HKS GT3RS タービン仕様のセッティング開始しました。
今回はカムシャフトもノーマルで、バルブタイミングを変更する仕様としました。
街乗り派にはちょうど良い、バルタイ変更仕様です。 
ピークパワーは出ませんが、スムーズに乗れて、燃費もそれなりに良く、使い勝手が良いのが特徴です。 
そしてアイドリングは力強くなります。
 
 当店で取り付けるだけのキットを用意しております。 
タイミングベルト、ベアリング、ウォーターポンプ、専用調整済みスライドカムスプロケットが一つにまとまっております。
ノーマルブーストであればECUセッティングをしなくても使用できるので、タイミングベルト交換のついでにどうぞ!
 
本日は各部点検とVQマップのセッティング、ノーマルブーストでのセッティングでした。
エアフロがR35GTR用です。 NISTUNEは基本的にROMチューンなのでエアフロは外すことはできません。
なので、エアフロを変更して増えた吸気量を測れるようにするのですが、それには校正作業が必要となってきます。
 NISTUNEにはそれなりの吊るしエアフロデータが入っているのですが、サクションパイプやエアクリーナーによって必ずズレが発生します。
そのズレを校正して入力する作業が必要となります。 
  これをやらなくてもある程度は出来てしまうのですが、燃料マップを大幅に変更しなくてはならなくなるので、当店では後々のことを考えて
校正してセッティング作業をしております。 
 なので、この作業を行うとセッティングがかなり楽になります。
 校正にはダイナモもしくは実走行でのセッティングが必要となるのですが、実走行は危ないので、当店ではダイナモでのセッティングをしております。
 (下の動画を参照)
 
 今現在のサクション、エアクリーナーに合わせてセッティングするので、今後エアクリーナーの変更やサクションの変更は要確認となります。
 場合によってはリセッティングとなりますので、当店でのセッティング後はエアクリ本体やサクションの変更はしないでくださいとお伝えしております。 エアクリフィルターの交換はOKです。 
   
 
本日無事終了。 ノーマルブースト0.9時に380ps発生しております。
 
明日から本番です。 さて、500psオーバー目指します。
 
VQマップ校正中の動画です。 シャシダイを使用しております。
画面中央付近に、赤になったり緑になったり黄色になったりする部分があるのわかりますか? 
調整がうまくいくと、だんだん黄色だけになります。 
全域黄色になればOkです。  
 
調整はNISTUNEが自動でやってくれます。
 
シャシダイがあるとすごい助かるセッティングです。 
 
実走行だと色々危ないですよ。 
公道で4速全開できますか?って話です。 自分はサーキットでも怖いです。
 
とりあえずブースト0.9キロ 380ps トルク43kです。
赤が馬力、青がトルクです。 3800rpmあたりからフラットな感じでトルクが出てます。
最終的には最大1.4kあたりになるかと思います。
 

今日はLinkecuの出張始動設定。ER34のRB25用プラグインで、RB26を動かします。 

車両はER34のRB26スワップ車両です。

 

 ER34のハーネスを無加工でLINKプラグインで動かしました。

 NVCSの回路が生きているので、Vcamも後々使えそうです。

 エンジン始動OK,初期調整Okです。

 

 しかし、LINKECUは使いやすくて良いフルコンです。 

 配線が古くなっている車両とエンジンスワップ車両にピッタリです! 

 

 当社も昔は純正ハーネスを加工して合体したりしていたものですが、今ではハーネスをLINKに合わせてフル製作

し直すことで対応するのが主流になってきました。

 

そのほうが仕上がりがキレイで、古くなった配線とオサラバでき、トラブルがなくなりイイことずくめです。

80年代旧車や、90年代の車ににオススメします。

 

 

 

 

 
 

誠に申し訳ございませんが、今週の作業受付は終了いたしました。

 

今週受注分は全てゴールデンウィーク後の作業となりますので、ご了承ください。 

 

 

せっかくお問い合わせいただいたり、ご依頼があるのですが、ゴールデンウィーク前に完成納車予定の車両が多数ございまして、

当社も少人数で作業しているため、軽作業まで対応ができない状態でおります。

 

軽作業はオイル交換のみ対応とさせていただきます。 

致命的な修理等はお預かりの上、代車対応となりますが、台数に限りがございます。

 

 

ゴールデンウィークの休業日は5月2日から5月5日までとなっておりますが、事故等のトラブルは出来る限り対応いたしますが、

代車が無い可能性もありますので、その際はご容赦願います。

 

よろしくお願いいたします。

お久しぶりです!


なぜかうちは4月が多忙で、ゴールデンウィーク前の納車待ちのクルマの作業が集中しておりました。


Linkecuのセッティングも進んでおりまして、

フェアレディZは完成!

 NAでライトチューンなので、大幅なパワーは変わりませんが、気持ち良いフィーリングとレスポンスに満足していただけるかと思います。

 現代の最新パーツとセンサーに変更しましたので、今後の修理等も困ることはない仕様です。 




ローレルもシャシダイから降りまして、ブースト1,1キロ420馬力出ました! 
 もう少しいけそうですが、ノーマルインジェクターが90%超えになりましたので、このくらいで終わります。
 
 後はテストドライバーに試運転と最後の詰めで完成です。


別のスカイラインのチタンマフラーの製作も完成!
チタンの溶接と加工は苦労しました(-_-;)
 既製品があるならそちらのほうがお得です。
 材料だけで10万オーバーです。 工賃入ると20万円台になってしまいます😭
 あとはインタークーラースプレーを取り付けして導風板を制作すれば完成。
 
 





つぎは180SXのNISTUNEセッティング、冬に作っていたポルシェのLinkセッティング、別のお店からの外注車両のNISTUNEセッティング等、セッティング作業が続きます。
 冬から4月までにお預かりの車両に関しましてはゴールデンウィーク前には納車すべく頑張ります。

5月2日~5月5日までとなっております。

 

今現在、お預かりしている車両の作業が混みあっております。

 

今作業している車両に関しましては今月納車いたしますが、

本日より受付の作業の場合、車検整備以外の作業はゴールデンウィーク明けの完成納車となる可能性がございます。

 

休日に乗りたいとの理由や、イベント、走行会等に間に合わせてとお考えの方は、申し訳ございませんが対応できない

可能性がございます。 

  

 ご了承よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

セッティング開始しました!
 
