目指せ! 自衛官のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

一般曹候補生の1次試験まで、あと3週間となりました。

 

前もって9月の採用試験を念頭に置いて、既に対策を練っている人はいいのですが、急遽自衛官採用試験を受けることになった人もいると思います。

 

あるいは、これまで部活動や他の活動に時間を取られて、実質的に今から受験対策をしなければいけない人もいることでしょう。

 

 

 一般曹候補生の試験科目を1つずつ見ていきましょう。

 

幸い、国語が実質的に「漢字と語句」ですので、あらためて細かい対策をとる必要はありません。

 

というか、取りようがないんですね。

 

強いて上げれば、文法(現代文)をコツコツやって本番までに仕上げられれば大丈夫です。

 

あとは対策問題を解いていって本番の形式に慣れることが大切になります。

 

他の科目ですが、数学は「数学Ⅰ」、英語は「英語Ⅰ」。

 

さて、今日の話はここからが本題です。

 

おととしの8月末、ある男性(大学4年生)からお電話を頂戴しました。

 

実は私は、自衛官採用試験の対策だけではなく、中学生・高校生を対象とした学習塾も運営しております。

 

その大学生と話をしていくうちに、彼が当YSTの元・中学塾生だったことが分かりました。

 

その時は青森の大学に通っているとのことで、当YSTに直接通って授業が受けられないということ、そして、直前まで所属していた運動部の大会等で実質的にこれから勉強を始めるということでした。

 

それで「何かいい対策法はないでしょうか」ということでした。

 

元塾生とだからというわけではないのですが、私は彼にある秘策を伝授しました。

 

「これから勉強するのであれば、数学に専念しなさい。数学はやればやった分だけ即点数につながります。あとは時間がどれだけ確保できるのかですが、数学をやって時間がないのであれば、英語の対策はやらない。時間があるのでれば、文法を中心に対策をすること」。

 

これは数学と英語の出題形式にもよるのですが、 数学は本当に勉強すればした分だけ、即点数になります。

 

でも、英語は形になるまでに時間がかかるんですね。

 

結局、元塾生のG君は、「7日間完成!一般曹候補生」と「実戦問題集」を購入して、残りわずかの期間に全神経を集中することになりました。

 

11月の最終発表の日。

 

G君から電話が入りました。

 

「先生、一般曹、無事合格しました。ありがとうございます」

 

「それはよかった。おめでとう。最後の追い込みはかなり頑張ったんじゃないの」

 

「はい、教材を購入したその日から毎日8時間、勉強しまくりました。テキストも問題集も何回もやりまくりましたよ」

 

「ほかに何かやったことある?」

 

「いえ、もう時間がないので、先生から頂いた教材だけです」

 

「英語もやる時間はあった?」

 

「何とかつくってやりました。人生でこんなに勉強したことはなかったです(笑)」

 

運動部でつちかった集中力が、追い風となり、G君は見事「短期決戦」に打ち勝つことができました。

 

千里の道も一歩から

 

その一歩を踏み出すことで、あなたの夢が実現します。

 

まだ3週間あります。自分の可能性を信じて頑張っていきましょう!

 

【基礎から学ぶテキスト】
 7日間完成!一般曹候補生

http://mezaji.com/ichiran/7days/

 

※この記事は昨年8月26日のものです。
是非知って頂きたい内容なので、一部修正をして再度アップしました。

 

AD
いいね!した人

テーマ:

今日、航空自衛隊・松島基地の航空祭に行ってきました。

 

7年ぶりの開催。

 

東日本大震災のためしばらくの中断がありましたが、隊員さんはじめ、地元や関係者の皆様のご尽力のおかげで、本当にかなりの来場者が訪れました。

 

ファンの1人として、これからも「新たな復興のシンボル」として開催されることを願っております。

 

 

さて・・・

 

一般曹候補生で入隊しようか、自衛官候補生にしようか悩んでいる人もいると思います。

 

中でも、学科試験のレベルや倍率などの理由で自衛官候補生にしよう、と決めている人もいることでしょう。

 

ある若手の隊員さんとお話しする機会がありました。

 

「自衛官候補生」で入隊したのですが、定年まで自衛官として勤めるためには、昇任試験にパスなければいけない、ということでした。

 

でもこの昇任試験、合格率は1割を切っているんです。

 

この数字は、せっかく念願の自衛隊に入隊しても、10人中9人が自衛官を辞めなければいけないということを意味します。

 

初めから、1任期・2任期を勤め上げ、あとは民間に就職するという青写真を描いて自衛隊に入隊するのであれば、自衛官候補生はとても素晴らしい制度と言えます。

 

実際、そのような人生設計のもと、入隊する若者もいらっしゃいます。
これはこれでとてもいいことです。

 

でも多くの場合、あこがれを抱いて自衛官になる訳ですので、20代に志半ばで自衛隊を去って行くというのは、やはりやりきれない思いがあることでしょう。

 

これから自衛隊の試験を受ける人の解決策は、ズ・バ・リ、一般曹候補生で入隊すること。

 

このようなことを書くと、私は現職の自衛官(元自衛官)だが、自衛官候補生で入隊した方が、かえっていい、などというコメントをする人もいることでしょう。

 

でも、私は確率的なことを述べています。

 

任期制で入隊すると、9割の人は自衛隊を辞めなければいけないという数年後の現実が待ち構えている訳です。

 

松島基地のある幹部の方とお話しをする機会がありました。

 

「若手の隊員さんが、本当は自衛官という職業を定年まで全うしたいにも関わらず、志半ばで職場を去って行くのを見るのは残念でならない」とおっしゃっていました。

 

幸いなことに、今年も民間の就職状況が良好なため、自衛官を含む公務員志望者は少なくなることが予想されます。

 

本当に自衛官になりたい、と思っている人からすれば、今年は倍率が必ずしも高くはなく、「例年に比べれば入りやすい年」であると言えます。

 

高3生を中心とした志願者の多くは、実質的には8月に入ってから学科試験の対策を始める人ばかりです。

 

本番まであと20日ほど。

 

短期決戦になりますので、気持ちを強く持ち続け、やるべきことをやり遂げた人こそが栄冠を勝ち取ることができます。

 

自分の夢を叶えるのは、他でもないあなた自身の行動です。

 

ようやく手の届くところまで見えてきた夢です。

 

是非、あなたの力でその夢を実現しましょう!

 

【一般曹候補生・プレテスト:明日8月28日〆切】
http://mezaji.com/testdetail/

 

AD
いいね!した人

テーマ:

今年から5月にも一般曹候補生の試験が実施されることになりました。
8月4日に最終合格者が発表されました。

 

当YSTでも見事、陸上に最終合格を果たした若者がいました。

 

おめでとうございます。

 

 

以前、このコラムでもお伝えしましたが、数年前にも5月の試験が実施されていた時期があります。

 

当時は、5月の試験ではほとんど採用者を取ることはなかったのですが、今年は、陸上に関しては劇的に事情が違うようです。

 

かなりの数の合格者を出しています。

 

高3生が就職協定のからみで9月の1回しか受けられないことを考えると、この合格者数は高3生に対して不利な状況と言えます。

 

勿論、5月に採用試験を実施した背景には、志願者が様々な理由で減っているという現実があるのですが、それを考慮しても5月の試験での採用者数が多いように思われます。

 

となると、そのしわ寄せがくるのが高3の志願者ということになります。

(厳密には9月の試験を受ける志願者にしわ寄せがきます)

 

どういうことか?

 

例えば、昨年の受験事例があてはまらないことが起こりうることになります。

 

具体的には倍率がどのくらいで、地元の県から何人ぐらい合格していた、というデータがあてはまらないケースがでてきます。

 

昨年は各地方協力本部からすると「募集難」の年でした。

 

でも、今年は5月にそれを見越してそこそこの人員を確保していますので、9月の試験は「いい人材を確保できる試験」となるでしょう。

 

9月の試験を受ける人は、例年に比べれば倍率が高いことが予想され、従って合格者の最低点も高くなることが十分に想定されますので、気合いを入れて学科試験対策を行うようにしましょう!

 

明日〆切:自衛官模擬テスト
http://mezaji.com/testdetail/

【目指せ! 自衛官】

 

AD
いいね!した人

テーマ:

今日から、一般曹候補生対策の夏期講習が始まりました。

 

初日ということもあり、ある受講生といろいろとお話をしていました。

 

対策の問題集を書店で購入したのはいいのですが、解説があまりにも「ザックリ」としていて、自力で勉強できそうにない、ということで申し込みました、とのこと。

 

 

数学では、2次関数の3基本形と平方完成のやり方を説明していきましたが、彼の吸収力は素晴らしく、スルスルと吸収していきました。

 

大切なのは、「これをやれば大丈夫」というテキストを手元において、それを本番までに身に付けることです。

 

当方は宮城県にあるため、ホームページをご覧になった方から「通いたいけど通えないんです」というメールやお電話を頂戴することが多々あります。

 

そのような場合には、テキスト「7日間完成! 一般曹候補生」を入手して頂き、その後最寄りの(テキスト持ち込みOKの)個別指導塾等でみっちりと指導して頂くことをオススメしております。

 

学習塾や個別指導塾の先生は、ほぼ間違いなく高校受験や大学受験に特化していますので、過去問を持参して「自衛官を受けたいんです。指導してもらえますか?」と頼んだところで、何をどうやればいいのか分かりません。

 

でも、やるべきテキストさえあれば、教えることに関してはプロですので、安心してお願いすることができます。

 

「一般曹候補生にはなりたいんだけど、何をどうすればいいのか分からない」、「1人では勉強できない」と思っている人がいましたら、まずは「7日間完成!一般曹候補生」を取り寄せて、最寄りの塾に相談してみるのもよいでしょう。

 

【基礎から学ぶテキスト】
7日間完成! 一般曹候補生

http://mezaji.com/ichiran/7days/

 

 

いいね!した人

テーマ:

だいぶ前の話になりますが、私が在籍していた大学では、真剣に公務員就職を考えている友達が結構いました。

 

大学生向けの公務員試験は、5月~6月にあります。

 

見事、公務員採用試験に合格する人は、下準備に余念がありませんでした。

 

大学3年の夏頃になると試験の勉強の準備を始めるわけです。

 

それに対して、4年生になって、何となく「公務員試験を受けようかなあ」と言って受ける友達は、ことごとく1次試験で門前払いをされていました。

 

 

さて・・・

 

今年から一般曹候補生の1次試験が、5月にも実施されることになりました。

 

ということで、既に来年の自衛官採用試験を受ける予定の大学3年生からすると、この夏は、またとない「情報のかき入れ時」になります。

 

7月下旬から8月にかけて、「今年の」9月の採用試験に向けて、各地域の事務所や地本主催で様々な説明会や勉強会が行われます。

 

でも5月の自衛官採用試験の前には、幹部候補生向けの説明会はそれなりにあるかもしれませんが、「5月の」一般曹候補生の試験に関するレクチャーはほとんどありません。

 

ということで、特に倍率の高い女性志願者(陸・海)の場合、来年になってようやく行動するのではなく、この夏にこそ情報を仕入れるようにして、可能であれば少しずつ勉強も始めるとよいでしょう。

 

特に文系学科の人は、高1の数学をあらためて勉強する必要がありますので、時間がかかることが予想されます。

 

さて・・・

 

今年の5月に1次試験があった一般曹候補生の最終合格発表が8月4日にあります。

 

それだけに、今この時点から、最寄りの地域事務所に問い合わせをして、広報官やスタッフの方たちと良好な人間関係を築くことができれば、きっと、あなたの知りたい「生の情報」を仕入れることができるでしょう。

 

その結果、これからどのような流れで来年の5月の採用試験に臨んでいけばいいのかが、分かるようになるでしょう!

 

【目指せ!自衛官】
http://mezaji.com/

 

 

いいね!した人

テーマ:

宮城では、今日から小・中学生が夏休みに入っています。

 

高校生もそろそろ明日から夏休みのところが多いようです。

 

ということで、高3生も本格的に自衛官採用試験に向けて始動する時期となりました。

 

 

多くの志願者が、一般曹候補生と自衛官候補生の両方を受験すると思います。

 

一般曹候補生の学科試験の科目が「国語・数学・英語」であるのに対して、自衛官候補生は「国語・数学・社会」。

 

どちらも「国語と数学」がありますので、「一般曹候補生の勉強をしていれば自ずと自衛官候補生の対策になる」と思ってしまう人もいるようです。

 

が、これは間違いです。

 

国語に関しては、まあ、そのようなとらえ方でもいいのですが、数学は違います。

 

一般曹候補生の数学の出題範囲は「数学Ⅰ」。

 

分かりやすく言えば、高校1年生で学習した内容です。

 

それに対して自衛官候補生の範囲は「中学校卒業程度」。

 

つまり、中学校で学んだ数学が出題されることになります。

 

一般曹候補生では、2次関数や三角関数が出てくるのに対して、自衛官候補生では、角度を求めたり、確率や相似の計算など、純粋な中学数学が出題されます。

 

従って、一般曹候補生と自衛官候補生の数学は「全くの別物」として、勉強していく必要があります。

 

まあ、この辺のところは、過去問を解いてみれば、すぐに分かることです。

 

何から始めればいいのか悩んでいる人がいましたら、まずは、過去問を1年分でもいいので解くことから始めましょう!

 

【目指せ!自衛官】
http://mezaji.com/

 

 

いいね!した人

テーマ:

毎日暑い日が続きますね。

 

ここ最近、高3生からの問合せが一気に増えてきました。

 

それもそのはず。

 

早いもので、7月も半分を過ぎています。

 

最寄りの地域事務所や地本主催で、自衛官採用試験の説明会や勉強会が開かれる時節となりました。

 

 

さて・・・

 

志願者にとって一番気になるのは、

 

「どうすれば試験に合格できるか」

 

ということだと思います。

 

別の言い方をすれば、

 

「試験までに何をやればいいのか」

 

を知ることです。

 

それを知る一番いい方法をご紹介しましょう。

 

それは・・・

 

「合格をなし遂げた先輩達の体験談を聞くこと」になります。

 

大学入試や高校入試の場合には、部活の先輩がいつ頃どんなことで悩んでいた、とか、いつ頃から本格的に勉強を始めた、という情報が「実体験」として入ってきます。

 

では自衛官採用試験の場合はどうでしょう。

 

自衛官を目指す先輩が身近にいればベストなのですが、なかなか、身の回りにいないというのが実情だと思います。

 

ではどうすればいいのか?

 

1つの手段としては、「担当の広報官や事務所のスタッフに聞いてみる」ことがあげられます。

 

広報官は、毎年、自衛官になる人をお世話していますので、試験に合格した先輩が、どのタイミングでどんなことをやっていたのかといった、情報を持っています。

 

今は、ネット検索すればいろんな情報が手に入る時代となりましたが、その分、その情報が正しい情報なのかそうでないかを自分で判断師なければいけません。

 

でも、広報官や事務所の情報は「100%正しい情報」です。

 

さらに事務所では、説明会や勉強会などを行っていますので、学科試験は勿論、面接や入隊後に関して不安なことがあれば、積極的に質問するとよいでしょう。

 

ただ、人によっては「できれば広報官とあまり接したくない」、「事務所の人たちとあまり接したくない」という場合もあるかもしれません。

 

そのような場合には、当YST発行の『めざ自通信』Vol, Vol2に諸先輩の体験談を数多く掲載していますので、そちらをじっくりと読むことをオススメします。

 

先輩方の体験談からやるべきことを仕入れたら、あとは実践あるのみです。

 

9月の一般曹候補生の採用試験まであと60日となりました。

 

これから大切なのは、とにかく自分の手と頭を動かして勉強すること。
そのためにも、まだやるべきテキスト・教材を入手していない人は、それらを入手することから始めましょう。

 

※先輩達の体験談(『めざ自通信』の体験談)をご覧になりたい方は、「自衛官志願者必読の書」にお申込み下さい(無料)。

 

恐縮ですが、自衛官採用試験の準備に専念するため、あと数日程で、こちらの受付は終了させて頂きます m(_ _)m
http://mezaji.com/sassi/

 

【目指せ! 自衛官】

いいね!した人

テーマ:

実は今、中3生の模擬テストを行っています。
(当YSTは中高生を対象とした学習塾でもあります)

 

高校受験を来春に控えた中3生。

 

入試本番はまだ7ヶ月程先のことですが、意識の高い人は既に本格的に取り組んでいます。

 

入試や公務員試験などを受験する際には、「模擬テスト」は必須のアイテムとなります。

 

模擬テストを受ける効用をあげればきりがないのですが、ざっと次のようなことが言えます。

 

・本番と同じスタイルの問題を同じ時間内に解く(本番の予行演習)
・自分の得意・不得意分野が客観的に分かる
・他の受験生と自分の位置づけが分かる
・本番直前に、再度、取り組くことができる。
・復習用としての教材に使用できる
・これから受験勉強をすることの自覚を促す

 

などなど

 

以前私は、自衛官志願者に対しては、「模擬テストは一通り勉強をしたあとで受けるといいですよ」、と言っていました。

 

 

でも、先輩たちの合格体験記を読んでいると、そうでもないことに気がつきました。

 

社会人(女性)の方で転職を希望して自衛隊を目指していた人がいました。

 

普段は仕事が忙しく、なかなか自衛官採用試験のための勉強時間が確保できず、また勉強をやろうという気持ちが維持できずに悩んでいました。

 

そこで模擬テストを受けてみたそうです。

 

対策の勉強をほとんどやっていないにも関わらず。

 

結果が返ってきて、心を入れかえたそうです。

 

「このままではヤバい・・・」

 

それからは、お尻に火がついたように勉強をすることになりました。

 

勤務中も、上司の目を盗みながら、机の中に潜ませていた四字熟語集を確認するなど、頑張ったそうです。

 

翌春、彼女は念願の陸上自衛官になることができました。

 

「自分の現時点での学力を客観的に把握する」

 

本番が2ヶ月強しかない今、これからモチベーションを維持するためには、ちょっと強引かもしれませんがとても大切な作業です。

 

7月の自衛官模擬テストの〆切は7月10日になります。

 

なかなか勉強に身が入らない人は勿論、自分の学力の腕試しをしたい人は是非ご検討下さい。

 

☆自衛官模擬テスト☆

http://mezaji.com/testdetail/

 

 

いいね!した人

テーマ:

昨日、高3の女の子とお母様が来塾されました。


明日から7月ですので、一般曹候補生の1次試験まで2ヶ月半。

 

もう、80日を切っています。

 

どうしても自衛官になりたいけれども、部活動(運動部)が10月まであるとのこと。

 

いろいろ話をしていく中で、部活動の兼ね合いで定期的に通ってくるのが難しいということでした。

 

ということで彼女は、迷わず夏期講習を申し込んで帰っていきました。

 

夏休みの7日間なら何とかスケジュールの都合がつくということのようです。

 

 

ここ最近、毎年のように、自衛官を目指している高3生で、部活動が秋口まである人が通ってきます。

 

あるいは、通えないのでどうすればいいでしょうか、という相談も受けます。

 

いずれの場合も答えは

 

「適切な対策を効率良くやる」

 

とにかくこれに尽きます。

 

そして彼らは見事第1志望の夢を勝ち取っていきます。

 

 

さて・・・

 

「時間がない中でも成果を上げている」彼らには共通することがありま

す。


それは、

 

オープンマインドである

 

ということ。

 

大切なことなのでもう一度書きます。

 

彼らに共通するのは

 

オープンマインドである

 

ということ。

 

具体的に言うと、彼らは、アドバイスを素直に聞き入れて、即、実践します。

 

数学はこういう勉強をするといいですよ、と言えば、頑張ってその通りのことをやってきます。

 

冒頭の例で言えば、迷わず夏期講習に申し込むこと。

勿論、独学で過去問を解いたり、対策本をやったりして、合格する人もいます。

 

でも、少なくとも部活で忙しい場合には、このような流れでは9月の試験には間に合いません。

 

これまで勉強そっちのけで生活してきた人も、何となく「まずは、過去問をやってみようか」などと悠長なことを言っていては、到底、9月には間に合いません。

 

2年前、「部活動が10月まであるけれども、何が何でも自衛官になりたい」という高3の女の子(Sさん)がやってきました。

 

スケジュールの関係で、夏期講習にも参加できません。

 

それどころか、夏休みには部活動(運動部)の遠征があり、半分以上も自宅にいない、とのこと。

 

そこで私は、お盆休みを返上して彼女との個別指導の時間を確保し、何とか「7日間完成!一般曹候補生」の授業を行いました。

 

部活の疲れもあり、授業中に居眠りをするときもありました。

 

それでも、忙しい合間を縫ってSさんはやってきました。

 

自転車で片道30分かけて通ってくるのですが、雨の日はカッパを着てずぶ濡れになりながらもやってきました。

 

夏休み明けからは、学校もあるし部活動もありますので、あとはテキストの復習と実戦問題集をとにかくやるように、ということでアドバイスをしました。

 

11月、Sさんから電話が入りました。

 

「先生、一般曹候補生・陸上、合格していました!」

 

Sさんの努力が報われた瞬間です。

 

適切な対策を効率良く行った結果、Sさんは、小さい頃からの夢を実現することができました。

 

なお、「適切な対策を効率良くやる」ことに関しては、情報誌『めざ自通信Vol.1』に科目別のものを書いておりますので、是非、そちらを参考にして下さい。

 

それでは、9月の試験目指して頑張っていきましょう!

 

【目指せ!自衛官】
http://mezaji.com/

 

いいね!した人

テーマ:

昨年の夏、一般曹候補生を目指す女子高生が4名、当YSTに通ってきました。

 

1人の体験記を紹介しましょう。

 

「私は陸上部に所属していて、自衛隊を受験したい! と決めてからも、正直どのような勉強をしたらよいのか分からずにいました。

 

そんな時、YSTさんを紹介していただきました。

 

苦手で仕方がなかった数学も基礎からしっかり教えていただき、本番でも焦らず取り組むことができました」(MKさん)

 

 

他の3名も同じようなことを言っていました。


「何を勉強すればいいのか分からない。だからここに来ました」

 

彼女たちの暑い夏がスタートしました。

 

 

 

 

さて・・・

 

高総体が終わり、高校の中間テストも今週末~来週にかけて終わる時節となりました。

 

自衛官を目指す高3生はいよいよエンジン始動の時です。

 

大学入試や一般の公務員試験と違い、「自衛官採用試験」を受ける人のぶち当たる壁が、「何をやっていいのか分からない」ということです。

 

因みに、一般曹候補生の数学は、試験範囲が「数学Ⅰ」であるにも関わらず、実質的に出題されない箇所が2割ほどあったりします。

 

例年高3生は、早くい人で6月下旬、多くの方が7月後半からようやく対策をとりますので、「短期決戦」で9月の1次試験に臨まないといけません。

 

そのため、傾向を考慮せずに、漠然と「数学Ⅰ」の参考書をやったり、上記のような傾向をまったく取り入れていない市販の問題集をやっていては、受かるものも受からなくなってしまいます。

 

その逆に、敵を知っていれば、事前に十分な対策を練ることができます。

 

前にも書いたのですが、長年、自衛官採用試験の受験指導に携わっていて言えることがあります。

 

それは、次のようなことです。

 

-----------
ほとんどの志願者はやる気は十分にある。

 

やる気だけの評価があれば、YSTに通ってくる人・教材を購入している人はみんな100点満点。

 

部活動や学校生活も一生懸命やっていますので、それも100点満点。

 

そのため、唯一、差が出てくるのが「1次の学科試験」ということになる。

 -----------

 

特に採用枠の少ない女子の場合には、「出ない問題」をやっている時間はありません。

 

確実に、「出る」箇所の基本事項を、効率良く身に付けて本番に臨む必要があります。

 

---

県外在住の、ある高3生(女子)の体験記を紹介しましょう。

 

私は最初、書店で購入した参考書のみを使い勉強していました。

 

しかし苦手としていた数学をどうしても克服することができず、とてもいきづまっていました。

 

そんな時にYSTさんを知りました。

 

[中略]

 

苦手としていた数学(私の場合は2次関数)の問題が分かりやすい解説で、15問中10点以上とれるような得意科目に変わり、苦手意識が少しずつなくなった気がします。

 

とにかく分かりやすく、人に質問しなくても解けるようになります!

 

○○県で(一般曹候補生・海上)に合格したのは私だけでした。

 

広報官の方も、喜びと同時にとても驚いていました。

---

 

最後に、冒頭の4名のその後をお伝えします。

 

3名が陸上の一般曹候補生、1名が航空の一般曹候補生に最終合格を果たしました!

 

今年の夏はあなたが主役になる番です。

 

暑い夏に向けて、頑張っていきましょう!

 

 

【目指せ!自衛官】
http://mezaji.com/

 

 

いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。