浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

ボキボキしない・自然治癒力を高める整体

 私の専門は外科です。

 



「外科」というとケガを治療するところというイメージがありますが、正確には疾病を主に手術で治療するのが「外科」です。もちろんケガの治療もします。

 



 16世紀頃の欧米では、まだ手術手技や麻酔法が発達していなかったこともあり、ケガの治療は何と床屋さんが行っていました。その名残として、今でも床屋さんの店先にある赤・青・白のサインポールは、動脈・静脈・包帯を意味していると言われています。

 



 19世紀以降、麻酔法が確立されてから「外科」は急速に発展しました。

 私も勤務医時代には、胃がんや大腸がんなど主に消化器系のがんの手術を行っていました。当時は早期の癌でも再発のことを考えて、病巣部をできるだけ大きく切除することが常識でした。そのためお腹のキズも大きく、癌は再発しないまでも、術後の合併症に苦しむ患者さんも少なくありませんでした。

 しかし最近の医学の進歩は目ざましく、お腹に小さな穴を数カ所開けて、そこから腹腔鏡を入れて手術したり、早期の癌なら手術せずに内視鏡的に切除できるようになりました。お腹のキズも小さく、ほとんど跡が残りません。進行した癌でも、術後の抗がん剤や放射線治療などで完治する人が増えています。



 外科手術は執刀医の他に、助手の外科医、麻酔科医、手術専門の看護師など数人でチームを組まなければなりませんので、開業してからは残念ながら大きな手術はできません。したがって、局所麻酔でできる小手術やケガ(外傷)の治療が今の私の外科医としての主な仕事です。

 簡単な手術でも、小さなケガでも、治療法を誤ると化膿して長引いたり、キズ跡が残ったりしますので、できるだけていねいに、痛くないように、きれいに治すよう心がけています。



 最近は「絶対に失敗しない」美人女性外科医もいるようですが、何と言っても世界一の天才外科医といえば、ブラック・ジャックでしょう。

 実は私自身も、先日転んで額を数針縫うケガをしてしまいました。残念ながらキズ跡が残ってしまい、幸か不幸かブラック・ジャックに似てきました。
 

 

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975

 


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334

 

便秘の原因はさまざまですが、ほとんどは生活習慣の乱れ、ストレスなどによって自律神経のバランスが乱れて起こるものです。

 

 

 

【便秘の予防と治療】

1、規則正しい食生活、とくに朝食をしっかりとることが大事です。

2、野菜、芋類、果物、きのこ類、海藻類、豆類などの食物繊維をとる。

3、腸内の善玉菌を増やすために、乳酸菌をとる。

  ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、お漬物、味噌などの発酵食品に多く

  含まれています。ヨーグルトは、オリゴ糖、ハチミツ、フルーツなどと

  一緒に食べるとさらに効果的です。

4、水分を十分にとる(朝、コップ1杯の水やお茶を飲むのが有効です)

5、規則的な排便習慣を身につける(毎日時間を決めてトイレに入る等)

6、適度な運動も大事です。(ウォーキング、体操、ストレッチなど)

7、就寝前には、ぬるめのお湯で入浴する。

8、十分な睡眠をとる。

9、それでも治らなければ、薬(下剤)を使います。

 

【下剤の種類】 

ⓐ腸内に水分を引き込み、便を軟らかくするもの(酸化マグネシウムなど)

ⓑ腸液の分泌を促して、便を軟らかくするもの(アミティーザなど)

ⓒ大腸内の胆汁酸を増やして水分分泌や腸管運動を促すもの(グーフィス

ⓓ大腸を刺激して、ぜん動を促すもの(センナなど)

 

【下剤の使い方】

まず、ⓐ酸化マグネシウムなどの便を軟らかくするものを使用します。

副作用も少なくて長期に内服できるので、第1選択薬です。

これで効果が少なければ、ⓑアミティーザやⓒグーフィスを併用します。

  

ⓓ大腸を刺激する下剤はよく効きますが、依存性が強く長期に服用していると効かなくなることがあるので要注意です。

  

最後に「なぞかけ」を1つ。

 

「便秘」とかけて「緊張して手がふるえている時」と解きます。その心は?

 

 答:じがひどくなります(痔、字)。

 

 

 

 

 

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334

 

新型コロナウィルス

 

新型コロナウィルスの感染者が世界中で広がっています。

 

現在知られているコロナウィルスは約40種類ありますが、ヒトに感染するものは今まで6種類報告されていました。そのうちの4種類はふつうの風邪のウィルスで、残りの2種類は2002年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)と、2012年に流行したMERS(中東呼吸器症候群)を引き起こしたウィルスです。 

 

今回中国武漢市で発生したものは、ヒトに感染する7番目のコロナウィルス(2019-nCoV)ということになります。

 

治療薬はまだありません。抗HIV治療薬や抗インフルエンザ治療薬の一種などが有効であるという情報もありますが、まだ確立されていません。

 

予防策としては、

 

1、栄養と休養をきちんととり、体の抵抗力をつけておく。

 

2、多くの人が集まる場所へ不必要に出かけない。

(お酒が好きな人にとってはつらいですが、しばしの我慢です。

家の中で音楽を聴いたり、ギターやピアノの練習をして過ごしましょう)

 