エンジンの始動性、アイドリングの調整は終わってますので、ダイナモ全開走行セッティングです。
不具合は無くエンジンは絶好調です。
 
ログを取りながらセッティングしてますが、高回転でエンジン回転が不安定なグラフラインが(´;ω;`)ウゥゥ
カムからクラセンでピックアップを取っているので、どうしてもタイベルの遊び分、高回転でフラフラしやすくなってくることが
あります。 強化タイベルである程度は解消できますが、完全には解消できません。(2枚目画像) ピックアップがフラフラすると、点火時期もフラフラするため、セッティングが曖昧になります。
 
NISTUNE等ROMチューンはこれを修正するのがちょっと難しいですね。 
 まああんまり乗ってて気が付かないのかもしれませんが・・・。
 
 
 でもそこはさすがLINKECU。 
 信号にフィルターをかけることで修正が可能です。
 4段階で修正できますので、だいたいはクリアできます。 
 3枚目の画像がレベル2のフィルターをかけた修正後のグラフラインです。
 
 これで高回転でのフィーリングと点火時期が安定します。
 
 NVCSの設定もばっちり決まりました! 
 シャシダイのグラフラインをご覧ください。 (最後の画像)
 
  NVCSの設定がうまくいかないと、トルクの谷ができますので ラインがガクッと落ち込みますが、
設定がうまくいくと高回転まできれいなラインになります。 
 
 今回はNAなのでパワーは出ませんが、最新式の現代のシステムに変更することによりフィーリングがかなりよくなります。 
 そしてメンテナンス、部品の入手に困ることもなくなります。 
  ヤフオク等で新品より高い中古部品を買うことも無くなります。
 
 この時代のセンサーは古く、ほぼセンサーが絶版です。 
 しかもこのZのクランク角センサーは予備回路付きのセンサーで、使用車種が少なく中古も品薄ですごく高いです。
 
 エアフロメータももちろん廃盤、しかもトラブルも多く長く使うには不適です。 
 
 今回はクラセンを予備回路無しのRB26用をフルコン用に中身のプレートを交換して改造し、,エアフロメーターは取り外して最新の圧力センサーを使用してDジェトロ、壊れるパワトラも廃止してアウディのイグニッションコイルへ。
 ハーネスはワンオフで新品フル製作。 
 費用はそれなりにかかりますが、良さはわかっていただけるものと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
作業中のフェアレディZ Z31 LINK G4Xですが、本日エンジン始動しました!
 
これから各部調整後、シャシダイにてECUセッティングに入ります。
 
エンジンも調子良く動いてますよ!
 
 
 
エンジンハーネスはLINK G4用にワンオフ製作しました。
古い車両はエンジンハーネスが痛んでいることが多く、このZ31も昭和の時代のクルマで、ハーネスの痛みが多くありました。
 
LINKを使う場合は無理して純正ハーネスを加工するより、作ってしまった方がトラブルも少なく、調子も良くなります。
 
当店ではプラグインは少数で、LINKを使用の際はだいたいワンオフで製作してます。
 
 
 
これは純正ハーネスで、結構痛みがあります。

 
下が製作したワンオフハーネスです。 カプラーも新品に変えれるところは変えてます。 
新品がない場合は内部端子を変更してます。
リレーはECU本体とセンサーを動かす物と、イグニッションコイル専用リレーと2個使用してます。
主要電源とアースは車両側の電源、アースを使わず、バッテリーから直接電源及びアースとしています。 
イグニッションコイルもバッテリーから直接電源としております。
 ですので、完全に車両側から独立したハーネスとなっております。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
イグニッションコイルはアウディ用の イグニッションコイルです。 ガスコイルに匹敵する性能を持っており、値段も安くて専用ブラケットもいりません。 
ガスコイルより安く導入できます。
LINK JAPANよりキットが販売されております! 
 
ちなみにRB用で専用ハーネスセットで5万円弱です。 パワトラ無し用ですので、パワトラ付きエンジンは配線の加工が必要ですが、
そんなに難しくはないです。
 
SR用 RB用 2JZ用のラインナップがあります。  
RB用はセンターのプラグカバーも装着できます。 
  
そして、さらにLINK JAPANからのドエルデータ付属です。 NISTUNE、パワーFC等にも使えますので、お試しあれ!
 
 
 
 

近日、S14後期シルビア入荷します! 

もちろんSR20DETターボ! マニュアルです!

LSDその他社外パーツ付き! エンジンはノーマルです。 走行距離は96000km! 

 

来週末入荷します!

 

 

NISUTUNE値上げ! 

NISTUNEの価格改正がありました。 

タイプ4以外29800円

タイプ4  31800円

基盤取り付け料金 7800円

 

これに伴い、当店の料金も改正となりました。

セッティング料金(シャシダイ使用料、データシート含む)  

シャシダイを使用しない実走行のみセッティングは危険ですのでできません。 

基本的にシャシダイ上でのセッティング後、テストドライブのみでの走行となります。 

仕様により50000円~

 

 

BCNR33およびZ32のECUはNISTUNE非対応ですので、別途BNR32のECUを使いセッティングします。

よろしくお願いいたします。