます。

 

新しいピストンにリングを嵌めます。

 

組み込み準備完了。

 

コンロッドにオイルを注し・・・・

 

両ピストン取り付け。

 

シリンダー内にもオイルをまんべんなく塗り・・・

 

コンロッド根元と・・・

 

ピストンにもしっかりオイルを塗り・・・

 

シリンダー取り付け。

 

反対側も・・・

 

シリンダー取り付け完了。

 

新品のガスケットを載せて・・・

 

シリンダヘッドを取り付ければ・・・

 

エンジン完成~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

それではクランクが完成したので

ケースを組み立てます。

 

上下それぞれ洗浄しキレイになりました。

 

ここで一旦上下のケースを合わせ

規定トルクで締め付け。

その上でシャフトがスムーズに回るかをチェック。

 

まだシールも入れていないのでクルクル~っと

軽くズムーズに回ります。

この時点で僅かでも抵抗や重さを

感じるようであれば

シャフトの芯出しが出来ていないか

ケースが歪んでいます。

 

シャフトの回転に問題が無いので

再びバラして、腰下を組んでいきます。

 

まずはシフトカム。特に問題無いですが

ニュートラルランプの接点のみ交換しました。

 

ケースに入れてスムーズに回るか確認。

 

そしてシフトフォークを組み付け。

焼けや曲がりが無いかよく確認しておきます。

こちらも動作問題無し。

 

そしてミッション搭載。

ドライブシャフトなどはかなり負荷のかかる部分。

念のためベアリングを交換しておきます。

 

ここにクランクシャフトを載せます。

今度はサイドのシールも忘れずに入れます。

その他、シール類はすべて新品交換。

 

これで上下のケースを合わせます。

 

再び規定トルクで締め付け。

 

これでエンジン腰下の完成です。

 

 

 

 

 

 

それではある程度部品が揃ってきたので

作業を進めていきます。

 

まずはクランクから。

 

ケースから取り出した状態です。

 

中心のベアリングは特にガタも無くスムーズ。

 

コンロッドの大端も同じく。

このまま再利用しても、恐らく大丈夫でしょう。

 

RZ系のクランクは、まだ意外に部品が出るので

状態が悪ければシャフトごと交換しますが

今回は程度が良いのでOHします。

 

一旦分解します。

 

クランクピンの状態は良好です。

特にサビや段付きも無く

OHベースとしては十分です。

 

コンロッドも同じく良好。

 

そして各部を洗浄~

 

元が良かっただけにあまり変わりませんね~

 

ではベアリングを交換しながら

クランクを組み立てていきます。

 

こちら外したベアリング。

 

新品に交換。

 

まずは内側のウェブの端に

新品のベアリングを圧入。

 

次にラビリンスシール・・

 

そしてもう一方のベアリング。

ここではやや間隔を広めにしておきます。

 

これで中心のウェブを合わせます。

 

分解前に測定していたクリアランスに

合わせながら少しづつ圧入。

止まりが無いので、押し続けると

どんどん詰まってしまいます。

 

そしてウェブの間隔を確認。

ぴったり元の間隔と同じにします。

 

これで中心部分が完成。

この状態でラビリンスシールは僅かに

左右に動きます。

 

そして次に大端ベアリングを入れ・・

 

コンロッドをかぶせます。

 

そして外側のウェブを組み付けます。

 

治具だらけで見づらいですが^^;

ウェブの位相がズレないように圧入。

 

こちらもクリアランスを測りながら

少しづつ入れます。

 

はい、片側入りました。

 

反対側もう片方も同じように作業。

 

これでクランクが元の形になりました。

 

ここから振れを取る芯出しをしていきます。

 

まずは定盤の上で回して、

どれくらい振れが出ているかチェック。

 

まずは中心のベアリング上。

ほぼ振れ無し、おおっ・・優秀です拍手

ただし、他の部分の振れを取る時に

こちらに振れが出てくるのですが・・

 

フライホイル側、百分の3mm程振れてます。

クラッチ側の振れは

すでに百分の1mm以下でした。

 

フライホイル側先端部分、

ここが0.1mm近く振れてます。

ここは長い棒の先なので振れが一番出る所。

根元の振れが無ければ、シャフトは

スムーズに回りますが、ここに

重いフライホイルが付くので、このままでは

振動の多いエンジンになってしまいます。

 

そして芯出し後・・

 

フライホイル側根本、先端、クラッチ側

クランク中央ベアリング上

すべて百分の1以下まで抑えました。

 

シャフト先端の振れはなかなか

取れない事が多いのですが

今回は比較的短い作業でうまくいきました。

 

これでクランクシャフトは完成です。