その1

その2

(上記を先に読まれることを推奨します)

 

2015年。前年度のJ3降格の大ピンチに陥ったヴェルディを残留に導いた手腕が評価され、冨樫監督は2015年も続投することになりました。

 また、昨年度途中でGMと強化部長も兼任していたヤス監督の辞任を受けて、GMにはクラブのOBでG大阪や柏のスタッフも歴任した竹本一彦氏が就任し、選手間の交渉や補強面においても一定での改革が行われました。

 この頃には北九州からやってきた選手はGK佐藤優也しか残っておらず、ユースの出身者を中心とした生え抜き中心のチーム作りに回帰しました。目標は「9位以上」と、まずは中位以上に復帰することが目標となりました。この年になってくると昨年度まで見られた若手選手を安価で放出するような退団は、経営が安定してきたこともありほとんど見られなくなりましたが(以前は育成費まで半額にしていたとか)、目だった補強もそこまでなく、あえて言うならヨーロッパや中国で活躍したブルーノ・コウチーニョ選手程度でそこまで大きな期待はなく、降格候補にすら挙げられていました。

 

 しかし、このチームは予想を超える快進撃を見せるのです。

 序盤こそJ2昇格1年目の金沢に初勝利を献上するなどもたついたものの、その後は高木大輔、Wアンザイこと安西幸輝と安西和樹、澤井直人、杉本竜士、南秀仁といったユース出身の有望株に、井林章、中後雅喜、田村直也、アラン・ピニエィロといった外部から加入した選手が融合し、めきめきと順位を上げて一時期は破竹の5連勝で大宮、磐田の自動昇格圏に肉薄するほどの勢いを見せました。

 

 また、起爆剤となったのがかつてJ2のヴェルディからユトレヒト(オランダ)に飛び級で移籍し、おそらく戻ってくることはないだろうと言われていた高木善朗の復帰でした。

 当時は所属していたJ1の清水エスパルスからのレンタル移籍という形ではあったものの「ヴェルディをJ1に上げるために戻ってきました!」という趣旨の力強いコメントは多くのヴェルディサポーターを涙させました。

 結局、9月10月には他チームの対策が進んだため勢いを落とし、最終節のセレッソ大阪戦に破れて8位に終わり、J1昇格はなりませんでしたが、それでも最終節までJ1昇格プレーオフ圏内の6位までに入る可能性を残していました。

 

 昨年度の大不振により、サポーターや評論家からJ3降格候補に予想する声も多かった中でのこの躍進は、冨樫監督やユース出身の選手たちの活躍により「ヴェルディらしさ」を取り戻した結果であり、ヴェルディの育成組織による育成能力の優秀さを証明することになりました。

 

 何よりも、H岐阜戦の0-3からの大逆転勝利に代表されるように、チーム間の結束が強く、苦しい状況でもあきらめない「勝負強さ」がありました。

 途中加入の高木善朗や大ベテランの平本一樹、永井秀樹選手以外は著名なスター選手もいないチームがここまでの躍進を遂げたことで、サポーターからも来年は自動昇格を争える!ヴェルディ復活だ!と期待のボルテージが一気に上がりました。

 しかしながら、ヴェルディが今日を迎えるためには、翌年に訪れるもうひとつの大きな試練を乗り越えなければいけないのでした・・・

 

TO BE CONTIUNIED・・・

 

 

 

その1はこちら(先に読む事推奨)


多くのバッシングを受けながらも、2年目で巻き返しを目指したヤス監督のヴェルディですが、勝負のシーズンであった2013年のシーズンに不振に終わった影響は大きく、多くの主力選手がチームを去ってしまう結果となりました。

 その中には先日日本代表の10番として活躍した中島翔哉(現ポルティモネンセ)の名前もありました。もちろん規格外の若手選手がJ1、海外へ流出するのは今でもいたし方ないことと感じるのですが、痛手だったのが長年チームを支えてきたベテラン選手であったキャプテンの飯尾一慶や西紀寛までもがチームを去ってしまったことです。それも地域リーグやJ3などステップアップとは言えないクラブに。


 一般的には前年度に無理をしすぎたための赤字補填だったのではと言われてはいますが、上記の状況を観ると、チーム内の雰囲気の悪さや上層部への不信感がそれだけ強かったのではと感じます。そういった背景もありそれを埋めるための補強も満足に出来ず、代わりにWアンザイなどユースの有望株を数多く引き上げたものの、大幅に戦力ダウンを強いられ2014年を迎えることとなってしまいました。

 それでも開幕前のTMでは鹿島や清水のフルメンバーと対戦し勝利するなど、2年目に入りヤス監督が思い描く戦術が浸透し、もしかしたら今年は躍進できるのでは・・・という期待感があったことも事実です。

 しかしながら、いざ蓋を開けてみると昨年同様開幕から5試合勝ちなしで開幕から下位に低迷、課題であったセットプレーによる失点の多さなどが全く改善されず、前半戦3勝5分13敗と散々な結果に終わってしまい、22チーム中20位と昇格はおろかJ3への降格の危機に陥ってしまうのです。

 華々しい歴史を持ち、ようやくチーム消滅の危機も脱して、これから再起を図っていた生まれ変わった名門、東京ヴェルディがJ1昇格よりも先に、まさかのJ2よりもさらに過酷な世界へ行ってしまうのか。

 この年は多くのヴェルディサポーターにとってつらい日々が続きました。


 後半戦になり、途中加入のブラジル人ニウド(現福島ユナイテッド)の奮闘や、アウェイでこの年自動昇格した松本にドローに持ち込むなどいい試合こそあったものの、全体的な成績は上向かず、さらに4連敗するなど危機的な状況に陥ったため、第31節についにコーチ陣ともどもヤス監督は解任されてしまうことになるのでした。

 報道によれば、ヤス監督は身内ぐるみで監督自らが定めたチームの規律を破ってしまうなどチームに対してピッチ内外でも迷惑をかけており、チームとしてはそんなリスクのある人材はもう抱えるのは限界だったとされています。

 問題の違約金については、これは正式なソースがないため確かな話ではないのですが、うわさによるとサポーターのほうでスポンサーを用意し、そのスポンサーによる資金援助が違約金を越えることが出来たからだと言われています。


 そしてこの絶体絶命の状況、J2残留というタスクのバトンを受け取ったのは当時ヴェルディユースの監督を務めていた人格者、冨樫剛一監督でした。

 冨樫監督に交代後の成績は3勝6分2敗という成績であり、いわゆる「監督解任ブースト」といったような爆発的な成績の向上があったわけではありません。むしろ、勝利するチャンスがあった試合で追加点を取れず追いつかれて引き分けという試合も多くありました。

 しかし、同じく残留争いのライバルであった富山や鳥取が勝ち点を伸ばせない一方で、この年優勝した湘南を始め、難敵との対戦を残していたにも関わらずしぶとく勝ち点を拾ったことで、最終的にヴェルディは紙一重でJ2に踏みとどまることが出来たのでした。

 残留を果たすことが出来た要因として、冨樫監督はプロの監督として指揮を執るのは今回が初めての経験でしたが、それまでにWアンザイ、高木兄弟、三竿、澤井、菅嶋らユース出身の選手たちと長年築きあげた信頼関係と、ユースで培ったヴェルディの血脈に乗っ取った戦術がありました。

 また、今シーズンより加入した大ベテランの永井秀樹選手も独自で「永井塾」という若手選手に対して個人指導を行うなど、若手選手の底上げに協力していました。


 こういったチームの団結と、そんな状況の中でも支え続けたサポーターの後押しにより、薄氷の残留を決めたヴェルディ。しかしボロボロのチーム状況から、翌シーズンは残留争いが関の山だろうと、多くの人が予想しました。

 しかし、続く2015年、ヴェルディは誰も予想していなかった大躍進を遂げるのです・・・


TO BE CONTUNIED…


相手の順位考えたら、そりゃ取りこぼしと言わざるを得ない。
だけど、勝たなきゃいけないという気持ちは追われる立場よりも追う立場の方が強いはず。
J1でも最近、首位広島が残留争い中の鳥栖にあっさり敗れましたよね。
単純な力量やチーム力だけじゃ勝敗は決まらない。

試合そのものにフォーカスすると、序盤の上福元のキャッチミスとドゥグのPK失敗が響いたわけですが…
まず前者は上福元のミスというより、自陣内で不用意なパスミスを起こしてしまったカジとウッチーの問題かと。コンディション不良なのか、今日はこの二人はずっと良くなかった。皓太が本格的に戻ったら皓太優平の組み合わせや天皇杯でやってたハシさんアンカーや一回だけやったシオンアンカーというのも試すべきなのか。まあカジはともかくウッチー外すのは博打になってしまいますが、どこかで一回休ませたい。
またドゥグのPK失敗は同じところに蹴りすぎと言われてますが…
あれは素直にGKを褒めるべき場面。クロスバーにぶち当てたり宇宙開発したらキッカー何やってんだとなりますが、あれは普通に反応している畑が上手い。

まあ、とはいえですよ。
ここからは勝ち点1でも取ることが大事。事実、フリエが敗れて追い抜き、町田が敗れて勝ち点差は1縮まった。

たかが1、されど1。
この団子状態を抜け出すチャンスは残されている。
まずは次の試合。
想いを胸に、一戦必勝。
信じるのみ。