独身の頃から気を付けたいこと。

 

今日は、そんなお話しです。

 

それは、健康であること。

 

なんやん!当たり前でしょ。

と思いますよね。

 

ところが、どうもわたしの若いころと

比べると不健康(病気ではないけど)そうな人が

多いです。

 

なんだかきついとか。

だるそうな歩き方とか。

スグ座り込んでいる様子とか。

肌のツヤをみると。

 

お若い方はオバサマのお話しを

ちょっと聞いてね。

 

image

 

 

 

若いころの不摂生は、

将来、子供を妊娠するとか

出産するとき、

またまた、

出産後の子供の健康にも

関わってくるのです。

 

 

「あなた一人のカラダじゃないの」

 

 

痩せすぎていると、子供が低栄養で

生まれてくる可能性があったり、

妊娠しずらかったり。

 

添加物や日用品などの有害なものは

子宮や、脂肪の中にたまりやすい

と言われています。

 

 

将来、こどもを育む場所になる子宮は

良い状態にしておきたいものです。

生理痛などにも影響します。

 

 

子宮の中身が見えないから、

わからないところです。

 

 

それと・・・

カラダの脂肪は全部が悪者に

思われがちですが、

 

脂肪の中の正常な脂肪は

カラダに必要な善玉ホルモンなんかもつくります。

色んなホルモンをつくる大工場が脂肪でもあるのです。

 

 

余剰にありすぎる脂肪

逆にカラダに悪さをします。

(内脂肪です。皮下脂肪は悪さはしません)

 

 

正常な脂肪は、健康のために必要なのです。

 

 

筋肉だけが、良いとか

脂肪はわるものとか、

痩せているほうがかっこいいとか

 

行き過ぎると、良くありません。

 

 

ご飯やおかずを減らして

その代わりにケーキを食べる・・・。

 

カロリー的に合格だからいい

というのは、逆に太ります。

 

 

わたしも若いころやってました。

無知でしたので。汗

 

 

甘いものを食べたいので、

お昼によく、スイーツ系のパンを

食べていました。

 

タンパク質もビタミンもミネラルも

わかってません。

 

体育大生で多少

栄養のことは習っていたのですが、

机上の空論でした。

 

食べたものでカラダが、出来るって

言葉では聞きますけどね。

 

まったく、リアリテイーがなかったわ。

 

今から30年も前は、栄養のことも

今ほど進んでいないし。

 

丁度、そのころ

大学の投てきの選手が

明治製菓のプロテインを

被検者で食べていました。

 

 

体重とか、カロリー計算で

すべて、解決しようとしてましたもの。

 

その結果かもしれません。

大腿部の肉離れをして、

ケガがなおらず。

 

筋肉も痩せていくのです。

 

治療院に通っても

ケガは思うように治らない。

 

低栄養だったのかもしれません。

運動選手にしては。

 

 

 

キレイになろうと

思ったら、きちんと食べること。

 

お菓子などの糖分は控えめにすること。

 

 

栄養がきちんとしていると

考え方も良くなるし、

お肌もキレイになりますよ。

 

 

若いころの自分に教えてあげたいわ。

「お昼のスイーツパンで済ますのは、やめようね」ってね。

 

パンが大好きだったわね。

千歳烏山にあった

「こんがりあん」っていう

パン屋さんに良く通っていたのを思い出します(;^_^A

 

 

自分のカラダの中身を知って、

自分に合った健康注意点を知りたい方は、

福岡と横浜で

9月に「カラダのタンパク質・ミネラル・内脂肪が

わかる体組成測定会をしています。

お気軽にご参加どうぞ。

ココ!健康キレイのカラダの原理原則

 

 

 

カラダの調子が悪いときは、

何かメッセージがージを伝えている。

 

この20年で、内科の病院には2回しか

行ったことがありません。

 

骨折で入院はありますけど。

 

 

そんなわたしですが、

20代の頃、

今から思えば、ストレスで

すごいジンマシンが出たことがあります。

 

 

今まで、体験したことのない辛いこととか

継続して負荷がかかるストレスを

抱えていると

わたしの場合は、ジンマシンが出る場合が

あります。

 

 

最初は、ただ、「あ~、なんだかジンマシンだ」

 

と思うのですが。

 

 

どうも何回か続くと、精神的に

負荷がかかる。とそうなる。

 

 

なぜ、ジンマシンなのか?

 

というとストレスがかかると、

カラダの副腎皮質から

ストレスに負けないように

「コルチゾール」というホルモンが

でるのですね。

 

このホルモンが過剰にでると

カラダがアレルギー反応を起こす・・・。

 

ということなんですね。

 

40代の頃、その理屈がわかりましたけど。

 

image

 

 

それで、この夏、

ムスメに ジンマシンが出ました。

 

ムスメは、紫外線に弱いのです。

それと、

どうも自動車学校に行って、

短期のコースで免許を取るというのが

彼女にとって、プレッシャーがかかっているのかな?

と。

 

それで、

「落ちたら、お父さんにお金を出してもらって

 何回も うければいいじゃないの」

と言ったら、

しばらくして、ジンマシンはおさまりました。

 

 

人によって、体質は違いますが。

ジンマシンが出るっていうのは、

親子似ているな~と思った次第。

 

 

免疫力が下がっているのもあるかもしません。

 

リラックスと栄養で

改善されることは多いです。

 

疲労を貯めやすい、まじめな人は

時には、自分に優しくするのも大切です。

 

 

 

自力で思考パターンを変えられないことは

多いです。

 

病気ででたのは、そこだけを治すとういう

のではなくって、

考え方やあり方を変えなさい。

 

という体からの強いメッセージですね。

 

ムスメには、

「自分を後回しにしない。友達最優先をやめる」

というのを話しました。

 

クセですから、度々 そういう話が必要かなと。

感じる夏休みです。

 

現在、

楽チンな体操教室をモニターで開催中。

 

 

 

KAT-TUNハート現在受付のサービスKAT-TUNハート

 

・あなたの心から望む未来にシフトする幸せ未来コンサルティングココ! 
 

 

自分が何をやりたいことなのかが

わからない・・・。

 

 

そんなことを思うときがありました。

 

 

これが、天職だ。

と言えるものが、自分にとってなんなのだろう?

 

 

何かを少しやってみて、

あ~なんだか違うな・・・。

 

人には、10.000万時間を費やすと、

そのことが、人より抜きんでた才能になる

と言われています。

 

1日、3時間だったら、365日で1.095時間ですから

10年たてば、見つかるでしょう。

 

1日、6時間だと5年で。

 

そうなると、自分の情熱が注げるものは

カンタンにすぐ見つかるものでもないようです。

 

どうしたら、稼げるのか?

だけでは、10.000時間もやり続けられません。

 

そこに情熱が続きませんね。

 

 

 

わたしは、一番長い経験は

人に何かを伝えるということ。

 

教員を7年。

民間の会社でも話すのが仕事でした。

 

結婚して、お店をしていた時は

あまり話しませんでした。

 

その後、また 

健康や仕事のセミナーをして

伝えるということをやり続けています。

 

 

わたしには、何かを伝える。

それも

その人の人生が幸せや健康に

向かうそうシフトすることを

伝える。

 

そして、相手の方に何か気づきを

与えることが出来た瞬間に

喜びを感じる。

 

ということに気づきました。

 

伝える内容は、その時で

変わるのですが、

目の前にいる方にとって

幸せに向かうために

今の自分が伝えれることは

なんだろう?

 

 

と相手を感じる時にも

自分の中に熱があります。

 

 

自分にとって、何がやりたいことなのか?

を探すときは

 

自分の情熱の源泉は何か?

を知るといいですね。

 

 

何かを打ち込んでみてわかるもの。

 

お金をいただかなくっても

やり続けれること。

 

 

お金を追うとみえなくなるものでもあります。

 

 

 

 

KAT-TUNハート現在受付のサービスKAT-TUNハート

 

・あなたの心から望む未来にシフトする幸せ未来コンサルティングココ! 
 

・自分らしさを生かし幸せに仕事をしたい人の3か月継続コンサルティングココ! 

 

・幸せなお金塾…1か月1回のグループ塾 ココ!