ブログ上等!!-Matthew's PASSION!!-

ブログ上等!!-Matthew's PASSION!!-

PASSIONは「情熱」と「受難」!空気を読まないアクシデントに定評のある駆け出しバス弾きの初留学・初一人暮らし日記。最近のウリはトラブルからの迅速な生還と適応、そしてフットワークの軽さです。



テーマ:
夏至です。6月が終わりかけております。
本当に、ずっとずっと忙しい、という状態にいつまで経っても馴れないのですが、今月はあろうことか連勤記録の自己ベストを更新しております(21日)。でもそれが過ぎたら長いお休み!当初8週間!と騒いでいたのはいつの間にか、二週間半×2、と大幅に減ってしまっていたものの、楽しみな予定を詰め込んでわくわくしております。
チャップリンミュージアム行くぞ!イチゴ狩り行くぞ!イタリア行くぞ!!ダンスのビギナーコース行くぞ!スウェーデンも行けるかな?

さて、前回記事のストラヴィンスキーオペラは、11公演ありましたが、残すところあと2公演。
始めには理解しがたかった音楽的な展開も理解が深まり、よりネオクラシックな響き、フォルテで鳴っていても透明感があって歌手を邪魔しない、みたちなそんな音像に近づいていていい感じ。
演出もちょっとずつどんどん変わっていって毎度飽きません。後半に向けてエログロ要素が盛られている。。オペラ歌手ってすごいなあ。かなり魅力的な方々です。
客席にもこれまでに、古楽関係の先生や学友がチラホラ。ストラヴィンスキーと古楽のこの食い合わせの良さはなんなんでしょうね。私の好みもそうだし。

最近はInstagramに凝っていて、音楽活動系はわりとマメに更新しています。
やっぱりステージ系の歌手も、更新がマメで大変楽しいですw

オペラの間をぬって立ち上げから関わっている室内オケとともに4公演。もうすぐライブ録音がラジオで放送予定!
こちらはヴォーンウィリアムスのオーボエ協奏曲、新曲委嘱のオーボエ協奏曲、弦楽合奏と47種類の打楽器(奏者は5人)のための新しいカルメン組曲。
ジュネーブでロ短調ミサ!
ポラントゥリュイで新曲ばっかり!
スコラで退官する超名物先生(通奏低音と理論担当、勤続42年)のための新曲カンタータ!(バッハのオマージュでありながら鬼転調と鬼エンハーモニックがバンバン出てくる、卒業生なら笑える「あるある」歌詞と、授業さながらの歌詞つき。今年修了の理論科学生作曲。)

・・とメリハリの効いた生活。飽きません。体力勝負です。
本当にひとつずつ振り返りたいけれど、そんな時間すらない日々。
本当にありがたいですが!まだまだ頑張ります。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス