杉並区の整体師のブログ

杉並区の整体師のブログ

人体力学に基づいた、井本整体認定の整体指導室。
杉並区浜田山の、松本整体操法室のブログです。

今日は都内で28度を超える場所もあり、暖かいを通り越した夏日でした。
3月後半でも桜が咲かず、例年より遅いなと思ってたらこの天気。体に堪えます。

少し前まで風邪をひいてる人が多かったですね。
「高熱が出て、すぐ下がりました」という話を、操法室でよく聞きました。そういう方は、去年の後半にも熱を出していた方が大半で、最初の風邪である程度体が緩んでいたので、2回目は軽く経過したのかもしれません。


***
風邪といえば、『はたらく細胞』というアニメをご存じでしょうか。
このアニメは、体の中の白血球やヘモグロビンなど、様々な細胞を擬人化し、日ごろ私たちの体の中で起こってることをドラマ形式で紹介しているアニメです。

食中毒を起こしたとき、あるいはインフルエンザウィルスが体内に侵入してきたとき、体内でどのように免疫系が働いているか。それを分かりやすく、30分という短時間で飽きさせない展開で作っています。

噂を聞いて観てみましたが、「一般の地上波で、延々放送し続ければいいのに・・・」と本気で思ったアニメでした。

体の仕組みに興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

松本整体操法室

年始に起きた、能登半島での大地震。

自然の力には人間は無力だと常々思ってますが、最近地震が多いですね。

 

少し前に近畿地方で地震が続いたかと思ったら、今度は千葉県で体感できるほどの地震が一日に何度も起きました。

 

関東に限らず、再び大きな地震が起こる可能性も、高まってるのかもしれません。

 

***

いざという時というと、整体の救急操法を思い浮かべてしまうのですが、今回は避難具についてです。

 

ご自宅に緊急時の防災セットを準備している方は、どの程度いるでしょうか。私の自宅ではある程度の準備をして、すぐ持ち出せるようにバッグに収納しています。

 

「もしもの時は近くの避難所へ」とは言うものの、人口の密集する東京では、避難所自体が人数オーバーで入れないという事態が多発します。

(実際、何年か前にそういったニュースを見ました)

 

そうなると、建物が無事であれば自宅で籠城です。

数日、できれば一週間程度はインフラが途絶えても生活できる準備はしておいた方が安全でしょう。

 

避難具の準備をしていると、いろいろなシュミレーションを考えます。

どのくらいの水が必要か。食料は。電気やガスはどうするか。トイレや着替えの準備は・・・

こうやって考えること自体が、避難訓練代わりです。なんの準備もしてない人ほど、土壇場でパニックになります。

 

昨今は通信販売でたいていのものが手に入りますので、もしものときの防災グッズの準備をお勧めします。
 

松本整体操法室

 

今年、最初の月の操法が終わりました。

 

正月明けから、首や腰の急な痛みの方が多かったですね。

突然首が痛くなった、腰がぐきっときた。

そんな連絡が、何件も続きました。

 

***

正月休みと盆休み明けは、ギックリの方が増えるのですが、これは主に食生活によるものです。

規則正しい食事をしている方が、連休中に間食が増えたり、体を動かさないのにたくさん食べたり、お酒を飲みすぎたりと、消化器系に負担をかけます。するとその関連で腰にきます。

消化器系のぎっくり腰、という感じですね。

 

もうひとつ、仕事をしている人は休みが近づくと体を壊すことがあります。

これは気の張り具合の問題なのですが、普段「仕事は休めない」という気構えがあるのですが、週末や連休前になると、「ああ、もう少しで休みだ」と、ふっと気が緩むのです。そこで体が溜め込んでいたものを一気に出す、という事があります。

 
症状が出たのが「休み直前くらいからか、休み明けか」で、休み中の不養生か、日頃の疲れが一気に出たのか、なんとなく判断できます。
体の読み方を知っておくと、便利ですね。