LGBTも幼児虐待も障害者差別も一度に考えられる映画『チョコレートドーナッツ』を今こそ観るべし! | ダウン症児のママはシンガーソングライター MIMOの「ギフト」な日々

ダウン症児のママはシンガーソングライター MIMOの「ギフト」な日々

ダウン症の愛娘の子育てと、シンガーソングライターとしての音楽活動を楽しんでいます。
みなさんが元気でやさしくなれる情報をお届けいたします!


テーマ:

月曜深夜に放送されている

日テレ「映画天国」が

けっこう秀逸な作品が多くて

好きなのです。

 

先月6月は、

LGBTの「プライド月間」として

認知されている月ということで

「映画天国 LGBT 映画祭」

が展開されていていました。

 

そうしたらなんと!

ずーっと見たくても

タイミングを逃していた

『チョコレートドーナッツ』

が放送されたのです!

 

わたし

もう三回観直して

三回号泣しました‥‥笑い泣き

っていうか

観るの遅すぎっアセアセ

 

これは是非!

すべての人に観て

そして考えてほしい

珠玉の映画です!照れ

 

 

1970年代のアメリカ・ブルックリンで実際にあった「障がいを持ち、母親に育児放棄された子どもと、家族のように過ごすゲイの話」。本作はモデルになった男性と同じアパートに住んでいたジョージ・アーサー・ブルームによってシナリオ化された。2011年、トラヴィス・ファイン監督はこのシナリオを読み、崩れ落ちて涙を流したという。トラヴィス自身はゲイではない。だが、愛するわが子を奪われる苦しみに普遍性を感じたという。出会うこと、求めること、守ること、愛すること……ゲイもダウン症も関係なく、魂のレベルで求め合う愛はすべての人の心に届く。そして、『チョコレートドーナツ』は全米中の映画祭で上映され感動の渦に巻き込み、各地で観客賞を総ナメにするという快挙を成し遂げた。

 

映画『チョコレートドーナッツ』オフィシャルサイト~イントロダクション~より

 

TSUTAYAの

みなさんのレビューが

またとても感動的で‥‥笑い泣き

 

こちら

 

 

性別って?

障害って?

家族の本当の絆って?

 

いろんなことを

改めて

問い正してきます。

 

これは

百聞は一見にしかず。

ご自分で観てそして

感じ、

考えていただきたいです。

 

あらゆる

自分の中の「バイアス」

そう「偏ったモノの見方」が

劇的に変わる

私はそう思います。

 

映画『チョコレートドーナッツ』

超おすすめですビックリマーク

 

 

 

MIMOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス