風に立つライオン

テーマ:

昨夜、さだまさしさんのコンサートへ。

 

この2週間ちょっと、さださんは喉を痛めて、コンサートを何本か延期にされていました。

 

一昨日の横浜でのコンサートから再開され、そして今日の川口リリアホール。

 

心配しながら、開演前に楽屋にお邪魔しました。

 

 

楽屋のドアを開けると、さださんは鏡の方を向いて、喉用の吸入器のスチームを吸いながら、声の調整中。

 

いろいろな発声をしながら、声帯のさまざまな部分にスチームを当てているようです。

 

私は、後ろから、

 

 

「こんにちわ!」

 

 

と言いながら、鏡の中のさださんの視線に合うように身体をかがめて、手をふりました。

 

さださんも吸入しながら、鏡を通し手をあげて、

 

 

「おうおう。」

 

 

「大丈夫ですか?」

 

 

「んなわけないだろ!」

 

 

「ですよね。」

 

 

「今日は、ストレートが走らないよ。ストライクとれないぞ、おい。」

 

 

「大丈夫です。私ら客席でボール玉でも全部振りますから。」

 

 

「まあ、どうなることやらだけどな(笑)」

 

 

「まさしさん、何だったら、代わりに唄いましょうか?(笑)」

 

 

「おう、唄っといてくれ(笑)」

 

 

すると、マネージャーの石井さんが、

 

 

「バンドメンバーのトラ(エクストラメンバー=代役)ってのは聞いたことあるけど、本人のトラって、聞いたことないですね(笑)」

 

 

そんなバカな話をしながらも、さださんは吸入を続けています。

 

 

「じゃあ、まさしさん。客席におります!頑張ってください!!!」

 

 

「おう、頑張るよ。やれるところまでやるまでよ!」

 

 

 

さださんと仕事をしていた時代に、何度か見た、その後ろ姿。

 

待っていてくれるお客さまのために、全身全霊でステージに上がるその後ろ姿。

 

例え身体がボロボロでも、28億の大借金をしていた時でも、

 

ただ一人、ステージに上がり、マイクの前に立ち、数千のお客さまに元気を届ける、その後ろ姿。

 

どれだけ強いんだろう、この人。

 

 

『風に立つライオン』

 

 

という、さだまさしさんの歌で、

 

 

「僕は風に向かって立つライオンに、なりたい」

 

 

と歌った、そのままの姿を感じます。

 

 

 

そんな夜が、ソロになって今夜で4227夜目。

 

4227回目のコンサート。

 

 

 

 

本番。

 

私は一人のお客として客席で聴かせていただきました。

 

1曲目から、一気に作り上げられる、さだまさしの世界。

 

喉の調子は100%ではないものの、それを超えたところで、歌が客席に届きます。

 

 

歌、楽曲、バンドの皆さんとともに作り上げる演奏、音響、ステージセット、照明。

 

どれをとっても、驚くほどに上質です。

 

4227の夜、磨き上げてきた、上質なコンサート。

 

圧倒的でした。

 

3曲目には、私は恥ずかしさも忘れて、涙が溢れて仕方がないほどでした。

 

 

 

終演後、また楽屋を尋ねたら、

 

 

「スリルたっぷりだったろ?」

 

 

なんて、さださんはいつもの茶目っ気たっぷりな顔で笑っていました。

 

 

「いえいえ、本当に素晴らしかったです。本当に感動しました!」

 

 

私にはたいした褒め言葉も浮かびませんでした。

 

ただただ、感動をお伝えしました。

 

 

お前、またまた〜

 

 

そんな笑顔で、さださんは他のお客さまのところへ行かれました。

 

 

 

 

 

しかし、すごいは、

 

さだまさし。

 

どんだけ、すごいんでしょう。

 

ずっと追いかけ続けないと、なりません。

 

 

 

今日もイイ日に。

 

 

image

 

 ■一般社団法人日本ほめる達人協会

 http://www.hometatsu.jp/

■ほめ達!検定開催中!!
 http://www.hometatsu.jp/schedule/

 

 

 

コメント(1)