大阪 河内長野の心理セラピスト 喜多村純子です。


リトリーブサイコセラピーと言う心理療法を使って
人付き合いの悩み鬱・子育ての悩み
を解決するお手伝いをしています。

 

 

ええ。毎日言いますよ。
今日も言いますよ!!


暑いですね!!
暑すぎですね!!
こんな暑さの中で節電とか・・・・
ムリぽよではないでしょうか。


尋常ではない暑さです。
節電も大事ですが
まずは自分の身を守ることを
最優先にしたいと思います。


さて。今日のタイトル。
良いお母さんでいたいが生み出す問題
について今日はお話したいと思います。



私も2人の娘を育てているナウお母さんですが
今まで、ほんとに色々問題が起こりました。
 

  • 不登校になってみたり
  • 自滅的な行動を取ってみたり
  • やさぐれてゲームしかしなくなったり
  • 無視して会話してこなくなったり
  • 姉妹で冷戦状態になってみたり


ざっと思い出すだけでも
両手の指では足りないぐらい色々ありました。

 

もちろん、私も普通のお母さんなので

そのたびに心配してきました。
セラピーも沢山受けてきました。



このまま学校に行かなかったらどうしよう
このまま部屋から出て来なくなったらどうしよう
ゲームばっかりして廃人になったらどうしよう
引きこもって暴れだしたらどうしよう


不安は不安を呼び
妄想がどんどん膨らんで・・・


そして・・・・・
「いい加減にちゃんとしてよ!!!」
「何がしたいのよ!何が不満なのよ!!」

「私はちゃんと子育てしてるじゃない!」
と、子供に怒りをぶつけてしまう・・・

 

 

そして・・・・・そんな自分に

「あんなこと言わなければよかった」

「本当は私の子育てが悪いんじゃないか」

「そもそも私がダメだから子供が問題を持つんじゃないか」

そうやって自分を責めるというパターン。

 

 

これもよくあるパターンではないでしょうか。



セラピーやカウンセリングに来られる方にも
子供の不登校やひきこもりについての

悩みのご相談でもこうした方が多いのですが


そういう方のセラピーをしてきて
そのお母さん達に共通の「とある問題」

に最近気付いたのです。


それは・・・

 


この続きは7月5日(火)20時に発行する
次回メルマガにてお話します。

無料で登録して頂けますので
この機会にぜひご登録くださいね。

メルマガのご登録はこちらから

また、7月の個人セッションの予約も承り中です。
残席4となっております。
お早めにお申込みくださいね。
 

下矢印下矢印下矢印下矢印

 

 

6/21 カズ姐さんの新作youtube公開されました!!

頑張って成功しても終わらない〜勝ち続けていなければならない心理

 

 

カズ姐さんの新刊好評発売中!!

 

 

2022年!リトリーブサイコセラピーコース募集中!

東京基礎コース募集中!!


 

 


 

リトリーブサイコセラピー協会電話カウンセリングサービス

 

 

リトリーブサイコセラピー

セッション会場 河内長野市内・大阪市内
こちらをクリックしてお申し込みくださいね。

 

 

リトリーブ心理カウンセリング

セッション方法 対面、スカイプ、または固定電話
こちらをクリックしてお申し込みくださいね。