もしかめうさこ
  • 03Jul
    • これだけ、朝からベルギー、ベルギー言われたら食べたくなるよね、ベルギーワッフル日本が良...

      これだけ、朝からベルギー、ベルギー言われたら食べたくなるよね、ベルギーワッフル🤣 日本が良くてびっくり。 なかなか、複雑な心境の試合で。 日本があまりにも良くてびっくり。 だから、ベースは日本を応援。 でも、デブライネ大好き。 デブライネがボールを持つと、ベルギー贔屓に変身。 でも、フェライニ大嫌い。 フェライニ出てきたから、絶対負けたくない。 でも、そもそも私、ベルギーのサッカーは好みではない… だから、日本がんばれ! でも、デブライネ大好き… と、揺れ動く90分。 やられるなら、デブライネが良い。 と思っていたら、ホントにデブライネにやられた😰 でも、日本はよく頑張った! もうホントびっくりだよ。 楽しかったな、ありがとう👏👏👏 #ワールドカップ #W杯 #日本代表 #ベルギー #デブライネ #worldcup #japan #belgium #kdb #debruyne moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - 2018年Jul月2日pm7時11分PDT

      7
      テーマ:
  • 24May
    • アイソトープ7

      現在、絶賛ヨウ素制限中のもしかめです。来週、アイソトープ受けます💊それまでに、ブログ追いつくのかしら。ということで、少し間があいてしまいましたが前回(アイソトープ6)の続きですイギリスから意気揚々と帰って来たもしかめそして、約束通り大人しく病院へ出頭血液検査の結果、薬の効果もばっちり現れて、甲状腺ホルモンの値は正常値。まだ、TSHは上がって来ませんが、これはまぁそう簡単に上がってこないのは経験済み。結果としては、順調薬で結果がでてると、アイソトープなんてやらなくても良いかなーなんて思ってしまいますが、3回目の再発のもしかめ。再発のたびに、酷くなってるので。先生も、やっぱりアイソトープ推しなので。アイソトープに向けて準備することになりました。まずは、眼科の検査行ってくださいねー眼科でOKが出ないと、アイソトープはできないのだそうです。前回看護師さんからも聞いていたように、眼科での検査は時間がかかるものだと、診察をしてくれた先生も言っていました。MRIの予約に時間がかかるんだそうです。ま、そういうものだと思って、のんびりやりましょう。な雰囲気でした。そうだ。書き忘れていた。アイソトープ前に、眼科で検査が必用な理由。アイソトープ後に、バセドウ眼症が悪化する人が一定数いるんだそうです。10~15%程度の人に悪化が見られるって言ってたかな?なので、目の症状があらわれている人はアイソトープ治療がうけられないのだそうです。また、アイソトープ治療後に眼の症状の管理ができるように、比較するためにも検査を受ける必要があるんですって。もともと、目が大きいもしかめ子供のころから、「目こぼれ落ちそうに大きいね~」なんて言われてたくらいでバセドウ病になったからと言って目が突出してるなんて気にしたことないですけど・・・どうかな??ちなみに、アイソトープが出来ない場合はどうしますか?と先生に質問した結果、「薬で治療するか・・・手術を考えるか」と言われてしまいました。・・・手術はイヤ。頼むよ、眼科とにかく、眼科ね思い立ったが吉日。診察が終わったその足で、オリンピア眼科に行ってきましたまたまた紹介状を握りしめオリンピア眼科へ。眼科での検査は、また次回

      21
      テーマ:
  • 17May
    • アイソトープ6

      なかなか、本題のアイソトープにたどりつかなーい前回の続き(アイソトープ5)です。イギリス行きをかけた、運命の受診の日。私は、謎の自信がありました。だって、ここまで来てイギリスにいけませんなんて、ことになるわけないじゃない。さすがに、そんな意地悪(・・・意地悪ではない)されるわけがない。体調もヨレヨレ状態からかなりよくなっているんです。心臓もまともに動いていますし安静生活だって、途中から不真面目でしたが、がんばりましたし。ということで、いざ出陣病院は相変わらず混んでいました。ホント、すごいな伊藤病院。最初に採血。ここで、またまたすごいな伊藤病院と思うことが血がとまりにくいもしかめ。採血後、「血がとまりにくいみたいなので、ガッツリ止めてください」とお願いするのですが、今回もそのように申し出たところ「前回うかがっていたので、今回は細い針で採血しました。なので、たぶん血はもれないと思います。」ですって。なんて細やかな対応私、今まではもっと小さい病院に行っていました。看護師さんも、先生も、もう顔見知り。私の血がとまりにくいのも、看護師さんだってしってるのに。そんな細い針で抜くなんて、してもらったことありません。絆創膏張り替えてくれたり、ティッシュ渡してくれたりはしましたけど。伊藤病院。なんて細やかな対応なの。おかげ様で、血はもれることなかったです💉すごいな、伊藤病院。で、そんな血液検査の結果。早くも、甲状腺ホルモンの値、正常値に入りかけていました。ま、治ったわけではないのですけど。薬がしっかり効いている証拠ですさぁ、さぁ。先生。ファイナルアンサーをどうぞ。「イギリス、気を付けていってきてください」やったーーー無理しないこと。薬も飲み忘れないこと。帰ってきたら、病院にくることを約束そして、今薬でコントロールできてはいますが、過去3回繰り返していることを見ると、甲状腺ホルモンの値が正常になっても、薬をやめたらまた再発する可能性が高いので。前回の話どおり、アイソトープに向けて準備していきましょう。と言われました。帰りに相談室によって、アイソトープの説明聞いて帰ってねーと言われたので、相談室によってきました。相談室なんてものがあるんですね。パンフレットを見ながら看護師さんから説明。アイソトープは、すぐ始められるものではないことがよくわかりました。アイソトープは、バセドウ眼症の症状が出ていると受けられないのだそうです。アイソトープを受けると、悪化する可能性があるのだそうです。眼の症状がある場合は、まずは眼を治療してからなんだそうです。そっか。眼かどうかな、自覚症状はないけど、今までしっかり調べてもらった事ないからわからないな。アイソトープの話が具体的になってきたら、オリンピア眼科を受診する事になるのだそうです。次回の診察の時、アイソトープの話が進むのでしたら、紹介状を書いてもらえるのだそうです。あと、問題はアイソトープの前の準備。ヨウ素制限が1週間とアイソトープの後の4日間は、ヨウ素制限食にしないといけないのだそうです。ヨウ素は、海藻に多く含まれているようで。海藻や昆布だしを使っているものは絶対ダメ。他にも、魚や乳製品、塩、添加物にもヨウ素は含まれているようで。食べちゃいけないものが、いっぱいあるのだそうです面倒そう・・・そして、それよりも看護師さんが気にしていたのは、ヨウ素制限の間は薬もやめないといけないということでした。薬をやめると、またヨレヨレ状態に戻る可能性があるんだとか。だから、薬をやめても大丈夫な状態にまでなっていないと、アイソトープはできないんですって。そっか。アイソトープやります明日やりますってわけにはいかないんですねぇ。まだまだ、先の話になりそうだなぁ。看護師さんが言うには、眼科の検査でMRIを取るのだそうで。そのMRIの予約が、なかなか取れないんだそうです。一か月先、二か月先になることもザラなんだとか。だから、まだまだ時間があるから。アイソトープに向けた検査や準備をしながら、甲状腺ホルモンが落ち着くのを待ちましょう。と言われました。そっかーわかりました。なんか、さっさとアイソトープやってしまいたい気分でいましたが、せっかちはよくありませんねあと、ちょっと小さく棘がささったこと。アイソトープを受けると1年間は妊娠してはいけないのだそうです。アイソトープは、放射線治療なので。なんらかの影響がでないとは言い切れないのだそうです。うん。そうか。もう良い年のもしかめ。もし、本気で子供が欲しいと思うならば、生物学的にリミットというものが見えてくるお年頃。でも、子供はそう積極的に考えていないもしかめ。既に、子供のいない人生を歩むつもりでいるもしかめ。だから、別に良いのですが・・・なんか、夫に悪いなーとチラっと思ってしまいました。もう、今更な話ではありますけどね。積極的に子供のことを考えていない私ですが、一瞬怯む注意事項だったので、これは、若い人や、妊活中に病気になってしまった人はすごい悩むだろうなーと思ったりして。私は・・・ま、いっか。と思って「予定はありません」と宣言してきちゃったけどね万が一、アイソトープができない場合のオプションとして、手術についても看護師さんが説明してくれました。手術にはデメリットがつきもの。最悪の事態は、自力で呼吸ができないため気管を切開した生活になる。ということでした。それは怖いっていうか、手術は怖いからイヤ。アイソトープができなかったら、また再発覚悟の薬での治療を選ぶとします。ということで。行ってきましたよ、イギリス楽しかったー楽しかったイギリス話は、またいつかの機会に。とりあえず、写真だけ。

      8
      2
      テーマ:
  • 15May
    • アイソトープ治療5

      全然話が進まないけど前回(アイソトープ治療4)の続きです。イギリス行きたければ全力で安静にせよ。出歩くな。とにかく、家と会社の往復だけにせよ。とのお達しを受けた私でも、その時の私はヨレヨレ状態だったので。遊びに行きたくても行けない・・・というか、遊びに行こうとも思わない体調でした。楽しいことが大好き。家にいるより、外にいるのが好き。お出かけ大好き。友達とご飯食べにいくの大好き。気になることは、一人でも出かけちゃう。一分一秒無駄にせず、何か楽しいことをしていたい。そう。それが、私そんな私が、大人しく安静生活を受け入れるくらい体調が悪かったんです。2月後半から3月にかけて。最初の2週間は、大人しく家に帰って。サッカーの録画と、Prime VideoとNetflix三昧していた私清く正しく、優等生な病人生活を送っていました。でも、長くは続くわけがないんですよ私が、そんなに大人しくよい子に病人になっていられるわけもなく。気付けば、桜も開花🌸私、桜大好き。一年の中で、桜が咲いている時期が一番好きそして、気づけば体調もよくなって。ヨレヨレ状態からは脱した模様。出かけたくてウズウズ。お花見に行きたくてウズウズ。友達とご飯食べに行きたくてウズウズ。安静生活がストレスになってきました。むりーもう、むりー家と会社の往復だけなんてむりーでも、すべてはイギリス行きのため。体感的には、甲状腺ホルモンの値はキッチリ落ちている予感。ここで遊び歩いて悪化させるわけにはいきません。でも、無理なんです。もう、限界なんです。安静生活。ということで。勝手にルール変更。アルコールを飲まなければOK走らなければOK出かけて疲れたなーと思ったら帰ればOK疲れたら昼寝すればOK勝手に変えた私的安静ルール。だってね。バセドウ病にはストレスが一番悪いんですってよ。ストレスフルな安静生活より、ゆるくてもストレスのない安静生活の方が良いに違いないということで、2週間はまじめな安静生活。残りの2週間は、ふまじめな安静生活を送っていたもしかめ。さてさて。イギリス行きをかけた運命の診察は・・・続きます