3、空気が乾燥するとノドの粘膜の防御機能が低下するので、加湿器などを使って

適切な湿度(50~60%)を保つことと、こまめに水分を補給すること。

 

4、手洗い

(石鹸で20秒以上の手洗いを頻回に行う。あるいは、アルコール含有率60%以上の手指消毒液を使用する。)

 

5、手洗いしていない手で、目、鼻、口をなるべく触らない。

 

6、マスクの着用

(すき間がないようにしっかり覆う、なるべくつけたり外したりしない、マスクの表面には触れない)

 

7、咳エチケット

(咳やくしゃみをする際、ティッシュ、ハンケチなどで口や鼻をおさえる)

 

先日、ある所で不用意に咳をしてしまったら、周りの人達からいっせいに冷たい目で睨まれてしまいました(汗)。気をつけましょう。

 

 

 

 

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334

 

この季節は、コンコンと咳をしている人が多いですね。

咳は正式には咳嗽(がいそう)といいます。

 

持続期間によって、

① 急性咳嗽(3週間未満)

② 遷延性咳嗽(3〜8週間)

③ 慢性咳嗽(8週間以上)の3つに分けられます。

 

また、喀痰を伴う「湿性咳嗽」と、伴わない「乾性咳嗽」があります。

 

「急性・遷延性咳嗽」の原因のほとんどは、風邪や急性気管支炎などの感染症ですが、8週間以上続く「慢性咳嗽」は、さまざまな原因が考えられます。

 

1、慢性気管支炎

喫煙習慣によるものが代表的です。

 

2、副鼻腔気管支症候群

副鼻腔炎(ちくのう症)に気管支炎が合併したもので、湿性咳嗽と鼻汁、後鼻漏、鼻づまりなどの症状を呈します。

 

3、胃食道逆流症

胸焼けなどの典型的な症状がなく、長びく乾性咳嗽のみを訴える場合があるので要注意です。

 

4、百日咳

百日咳菌による感染症で、文字通り3ヶ月程度続く咳が特徴です。

 

5、咳ぜんそく

一般的な気管支喘息と同様、いろいろな刺激(温度の変化、飲酒、タバコの煙、運動、ストレスなど)が引き金になって咳がつづきます。深夜、早朝に悪化する傾向があります。風邪に併発して起こることが多く、放置すると気管支喘息に移行することもあります。患者数は年々増加しています。

 

6、その他

肺癌、肺結核、肺炎、薬物の副作用などが原因のこともあります。

 

 

【日常生活での予防と対策】

1、風邪をひかないように、手洗い、うがいを徹底する。マスクを着用する。

2、歯磨きや歯周病の治療などで、口の中を常にきれいにしておく。

3、禁煙する。他人の副流煙に気をつける。

4、アレルギーを起こさない環境をつくる(ハウスダスト、ペットの毛など)

 

 

私も1ヶ月ほど前から咳が出だして、お薬は飲んでいるのですが、なかなかスッキリ治りません。8週間以上続いたらどうしようかと困っています。

 

マスクの中でコンコン咳しながら診察している私に、患者さん達は気の毒そうな顔で「お大事に」と言ってくれますが・・・

 

 

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334

 

「骨粗鬆症」とは、骨の量が減ってスカスカになってゆく病気です。

高齢女性に多く、50歳以上の女性の25%に発症すると言われています。

 

1、原因

「加齢」「女性ホルモンの欠乏」「生活習慣」の3つが考えられます。

健康な骨の維持には、骨の形成と吸収の代謝バランスが鍵となります。

女性の場合は、閉経により骨の分解を抑制するエストロゲンという

ホルモンの分泌が急速に低下し、骨の形成が吸収に追いつかなくなるのです。

このほか無理なダイエットや偏食により、カルシウム、タンパク質、

ビタミンD、ビタミンKなどが不足すると、骨量が減りやすくなります。

 

2、症状

自覚症状はほとんどありませんが、問題となるのは骨折しやすくなることです。

それに伴って様々な症状があらわれます。

骨折の起こりやすい部位は、脊椎(ほとんどが圧迫骨折)、大腿骨頸部

(脚の付け根)、橈骨遠位端(手首)などです。

脊椎圧迫骨折の場合は、腰背部痛、腰が曲がる、身長が縮む等の症状が

あらわれます。大腿骨頸部骨折の場合は、これをきっかけに「寝たきり」になる

ことも多く、20%が1年以内に亡くなるともいわれています。

 

3、治療および予防

1)食事:カルシウム、ビタミンD、ビタミンK、タンパク質が大事です。

  魚、乳製品、大豆製品(豆腐、納豆など)、きのこ類、黄緑色野菜、海草

  類を積極的に摂取し、塩分、アルコール類は控えめしましょう。

2)運動:ウォーキング、スクワットなどで積極的に体を動かしましょう。

  その際、適度に日光を浴びることにより、身体の中でビタミンDがつく

  られ、腸管からのカルシウムの吸収が高まります。

3)薬物:ビスホスホネート、副甲状腺ホルモン、活性型ビタミンD等

4)転ばないこと。これが一番大事かもしれません。

 

 それにしても、「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」という病名は、言いにくいし、字も難しいですね。いつも来てくれるおばあちゃんは、自分の病気を「骨故障症」だと思い込んでいます。たしかに、この方がいいかも(笑)

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334