心のコンシェルジュかずみんのブログ '

心のコンシェルジュかずみんのブログ '

自分自身の心との付き合い方、パートナーシップ、その他の対人関係全般をより良くする為のヒントや、楽しくなることなどをお伝えしていきます。

今朝も土砂降りから始まった朝


雨が降って嫌だなぁ、と思う時に

いつも思い出すのが

甥が小さい頃に見せていた

アンパンマンの6月生まれ向けビデオで

流れていた


「沢山雨が降るから、花や木が

喜んでるね」


という言葉。


甥が覚えているかは分からないけれど、

雨が降って嫌だな、と思う時に

アンパンマンの声で

私の頭の中に響いて、ほっこりします。


さて、週末に受けた岸見先生の講演会の

報告まとめ


最近Amebaブログに文字制限があって

書いた後に更新出来ない事が増えて、

消したり書いたりしながら中身を整えて

お届けしています。→こんなこと書いてるから

文字制限に引っかかるのですが😆


お付き合いくださいませ



黒文字 岸見先生

普通文字 私の脳内



今までと違う行動、考えをしてみると人生が変わる

(誰かにリードされることを断って、

自分の責任で生きていく決心をして

自立することを支援する)


親自身も自己評価を上げて自立していく

子どもの教育は本当に大切だと思う。

教育そのものを変えていかないといけない

自分ができることはないかと考えて欲しい


「遊びに行っていいか、と聞いた時 

お母さんに自分で決めていい。と

言われたことを(先生は)覚えている。

それまでは親に従っていて


自分の行動に責任を持つことを

初めて知った瞬間だった。


子どもは大人に従順であることを求めるが

大人も社会に出て、何の疑問もなく人に

従う人がいる


親がもし、(子どもが)反抗する対応を

しなければ、子どもも反抗する必要がない


反対に親が明らかに、子どもが反抗しても

おかしくない事を言っているのに、

反抗していないのも問題=親に嫌と言えない


神経症にならなくても(症状を出さなくても)

言葉で言えばいい



今回は岸見先生の引用は短めですが、

私自身、そうよなぁ。と思ったのは


親自身も自己評価を上げて自立していく


の部分。

分かりやすく「親」となっていますが、

自己評価を上げて自立をしていく必要が

あるのは、他でもない私たち自身


誰もがチャレンジしていかなければ

ならないことなのではないかと思うのです。


誰かのいいなりになって生きてきた子どもは、

大人になっても誰かの言いなりに

なっていれば責任を持たず、

決断もせずに生きていける事を身につけていて、


何かあれば誰かのせい

自分は悪くない

どうやって人に責任を押し付けよう?


と考え、共同体の中で協力して

生きていくことが難しくなりそうです。


以前、大学生の男の子と話をしている時、

「僕、凄く親に愛されてて、大事に

育ててもらったんです」

と素直に言っていて、とても心温まった

事があります。


彼は派手な言動はなくても、人の輪の中に

自然と溶け込み、仲間になっている人。


ご両親の関わり方が彼の今に現れていて、

感心したのを覚えています。


反抗する子どもがいるんじゃなくて、

反抗させる親がいる。と昔から

岸見先生が仰っていますが


親に反抗しそうな事を言われても、

反抗せず言いなりになっている子どもも、

また問題。


1つ前の記事に書いた、

マイケル君のように

「誰かにリードされる事を好む」に

なってしまうのかもしれません。


誰かにリードされることを断って、

自分の責任で生きていく決心をして

自立することを支援する


今までと違う行動をしてみたら

見える景色は変わってくるはず!


今日も応援しています♪





今日から新しいスニーカーを履こうと

楽しみにしていましたが

今日は降水確率40%、、、

晴れる日までとっておこうと断念しました。


さて、週末に受けた岸見先生の講演会続き




黒太字 岸見先生

普通文字 私の脳内


子どものライフスタイルという本は

アメリカでの症例研修の内容


子どもを大人の中に呼び出して、

カウンセリングをする会だが

子どもは初めて自分のことを真剣に

考えてくれる人がいる事実を

知ることが大きな気づきになった。


カウンセリング例 

マイケル12歳(リーダーに盗みをさせられた子)

「彼の最大の誤りはリードされることを、

あまりに好む」とある。この誤りこそ問題


リードされる目的は責任をとりたくないから。

→責任をとる勇気を持ちたくない

失敗したくなかった、

言われたことをやらなかったら嫌われる。


自分がリーダーになれる(責任も自分で持つ)


自分は自分を受け入れようと思えるように

なると勇気が湧いてくる。


自分に自信を持ってしまうと対人関係に

入らなければならなくなる。


対人関係に入らないために自分を好きで

いてはいけないと思っている人に

自分を好きになることを薦めるのは難しい

→少しずつ対人関係に入る援助をする(慣れる)


自分に価値があると思える時だけ、

勇気を持てる


親(上司)が子ども(部下)を叱ると、

叱られた人は自分に価値があると

思えなくなる。


悪意なく叱っていたとしても、自分はダメな

人間だと思い自分に価値があると思えず、

対人関係に入る勇気が持てなくなる。


「盗みの話はせずに、彼の低い自己評価だけに

関わる必要があるbyアドラー)」


問題行動に言及しない

→「やったらダメ」と言われたらやる。

→問題行動をして注目されることを学ぶ


短所ではなく、長所に目を向ける。

短所を長所に変換して伝える


親に短所を見せないと注目されない。

という状況になっていないか?

問題行動をしなくても注目してもらえる


適切な行動、行動だけでなく存在

(生きている)に注目

(次、必ず会えるとは限らない)


生きていることが他者に貢献していると思える

(行動でできる事が無くなっても、貢献している)

と自分に思えたら他者にも言える。


生きる悦びも、幸福も対人関係にある。

誰かとの関係を感じられた中で感じる事が出来る。


「今は勇気づけるしかない。

彼の問題について語ることは勇気づけに

ならないbyアドラー」


「予防の方が治療よりも需要であるbyアドラー」



リーダー格の子に言われるがままに

盗みを働いたマイケル君の話。

彼の最大の誤りは盗んだことではなく、

リードされる事を好むこと、とあります。


そのリードされたいと思う彼の

ライフスタイルについて大勢の大人が

話し合いをするのですが


この状況は一見、子どもが大人に

囲まれて緊張しそうな場面ですが


「子どもは初めて自分のことを真剣に

考えてくれる人がいる事実を

知ることが大きな気づきになった。」


とあります。

そして、やってしまった過去ではなく

自分の変えることが可能な

「ライフスタイル(行動の元になる考え方)」

についてみんなに真剣に議論されたら


あら?自分の問題だけど、責められずに

自分について真剣に話し合いしてもらってる!


と、嬉しくもあり、

また自分もメンバーの1人として仲間に

入った感覚の中で自分を客観的に見つめ直す

きっかけになるように思います。


盗みの話はせずに、彼の低い自己評価だけに

関わる必要がある(byアドラー)


問題行動に注目すると、また問題を起こして

注目を浴びようとしてしまう。

だからマイケル君の盗んだ行動ではなく、

リードされたい、と思うライフスタイルに

焦点をあてるのかぁ


この言葉に

うぉぉ!と1人脳内感激していました。


今日も応援しています♪

今日の大阪は朝からかなり雨が降り、

梅雨入りしたかも?

と思わせられる天気となりました。


一旦涼しくなるけれど、この雨が終わると

暑くなるんでしょうね。

心地よい天気の時期が短いですねぇ。



さて、週末に哲学者であり

アドラー心理学研究者、

ベストセラー「嫌われる勇気」共著者の

岸見一郎先生のオンライン講演会を受けました。


私がいつも受けるのは前半講演会、

後半質疑応答のハイブリッド形式なのですが、


今回は質疑応答から書きますね。

まず最初に私が先生に質問したことは

最近晴れないモヤモヤについてでした。

(相談内容)

「先日たまたま行くことになったお店が

思ったより私の中でのコスパに合わず、

喜んでもらえて結果オーライなのに

後からモヤモヤする」


でした。

相手ではなく、自分の中の課題なのは分かって

いるけれど自分でしっくりくる結論に

辿り着けず、酷く痛くはないけれど、

何か刺さっているようで

気持ち悪いモヤモヤでした。


すると先生に開口一番に

「相手がこの店をやめようと言って

くれることを期待していたのでは」と言われて、

「あーーーーそうだ」とストンと腑に落ちました。


この金額払うくらいなら別の店いきたい。

と思ったのに相手に言えなかったこと。

そこに囚われて「この時間を楽しむ!」

という決心が足りなかったことも。。

身に覚えあり過ぎです。


「宮本さんすぐ黙っちゃうから、

ちゃんと言おうよ」と岸見先生に言われ、


まだまだ言語化せずに心のモヤモヤを

作り出している自分に気がつきました。


相手は自分の期待を満たすためにいる

わけではない!(もちろん私も!)

知ってるつもりだったのに

どこかで人に期待していたんだなぁ。反省


さて、自分がした質問から書きましたが

講演会の報告続きを書きますね。



黒太字 岸見先生

普通黒字 私の頭の中


自分が世界の中心にいると思っている人が多い

自分が注目されていると思っているものを外す


今までと違う考えを持ってみる(してみる)

すると違う反応がある。

それが怖いので人は自分を変えたく無い


カウンセリングを受ける前と後で感じ方が変わる。

変わりそうな予感がある。

そのような感覚を持ってもらいたい


朝ドラ 「虎と翼」を見ているが

「問題児の心理」というアドラーの本が出てくる

(戦前に刊行)

「子どもの教育」というタイトルで岸見先生が

後に翻訳している本。

主人公の弟が読んでいる本として出てきた。


アドラーは問題児という言葉を使っていなかった。

アメリカで翻訳するときに問題児という言葉が

使われた。

アドラー自身は「教育をするのが困難な子ども」と

表現していた


矯正するのが難しいのは

「長年に渡って培われた誤った考え」に

基づいて行動しているから。

問題ではなくて改善点に焦点を充てていく


(人それぞれ)問題が起きたとき、

どう解決するかのパターンがある。


ある時「こんな風に生きていこう」と決めて、

そのまま生きている。

改善の余地がある→行動に現れる


今の朝ドラは家庭裁判所を設立する話

なのだそうですが、劇中で岸見先生の翻訳した

「問題児の心理」

という本が出てきてサプライズだったそう。

朝ドラで自分の手がけた本が出るって

なかなかできる体験じゃないですよね。


その中で「問題児」と表現されているけれど

アドラー自身は問題児という表現は使わなかった

のは「レッテル貼り」を避けたのかもしれません。


アドラーが「性格」を「ライフスタイル」と

表現しているのは、

どこかで決定した誤った自分の考え

だからこそ「考え直し」をすれば良いと

思ってもらいたいから


前半で書いた、私自身のモヤモヤも

相手に先回りして私の望むことになるとこと

期待していて、コミュニケーションとしては

誤った部分。


これは長年に渡って私自身が培った解決の

パターンなので、相手に言ってもらうことを

期待するのではなく自分自身で

「この店はやめよう」と言えるように

なることが正しいコミュニケーション


子どもがお腹痛くて学校休んだ後に

お腹痛く無くなるのも

「学校に行きたくない」を症状で出している。


「学校に行きたくない」と言えるように

なれば症状は必要ない。


そんな岸見先生のお話を思い出しました。

知ったからには症状を出さないように

言語化や決心していこう!



今日も応援しています♪