心のコンシェルジュかずみんのブログ '

心のコンシェルジュかずみんのブログ '

自分自身の心との付き合い方、パートナーシップ、その他の対人関係全般をより良くする為のヒントや、楽しくなることなどをお伝えしていきます。

今週は雪で大変な事になってますね。

大阪でも今朝は前が白くなるほどの

雪が降り、寒さが一層厳しくなりました。


こんな時なので(骨折もありますが)

姪っ子におススメされた番組を観ることに。




選んだのはテレビ東京の

「ソロ活女子のススメ」

(Amazonプライムビデオにて観ました)


番組ホームページより

ソロ活”とは、積極的にひとりの時間を

楽しむための活動のこと。

「ひとり焼き肉」や「ひとりカラオケ」、

「ひとりキャンプ」 など単身で外食や

レジャーを楽しむ人が増えた今、

好きな時に好きな場所で、

ひとりでしか味わえない贅沢な時間を

過ごすことができ、

おひとりさまの気楽さ・

自由さに魅了される女性が急増中です!


私自身そんなにソロ活が得意でないので、

どう感じるかも楽しみでありました。


主人公の恵さんが、あえて挑む

ソロ活は様々あり、

「ひとりアフタヌーンティー」

「ひとり焼肉」

など、すぐ出来そう!と思うものから


「ひとりリムジン(ドレスアップ付)」

「ひとり気球」

「ひとりヘリコプター夜景」

など、なかなか内容的に

ハードル高そうなものまでありました。


その中で私自身が出来そうで出来ない

けれど、チャレンジしてみたら

面白そうだと思ったのが

「ひとりフレンチフルコースディナー」




少しネタバレも入るので知りたくない方は

ここでストップ









フレンチのフルコースディナーを

1人で食べることになった主人公の

恵さん。


誰にも気兼ねせず、

自分のペースで一皿一皿出てくる

お料理に舌鼓を打ち、


時にはスタッフの方に話を聞きながら

フレンチを心から堪能していきます。


その中で、彼女が認識したのは

「他のお客さんは1人客の自分のこと

なんて気にしてない」

ということ。


行くまでは

「1人でフレンチフルコース?」な、

冷ややかな視線を覚悟していたのに


実際周りは一緒に行った人との会話に

夢中で、自分のことなんて

気にしていない。


そう気が付いてから、更に

お料理そのものを集中して

食べられるようになり、


「私、フレンチ好きかも!」と

新しい自分を発見するまでになります。


彼女は自分の頭の中

「カップルの人はソロ活している

自分をバカにするんじゃないか?」

と想像で敵を作っていたことに

気がついたんですね。


「ソロ活」をする事で自分が

作った殻と、敵を解き放つ作業。


いつの間にか変わっていく自分に

主人公が気付く繊細な演技も

素敵なドラマでした。


ソロ活しているいないに関わらず

誰かにそう見られるかもしれない

と自分が作り出している他者の目線は

誰にでもあり、


それが自分を縛っていることも

あると思います。


恵さんのように、あえてハードな

ものに挑戦しなくても

身近な「やってみよう」をする事で

自分の固定概念を壊す作業


ちょいチャレンジソロ活。

意外と面白いな、と思いました。


皆さんがもし、チャレンジソロ活するなら

何をしますか?



しばらく寒さが続くようです。

風邪などひかれませんように。


今日も応援しています♪





先日 骨折した時の話を書いてから

日が空いてしまいましたが

元気に過ごしております。

 

ド派手に転けた時、

「厄落とししした」と思え、

その後の事も前向きに捉えられたと

前回のブログで書いたのですが

 

実は他にもいくつか前向きに捉える

出来事がありました。

その内の一つの経験をご紹介しますね。

 

 

image

転けた後、病院に行く前に寄ったお店で

ランチを食べた時です。

 

病院に行けば骨折の診断が出るだろうと、

少し憂鬱な気持ちになりながら

食事が終わった頃

 

スタッフの方が

「甘いパンお持ちしました」

 

と新しいお皿を持って来てくださいました。



しばらく出かけられないかもしれない

から、ダイエットを考えずにデザートを

追加でお願いしようかと悩んでいた

時だったので思わず

 

「甘いパン!?」

 

と目を大きくして反応すると、

スタッフの方が「ふふ」と笑って

食事後にデザート代わりに甘いパンが

つくことを説明をしてくださいました。

 

甘いパンは私がまさに食べたいと

思っていたシナモンロールや

パウンドケーキ類をほんの一口サイズ



 

1個は多いかも。

と二の足を踏んでいたので

まさに願ったり叶ったり!

 

美味しくいただきました。

 

その後、そのスタッフの方が

頃あいを見ては

「他の種類はどうですか?」と

勧めてくださり


痛みも忘れてウキウキと、もう一皿。

とても心地良い時間を

過ごしました。

 

最後にお会計に向かう時に

わざわざ近くまで来て

「もうよろしいかったですか?」

と言ってくださるので

 

実は先ほど派手に転けたこと、

骨折だろうからギプスをつけたら、

しばらく外出できないので 

自分が想像していた以上のサプライズ

(甘いパン)が出て嬉しかったこと、

何度も声をかけてくれて満喫したこと

を話し、感謝を伝えると

 

「あんなに喜んでもらえて嬉しかった。

今日はここしばらく出ていない

お菓子系も甘いパンで出ていたから、

とてもラッキーだったと思います。

きっと大丈夫!お大事になさって

くださいね。また、来てください」

 

と言っていただきました。

ほんの短い時間のやり取りですが

腫れ上がり激痛だった痛みが薄れ、

足取りも心も軽やかになっていました。

 

そして歩きながら

お店での出来事を振り返り、


言語を理解する人間だからこそ

言葉一つで痛みさえ軽減できる。


何気ない会話が意図せず

誰かの支えになっているなら

自分自身も誰かの心の支えになれる

言葉を出せていたらいいな。

と思うのでした。


意図したら相手を操作しようとしている

下心が相手に伝わってしまうので

要注意!も忘れずに!


 

今日も応援しています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり1月も後半に差し掛かりました。


週末より少しグズついた天気

外に出るのに少し億劫になりそうな

この空模様が有り難いなんて

思う出来事がありました。

 



 

実は先週、梅田でお店の入り口で

斜めに切り取られたタイル部分に

足を乗せ

 

ツルンと滑ってド派手に転けて

しまいました。

 

自分に何が起こったか分からず

とりあえず上半身を起こすと


とてもファッショナブルな男性が

曲がった道からわざわざ引き返して

 

「大丈夫ですか?」

 

と声をかけてくださいました。

戻って声をかけてくださるほど

ド派手な転け方をしたので

かなり痛かったのですが

咄嗟に「はい」とだけ返答

 

足を捻ってしまったので

歩けるかどうか分からず1分くらい

座ったまま状況把握していると、


人通りの多い場所で

恥ずかしいという気持ちが起きる前に

 

「厄落としした!」

 

という言葉が浮かんできました。

するとなぜが痛みが軽くなったように

感じ「よっしゃ!」と立ち上がり、

足を引きずりながら歩き始めました。

 

あとで考えると、厄年でもないのに

厄落とししたと思ったなんて

おかしいのですが

 

咄嗟に「良かった点」が

浮かんだ自分に

物事の良い点を見る癖が成長したな

なんて、思いながら帰宅。

 

夫に伝えると

「頭打たなくて良かった」

 

とホッとされ、確かにそうだ。

頭打っていたら家に帰れて

なかったかもしれない。

 と思うと、やはり運が良かったと

思えてくるので不思議なものです。


次の日、病院へ行くと

足首を数箇所押さえられ、

痛みを感じる部分を見て先生が

「多分骨ですね。レントゲン撮りましょ」

となり、見事に剥離骨折が判明


またギプスに松葉杖か


とガッカリしていると

先生が「固定だけにしましょうか?」と

提案くださり、

包帯固定で乗り切る事に!


お陰でお風呂や買い物の不便さも

あまりなく、痛みもさほど無いので

普段に近い生活をしています。

 

で、

 

あれ?

 

そう言えば?

 

と思った方もいらっしゃるかも

しれません。

 

そうです。

一昨年の年末

 

全然別の場所ではありますが

斜めになったコンクリートに

足を乗せ転けてしまい

 

同じ右足くるぶしを剥離骨折

 

ギプスに松葉杖生活を送っていました。

ちょうど治療が終わった1年後に

まさか同じ箇所を骨折するとは

自分でも驚きですが

 

厄落としした

 

という言葉のお陰もあり、

ギプスと松葉杖の不便さも

経験しているお陰で包帯固定だけで

過ごせるのは


「運が良い」


なんて思えてしまう今日この頃。

最初のひと言のお陰で

骨折したからこそ

「運が良いなぁ」と思える出来事に

出会えているように思います。


ものは考えよう、

ならば考え方を変えてみよう!


ですね。


今日も応援しています♪



【追伸】

痛みもなく、不便さもないので

ご心配なく笑い話で聞いてくださいね