Style Reformer 小林俊夫 Official Blog -5ページ目
2018-11-11 09:09:45

FCSと脳の可塑性

テーマ:トレーナーの専門知識

  おはようございます

昨日、今日とFCSを受講しに帝京大学へ来ております





 

 6時過ぎに高幡不動駅に到着をすると、おそらく野球部の朝練があるのでしょう


  坊主頭のセカンドバックを持った子達が数名降り、駅のホームで野球部の先輩を見かけるや、もの凄い気を使いながら挨拶をして、ソワソワしながら歩いている姿を見ると、「もう20年近く前か」と35ちゃいのオッサンは懐かしく感じました

 

 体育会系の上下関係というのは、プラスの文脈で語られることが多いけれど、往々にして誤った思い込みを生みやすく、社会に出てから上には絶対服従するけれど、下には横柄な態度をとるといった、イケてない社会人を作りがちでもありますので、気を付けなければアカンですね

 

 自分自身、出来ていない事ではありますが、年齢に関わらず敬意を払い、誕生日とかに関わらずエブリデイ、エブリシング、エブリタイム感謝な人間でありたいものです

 

 さて、本題に入りますが、学びの幅が広がる中で、「どの様な評価を行うのか?」といったことは、よく話題に挙がるかと思います


「評価と介入」といったことだけではなく、スタジオやマイクロジムの経営においては、「採用や育成」までを含めて考えなければ、部分最適にはなるけれど、全体最適には成り得ず

 

 また、1つの観点からだけ正しさを追求したからと言って、正しくなるとは限らない訳で、多面的な観点から考えていくことが重要な為、最適解を見出すのが至難の業でもあります

 

 その中で、選手やお客様、患者さんの「動因」や「楽しさ」、「期待感」といったものは、自分との「関連度」や「重要度」といったことと結びつきが強い為、「脳の可塑性」から考えても重要だと考えています

 

 その観点から言うと「FCS」は最高で、やってて楽しいのと、「何かこの数値が良くなればパフォーマンスが上がりそうな気がする」といった期待感が満載です

 

どれくらい満載かというと、天津木村さんが吟じているくらいに、何だかいけそうな気がします

 

 もちろん、「パフォーマンスを上げる」と言っても、そこには多様な変数が存在する為、何か1つをやれば上がる訳ではないことは、皆様ご存知の通りですが、完璧なレシピがあっても、実際に料理を作らなければ食べられない様に、どれだけ完璧なプランがあっても、実行されなくば成果を得られない様に、「行動を伴う事」が大切であり、行動に繋がるというのは、もの凄く大切なことではないでしょうか?

 

 トレーニング指導においても、ビジネスにおいても、「正解」が存在しない場合も多い為、選手やお客様、患者さんと「納得解」を如何に創り上げていくか?といったことが重要なのではないかと思います

 

FCSを無条件に礼賛する訳ではありませんが、この「納得解」を生み出す1つの強力な評価ツールになるのではないでしょうか?

 

 

としお

 

 

リフォーマー&ボディワークに関する学び舎

imok academy

https://imok-academy.com/

 

 12月は初開催の徳島でのセミナー大阪では2019年に向けたビジネスセミナーを開催致します!

ぜひこの機会にご参加をお待ちしております

 

NEW!徳島初開催
骨盤&骨盤底・仙腸Jの機能解剖&評価に基くBodyworkアプローチ
 
日時:2018年12月16日(日)09:40~16:40
 
会場:阿波踊り会館 活動室
 
料金:徳島初開催価格 先着15名 12,960円(税込)
 
 
 
2019年を飛躍の1年に!!
「パーソナルスタジオ・マイクロジム開業&経営に必要なマーケティング&マネジメントセミナーIN大阪」
 
日時:2018年12月23日(祝)09:40~18:40
 
会場:チサンマンション第7新大阪 1階会議室
 
料金:先着12名様 19,800円(税込)
   定価:39,800円(税込)
 

 

2018-11-09 19:05:29

圧倒的な読書量と成長の機会

テーマ:もじゃ夫の日常

 こんばんわ

研修中、スタッフには専門知識や技術だけが高い、「脳みそ筋肉トレーナー」はイケてないから辞めましょうという話をよくします

 

 


 

 日ごろから専門知識や専門技術以外の学びも積極的に行い、「知識の幅」を拡げることはとっても大切で、「なぜ大切なのか?」というと、理由は様々ありますが、最も重要なことは、「考え方の多様性」や「無数にある当たり前」を知ることが出来るからです

 

 例えば、何かを学ぼうと思ったときに、1つの事柄に関する異なる著者の書籍を数冊読めば、同じトピックについて書かれているにも関わらず、正反対の考えが載っていたりしますよね

 

 10代や20代の頃って、「自分の考える正しさ」に固執しやすく、それが一概に悪いとは言えませんが、色々な事を学び、経験を積み重ねていく中で、人には人の「正しさ」や「考え方」、「当たり前」があることを自然と理解していくと思います

 

 ここを理解出来ていないと、何歳になっても自分の物凄く狭い「正しさ」を他者に押し付けようとし、人間関係が上手くいかないし、自分の考え以外の視点がもてない為、成長が遅くなりがちです

 

また、我々の仕事を考えてみても、「専門力の高いトレーナー」である前に、「魅力的な人間」であることが大切ですよね

 

 では、どうやったらその「考え方の幅」を広げることが出来るか?というと、過去の記事でも上げさせて頂きましたが、以下の3つが大きいと考えています

 

1、様々な人と対話をする

2、様々な場所に旅をする

3、様々な種類の本を読む

 

 いつもと同じメンバーで、いつもと同じ場所にいて、読書もしない状態では、「未知の未知」に気が付くことも出来ない為、学ぼうという意識も湧いてこないですよね

 

 そして、20代の内に上記の3つに関して圧倒的な量を積むことは、その後の成長を加速させます

 

 例えば、一概にイコールにはならなくても、1冊も本を読んだことがなく考え方の幅が狭い人と、1000冊の本を読んでいて考え方の幅が広い人では、どちらが良いアイデアや考えが浮かぶでしょうか?

 

 もちろん、「読書量=知識量=思考力」にはなりませんが、読書はスグに取り組みやすいですし、読書量が多いことで知識量や考え方の視点が増えますし、「既知×未知」という観点から考えても「既知」が多い方が、新結合は起こりやすいと考えられます

 

 その為、如何に20代の内に圧倒的な読書量を積むかは、その後の圧倒的な成長に繋がる確率を高めます

 

 そして、「その他大勢」から抜け出る様な圧倒的な成長によって、人の目に留まる様になることで、様々な機会を得る確率が上がり、その機会によって様々な場所に行ったり、様々な人に会える機会が増えますので、個人的には20歳くらいから最低年間100冊は読んでみると良いんじゃないと

 

 とあるアンケートでは、日本人の年間平均読書量は12冊程度とのことですので、10年経ったときに1000冊対120冊になりますから、8倍以上の差となり圧勝です(笑)

 

 そして、その差を30代になってから詰めようと思っても、時間的な制約なども出てきてなかなか難しいですし、同じ「勇者の剣」と「勇者の鎧」を身に付けたとしても、レベル10の勇者とレベル80の勇者では、後者の方が圧倒的に強い訳です

 

ということで、20代で圧倒的な読書量を積んでみると、己の成長を加速させ、機会に恵まれ、人としての魅力も増しますし、良いですよ

 

 

としお

 

 

リフォーマー&ボディワークに関する学び舎

imok academy

https://imok-academy.com/

 

 12月は初開催の徳島でのセミナー大阪では2019年に向けたビジネスセミナーを開催致します!

ぜひこの機会にご参加をお待ちしております

 

NEW!徳島初開催
骨盤&骨盤底・仙腸Jの機能解剖&評価に基くBodyworkアプローチ
 
日時:2018年12月16日(日)09:40~16:40
 
会場:阿波踊り会館 活動室
 
料金:徳島初開催価格 先着15名 12,960円(税込)
 
 
 
2019年を飛躍の1年に!!
「パーソナルスタジオ・マイクロジム開業&経営に必要なマーケティング&マネジメントセミナーIN大阪」
 
日時:2018年12月23日(祝)09:40~18:40
 
会場:チサンマンション第7新大阪 1階会議室
 
料金:先着12名様 19,800円(税込)
   定価:39,800円(税込)
 

 

2018-11-08 20:48:21

機会損失とスタッフ教育

テーマ:ビジネス

 こんばんわ

お陰様で日々お読みくださる方が増えていて嬉しい限りです

 

リフォーマー&ボディワークに関する学び舎

imok academy

https://imok-academy.com/

 

 本日は、リフォーマーを製作するにあたり、様々な企業に連絡をとっている中で感じたこと

 

image

 

 なにかと言うと、かなりの企業が「機会損失」をしているな~ということです

これは自らが気を付けなければと強く感じましたが、現場レベルではかなりの「機会損失」が発生しているなと

 

例えば、Aという部品が欲しいと思って、その企業やお店に問い合わせの連絡を入れたとします

 

 ある程度の個数が必要になるので、在庫があるかどうかの確認などをさせて頂いたり、まとめて発注した場合は、金額が異なるのか?といったことなどを確認する訳ですが

 

多くの企業の場合、こちらが必要な個数の在庫が存在しないと、「申し訳ございませんが〇〇個はありません」以上。といった感じの返信や対応が多く見受けられます

 

 これってめちゃめちゃモッタイナイですよね?

だって、買ってくれる顧客が目の前にいるのに、売ろうとしない訳です

 

 例えば、先ずは用途や必要な個数、納期などをコチラに確認をした上で

 

「~までに30個でしたらご用意できますが、残り50個は納期が1か月掛かってしまいますが・・・・・・」とか

 

「代わりに同じ用途で使えるコチラの商品でしたら、必要な個数をご用意出来るのですが、いかがでしょうか?」とか

 

代替案を提示することは出来る訳ですよね

 

 

 そんなん当たり前でしょ?と思いますよね?

 

もちろん僕も思いますが、大半の現場レベルで行われているのは、「ありません。以上」みたいな感じだったりします

 

 そうした方々の心の中をソッと覗いてみると、おそらく、「わざわざ取り寄せて販売した所で、自分の給与が上がる訳じゃないしな~」とか、色々な想いがあるのだと思いますが、モッタイナイないですよね

 

 それと同時に経営者としては、スタッフ育成の重要性というものは、どれだけ認識しても、し過ぎる事は無いと感じますし、彼ら、彼女らの将来の為にも、大切ですよね

 

としお

 

 

 

 12月は初開催の徳島でのセミナー大阪では2019年に向けたビジネスセミナーを開催致します!

ぜひこの機会にご参加をお待ちしております

 

NEW!徳島初開催
骨盤&骨盤底・仙腸Jの機能解剖&評価に基くBodyworkアプローチ
 
日時:2018年12月16日(日)09:40~16:40
 
会場:阿波踊り会館 活動室
 
料金:徳島初開催価格 先着15名 12,960円(税込)
 
 
 
2019年を飛躍の1年に!!
「パーソナルスタジオ・マイクロジム開業&経営に必要なマーケティング&マネジメントセミナーIN大阪」
 
日時:2018年12月23日(祝)09:40~18:40
 
会場:チサンマンション第7新大阪 1階会議室
 
料金:先着12名様 19,800円(税込)
   定価:39,800円(税込)
 
 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス