マリーエンべルクのモイゼ

マリーエンべルクのモイゼ

2歳7ヶ月と8ヶ月の子供を連れ、2008年3月末より転勤の為ドイツの小さな町に引越してきた私たち。

どうなることやら・・・・

モイゼってドイツ語でネズミの複数形ニコニコ

ドイツ人は小さい子に愛情を込め 「可愛いねずみちゃんドキドキ

なーんて声をかけてくる。


我が家の元気なモイゼとドイツの生活を書いていこうと思います音譜



チェックアウトして帰ります。

ベルリンに来た時は必ずベトナム市場Dong Xuan Centerに寄って帰ります。

プレハブのような倉庫のような建物が何棟か並び、洋服だとか小物だとか色々なお店があります。

そこはホントまるでベトナム。

 

そこにいくつかあるレストランで食べ、いくつかあるアジア食材店で買い物をして帰るのが私達のいつものコース。

 

丁度お昼だったのでまずはお昼ご飯を食べました。

 

 

春巻きも美味しいし、このレモングラスが串になっているツミレみたいなのも美味しかったです。

 

 

ミルはフォー・ボ、リコはいつものフォー・ガ。

 

 

フォー・ガは皮付がいいか皮無しがいいか聞いてくれます。

 

私はいつものブンチャ。

 

 

外でお兄さんが次々とブンチャ用の豚肉を焼いているんです。

たまには違う物を食べようといつも思うんですが、その香りをかいじゃうとまたブンチャを注文してしまいます。

 

ダンナは初めて春雨なんちゃらというのをオーダー。

これが来ました。

 

 

血の塊みたいなのとか、肉団子とか変な葉っぱも入っていれ面白そう。

と思っていたらこれ違うお客さんがオーダーした物だったようで、ウエイトレスが慌てて戻ってきました。

写真なんか撮ってたから、手を付けてなく良かった(笑)

 

でも気になる、なんていう名の料理なんだろう。

これを注文していたのベトナム人の若い女の子だった。

ダンナが注文してた本当のはこちら。

 

 

ミートボールのフォーの麺が春雨になっているって感じ。

美味しかったそうですよ。

 

食後はアジア野菜とか買い物して家へ。

 

ウチの帰る方面のアウトバーンは、所々工事の為の渋滞があったけど比較的スムーズでした。

アウトバーンの片方2車線の制限速度無しな所とか、ウチが前の車のテンポに合わせ走行車線を時速170Kmで走っている時に、追い越し車線をビューンと物凄い速度で追い越していく車たち。

一体時速何キロで走っているんだろう?

 

地元の田舎道、なんか落ち着きます(笑)

ドイツではこんな風に自家用車にけん引してお馬さんを運んでいたりします。

 

 

このフランス語で馬って書いてある車、白馬を運んでいました。

 

私達が住む町とベルリンの紅葉具合は同じぐらいでした。

 

 

帰って来て、ウチは家族みんなで旅行の荷物を片付けるので、5分で片付け終了します。

洗濯機をまわしながら晩御飯を食べました。

 

ベトナム市場でお惣菜を買ってきたので、晩御飯はそれらを食べました。

 

 

右のはご飯の上にマメの粉がかかったような物。

左はミニ餃子みたいな物でエビとお肉が入っています。

 

長細いのは中にきくらげとか入っていて、揚げ玉ねぎをふりかけ、一緒についてきたニョクナムの甘酸っぱい汁に漬けて食べます。

 

 

右のはさつま揚げみたいな感じで豚肉で出来ているそうです。

どれも美味しいです。

 

今回のミニ旅行ですが、ドイツの首都ベルリンでほぼドイツじゃない物を食してドイツじゃないお店で買い物をした私達(笑)

韓国料理、中華料理、寿司、タピオカティ、抹茶ラテ、ポルトガルのナタ、そして〆はベトナム料理など。

 

ベルリンに行く前に知り合いの日本人からラインで「ベルリンではカリーヴルストを食べるの?」ってメッセージが来ましたが、見事にドイツじゃない物ばかりでした(笑)

 

買い物も無印良品、ユニクロ、MINISOU、ラファイエットだったり、あちこちのアジアショップも行ってみました。

別にドイツの物、ドイツの料理を避けているわけじゃないけど、見たいところ行って、食べたい物食べたらそうなっただけです(笑)

 

そうそう、MINISOUってお店でこんな物も買いましたよ。

 

 

韓国風のお弁当用箸とスプーン。

韓国料理大好きなミル&リコなんで、時々ビビンバ風なお弁当にしたりするんです。

その時に持って行ったらいいかなって思って買いました。

 

行く度に色々なお店が増えていて、いつも人が沢山で、首都で大きなビルが沢山あるのに、大きな森のような公園があったり、ベルリンは何度行っても楽しいです。

 

帰って来たばっかりなのに、「次にベルリンに行ったら・・・」とまた行きたいお店なんかの話をする私達でした。

 

今日はまずポツダムプラッツ近くのMall of Berlin(ショッピングセンター)へ。

ここ以前出来たばっかの頃の来ましたが、その時とまた違うお店が色々入っていました。

 

 

そんなお店の一つ。

 

 

「メイソウ」、遠くからこのロゴ見て、ユニクロ?って思っちゃいました。

雑貨屋で、ダイソーっぽかったりするのですが、お値段も安いし、結構楽しめちゃいました。

ここで数点買い物したのですが、レジで「プレゼントです」と言われ小さな袋をもらいました。

中はメンズのパンツなどでした。

 

 

次に二人が入って行ったのはこの店。

 

無印良品です。

ここでも数点買い物しました。

例えばこちら。

 

 

ミルとリコ、二人で使うそうです。

 

お昼は地下鉄で場所を移動して中華を食べました。

お店はこちら。

 

 

メニューに点心が色々あったので気になるのをオーダー。

 

 

大根餅美味しかった~。

 

 

プリッとしたエビが中に入っていてツルッとしていて美味。

 

 

これもエビ入り。

 

 

何て名前か忘れたけど、これも美味しかった。

 

 

どれもアツアツで口の中を火傷しそうなほどの熱さ。

 

炒飯の牛肉がやわらかかった。

 

 

ミルもリコも山盛り食べました。

 

 

食後は再びお散歩。

地下鉄で場所を移動して・・・

Galeries Lafayetteへ。

 

 

上の階の洋服から地階の食料品までぐるっと一周。

そして地下にあるこの本のコーナーへ。

 

 

ここはフランス語で書かれた本だけあります。

第二か国語でフランス語を取っているミルとリコ、将来フランス語で本がスラスラと読めますように、と願って1冊ずつ買ってみる事にしました。

 

子供の本コーナーにあったこちらの本を買いました。

今はまだ少ししか読めませんが、そのうち全部読めるようになるといいね。

 

この本屋さん、レジの店員も「ボンジュール!」から始め、金額などもフランス語で言ってきました。

そりゃそうだよね、フランス語の本を買おうとしている外人な私達、フランス語が分かると思うよね。

ドイツ語で返答しましたけど(笑)

 

今日は曇り空ですが、雨は降らなかったし、お散歩にはとてもいい気温でした。

 

 

あちこち歩いて喉が渇いたのでお茶タイム。

トラムにちょっと乗って場所を移動。

来たのはこの「Mamecha」という日本人がやっているカフェ。

 

外までいっぱいのお客さん。

ここはセルフサービスなのでカウンターでオーダーして席へ。

どうにかカウンターが空いていたのでそこに座りました。

 

 

抹茶ラテとかほうじ茶ラテなんかを注文。

席まで持ってきてくれました。

 

 

ケーキも美味しそうだったのでオーダーしました。

 

 

メニューはこんな感じ。

 

 

メニューにクリームソーダーを見付けて追加注文。

 

 

小さな店内にはどんどんお客さんが入って来ていました。

 

 

大満足なお茶タイム。

ミルもリコも和風なスイーツ、大好きです。

 

カフェの隣にはこんなお店が。

 

 

お茶の葉なんかを売っていました。

 

その後またまた街歩き。

さっきとは別の無印に行ってみたり。

 

 

ユニクロも沢山のお客さんでした。

昨日飲んだ店舗とは違うCOMEBUY、すごい行列が出来ていました。

 

 

タピオカティ、ベルリンでも人気なようです。

 

夜ご飯はまたまた韓国料理を選択。

これが結果、ハズレでした。

 

初めて行ったJukiというお店。

狭い店内は満席。

ネットで予約しておいたので座れましたが、予約してなければ無理だった感じの人気のお店でした。

でもお客の中にアジア人がいない・・・。

 

今日はサムギョプサルを食べるつもりだったのですが、メニューのメイン料理の一番最初に書いてあるサムギョプサルが今日は出来ないと言われます。

それじゃぁと適当に違うものをオーダー。

パンチャンはこんな感じです。

 

 

「Try it classic」(21.8€)というのがこちら。

 

 

そして「So gogi Jeongol」(27.5€)がこちら。

 

野菜たっぷりでいいんですが、どれもイマイチ。

 

多分このレストラン、韓国人がいないんじゃいかな。

従業員で見えた人みんな韓国人じゃなかった。

 

やっぱ人気があって賑わっているお店でも本国の人が食べに来ていないレストランは外した方が無難ね。

まぁ行って食べてみないとホントの所は分からないわけで、勉強になりました。

 

今回宿泊したNovotelはバスタブとシャワールームとトイレが別々なんです。

これってすごくいいですね。

 

今回使用しませんでしたが、電子レンジもこんな風にあります。

 

 

湯沸かし器の横に水道があるのも便利。

 

いっぱい歩いたので、それぞれ好きな入浴剤を選んでゆっくりバスタブにつかりました。

 

 

今回もいっぱい入浴剤を持参してきましたよ。

今日もいっぱい歩きましたが、楽しかったです。

 

今回宿泊しているホテルから歩いて10分もしない場所に「テロのトポグラフィー」があります。

昔行った事がありますが、ミルもリコも小さくてあまり覚えてないだろうからともう一度行ってみる事にしました。

 

かつてゲシュタポ本部(秘密国家警察)、地下牢があった場所の横にこんなシンプルな建物を建て、中にはナチスの非道な行いの数々を展示しています。

 

悲惨な写真の数々。

どうしてナチス政権が支持を得たか、どのような人達が迫害を受けたかなど詳しく展示されていました。

ミルもリコもそれらの文章を読み、写真をみて「あり得ない」と何度も言っていました。

 

その建物の向かいにはベルリンの壁。

 

 

私が初めてベルリンに来た時は、壁が崩壊して間もない頃で、こんな壁がフツーにありました。

かつての壁は撤去されましたが、あちこちにわざと残されています。

 

手前に見えるのは地下牢の後。

 

奥の建物を含め、DDR(旧東ドイツ)そのまんまの景色。

 

テロのトポグラフィーの見学を終え、ポツダム広場へ移動。

そこで色々なお店をみていたらそろそろお昼ご飯の時間。

 

今日は一日乗り放題のチケットを買いました。

 

 

このチケット一枚で5人までABゾーンの地下鉄、トラム、バスなどが一日乗り放題です。

地下鉄で移動してこのレストランに来ました。

 

 

SSAMという韓国料理レストランです。

プルコギとランチメニューから数種オーダーしました。

 

パンチャンはこんな感じ。

 

 

ここのキムチも美味しかったです。

 

 

オーダーしてすぐにこれらのパンチャンを持ってきてくれたんですが、なぜか葉っぱのカゴも来て、火も点火しました。

もしかしてサムギョプサルを注文したと間違ってる?

 

ランチメニューにあったビビンバ。

 

 

これは野菜の下にソーメンのような麺が入っています。

 

 

これも同じ麺が入っているのですが、上のは辛いソース、こちらは醤油味の辛くないつゆでした。

 

炒めたご飯。

 

 

そしてプルコギがきました。

 

ガスコンロに乗った状態で持ってきて、テーブルのサムギョプサル用セットに、「あっ」と言い、かえていました。

やっぱ勘違いしていたのね。

 

この店のプルコギはお野菜がいっぱい。

 

 

プルコギは38.8€だったかな。

 

 

どんどんお客さんが来て、満席になっていました。

アジア系のお客さんより、ドイツ人や英語を話す人の方が断然多いお店でした。

 

レストランを後にして、そこから歩いて5分ほどのMaybachufer通りへ。

今日はそこにトルコ市場がやっているので行ってみました。

 

 

新鮮なお野菜がいっぱい。

 

 

それに安い!

この右に見える大きなパイナップル、そしてその横のパックにごろごろ入ったネクタリン、どちらも75セント、100円もしないんですよ。

 

食べ物屋も色々出ていて、このギョズレメ、昔トルコに行った時、リコが気に入っていっぱい食べてたもの。

 

お腹いっぱいだったけど、一枚買って4人で食べてみたりしました。

本場のお味でしたよ。

 

こういう市場、見ているだけで楽しいわぁ。

 

その後は地下鉄で場所を移動。

アレキサンダープラッツに来ました。

気になるお店、色々見てみました。

 

 

可愛い靴~。

でも高すぎた、250€ぐらいでした。

 

喉が渇いたのでこちらでお茶タイム。

 

 

ライプツィヒに行ったら必ず行くCOMEBUY、ベルリンには数店舗あるようです。

 

 

それぞれ好きなドリンクをオーダー。

 

 

その後また色々なお店を見て回りました。

 

 

ベルリンに来たらこれまた必ず寄る、大きな本屋さんDussmannにも行きました。

Dussmannの地下にある楽譜のコーナーは凄い品揃えなんですよ。

そしてなんと夜中の12時までオープンしている本屋なんです。

 

またまた地下鉄で移動。

J-Storeってお店に行ってみました。

日本や韓国の物がいっぱい売っているお店です。

入るとすぐ右手には日本の漫画がいっぱい。

その他、すみっコぐらし、リラックマなどのグッズとか色々。

 

そのお店の奥に、なんとプリクラ発見。

 

 

日本から持ってきたまんま。

早速やってみたミル&リコ。

 

料金は1回8€、2€コインを4枚入れるようになっていました。

すべて聞こえてくるのは日本語です。

 

 

只今、写真を加工中。

 

 

これ、ドイツ人で日本語分からなくても大丈夫なのかなぁ?

過去に撮った人の写真があるんですが、アジア系の顔は一人もいなかったわぁ。

 

ミルもリコも久々のプリクラ、すごく楽しかったみたい。

 

 

移動のSバーンで楽しそうに撮った写真を見ている二人。

 

夜ご飯はKFCとか寿司とかを買ってホテルで食べる事にしました。

 

久々の握り、美味しかったわぁ~。

 

今日は何度も地下鉄を利用したけど、それでもいっぱい歩いた一日でした。

やっぱベルリンは楽しいです。

旅行ってほどでもないのですが、今年の秋休みは3泊4日でベルリンに行くことにしました。

もう何度も行っているベルリン(10回以上は確実)観光の予定はありません(笑)

目的は食べる事、ショッピングなど街歩きです。

 

7時半ごろ家を出発。

途中地上に突き刺さるような虹が見えました。

 

 

ベルリンには11時少し前に着きました。

今回宿泊するのは私達が大好きでよく利用するNovotelです。

地下にあるパーキングは一日17€とちょっと高いけど、ベルリンだものね。

 

まだお部屋に入れる時間じゃなかったので、車をパーキングに置いて早速街歩き。

ベルリンの町もすっかり秋らしくなって、落ち葉がいっぱい落ちてます。

 

お昼ご飯は我が家族のお気に入りの韓国料理レストランHODORIに行きました。

 

 

綺麗でもオシャレでもないこのレストランですが、私達は大好き。

ベルリンに来る度、ここに来るのを楽しみにしています。

 

パンチャンはこんな感じ~。

 

 

どれも美味しいです。

今回食べたのは・・・・

 

イカを炒めたオジンオポックム。

 

 

そしてプルコギ。

 

 

それから海鮮チジミ。

 

 

ランチメニューの中にあったポックンパ。

これ自分で混ぜて食べるのかな。

 

 

とにかく今回もどれも美味しかった~。

明日も来たいほど(笑)

 

お腹いっぱいになってゆ~っくり歩いて、そこから約2Kmほど離れたKDW(デパート)へ。

 

 

このデパート、ケムニッツとかそこらのデパートと違って高級品がいっぱい。

一足10万円以上の靴、30万円以上の服、それらを「ひぇ~高い~」って言いながら見て歩くのも楽しい。

そしてそれをフツーにどんどん買っている人もいて、さすが都会!と思ってしまいます。

 

上の方に食料品ばかりの階があるのですが、ここに来た時は必ず1周してます。

世界の美味しい食べ物がいっぱいです。

 

和牛はKgあたり290€でしたよ。

日本のお菓子も並んでました。

 

 

このドーナツとか自分で作るシリーズ、これよくミルとリコ、小さい頃やりました。

この一箱、8€弱でしたよ。

 

ふとミルが、

「これってユダヤの・・・」

と言って指差したもの。

 

 

リコ「あ~これ、これ」

 

 

リコは学校でユダヤ教の事を習ったばかり。

ミルも2年前、信じられないくらい詳しく習ってました。

これ、酵母が入っていないお祭り時に食べるパンでマッツァーと言うものらしい。

 

買うわけでもないけど、今までなら目に留まる事がない、こうやって授業で習った物を見付け、手に取ってみるのも楽しいです。

 

Bikiniっていうショッピングセンターの中をうろうろ。

 

 

ここは動物園のすぐ横で、こんな風にガラス張りの大きな壁から動物たちが見えます。

こんな風に広々としたスペースで動物を見ながら休憩している人達。

 

 

この2階にナタ(エッグタルト)発見。

 

 

昨年リスボンに行った時、あちこちのお店で買って食べ、すっかりファンになった私達。

 

 

4つ買って1個ずつ食べてみました。

ちなみに1個2.25€でした。

 

 

サクッ、トロ~リ美味しい。

 

 

リスボンで食べたのと大差なく、美味しかったです。

 

その後もあちこちのお店に入ってみました。

そしてドーナツも買いました。

 

 

箱がハロウィン仕様でしたよ。

 

 

今日もいっぱい歩きました。

気温もちょうどよく楽しいお散歩になりました。

ウチの窓から見える建設現場。

 

 

Edeka(スーパー)が今までの倍ぐらいの大きさになり、こんな田舎なのに地下に駐車場も作ったらしい。

12月再オープン予定で、最初合った建物を壊し更地にする所から、地下駐車場を作るところなど、ずーっと様子を見ています。

 

今日は外壁の所に何人もいて作業をしています。

よ~く見てみると、みんなで壁紙を貼っているんです。

室内だったら壁紙、分かりますが、外壁も壁紙を貼るとは。

この後に更に何かで覆うのか、それともこの壁紙で外壁は完成なのか?

 

ところで、今日はこんな頂き物を食べました。

 

 

ラスクです。

先日、この治一郎という名のバームクーヘンを頂き、感動ものの美味しさでした。

きっとこれも美味しいはず。

 

あれ、意外と普通(笑)

会社のドイツ人達もバームクーヘンの時の食いつきは凄かったのに、これはそれほどでも無いという。

 

そいたらミルとリコが食べて、

「これZwiebackじゃん」

と言いました。

 

そーだった。

ドイツにはZwiebackと言う名でラスクが売られています。

こんな上品に個別包装なんかなくて、20枚ぐらいがそのまま入っています。

 

スーパーでもパン売り場近くに色々なメーカーから出ているZwiebackが並んでいます。

ごく庶民的なお値段、数€で買えます。

 

朝食やおやつに食べるポピュラーな物。

ミルとリコが幼稚園の頃は、ランチやおやつの時間かなんかにそのZwiebackが出て、ウチでも食べるというので買った事が数回ありますが、今は誰も食べないので、ここ何年も買っていません。

 

そう、こんなオシャレで素敵なラスクですが、ドイツではフツーの食べ物でした。

もちろん日本の物ですから、食べてみたら繊細な味がしました。

でもね、ドイツ人からしたらどうかしらね。

 

ミルとリコに言われるまで、Zwiebackの存在すっかり忘れてました。

日本のZwieback、白いのも黒いのも美味しくいただきました。

どうも有難うございました。

賞味期限が短くないと、また今度食べよう、としまい込んでしまいます。

これもそんなお菓子。

 

 

この夏にフランスで買ったマカロン。

ふと見たらそろそろ賞味期限。

マカロンっていうとカラフルな色でクリームが挟まっていますよね。

でもアルザスのマカロンはココナッツの粉で出来ていて形も違うしクリームもはさまっていません。

 

 

これはこれで美味しいです。

 

ところで今日の晩御飯は牛タン。

ドイツの大抵の大きめなスーパーで牛タンは買えます。

生の物より軽く塩漬けされた物の方が多く売られています。

 

日本のようにスライスされているのはハムコーナーにあるそのままパンにのせて食べる用の物だけ。

それ以外は大きな舌がそのまま売られています。

 

それを茹でて皮をむきます。

 

 

そして好きな太さにスライスします。

 

それをバターでソテーして出来上がり。

 

ブラウンソースを作って、ジャガイモなんかと共に食べます。

レストランだと付け合わせはジャガイモ&Rotkohl(赤キャベツ)なんですが、今日は赤キャベツは省略。

その代わりに青梗菜炒めとか野菜たっぷりのスープやサラダをつけました。

 

自分で好きなだけ牛タンやジャガイモやソースを取るやり方。

 

 

牛タンは付け根の部分がやわらかくで美味しいんで、まずはその部分を取るミル。

牛タンをその後おかわりしてましたよ。

 

簡単で美味しい牛タン。

2Kg弱あった牛タン、みんないっぱい食べたけど、食べきれるはずもありません。

残ったのは明日以降の料理、炒め物とかに使います。

また冷凍しておいて、お弁当の隙間に小さくカットして入れたりもしてます。

 

家族みんな好きな牛タン。

日本の焼肉の牛タンも最高ですが、これはこれで美味しいです。

土曜日にLeipzigのベトナム市場で買ってきたお野菜を使いました。

 

最近は青梗菜もKauflandやLidl(スーパー)でも見かける事が多くなりました。

確かそれらはスペイン産だったような。

 

先日Lidlで買ってきた青梗菜は2株で1.3€ぐらいでした。

安い!と思って買ってきたのですが、このベトナム市場を上をいきます。

だって5株で1€だったんですよ~。

そりゃ~ドイツのスーパーで買った方が、洗わなくてもいいんじゃないか、ぐらい綺麗な器量で、このベトナム市場の方は土が結構ついていましたが、新鮮さは変わらず。

 

真ん中にあるのはニラ。

これはまだまだドイツのスーパーでは見かけません。

これも1€でした。

時々買う、ネットの韓国食材店では、同じぐらいの量で3.75€です。

ケムニッツのアジアショップでは時々売っているのですが、これよりずーっと量が少なく1.99€。

 

そしてこの左奥は春菊。

何度も書いているかと思いますが、このベトナム市場の春菊はクセが無くすご~く食べやすいんです。

この大きな束も1€。

鍋物にしたりスープにしたり天ぷらにしたり。

モヤシも新鮮で安い。

 

今日はこのモヤシとか春菊でナムルを作ってビビンバにしました。

 

 

こんな風にナムルを用意して、上に見えるのはステーキ用の牛肉を細切りにして味つけたもの。

これに温泉卵をとか、今日は目玉焼きをのせて、コチュジャンをつけてぐるぐるっとかき混ぜ食べます。

ご飯の量とか具の量とかお好みで出来るようにセルフで。

 

茹で卵、温泉卵、目玉焼き、普段食卓にあっても手を付けないリコが、ビビンバの時は食べるから不思議。

 

そしてそれ以外にみんなの大好きなカムジャタンも作りました。

 

 

いつものように前日に下茹でして余分な脂をとっているので見た目よりさっぱり。

辛くて美味しいです。

 

ベトナム市場が近かったら週に2度は行っているだろうなぁ。

 

 

今日も朝からテニスをしに行きました。

 

 

着替えてコートに向かうところ。

 

 

本日も貸し切り~。

昨日同様、今日も暖かい日だったので、ちょっと動いただけで汗をかきました。

 

ところで、ザクセン州は昨日から秋休みです。

女子会のメンバーの多くが、この秋休みを日本で過ごすようです。

 

過去に秋休みに日本に滞在し、戻ってきてドイツ人と「秋休みどうだった?」と話をした時、「日本は暑いぐらいだった」という私に対し、「ドイツも暖かい良い天気の日々だったのよ」と返って来ることが多かったんです。

 

今年もスタートから、そんな感想が言える秋休みになりそうな予感です。

今日はなんと22度まで気温が上がりました。

先週までは氷点下も経験しているし、10度以上いかない日が殆どで、ミルもリコもマフラーをして学校に行っていた日もありましたからね。

その日々からすると、もう最高にいい気温です。

 

ザクセン州の秋休みは2週間です。

ミルもリコもちょっと休戦って感じかな。

 

毎年同じですが、夏休み明けに新学期が始まってすぐにテストテストの日々。

秋休みに入るギリギリまで、毎日何かの教科のテストがあった二人です。

それ以外に課題もたっぷり、見ている私もなんか落ち着かない日々でした。

 

ドイツの学校は基本、「休暇中には宿題を出さない」ので、宿題のような物はミルもリコもないのですが、もう既に担当の先生から休み明けにやるテストの日程を言われている科目がいくつかあるので、ゆっくりともしていられません。

 

でも「明日」やるテストは無い日が2週間続くことはホッとする日々が続く事になります。

ミル&リコもそうですが、大変そうな日々を横で見ている私もなんだかホッとする休暇中です。

 

秋休みに入った途端、木々が色付き、ホント秋らしくなったような気がします。

ウチの窓から見える景色も黄色や赤色が入ってきました。

 

 

この木も夏場は緑でふさふさだったのに黄色くなり、どんどん散っています。

 

 

そのうち全部の葉が散って枝だけになるんですよ。

毎年毎年の繰り返し。

 

秋休み、我が家はちょこっとミニ旅行する予定です。

ミルもリコも2週間、楽しい日々になりますように。

 

今日はLeipzigに行きました。

 

どこをみても秋らしい風景になりました。

 

この建物の蔦も綺麗。

 

 

素敵な豪邸だなぁとみていたら、この建物クリニックでした。

 

今日のLeipzigに来たのは、ダンナの会社の方の娘さんが、先月からLeipzigの大学に留学しているので、彼女とお会いする為です。

12時に待ち合わせして、何度か行った事があるドイツ料理レストランへ。

ちょっと裏道にあるそのレストランはドイツ料理が色々あり美味しいので選択したのですが、席数も沢山ある所なので、特に予約はしませんでした。

 

そしたらまさかの予約でいっぱい。

それではと、マルクトプラッツ近くに昨年ぐらいに出来たバイエルンのビールレストランへ。

そこは外の席はいっぱいでしたが、店内は空いていて座れました。

 

それぞれ好きな料理を選択。

私はローストポーク。

 

 

ダンナはSchweinehaxe(豚すね肉を焼いた物)を食べました。

 

 

この料理、こうやってナイフが突き刺さって出てくることが多いです。

 

先月こちらに来たAさんは日本で通っている大学の提携校であるライプツィヒ大学に1年間通いGermanistik(ドイツ学)を勉強するんですって。

同じ大学からは3人来ているそうです。

クラス分けがあったばかりで、その3人の中の一人と同じクラスになったとか。

 

学校から紹介されたアパートでロシア人とスペイン人との3人で共同生活しているとか。

その部屋は昨年、同じ大学から来た先輩が住んでいた部屋だそうで、そのまま引き継いだんですって。

 

ダンナの会社の方である、つまりAさんのお父さんの年を聞くと、私より1歳年上。

という事はAさんの親と私達はほぼ同じ歳なのね。

 

とても賢そうな、そして可愛らしい子でした。

LineやWhatsAppを交換したりしました。

 

食事が終わって、彼女特に予定がないというので、そこから車で15~20分ほど離れた、私達がよく行くベトナム市場まで一緒に行きました。

そこでアジア野菜なんかを買い物。

そして彼女の住まいまで行ってバイバイしました。

 

私もダンナも初めてドイツに留学したのも彼女と同じ歳でした。

彼女と話していて、はるか昔のその当時の事を思い出しました。

 

その頃と今と大きく違うのは、やはり通信手段かな。

当時は今みたいにメールだのラインだのスカイプだのなんて無く、電話のみ。

それも通話料金がすごく高かったから、滅多に親と連絡とらなかったけど、今はタダでいつでも連絡が取れる状況。

今、親の立場になって、安心感が全然違うなって思いました。

 

とにかく1年間、楽しい事がいっぱいあるといいなぁって思いました。

 

家に帰る途中にスーパーに寄りました。

その駐車場の木がとても綺麗な黄色で、青い空に映えてます。

 

 

どこもすっかり秋らしい風景に変わりました。

 

そうそう、いつものようにベトナム市場でお惣菜も買ってきました。

 

 

これ私とミルが大好き。

つるっとして美味しいんですよ。

 

今日は秋空の中、ドイツ留学スタートのAさんと話し、はるか昔の自分の留学した頃の事を思い出したり、今親という立場から、彼女の親も心配しているだろうなって思ったり。

とにかく一年間、無事にいい経験が沢山出来たらと思ったのでした。

 

 

小学校の時もそうでしたが、ギムナジウムでもAltpapiersammlungの日があります。

Altpapier(古い紙)Sammlung(集める)のです。

私が子供の頃に家の前を時々通った「チリ紙交換」のようなもの。

 

学校で集めた古新聞、古雑誌などをお金にかえて、学校の事に使います。

今週がその集める期間です。

親が車で来て、ドバッと大量に持ってきても良し、子供が持てる量を持ってきても良し。

 

ウチはその期間(1週間)毎日、ミルもリコも持てる量だけ登校する時に持って行ってます。

段ボールはなぜかダメなんですが、それ以外なら大抵の紙類がOKなのですが、ウチはミルとリコが使った物をこのAltpapiersammlung用にためておいて、それを持って行ってます。

例えば使い終わったノート、進研ゼミのワークブックなどです。

 

学校のお金になるし、その一部はクラスの会計にも振り分けられるので、先生方も保護者代表の人も熱心です。

ミルとリコの話では、朝、古紙を入れるコンテナの前にその日の担当の先生とお手伝いの保護者がいるそうです。

そしてクラスごとに分かれている名簿の紙があって、どの子がどのくらいの量を持ってきたかチェックするんだとか。

 

最終的にはどのぐらい集めていくらになったとの報告が保護者にあるのと同時に、各クラスの協力度、つまりクラスの何パーセントの子供が古紙を持ってきたかも報告されます。

前回のミルのクラスは90%ぐらいだったかな。

 

今週火曜の午後にミルのクラスの保護者代表がWhatsAppでクラスメートの親全員に「今週はAltpapiersammlungです。100%の参加率を目指しましょう」とメッセージが来ました。

 

それに対し、「もう持って行ったよ」「明日持って行く予定」など次々親のメッセージが入ります。

この保護者全員で作られたWhatsAppグループは、いつもメッセージを書く人は同じ5,6人なんです。

もちろん私は書かない方で読むだけ。

でもこのAltpapierの件については、普段書かない人も「もう持って行ったよ」と書いているので、私も「持って行きました」と記入しました。

その後も次々とみんなが記入し、中には「今日の18時に持って行く予定」なんて細かに書いている人もいて笑えました。

 

さぁどのくらい集まるんでしょう。

そしてミルのクラスもリコのクラスも参加率100%になったのかしら?

 

そんなわけで、今週は毎日古紙も持っての登校で重たい思いをしたミル&リコ。

今日は給食をオーダーしてなくお弁当なので更に重たかったかな。

 

本日のお弁当はこんな三食弁当。

 

 

短い休み時間に簡単にパパッと食べれる物を、と思っているので作るのも楽。

これならスプーン一本で食べれるでしょ。

 

晩御飯用にはキンパを作りました。

 

 

いつものようにいっぱい作っちゃったので、今日来る予定のフルートの先生Mさんに少し持って帰ってもらおうとパック詰めをしてあったんです。

丁度そのころMさんから電話が来て、今日来れなくなっちゃった事をききました、残念。

 

 

寿司が苦手なリコもキンパなら食べるので時々作ります。

家族みんな山盛り食べたけど、やっぱパック詰めした分は無理だったので、明日食べようと思います。