心のコンシェルジュかずみんのブログ '

心のコンシェルジュかずみんのブログ '

自分自身の心との付き合い方、パートナーシップ、その他の対人関係全般をより良くする為のヒントや、楽しくなることなどをお伝えしていきます。

昨夜、家に帰った時

夫に「雨大丈夫だった?」と聞かれ

初めて雷をともなう大雨が降っていた

事を知りました。


私が友人と食事をしてお店を出た時には

雨は降っておらず、


そのまま商店街のアーケードの下を歩き、

地下鉄に乗って移動した為、

スコールのような激しい雨が降っていた

ことも気がつかず。


自宅最寄り駅に到着した時には

雨も止んでいて

全く雨に濡れずに帰宅したので

雨の話をされてびっくり


同じ場所にいるのに、こんなに認識が

違う事もあるのかと2人で驚きました。

雨女、晴れ女に続き、


雨を避ける女


部門があればエントリーしたいです(笑)


さて、 大ベストセラー 「嫌われる勇気」

の共著者であり、

哲学者・アドラー心理学研究者の

岸見一郎先生のオンライン講演会の続き


今回は教育の目的について






黒太文字 岸見先生

普通文字 私の脳内トーク


子どもが何か直面したとしても、

親ができることは少ない


親が良かれと思ってやっていることが、

子どもの為にならない


誰の課題か(最終的に結末が降りかかるのは誰か)

子どもを援助する前に親の課題か、

子どもの課題かを分ける。


親を喜ばせたいと思う子

(親が喜ぶ相手と結婚することが

本当の幸福につながるか?)


課題を分けた上で、親と子の共同の課題に

する申し出をする。

子どもが応じてくれたら話し合いできる


教育の目的は自立

自立につながる援助か?



子どもが問題に直面したとしても

親ができることは少ない。


まず、その言葉に目からウロコな人も

多いかもしれません。


親が子どものことは何でも知ってる。

なんでも介入できる。

なんでも出来る!


と思っていると、自分が気が付かないうちに

成長していく子どもの自立の妨げになって

しまいます。


教育の最終目的は自立なのに

逆きいってしまい、

子どもの自分への依存を深めて

しまうかもしれません。


以前番組で90代の父親が、

引きこもりの60代の息子と

50代の娘の面倒を見ているという

ドキュメンタリーがありました。


突然父親が亡くなった後、何をしていいか

途方に暮れる子ども2人(60代と50代)


保険証一つどこにあるか分からず

書類を探すところからスタート。


そこから自分の人生を歩み始めることに

とても苦労しておられました。


教育の最終目的は自立。


子どもの課題を親が肩代わりしたまま

年月が経つと、

新しい事にチャレンジすることの

ハードルは更に上がり

結局は誰のためにもならない


だからこそ、

課題を分け、求められたら援助して

いくこと。

その援助が自立に繋がっているか。

が大切なんだなと思いました。


少し長くなってきたので続きは次回


今日も応援しています♪

週末は 大ベストセラー 「嫌われる勇気」

の共著者であり、

哲学者・アドラー心理学研究者の

岸見一郎先生のオンライン講演会でした。


最初の頃、キーボードの調子が悪く

うまくメモが取れておらず、残念。


まぁ、そんな事もありますね。


今回、講演会を通じて

「全ての悩みは対人関係」

なんだよなぁ。としみじみ思いながら拝聴。


加えて、以前教えていただいたアドラー心理学

3つの課題を思い出していました。


仕事の課題<交友の課題<愛の課題


愛の課題は「家族・親子・夫婦」の関係の

事で、関係が近ければ近いほど課題が混同

しやすく、


しかも「分かってくれるはず」という期待も

ありハードルが上がっていくので、

一番難しい対人関係の課題と言われています。


講演会の中で、親子をテーマに説明

されることが多いのですが、

一番難しい「愛の課題」を例に出してあるので

自身の仕事・交友の課題に照らし合わせて


講演会の内容を読んでもらえると

いいかもしれません。




黒太文字 岸見先生

普通文字 私の脳内トーク



他の人は私の期待を満たすためにいるわけではない

(反対に私も他の人の期待を満たすために

いるわけでない)


子どもが学校に行かなくなった→動揺する親


部下と接する時にイライラする時に思い出す

(部下は自分の期待を満たすためにいない)


自分(子ども)は親の代わりに

生きているわけではない



「他者は私の期待を満たすためにいる

わけではない」


この事をしっかり自分に落とし込んで

おかないと

家族やパートナー、仕事や交友関係で

「思い通りにならなくてイライラする」

という状況になってしまいます。


いつも誰かにイライラする人は

相手に対して常に自分の期待を

満たすことを望んで

しまっているのかもしれません。


「お前は私のいうことを聞いていればいい」


なんかドラマのセリフで出てきそうですよね。

そしてこのセリフ言う人は基本傲慢で

好かれないキャラだったり、、、、


また、


私は他の人の期待を満たすために

いるわけじゃない


も、セットで頭に入れておく必要が

あります。


ドラマで言えば


「お前は私のいうことを聞いていればいい」


と誰かに言われて葛藤しながらも、

自分を出せないキャラはこちら側


俯いて、暗くなって

本来の自分を出せない葛藤の演技には

ハラハラさせられます。


ドラマのセリフやシチュエーションほど

分かりやすくは無いかもですが


自分の期待

誰かの期待


は溢れていて、私自身

いまだに誰かの期待に応えようとして

なんだか重いような気がしたり


誰かを思い通りにしようとして

「イラっ」としていたことに

後から気づくことがあります。


あー、そうだった。

他者は私の期待を満たすためにいる

わけじゃなかった!


私も他の人の期待を満たすためにいなくて

いいんだ


この2セット


同時に持っていると、フラットな

気持ちでいられるように思います。


今日も応援しています♪

とっても暑い今日


今の気温は25度で、今月後半にかけ

4月としては10年に一度の暑さの

日々になるそう。


桜の話に、季節の服の話


話題にこと欠かないとは言え

乱高下する気温に振り回されて

しまわないように

気をつけたいものです。


妙な温度のお陰で

4月に入ってから少し寒かった事も

あり、まだ残っている桜。


桜を見にいこう!


と夫を誘い出して夕食後に散歩へ


ただ歩きながら 路地横に咲く桜を

見上げながら思い浮かぶことを話する時間


特に何を話したかも覚えてない程

浮かんだ言葉を口にする時間ですが

家に帰ると頭がスッキリしているのが

分かります。


20年以上前に

「桜の下で笑うと健康効果ある」と

テレビ情報を教えてもらったことがあるのですが

聞いた時には「そんなことある?」と

笑ったものの


今になってみると、

見上げて胸を開くことや

香りでリラックスすること、

目に映る柔らかなピンクから

カラーセラピーで心温かくなり、

更に笑うことで免疫力アップ!


そんな理由で

精神的に落ち着くことを指してたのかな?

なんて思ったり。


桜の下で笑うと健康になる


毎年、その言葉を思い出しながら

桜の下をお散歩

理由はなんであれ良い運動になってます。

桜が散ったら桜餅に良さそうな

葉っぱを眺めながら歩こうと

思います(^^)


今日も応援しています♪