      3
      テーマ:
  • 14May
    • アイソトープ治療4

      前回(アイソトープ治療3)の続きです甲状腺の専門病院で、血液検査、レントゲン、心電図、エコーとせっせと検査をこなしたもしかめ。もう、グッタリ。この頃の私は、ただでさえヨレヨレだったので。あっちこっちに行っては、立ったり座ったり、服脱いだり、着たり。それだけでグッタリ。あれですね。病院の検査というのも、体調がよくないとできないものなんだなーなんて思ったりしてで、結果。「残念ながら、甲状腺機能亢進症の再発です。」・・・知ってますやはりこの1、2ヶ月でこれだけ悪化してるのは、よくないと言われました。心臓も、心不全とまではいかないけど良くないし、肝臓の数値も悪いのだそうで。そりゃ、これだけヨレヨレならね~と納得。ついでに、3回目の再発。薬で治療を続けてきたけど、治ってもまた再発するということは、今後も同じことを繰り返す可能性が高く。治療は、次の段階を考えた方が良いかもしれません。と言われました。次の段階、つまり、アイソトープ治療か手術。・・・手術は怖いから嫌ですと即答する私に、先生も手術よりはアイソトープができるならアイソトープの方が良いと思う。と言ってくれたので、一安心。よかったーもう、いいよ。手術じゃなければ、アイソトープで。と、即答しかけた私に、「ま、アイソトープもすぐできるわけじゃないから。まずは一旦薬で治療して。ゆっくり考えていきましょう」なんて言われてしまいました。・・・私、今すぐアイソトープをしてもよいくらいなんですけど、と言いかけて、思い出しました。ダメダメ。まずは、イギリスにいかねば意を決して、先生にお伺い。あのー、先生。実は、私。4月にイギリスに行く予定がありまして・・・あのー行っても、大丈夫ですかね先生、固まりましたよそうですか、あと1ヶ月ですよね。そうですね、うーん、そうですね。旅行ですか。もう、前から決まってたんですよね・・・と、歯切れの悪い先生。でも、先生も意を決したようでおそらく、今から薬で治療すれば間に合うでしょう。それまで、とにかく安静で。運動は禁止。薬飲んで、とにかく安静にしててくださいね。イギリス行く前に、必ず病院に来てくださいね。おそらく大丈夫だとは思いますが、そこで最終的に判断させてください。・・・えっと。行っていいってことねと、都合よく考えていたら、診察室を出たところで看護師さんに呼び止められました。なんだ、なんだと思っていたら、看護師さんから強めに注意先生はああおっしゃっていますけど、自分の状態を考えてくださいねやばい、もう行くつもりでいることを見透かされてるこの段階で海外に行くというのは、かなりリスクがあるんですよ。だから、本当に1ヶ月安静にしてくださいね。行きたかったら、絶対ですよ。仕事は休めないなら、仕事が終わったら真っ直ぐ帰ること。仕事の後、飲みに行ったり、遊びに行ったりなんて絶対ダメです。とにかく、まっすぐ家に帰って。大人しくしていてください。お風呂もダメ。シャワーにしてください。運動もダメ。階段じゃなくて、エスカレーター。本当に無理しないで、安静にですよ。ストレスが一番よくないですからね。ムリは禁物ですそして、次の診察で数値がよくなっていなかったら、イギリスは諦めてください。海外旅行中に具合が悪くなると大変ですから。日本と同じという訳には行きませんから。中止もありえると、思ってくださいね。看護師さーんわ、わ、わかりました。怖いよ、先生より看護師さんの方が怖いよでも、この看護師さんの話を聞いていると、この状態で、来月イギリス行ってもいい?なんて聞いた私はきっと、非常識な申し出をした患者なんでしょうねでもさ。ストレスが一番悪いんでしょ?私、「イギリス行っちゃだめです」って言われるのが、一番のストレスだと思うんだけどなぁなんて、看護師さん怖くてとても言えませんでしたよーということで、イギリスに向けての安静生活が始まりました。その、ストレスフルな安静生活の話は、また次回

      4
      2
      テーマ:
  • 11May
    • アイソトープ治療3

      前回(アイソトープ治療2)の続きです病院嫌いのもしかめ、紹介状を握りしめ甲状腺専門病院へ向かった話の続きです。午前の受け付ギリギリに行った私の受付番号は、707。お、なんか縁起が良い番号だぞ。どうやら、これは通し番号みたい。ってことは・・・もしかして・・・午前中だけに700人以上の患者さんが来てるってこと??それとも、100番から始まるのかな?それでも600人。すごいな、伊藤病院。受付のお姉さんから、まずは診察になるので、診察室のある2階に行くように言われました。2階に行くと、診察室がわかるモニターがあるので。そこに自分の受付番号が出たら、表示されてる診察室の中待合室に行くように言われました。了解とりあえず、2階に行けばいいのね。と向かった2階でビックリ。広い空間に椅子がいっぱい。そして、人もいっぱい。そして、コの字に並ぶ診察室。えっと、診察室15以上あるよね?甲状腺専門病院なので、甲状腺の疾患しか見ません。それなのに、この診察室の数。座ってる患者さんを眺めながら、おー仲間がこんなにもいるんだーってちょっと嬉しく思ったりしました。モニターには、600番台どころかまだ500番台の番号が並んでいました。私の順番はまだまだね。受付で貰ったパンフレットを見ながら、そういえば、受付のお姉さんがスマホで待ち時間が確認できるから外出してきても良い、と言っていたのを思い出しました。受付表にあるQRコードを読み込み、順番待ちを確認しようとしたら・・・待ち時間表示は、受付後30分しないと確認できないということがわかりました。仕方がない。待ちましょう。アンケートを書いたり、貰ったパンフレットを読んだり、スマホいじったりすること1時間弱。お、私の番号出てきた!!!!!いつ、どのタイミングでモニターに表示されるのかわからないので、何度もチラチラ確認していた私。モニターに707が出て来た時は、すごくうれしかったです。なんか、合格発表の番号が表示されるような、あんな感じ??診察室にGOです。思ったより早いじゃーん。受付のお姉さんが教えてくれたように、受付表を診察室前のポケットに入れて。中待合室で待つこと数分。ついに名前が呼ばれましたさ、専門病院の先生。どんな人かしら。ドキドキ・・・と思って見た先生は、若い女医さん。マスクしていてもわかる、可愛い女医さん。一安心。怖い先生じゃ緊張しちゃうもの紹介状を見ながら、経緯をパソコンに打ち込みながら私に確認していく先生。1回目から今回の3回目までを説明。1回目は、病気だとわからず半年以上放置。その結果、10kg弱体重が減ってこれはあきらかにおかしいと病院に行ったんです。で、2年ほど薬で治療して寛解その後も、2~4ヶ月に1回定期健診として血液検査をしていました。で、その定期健診で、2回目の再発が発見。言われてみたら動悸はしていましたが、体重が減るわけでも、しんどいわけでもなく。私の自覚症のないままシレっと再発したのが2回目。2回目は2年弱で薬を卒業1年ほど様子見ながら行きましょう・・・と言っていたのですが、その1年を待たずに今回の3回目の再発。今までの経緯を説明したところで、現状の説明。とにかく、心臓がおかしいこと。心拍数はやたらと早いし、息が上がって歩くだけで息切れしちゃうこと。脈もピョンピョン飛んで、気持ちが悪いこと。脚が浮腫むこと。脚の浮腫みは本当に酷くて。自分の足じゃないくらい。こんなに太くなるんだ・・・と思うほど夜になると浮腫んでいました。でも、脚の浮腫みは、朝になるとマシになってしまうので。病院行く時には、夜程酷くなくて。この酷さを伝えたいと思って、浮腫んでいる脚の写真を撮影しておいたんです。朝と夜の写真の違いを見せたら、先生もフムフムと納得。これ、超おすすめです。変化のある症状は、写真を撮っておくと便利ですよとりあえず、検査しましょう。と、血液検査、レントゲン、心電図、エコーの検査の旅に送り出されることが決定。血液検査の結果は、すぐ出るんだそうです。おー。さすが専門病院は、設備が違いますね。今までの病院は、1週間後に結果聞きに来てねースタイルでしたので。13:00もすぎて、お腹がすいてきましたが仕方がありません。検査の旅に出発ですまずは、血液検査。これまたすごい。血液検査室、なんていうか・・・銀行の窓口みたい。そこに、ズラっといる看護師さんがせっせと採血。すごいな、専門病院ここの看護師さんたち、毎日いったい何人の血液抜いているのかしら。すごいな。採血待ちの患者さんが何人も待っていましたが、サクサク進む順番。あっという間に私の番になりました。採血は慣れっこな私。血管が見えやすい私は、採血失敗しらずです💉別にへっちゃらな採血なんですが、問題もあって。血が止まりにくいのです。なので自ら申告。あのー私、血止まりにくいみたいです。と言ったら、手際よくグルグル巻きにしてくれた看護師さん。採血後、絆創膏から血が溢れて腕を血だらけにすることもある私ですが、すごいの。今回、血漏れませんでしたホント、ここの看護師さんたちプロだわ。次は、レントゲン。そして、心電図。エコーはちょっと待ちましたが、これもまた何個も仕切られたカーテンがあったので、何人も同時にできるんでしょうね。しかも、エコーが超丁寧!!今までもエコーはしたことがありましたが、比べものにならないくらい丁寧。とにかく、すごいぞ専門病院健康診断のように、次々と検査をこなした私。検査結果と診断は、また来週恒例のマロン写真で〆。

      10
      2
      テーマ:
  • 10May
    • アイソトープ治療2

      前回(アイソトープ治療1)の続きですバセドウ病再発だろうなーと諦めて病院に出頭したのが、3/2でした甲状腺ホルモンを下げるためにお馴染みのメルカゾール1日6錠、心臓のためにβブロッカを処方され飲むこと一週間。一週間じゃ、別になにも改善せず。相変わらずヨレヨレの一週間を過ごし、このままではイギリス行けないのかしらと弱気になりながら、一週間後の3/9に病院に行きました。私の病院というのは、別に甲状腺専門病院でも、なんでもない普通の病院内科と小児科の普通の病院です。しかも、家とも会社とも近くないというね。前の会社が近くにあって。その時、風邪ひいたり、アレルギーだったりで通っていた病院です。基本、病院嫌いな私。でも、ここの先生は好きなんです。なんていうか。大雑把。細かいことを気にしない(正確には、気にできない)私には、ピッタリの先生。今までのバセドウ病治療の時も、「ストレスが一番よくないから。生活に制限かけないないで好きなことを、好きなようにすればいいよ」と言ってくれたし。私の訴えを聞き、甲状腺ホルモンの値を下げ過ぎず、いい感じにコントロールしてくれていた先生。だから、ちょっと遠くても、専門病院じゃなくても、この病院に通っていたんです。で、そんな先生から衝撃の一言。「うーん。今回は専門病院で見てもらったほうがよいかもねー」だって。ちょっと。バセドウ病と初めて診断されたのが2011年。それからもう7年の付き合いじゃないの。ここで、見捨てるのとショックだった私。ま、今思えば先生の言うことはわかるんですけどね。3回目の再発。一気に悪くなった状況を見ると、薬での治療は限界だろうなーと思ったんでしょうね。でも、なんか見捨てられた気分になった私でも、まぁ。仕方がないですよね。先生がそういうのですから。診てもらいましょ、専門病院とやらに。いやなら、戻ってきますからねって思いながら、紹介状握りしめて甲状腺専門病院へ。表参道にある伊藤病院。有名な病院です。以前、表参道で働いていたので知っています。朝から、多くの患者さんが吸い込まれていった病院。最初、甲状腺の病気だとわかった時に先生に「伊藤病院にする?」って聞かれたんです。でも、大きな病院がなんとなく嫌いな私。待ち時間が長くて、流れ作業で・・・というイメージだったので。断ったんです。先生、お願いします。って言ったんです。先生に、今日時間があるならそのまま行ってもらいたいくらい。と言われて。仕事は休みを取っていた私は、紹介状を握ってそのまま伊藤病院へ。恐る恐る行ってきました。大きな病院、怖い。始めての病院、怖い。何したら良いのかわからないから、怖い。唯一の救いは、病院はよく知っている表参道にあるということ。駅も道でも、迷子になることはありませんし。なんなら、定期圏内ですし。意を決して、伊藤病院の中へ。今まで何度も病院の前は通っていましたが、始めて中に入ります受付に行ったのが、11:30少し前午前中の初診受付が11:30だったので、ギリギリ間に合ったみたい。ギリギリセーフ。受付のお姉さんが、手際よく受付の処理をしてくれてもらった受付表は11:29。ホント、駆け込みセーフでした。午後は14:00からだったので。午前中に滑り込めてホント助かったーと、伊藤病院に初潜入でドキドキの私。ただでさえ、心臓ドキドキしてるのに。この時の心拍数は、どんなもんだったのかな?そんな初めての伊藤病院での診察は、また次回そして、またまた最後に、GWのマロンの写真〆。

      8
      2
      テーマ:
  • 09May
    • アイソトープ治療1

      お久しぶりです。イギリス行ってきたり、ゴールデンウィークでマロン三昧していましたが、今回はバセドウ病の話題を。今月、アイソトープ治療をします。アイソトープ治療というのは、放射線カプセル飲んで、甲状腺の細胞壊す治療です。働きすぎの、甲状腺を正常・・・もしかしたら、正常以下に機能させるのが目的の治療です。放射線カプセル飲むんですってしかも、飲んでから数日間は私から放射線物質が出るんだそうですよでも、安全で怖くない治療らしいですよ。放射線カプセル飲むという、言葉にはかなりインパクトがありますけど。こんなことは、滅多にないですから。ちょっと記録に残そうかなーなんて思って。久々にブログ更新してみたり。久々のブログ更新が、病気の話なのは不本意ですけどねー遡ること2ヶ月。3月の私の体調は、絶不調でした。心臓が変。心拍数が軽く100超え。座ってても100超え。寝てても100超え。歩くとすぐ息切れ。坂の上にある会社にたどり着くのに必死。登山なみにしんどい。駅の階段も登れない。ヨレヨレな私で、気づいていたんです。あー、これはバセドウ病再発だなーって。気づいていたんですよ。普通ならそこで行けば良いのですが、どうしても病院行くのに躊躇しちゃう理由があったんです。だって。私、4月にイギリス行くんですものマンチェスター・シティ見るんですもの⚽病院に行ってさ、「は?イギリス??バカじゃないの?行っちゃだめに決まってるでしょ!!」と言われるのが怖かったんですもの。でも、耐えられるかな。あと1ヶ月以上。そう弱気になるくらいヨレヨレだった私。っていうか、この状態で重たいスーツケース押して、イギリス旅行できるのかしら??なんてTwitterで言っていたら、早く病院行きなさいよーまだ1ヶ月以上あるから、早く行けばなんとかなるよー悪いこと言わないから、早く病院行きなさいよーとフォロワーさんたちに怒られ、宥められながら病院に行くことにしました。イギリス行きまで一か月半。今回が再発だとしたら、3回目。過去の経験則で言うと、今からメルカゾール(薬)を開始したら1ヶ月あれば、だいぶマシな状態になるはず。確かに、今なら間に合うかも・・・と病院に出頭結果、予想通りバセドウ病再発。3回目の再発決定。だよねーそうだよねーもう、わかってるよ。3回目だからね。さ、メルカゾール頂戴。血液検査は2週間後ですか?なんて、さっさと帰ろうとしていた私に、なにやら普段と様子の違う先生。1月に定期健診で、甲状腺ホルモンの値を調べていた私。その時は、ギリギリですが正常でした。2ヶ月弱で、こんなに悪化するのは良くないんだって言われました。しかも、心臓の状態も結構悪いらしくて。甲状腺クリーゼの可能性がある、って言われました。なんだそれ??クリーゼ??次回は2週間後なんて暢気なこと言ってられないから、来週来てね。手術も考えなくちゃいけないかなーと言われて、「手術は怖いからイヤです」と即答した、ワガママ患者だって、嫌じゃん。怖いじゃん。とにかく、来週来てね!!何か変だったら、即病院来てね。動けないとか、あきらかにマズい時は躊躇わずに救急車呼ぶんだよ。と、いつにない心配をされながら、病院を後にした私。先生ってば、大袈裟なんだからーあーしまった。イギリス行くって言いそびれた。ま、来週言えばいっかーと思いながら、帰りました確かにね、過去2回に比べて状態はよくないのはわかっています。あきらかに、体調が変で、ヨレヨレなのはわかってます。どんな時でも心拍数が多くて、頻繁に飛ぶ脈に不安にはなってはいました。でも、いつも薬飲んでしばらくしたら元気になったから。今回もそんなつもりだったんです。で、クリーゼとか言ってたなーなんだよ、それ?と検索💻へー。クリーゼって、「危機」って意味なんだ。英語で言ったら、クライシスね。へー。へー。・・・なんか不穏な名前じゃない。甲状腺の危機??バセドウ病が急に悪化して臓器に障害が起きることを甲状腺クリーゼって言うんですって。あれ。致死率10%とか書いてあるじゃん。でもこれは、甲状腺クリーゼで救急搬送された人の統計ですけど。そこまで、酷くないから死なないとは思うのですけど。そんな死亡率が出てくる状況なんだなーと、ちょっと現状がわかったりして。・・・で、どうでしょうね。私。イギリス行けるんですかねと、結局はここが一番心配なもしかめ次回は、二回目の病院の話から最後に、GWのマロン王子の写真。あー可愛い。

      7
      2
      テーマ:
  • 26Mar
    • 桜大好き。もう、ずっと咲いてたらいいのに。情緒とかワビサビなんか無視して、一年中桜咲いてたらいいのにな〜🌸

      15
      2
      テーマ:
  • 11Mar
    • バセドウ病3回目の再発

      バセドウ病3回目の再発😱 3回目なのと、数値がかつてないほど悪く、ついに専門病院いけと言われ、怖々伊藤病院へ。 …なんで、今まで専門病院拒否してたんだ?ってくらい、行って良かった。 やっぱり専門病院はすごい。 来月イギリス🇬🇧 恐る恐る聞いたら、「1ヶ月全力で安静!」だって。 シティに会うためなら、なんでもするよー #伊藤病院 #もちはもちや #餅は餅屋 #バセドウ病 moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - Mar 9, 2018 at 4:24am PST

      11
      テーマ:
  • 22Feb
    • ニャンニャンニャンはうさこさんの日

      ニャンニャンニャンの日はうさこさんの日‼️ お誕生日おめでとう。 もう何歳かわからなくなっちゃった😅 うさこさんは、永遠の11才ってことで😀 #うさこさんの日 #お誕生日 #うさぎ #永遠の11歳 moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - Feb 21, 2018 at 4:24pm PST

      12
      2
      テーマ:
  • 13Feb
    • 手作り語るならここからでしょう

      カカオ豆からチョコ作ったよ。 洗って、煎って、皮剥いて、潰して。 ここまでは楽勝。 すごーく楽しかった。 でも、ここからが地獄。 ひたすら擦って、筋肉痛になりながら、半泣きになりながら3時間ほどひたすら擦って、なんとか全部のカカオを粉にして。 湯煎するとなぜかドロドロになって、ひたすらかき混ぜて、これまたひたすらかき混ぜて、なんとか滑らかになってきたら、砂糖加えて。 ここからまたひたすら練る。 で、サラサラになるまで混ぜなくちゃだったのだけど、もう勘弁してよ…と妥協して型にいれて固めたら、なんかちゃんとしたチョコできた!!!!!! 5時間かかったよ。 チョコ作りは、肉体労働だった。 腕の筋肉痛ヤバい🤣 #手作りを語るならここからでしょう #カカオから作るチョコレート #カカオ #チョコレート #もう二度としない moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - Feb 12, 2018 at 6:23pm PST

      7
      テーマ:
  • 25Jan
    • うさだるま作ろ~

      雪大好き、もしかめ。 今回ももちろん、うさだるま⛄ うさだるま作ろ~🐰 #雪だるま #うさだるま #雪 #東京の雪 #雪大好き #だって静岡県民だもん moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - Jan 22, 2018 at 6:02am PST

      14
      テーマ:
  • 27Nov
    • うさ耳と言うことで

      友達が黒履いてて。 可愛くて真似っこして買った、フワフワ靴。 猫耳らしいけど、うさぎと言い張ったらうさぎで通せそう🐰 本物ネザーちゃんの、チビうさ耳🐰 #うさみみ #ねこみみ #エコファー #スリッポン #フワフワ moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - 2017 Nov 26 4:39pm PST

      17
      2
      テーマ:
  • 09Oct
    • 21番で竹富島上陸

      シルバユニフォームで、竹富島上陸✨ 星の砂を真剣に探す21番😂 #竹富島 #星の砂 #davidsilva #silva #ダビドシルバ #シルバ #マンチェスターシティ #manchestercity #mcfc moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - 2017 Oct 5 3:54am PDT

      13
      テーマ:
  • 07Oct
    • マンタ

      初シュノーケリング🐠 カラフル熱帯魚と、マンタと泳いだよ✨✨✨ でも、波酔いした私😱 船は平気だったのに、海の中波に揺られてユラユラされるのがダメみたい😨 もうホント気持ち悪くて... マンタを一生懸命見せてくれようとしているインストラクターさんだったけど、「マンタもういいから早く船へ...」と思っていた私😅 #石垣島 #マンタ #シュノーケリング #波酔い moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - 2017 Oct 4 9:33pm PDT

      10
      テーマ:
  • 06Oct
    • 水牛さん

      水牛さんが可愛くて、可愛くて💕 池に入ってる水牛さんなんて、温泉につかってるみたいでホント可愛い。 記念撮影の水牛は、股がる人がほとんどらしいけど、意気揚々と牛ひく人になった私に、ガイドさん大爆笑だったよ😂 #水牛 #由布島 moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - 2017 Oct 4 5:10pm PDT

      6
      テーマ:
  • 05Oct
    • 西表島

      今日は西表島でマングローブの中をカヌーで進んだよ✨ ジャングルだった!! 楽しかったけど、筋肉痛ヤバい😂 #西表島 #マングローブ #カヌー #canoe moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - 2017 Oct 2 6:39am PDT

      5
      テーマ:
    • 初SUP

      珊瑚礁の上を、すいすーいって進んでホント楽しかった🤣 最初に立った時は、生まれたての子鹿だったけどね😅 #石垣島 #川平湾 #SUP moshikameさん(@moshikameusako)がシェアした投稿 - 2017 Oct 1 6:21am PDT

      8
      テーマ:

プロフィール

もしかめ

性別:
女性
誕生日:
1979年8月3日
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス