いわき市のカウンセラー めんたるコーチ 荒川心理相談室
  • 21Feb
    • なにをすればいいのかわからないの画像

      なにをすればいいのかわからない

      先日のコーチングで「時間ができたが、なにをすればいいかわからない」というお悩みを伺いました。働き方改革によって時間ができたことで、何かをしなければならないと感じていることで出てきたお悩みのようでした。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川ですそういったお悩みは働き方改革以外でも、退職された方やお子さんが自立されて何を始めたらいいだろうかと感じていらっしゃるお母さまなどから多くいただくお悩みです。今回は働き方改革により、お悩みになられたAさんのお話です。A産の会社でも働き方改革の取組みが行われ長時間労働の改善(残業時間カット)有給休暇の取得など働き方改革が進められ始めたそうです。それによって、仕事の時間が短くなり「時間ができたけど何をしたらいいかわからない」「自分のしたいことが分からない」とのお悩みを抱えてしまうようです。初めのころは、早く終わって同僚と居酒屋などによって帰宅していたそうです。同僚が新しいことに挑戦するという話を聞いて自分もまだまだできるのではないかと感じ、いろいろと考えてみても色々以前からやってみたいことなど心当たりのものを試してみたが、何がしたいか思い当たらず悩んているとのことでした。当相談室のコーチングはそんな時にも大変役に立つツールです。まずは、その方にとって何が心地よいか、何が集中できるかその方の潜在的な感覚に着目しながら進めていきます。その際に出てきた問題なども解決しながら仕事以外の新たなやりがいや目標設定を見つめなおし進めていけるように寄り添い解決していきます。Aさんもご自分が昔からやりたかったバイクのツーリングにチャレンジされ始めました。Aさんは、自分で感じいろいろやってみた中の1つにバイクのツーリングもあったのですが、ご自分の中で続けたいのに続けられないと制約をかけてしまったようでした。今は、時間があれば次はどこにツーリングに行こうかと仲間と計画する時間にあてているようです。時間ができ、自分のやりたいことをやれるようになって仕事にもメリハリがつき日々充実されているとご連絡いただきました。自分の時間をどのように過ごすか自分をいかに充実させることができるか人生の中で、本来一番重要なことなのかもしれませんね♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 16Jan
    • ネガティブ癖にさようならの画像

      ネガティブ癖にさようなら

      ご自分がネガティブだなぁと感じることがあるとおっしゃる方がいらっしゃいます。それは長年培ってしまった「ネガティブ癖」の仕業なのかもしれません。今回はそのネガティブ癖のお話です。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です人は、考え方の癖というものがあります。長年、心配や不安感が強かった方の場合ネガティブな考え方の癖はいつの間にか身についていて、しかもそれが当然と考えてしまうのです。例えば○○してもどうせ変わらない。○○すると大変なことになる。○○はできない。など不安感が先立ち、どうしても踏み込むことができずやめる理由ややらない理由を探します。自分のことだけにとどまらず子供のことや家族のことにまでそれが波及します。子供が親にネガティブな言葉ばかりを言われたら子供は取り組もうとしない上に、不安感が強くなりやはりネガティブな思考になるでしょう。取り組む前にあきらめてしまうこともざらです。ネガティブ癖は周りにも波及することが多いのも特徴の一つなのです。しかも、ネガティブ癖の当事者は自分がそのような癖を持っているということにもあまり理解していないことも多いでしょう。ネガティブ癖は治りますか?と聞かれることがありますが、自分が意識することで徐々に緩和されていきます。「あ!今ネガティブだったなぁ」と感じるだけでも改善されていくのです。また、ネガティブな思考が浮かんだら、初めのうちは違和感があるかもしれませんが、ポジティブなことを考えたり言い方を変えてネガティブをポジティブにしてみるということも楽しいでしょう。例えば、自分は積極的に発言できないと感じていたとしたら、言葉を選び慎重に発言するタイプなのだとネガティブ要素をポジティブ要素に変えてみましょう。自分の素敵なところをまずは自分で見つけて認識していくことがネガティブ癖の改善には大いに役立ちますよ♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 14Jan
    • 平成最後の年末年始の画像

      平成最後の年末年始

      福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です新しい年がきて、2週間が経ちました。皆様はいかがお過ごしですか?私は今年は平成最後ということもあり様々な心理カウンセリングやコーチング、新たな講座やイベントのアルコールセラピーなどを行っておりブログ更新もすっかりご無沙汰となってしまいました。この年末年始には平成最後の年末年始ということもありこの機会にじっくり自分と向き合って過去と決別したい!!新たな目標設定や方向性を検討したい!!お住まいを変えて新天地に行く!!恋愛を成就させたい!!など様々な心理カウンセリング・コーチングを行いたくさんの方とお話させていただきました。今までもそうでしたがこの年末年始は改めて相談室をご利用される方みなさんの『変わりたい』という、強い気持ちを感じました。変わりたいと感じても、簡単に変われないのが人間でもあります。なぜなら、変わることはなかなか難しいからです。変わらないほうが、楽であったり、面倒ではないと感じてしまうのです。ですから、妥協したり、まぁいいかと折り合いをつけながら生きていくという選択肢も当然ですがあります。もちろん、それも一つの人生ですし自分が満足していればOKなのです。しかし、変わりたい、このままでは絶対いやだと感じ満足できず新たな なりたい自分になると決め決意を持って、自分に向きあうことは大変な勇気がいることなのです。まずは、自分に向き合って変わろうと決意された方に敬意を表したいと思います。遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 07Nov
    • 悩みごとがあるのに…昔のことが思い出せないの画像

      悩みごとがあるのに…昔のことが思い出せない

      心理カウンセリングを行っていると過去にとらわれていることで今それが、似たような状況となり大きな悩みに発展している場合があります。そのため、昔の出来事にスポットを当てていくことがありますが不思議としっかりと思い出せないとおっしゃる方がおられます。過去に間違いなく同じような感覚があったはずなのにどうしてか思い出せない。矛盾しているようですが、案外珍しいことではありません。あなたはそんな事ありませんか?福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です心理カウンセリングの際の質問に対して、過去に確かに同じような感覚があったと思いますが、思い出せないんです。と、お話される方がいらっしゃいます。過去にとらわれているにも関わらず細かく覚えていない、思い出せないということがあります。不思議に思うかもしれませんが、潜在的に思い出すことが怖いという感覚が思い出さないようにしている場合があります。思い出すことが、本人にとって辛いと感じる場合は、思い出したくても思い出せないことがあるのです。しかし、その過去が今の悩みとつながっていることも少なくありません。過去にとらわれていると後ろを向きながら車を運転しているようなものです。当然ですが、前をしっかり見ていないのでぶつかってしまいます。過去にとらわれているまま起きる様々な問題もこれと同じです。同じような悩みが頻繁に起きる場合何か過去に引っかかっているものがあるのかもしれません。それをなんとか見ないように頑張っていたとしても、また同じような悩みに遭遇してしまうかもしれません。後ろを向きながら進むよりまっすぐ前をみて進めば、目的もしっかり見え目標にもまっすぐ進めますよね。気になっている過去思い出せない過去何度も同じような悩みに遭遇するなどの時は、ぜひ一度、過去へのとらわれを一掃してみませんか?きっと今までに気づかなかった新たななにかが見えてきますよ♪ご予約はこちらから♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 02Nov
    • なにを目指して子育てしますか?の画像

      なにを目指して子育てしますか?

      いよいよ11月ですね。カレンダーも残り少なくなってきました。忙しさの中で本当にこれでいいのか?と振り返り、子育てのお悩みで心理カウンセリングにいらっしゃる方がいます。忙しいと気づいていなかったのに、ふと時間ができたときや子供さんの成長の分岐点となるときこれで良かったのかと考えてしまうことがあるようです。今回は親が目指す子育てについてお話したいと思います。あなたはどんな子育てを目指していますか?福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です色々なお悩みに向き合う中で「子供の成績が伸びない」それは・・・・・・「親の遺伝なのかしら?」「子供に結婚して欲しい」だから・・・・・・「何とかしなくては!」など「現状」=「自分(親)のせい」と考えてしまうことがあります。自分のせいだと責めてしまってもなにも変わりません。責める前に自分はどんなことを目標に子育てしてきたのかを1度振り返ってみませんか?心理カウンセリングに来られるほとんどのお母様やお父様はご自分を責めていらっしゃいます。もっとこうしていれば・・・もっとあーしていれば・・・など本当にお子さんのことを真剣に考えていらっしゃいます。お子さんに対して決して問題のある親御さんではありません。むしろお子さんのことを思い、真剣に考えるからこそ心理カウンセリングにいらっしゃいます。そこでよく出てくる話題の一つに自分の子育てが間違っていたのではないかという話です。例えば、Aさんが優秀な成績で、進学校に進んで、大手の会社に入って、結婚して子供が生まれて幸せになって欲しい。という希望で子供を育てていました。しかし、結果はことごとく違っていました。親が思った幸せとは真逆でしたが、子供はいつも自由にのびのびと自分のしたいことをおもいっきり楽しめていたとします。たとえ優秀な成績でなかったとしても、進学校ではなかったとしても、大手の会社ではなかったとしても、結婚はしていなくてもそれでも自分で自分の人生をしっかり選んで楽しんで生きていたとしたらそれでも子育てが失敗だったと感じますか?親が思う幸せと子供が思う幸せは異なる場合があります。Aさんが、子供さんに抱いた希望は自分のためかもしれません。世間体の良さや、将来の自分のためだったり純粋に子供のためではなく、色々なものを感じて抱いた希望なのかもしれません。あるシングルマザーの方は自分一人の働きでは限界があるだからこそ、自分(子供)が思う通りに自分自身の力で生きていけるようにすることが子育ての目標です。とお話されていました。他のお子さんと比べてしまいそうになるときいつもこの目標を思い出されていたそうです。だからこそ、自分はどんな子になって欲しいのか、なにを目指して子育てしていたかを思い出してみましょう。それは本当に子供さんのための子育てでしょうか?それともあなた自身ための子育てですか?もし間違っていたと感じるとすればそれはなぜですか?気になるときは一度心理カウンセリングを利用してご自分の内面と向き合ってみませんか♪ご予約はこちら♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 22Oct
    • ほとんどの人が厳しいという人の画像

      ほとんどの人が厳しいという人

      皆さんの周りにはやたらに厳しい方はいませんか?クライエント様のご相談の中には相手がとても厳しく辛いとかなんであんなに怒るのかわからないというお話を伺います。自分が悪いからなのか?でも特にそう悪いこともしてないのになぁと感じるかたも多くいます。今回はやたら厳しい方がいらっしゃる方やなんだかよく分からないけれど相手に厳しく接してしまう方など厳しく接することについて必見のお話です。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です厳しいという言葉は、意外にも客観的です。受けとる人によって、だいぶ受け取り方が異なります。同じことであってもある人は厳しいと感じることはなく、また別なある人にとってはとても厳しいと感じることもあります。しかし、今回取り上げるのは周りのほとんどの方が厳しいと感じる相手についてお話しします。このような方に出会うと多くの方の場合自分が悪いから厳しくされているのではないかと思ってしまいがちです。しかし……本当は違います。百歩譲って、自分が悪いとしたらその方の周りにいる人はみんな悪いということになってしまうでしょう。それってなんか変じゃありませんか?厳しく接してしまうのは本当はその本人の問題です。例えば内在的な怒りをだれかれかまわず表面に表しているのかもしれません。幼少期からの厳しいしつけを真似ているのかもしれません。厳しく接することで強い自分を誇示しているのかもしれません。どんな潜在意識が働いているのかそれは人によって異なります。しかし、その厳しく接する方の中にある解決しなくてはならない部分なのです。本人が気づいているかどうかは別として少なくともあなたのせいではないのです。自分のせいかもしれないと感じてしまうのはあなたの優しさです。しかし、自分のせいだと感じてしまうととても辛いですよね。ですからまずは、自分のせいではないのかもしれないという目線でその方を見てみましょう。今まで見えていなかった部分が見えて来るかもしれませんよ♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 26Sep
    • 頑張らなくていいと言われても・・・・の画像

      頑張らなくていいと言われても・・・・

      クライエント様の中に「頑張らなくていい」と言われても・・・とおっしゃる方がいます。頑張りすぎている自分に気づいたので、頑張らないようにしてみたにもかかわらずスッキリしなかったのだそうです。それはなぜでしょう?今回は頑張らない自分との向きあい方についてお話したいと思います。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川ですあなたは「頑張らない自分」にどんな印象を受けますか?・リラックスしている感じがしてワクワクする・怠けている感じがして嫌だ・想像が出来ない      等、人それぞれ様々な感じを抱くでしょう。ポジティブなイメージを抱かれる方は「頑張らない自分」を上手に受け入れられている状態です。自分にOKがだせているのです。肩の力が抜けて、余裕が生まれどんな自分でも受け入れることが出来るでしょう。ところが、嫌なイメージやまったく想像が出来ない場合は残念ながら「頑張らない自分」を受け入れられない状態です。いくら「頑張らなくていい」と言われてもよく分からなかったり、頑張らない自分に罪悪感を感じてしまうこともあります。では、それはなぜでしょう?それは「頑張らない自分には価値がない」と感じているからかもしれません。頑張らないと褒められなかった。何かが出来ないと褒められなかった。常に頑張ることを期待され、それに答えてきた幼少期からの経験が頑張らないことを受け入れられない自分を作り出しています。頑張ることが当たり前で出来ることが当たり前、という当たり前さに全く疑問を持たなかったのかもしれません。ですから、急に「頑張らなくていい」と言われてももちろん受け入れることは出来ませんし、受け入れられたように見えても罪悪感を感じてしまうのです。そんなときは、どうしたらいいでしょうか?答えは簡単です。頑張ってしまいましょう♪ただし頑張った自分をたくさん褒めてあげましょう。「すごい!!」「よく出来た!!」「自分だから出来たんだ」とたくさん褒めて自分の素晴らしさを自分で認めてあげましょう。そして最後に、「いつもたくさん頑張っているからたまには頑張らなくてもいいよ」とねぎらってみることが大切です。それを繰り返しているうちに、「頑張らない自分」を受け入れられるようになるかもしれませんよ♪※頑張らない自分を受け入れられないことは精神的にも肉体的にも大きな負担です。しかし、自分の内面と一人で向き合うことには限界があります。もし辛いと感じたら心理カウンセリングを利用されることも新たな自分を見つけるための有効な手段です!!★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 12Sep
    • 逃げる勇気の画像

      逃げる勇気

      9月になりましたね。2学期が始まりました。この時期、なかなか学校に行きたがらない急に口数が減った食欲がないようだ等お子さんの異変でお悩みの親御さんからの相談を受けます。今回はお子さんの異変についてのお話。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です「学校に行きたくない」もし、お子さんからそういわれたらまずは、話を聞いてあげて下さい。そう発言できたことだけでも、勇気のある素晴らしいことです。多くのお子さんは、辛さを感じたり「行きたくない」と思っても、言い出せず、心配をかけたくない一心で頑張ってしまうのです。頭は頑張ろうと一生懸命対応しようとします。しかし、身体は順応できないため行けなくなってしまう場合もあります。~しなければならないと感じていることが多ければ多いほど、それが思うとおりに出来なかったり、人と違っていたりすると余計に自己嫌悪に陥ります。もしも、学校に行きたくないなら思い切って休んでみることも実は必要です。自分のSOSに耳を澄ませ聞いてあげることがとても大切だからです。逃げずに立ち向かうことが美学だと日本では武士の時代からそう思われてきましたが一方では、逃げる勇気もまた美学とされています。みんなと同じにできない・・・・・等自分を辛く感じる前に自分の感覚を信じる自分がいてもいいのです。自分の感覚に従うことで新しい何かを見つけることもあります。休むことはいけないことという感覚が、休むことでリフレッシュして、新たな自分を見出す重要な時間と捉えられれば素敵です。逃げる勇気 大切にしたいですね♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 20Aug
    • 愛を欲しがれば欲しがるほど欲しい愛を得られないの画像

      愛を欲しがれば欲しがるほど欲しい愛を得られない

      誰からも愛される人になりたいとご相談いただくことがあります。それはとても切実で、辛い経験からの言葉だという事も感じられます。しかし、現実的には『誰からも愛される』ことはかなり難しいと言わざるを得ないのです。今回はそんなお話。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川ですなぜ誰からも愛されることが難しいのかまず、誰からも愛されている方はいるでしょうか?例えば誰からも愛されているように見えるAという人物がいたとしましょう。誰が見ても非の打ちどころのない素晴らしい方だったとします。だからと言って100%誰からも愛されるかと言えばそれはかなり難しい事です。そもそも『愛される』という行為は自分がどうにかできるものではないからです。あくまでも受け身です。受け身という事は、愛するかどうかを決めるのは自分ではなく相手なのです。相手がAの素晴らしさを妬んでいたとしたら愛することはないでしょう。相手がAの完璧な姿が人間らしくないと感じれば愛することはないでしょう。要するに愛されるかは相手の生きざまや主観相手の感覚が支配しています。自分がどんなに完璧にどんなに好かれるようにふるまったとしても、誰からも愛されることはほぼ不可能なのです。もし誰からも愛されることに集中していたとしたら全ての人の全ての感覚に合わせてふるまっていかなくてはならなくなります。だからと言って『愛されたい』ことを相手に伝えたとしたらその時点で相手は自主的に愛してくれている形ではなくなってしまうかもしれません。『愛してあげようか』という感覚は既に求めている愛とは異なってしまうかもしれません。愛を欲しがれば欲しがるほど愛は手に入らなくなってしまうのです。でしたら、人の感覚に支配されるのをいっそのことやめてしまってはどうでしょう。『誰からも愛される』ことを求めるのではなく『自分が一番自分を愛する』ことに集中してみましょう。自分が一番自分を信頼し自分が一番自分を愛していたら他人の感覚に惑わされることも少なくなるでしょう。自分を信じ、自分を愛していたら自分に自信を持って、自己重要感も高まっていきます。すると不思議ととても重要視していた『誰からも愛される』ことには興味がなくなってしまうかもしれませんね♪*『愛されたい』と強く感じる方は 是非一度心理カウンセリングを受けてることで 何かに気付かれるかもしれません。 自分の中の愛されたいという感覚と 向き合うことで今までの引っ掛かりが 解消されるかもしれません。 こちら★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 17Aug
    • 迷惑をかけない生き方が幸せですか?の画像

      迷惑をかけない生き方が幸せですか?

      子供のころから事あるごとに両親に『人に迷惑をかけないように・・・・・』そういわれてきました。と先日いらっしゃったクライエントさんの言葉です。福島県いわき市在住NLP心理カウンセラー荒川心理相談室のテディ荒川ですそもそも迷惑とはどういう事でしょう。辞書では 迷惑(めいわく) ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、 不快を感じたりすること。また、そのさま   出典:大辞泉 ご両親のおっしゃっていた『迷惑』もやはり上記の意味そのものかもしれません。ご両親にとっては本人のためではなく自分の子供が他人に迷惑をかけることがとても申し訳ないと感じる。だから、子供に迷惑をかけないことを強いているのかもしれません。もし子供が他人に迷惑をかけてしまったら自分は良い親だと思われない。など子供のためではなく、自分の為に『人に迷惑をかけないように・・・・・』と言っていたのかもしれません。その感覚を子供ながらに無意識に捉えたクライエント様にはご両親が自分を信じていないのではないか自分は他人に迷惑をかける存在なのではないかと感じ、必要以上に『人に迷惑をかけないように・・・・・』ということに捉われてしまっていました。迷惑をかけないことは、度が過ぎると自分以上に他人のことばかり気にしてしまったり自分のこと以上に他人のことばかり優先にしてしまうことでもあります。また、他人に迷惑をかけないことに執着することで逆に他人に迷惑をかけられたときに自分は迷惑をかけないようにしているのに許せないと感じてしまうのです。すると人間関係がスムーズにすすまないこともあるかもしれません。これがまさしく "とらわれ" なのです。迷惑をかけないで生きることは社会生活の中では確かに大切かもしれません。しかし、他人に迷惑をかけない以上に自分自身も大切にしてあげたいですね♪『迷惑をかけない生き方』あなたはどう感じますか?★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 18Jul
    • ありがたいけど・・・・・~嫁姑の現状~の画像

      ありがたいけど・・・・・~嫁姑の現状~

      『お義母と上手くいかないんです』という悩みをよく伺います。いつの時代でも“嫁姑問題”は根強くあります。ところが、最近の嫁姑問題は、祖母や母世代の問題とは少し性質が違ってきているようです。いわき市にてNLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です祖母や母世代のように同居していた時代は姑のいじめやいびりのような直接的な嫁姑問題が主だったようです。しかし近年は、核家族化が増えたことで嫁姑問題は様相が変わってきています。義母の干渉や義母の気になる発言が気になるまたは、自由奔放な嫁の行動が理解できない等世代が違うことで、お互いの感覚が大きく異なってしまうということが主な原因となっているようです。中でも良かれと思って姑がしてくれることはありがたいけれど・・・・・・・そんなお嫁さんからのご相談を受けます。ありがたいけど・・・・・その後にはどんな言葉が続きますか?ありがたいけど・・・・・何か裏があるのではありがたいけど・・・・・それ以上に何かを求めてくるのではありがたいけど・・・・・頼ったら頼られてしまうのではそんな風に色々と考えてしまうようです。では裏があったら・・・何かを求められたら・・・頼られてしまったら・・・どう感じますか?その感覚はどこから来ているのでしょうか?もしかしたら姑は何も考えていないという場合だって存在します。ただ、嫁に喜んでほしい、仲良くなりたい、認めてほしいと思っているだけという場合も存在するのです。もしそうだとしたら、ただ姑の気持ちを受け取るだけでお互いに上手くいくこともあります。だからと言って、自分の嫌なことまで姑のためだと思って受け取っていたらそれは姑に対して恨みの感情となってしまうこともあります。自分のして欲しいこと自分の嫌なこともしっかり伝えることが必要です。自分の意見や気持ちを姑に伝えられなかったり、素直に受け入れられなかったりすることは実は自分の中の感覚の問題である場合が大きいのです。せっかくご縁があって嫁姑となったのですから本当の親子のような関係で仲良くなりたいですよね♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 11Jul
    • 自分の感情に素直ですか?の画像

      自分の感情に素直ですか?

      心理カウンセリングの現場では自分の感じている感覚に気づいていないという場合があります。例えば辛い状態であるにもかかわらず辛いと感じなかったり悲しいのに悲しいと自覚していなかったりと自分で気づいていない感情なのでなかなか気づくことは難しいのですが今まで気づかなかった自分の感情に触れ気づくことで、新しいものが見えてくることがあります。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です自分の感情に気付かないことなんてありえないと思っている方もいらっしゃいます。ところが、心理カウンセリングの現場ではまるでその感情に触れることを拒んでいるようにも見える場合がよくあります。先日は「怒り」という感情を持つことを極度に怖がっている方がいらっしゃいました。しかし、私たちは人間です。色々な感情を持つのは当然です。怒りを抑えてしまったことで、その反動で自分を攻撃してしまうという状態でした。カウンセリングルーム内では怒ってもいいんですよ。とお話ししてもご自分が怒っているということを認められず、その感情すらないと初めはおっしゃっていました。怒ることがいけないことだと感じているとのことでした。カウンセリングが進む中怒ってもいいんだと感じたことで自分の感情を表現してもいいんだと分かったそうです。そしたら気持ちがすっと晴れたとおっしゃっていました。自分の感情はもっと素直に反応したかったのでしょう。しかし、怒ってはいけないというビリーフがクライエント様を苦しめる結果となっていたのです。もしかしたらあなたも、自分では気づいていない感情でも潜在的には自分の感情に素直に従いたいと感じているのかもしれませんよ♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 19Jun
    • ダブルバインドによる生きづらさの画像

      ダブルバインドによる生きづらさ

      福島県いわき市在住荒川心理相談室のテディ荒川ですダブルバインドという言葉をご存知ですか?ダブルバインドとは『二重拘束』とも呼ばれ矛盾の一種です。このダブルバインドはクライエント様のお話などにも頻繁に出てくる事が多くあります。意外にも日常には矛盾しているにもかかわらずダブルバインドに触れることがたくさんあるのです。例えば仕事で上司に相談したら、「自分で考えろ」と言われたので自分で考えて行ったら、「なぜ勝手にやったんだ」と言われる。これこそまさにダブルバインドです。このような場合とても混乱してしまいますよね。大人ですら混乱してしまうのですから子供だったらなおさらです。子供の時にそれがダブルバインドだとは気付かず悩み、苦しみ、潜在意識に刻まれることでアダルトチルドレンとなってしまうこともあります。ダブルバインドを利用してしつけを行うと脅ししつけとなってしまう事があります。例えばみんなと仲良くと言いながら、あのお友達とは遊ばないように言ったり、子供に好きにしなさいと言いながら子供が好きなようにするとあれはダメ、これはダメと否定するそれをしつけだと勘違いしてしまっている場合がこれに当てはまります。子供にとっては親に支配され親のコントロールが激しすぎた状態となり「機能不全家庭」とも言えるでしょう。ダブルバインドで育つと親への恐怖心や不信感が募り、さらにそれが他者へも波及してしまいます。それにより生きずらさを感じたり精神的なバランスを崩してしまうこともあるでしょう。自身がダブルバインドについて気づいていればそれが矛盾であったことも理解できますが中には、気づいていない場合もあります。あなたの生きづらさはダブルバインドが関係していませんか?子供の頃のダブルバインドが大人になった自分に大きな影響を及ぼしているかもしれません。心理カウンセリングで取り扱うことで見方が変わり、より楽に過ごせるかもしれませんよ♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 07Jun
    • 励ましているつもりが・・・・無自覚に否定していませんか?の画像

      励ましているつもりが・・・・無自覚に否定していませんか?

      例えばお子さんに、『部活、辞めたいなぁ』と言われたらどうしますか?『辛いこともあるだろうけど、頑張って!!』『続けることが大切だよ』『もう少し頑張ってみよう』等と答えてしまう事が多いかもしれません。前向きな励ましであり、そっと背中を押している感じかもしれません。しかし、本当にお子さんが欲しい言葉でしょうか?福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です親としては、励ましのつもりで、そっと背中を押すつもりで発している一言かもしれません。頑張って欲しいという一心からの一言なのかもしれません。ところが『辛い』という言葉をやっとの思いで発したお子さんに励ましの言葉を送ったとして『元気が出た、頑張ろう!!』と思えるでしょうか?もし逆の立場ならどうですか?自分の感情を受け取ってもらえていないと感じてしまうかもしれません。励ましが子供の感覚に寄り添うことだと勘違いしていませんか?励ますことで、子供さんの感じている感覚を無意識に否定してしまっているかもしれません。寄り添うとは、共感がとても大切です。この時の子供さんの本当に欲しい言葉は何でしょう?辛いこともあるけど、頑張ろう とも続けることが大切だ とももう少し頑張ってみよう とも本当は十分わかっているのです。それでも辛い辞めたいと感じていて自分で心の整理がつかない状態かもしれません。そんなときに親ができることは「もっと頑張れ、もっと頑張れ」の励ましではなくそっと感情に寄り添って、子供さんが自分で本当にどうしたいか気づくことを隣でそっと待つことなのかもしれませんね♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 29May
    • 甘えることと甘やかすことの違い~子供の自立~の画像

      甘えることと甘やかすことの違い~子供の自立~

      「子供に自立して欲しい」「自分の力で生きていって欲しい」それを目標として子育てをされる方は多くいらっしゃいます。だからこそ、厳しく育てよう、きちんと育てようと強く感じてしまう事もあるようです。自立するためには『甘える』ことはいけないと感じている方も多くいます。しかし、不思議と『甘える』ことができた子どもほど自立する力がついていることもあるのです。本日は、そんなお話福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です甘えることと甘やかすことは違います。なかなか違いが分かりずらいかもしれません。例えば①汚れるから、ママがやってあげるよという場合②一人でできることなのに「これやって!!」という場合どちらが甘えていてどちらが甘やかしているでしょう。違いわかりますか?この場合は①が甘やかす②甘えるということかもしれません。要するに①は親の都合なのです。汚れると困るという親の感覚が先に立っています。一方②は一見甘やかしているように見えますが自立に必要な自発的な甘えです。一人でできることでも不安を感じている場合が多いので、是非甘えさせてあげてください。その積み重ねが安心感につながります。甘えることは自立に大きく関わっています。なぜなら心の深い部分で安心感を得られるからです。安心感があることで、一人でも大丈夫と感じることができるのです。それが自立への大きな一歩となります。甘えたいお子さんの気持ちを上手く利用して、自立の気持ちを育てられると素敵ですね♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 28May
    • Wonder ワンダー ~君は太陽~ の画像

      Wonder ワンダー ~君は太陽~ 

      福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です先日、映画の試写会に行ってきました。『Wonder ワンダー ~君は太陽~ 』とてもいい映画でした。色々な愛を感じられる素敵な映画でした。全世界で 800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」を映画化した作品です。ストーリーは遺伝子疾患により“顔に重度の障害を持って生まれた少年“特別な顔”のせいでいじめに遭ったり、奇異な目で見られたりする中で、家族や先生・親友たちと心から信頼関係を築いていく物語コンプレックスを持つことは多かれ少なかれあるかもしれません。主人公の少年オギーは生まれながらにしてコンプレックスとなりえるものを持っていました。やがてそれは成長するにつれ周りの目などからコンプレックスと感じていったのかもしれません。そうなのです!!!コンプレックスは自分で自覚する場合もありますが、周りの目からコンプレックスだと感じてしまうこともあるのです。ところが、『Wonder ワンダー ~君は太陽~ 』は 主人公オギーの見た目ではなく周りの人々が、オギー自身の内面を知ることで周りの見方が変わっていくというストーリーです。映画の中では主人公オギーだけではなくオギーの姉の視点や友達の視点など彼を取り巻く人々の目線でも描かれていました。姉の複雑な気持ち、私も一番に愛して欲しいでも、弟はかけがえのない大切な弟であり、みんなの太陽だと感じている点も描かれています。本当に素敵な映画でした。いじめや挫折を繰り返しながら彼の存在自体が周りに大きな奇跡(ワンダー)を生みだしました。もしかしたらそれは誰の内面にも存在するものかもしれません。『Wonder ワンダー ~君は太陽~ 』是非機会があったら見てみてください!!何か大きな気づきがあるかもしれませんよ♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 04May
    • 白か黒か?グレーはない~完璧主義者の苦悩~の画像

      白か黒か?グレーはない~完璧主義者の苦悩~

      カウンセリングの現場では完璧主義であることが辛い状況を作り出しているということがあります。物事に対して白か黒しか考えられない。グレーは許されない。あなたはそんなことはありませんか?福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です自己重要感の低いクライエント様の中には完璧主義である場合があります。一見すると自己重要感の低さと完璧主義は結びつかないように見えるでしょう。完璧主義は自信の表れのように思う方も少なくありません。しかし、自分が完璧にできると思っていたのに思っていたようにできなかった場合例えば0か100しかないととらえてしまうことで100は無理だから0でも仕方ないと諦めることができるという伏線を持っています。理想の非の打ちどころのない完璧な自分とその時の自分を比べてしまう事で自己重要感が低くなってしまいます。ところが潜在的に人は自分を認めたいと感じるのでまた完璧を求めようとするのです。すると完璧主義が定着していきます。そして、白か黒か?0か100か?はっきりしないことがとても苦痛に感じるのです。グレーや中途半端な状態は認められないと感じてしまうのです。ではどうしたらいいのでしょう?まずは、ありのままの今の自分を受け入れることが最も大切です。何かができてもできなくても今の自分の存在をそのまま受け入れてみましょう。グレーや中途半端も実はちょうどいい状態であるかもしれませんよ♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 01May
    • 捨てられない~断捨離~の画像

      捨てられない~断捨離~

      前回片づけられない~生前整理・老前整理~という記事を書きましたが、今回は捨てられないことについてのお話しです。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です最近は断捨離という言葉を良く耳にします。断捨離とは モノへの執着を捨て不要なモノを減らすことにより、 生活の質の向上・心の平穏・運気向上などを 得ようとする考え方のこと。 by 知恵蔵miniということですが、なかなか物を捨てることができないというご相談を伺います。断捨離には心理的な部分が大きく関わっています。まず、一番はあなた自身の意思が重要です。捨てたくないなら無理に捨てる必要はないかもしれません。ただ、捨てたいのに捨てられないという場合それはなぜでしょう?「買った時、高かったし・・・・もったいない」そう考える場合は、買った時の瞬間その過去に生きている状態です。今、それは必要ですか?今後の生活に必要ですか?過去に捉われているだけかもしれません。「まだ使えるから・・・・・とっておこう」それがないと対応できませんか?対応ができなかったらどうしようという不安。でも完璧にこなしたい。だからこそ、いつか使うだろうという保険としてとっておきたいだけかもしれません。「物がなくなると、殺風景で・・・・・寂しい」綺麗になったというより、寂しいと思ってしまう。物に囲まれると安心してしまうことは、一人になることが怖い暗示かもしれません。しかも、そこに気付いていない場合が多いのです。もし、寂しいと感じる場合は自分は物がなくなることで寂しさを感じるのだと言う認識を持つことが大切です。寂しさを埋め合わせるために、家族や友達との時間を大切にしたり、趣味の時間を大切にすることで物への執着が減るかもしれません。このように捨てられないことにはいくつかの原因があります。その原因が何なのか、理解することで手放しても大丈夫。捨てても困らないと感じることができるかもしれませんね♪★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 04Apr
    • 片づけられない~生前整理・老前整理~の画像

      片づけられない~生前整理・老前整理~

      片づけられないというご相談を頂くことがあります。どの程度の 片づけられない 状態なのか ご本人の片付けについてなのかそれともご家族の片付けの状態なのか豊かになりものが多くなった昨今片付けの悩みは意外と多く尽きないものなのかもしれません。片付けと心の問題は深く関わっている場合が多くあります。心を整理することで片付けが上手くいくかもしれません。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です『母が片づけられずに困っていんです』とご相談を受けました。クライエント様は20代、そのお母様は50代ご一緒に暮らしていた頃は少し散らかっているかなと思うくらいだったそうですが、クライエント様が、大学進学と共に一人暮らしを始め、時々実家に戻るとなんだか物が多くなっているように感じたそうです。あまりにもひどくなり、見るに見かねてお母様の代わりに片付けを始めるとイライラ感が募り、とても疲れてしまったということでした。片付けをしているのにイライラしてしまう。片付けをしたのになぜかスッキリしない。そんな自分がおかしいのではないかと感じたそうです。心理カウンセリングでは、そのイライラ感がどこから来るのかを取り扱いました。お母様に期待しているご自分がいました。お母様は昔のようにきちんと片づけられると期待しているから片づけられないお母様にイライラしてしまったのです。そして、お母様の代わりに片づけているという感覚が余計にイライラを助長させてしまいます。自分では気づかないうちにお母様に期待しているということは無意識のうちに、自分も親の期待を裏切らないようにしている可能性もあるのです。それが、見えない鎖(呪縛)ともいえるのです。まずは、お母様の代わりに生前整理・老前整理を行うという感覚を手放した方が良いかもしれません。自分が過ごしやすい実家にしたい自分が片づけたいと感じるというように自分がどうしたいかという感覚に忠実に従ってみましょう。自分がどうしたいかという感覚で、片づけに取り組む方がイライラ感は少なく達成感も感じられるかもしれませんよ♪4月の特別企画 母の呪縛から解放されたい!!母を棄ててもいい!!『 毒親・モラ母解放カウンセリング 』 1回 120分 10000円*詳しくは上記内容及びリンクをご覧ください*当相談室は女性アシスタントも一緒に対応いたしますので女性お一人でも安心していらして頂けます。   *  ご希望の際には  必ず『特別企画を希望する』ことをお伝えください。お問い合わせは↓★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

  • 01Apr
    • 4月の特別企画「毒親・モラ母解放カウンセリング」の画像

      4月の特別企画「毒親・モラ母解放カウンセリング」

      お待たせいたしました。福島県いわき市在住NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する荒川心理相談室のテディ荒川です4月の特別企画は『毒親・モラ母解放カウンセリング』です。毒親という言葉をよく耳にします。支配する母親と知らず知らずのうちに見えない鎖で縛られている娘。いつも母親の顔色ばかりを気にしながら生活しているにもかかわらずそのことにすら気づいていないという方もいらっしゃいます。しかし、なぜか自分の人生を生きていないような気がするこんなはずじゃなかったと感じている方は、まず気づくことが大切かもしれません。支配する毒親・モラ母(モラルハラスメント・母親)に気づき、その呪縛から解放されることで本当の自分の人生を生きることができるでしょう。毒親・モラ母に支配され続けているのかそれともそうではないのか?「母は変かもしれない」そう感じる方は是非、今回の企画をご利用ください。きっと何かに気付くことで人生は大きくかもしれませんよ♪4月の特別企画 母の呪縛から解放されたい!!母を棄ててもいい!!『 毒親・モラ母解放カウンセリング 』 1回 120分 10000円*詳しくは上記内容及びリンクをご覧ください*当相談室は女性アシスタントも一緒に対応いたしますので女性お一人でも安心していらして頂けます。   *  ご希望の際には  必ず『特別企画を希望する』ことをお伝えください。お問い合わせは↓★ いわき市情報は人気ブログランキングへ★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら