アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

札幌市西区二十四軒で漢方相談をしております、まつもとです。
アトピー性皮膚炎(顔・首・腕・脚・足・胸・腹・背中・乳首)の漢方治療と、食べるものを中心に、何に気をつけたらよいかといった、治し方・スキンケアから脱ステ・脱保湿についてご紹介いたします。

カラダとココロの健康は、日々の暮らしから……もちろん、皮膚も同じです♪

漢方的生活で、≪薬食同源≫を実践してみませんか?

北海道札幌市で中医学や薬膳など健康に関する講座を

定期&随時開催しております。

NEW !
テーマ:

☆アトピーが悪化する食べもの


こんにちは、まつもとです。


前回、「アトピーが治る食べもの・食べ方」についてお話ししました。


今日は「アトピーが悪化する食べもの」をご紹介します。





繰り返しお話ししてますが、アトピー性皮膚炎とは、


・体内で

・処理しきれなかった栄養物が

・「老廃物」=「水っぽい何か」となり

・次第に熱を持って

・何らかのきっかけにより(←アレルギー)

・皮膚表面へと噴き出してくる


病気です。


だからアトピー性皮膚炎の症状が激しくなると、皮膚にプツプツと盛り上がったり、ひどいと広く真っ赤に膨らんだり、そこを引っ掻くと「汁」が漏れてくるんです。


ここには「水っぽい何か」が存在してますよね。


つまり!


アトピーを治すには、老廃物をこれ以上生まない食べ方をすること、なんです。





逆に、「完全に処理しきるのが大変」で、「老廃物を生みやすい」食べものをしばらく避ける。


こうすることで、アトピー性皮膚炎は格段に改善しやすくなります。


そんな、アトピー性皮膚炎を治したい段階で、避けた方がよい食べものを挙げますね。



<アトピーを治したいとき、避けた方がよい食べもの>


○甘いもの

○油もの(揚げものや肉の脂身)

○香辛料(カレーも、スパイシーな味付けのものも)

○冷たいもの・生のもの

○魚介類

○牛肉・牛乳・乳製品

○羊肉・鹿肉・鴨肉(多分ヤギ肉も)

○コーヒー

○アルコール



いかがですか?


しょっちゅう摂ってるわ~! ってこと、ありませんか?


「赤い」「プツプツ」「痒い or 痛い」「ジュクジュク」のようなアトピー性皮膚炎の急性症状があるときは、こうしたものは全カットでいきましょう。






腫れも引いて、皮膚表面がなめらかになってきたら、少しずつ食べてもいいですが、続けて食べると再発します。


完治後も、ストレスや過労に、こうした食べものの食べ過ぎ・続き過ぎが重なるとアヤシくなってきます。


自分でコントロールできるようになりましょうね♪






※この「避けた方がよい食べもの」リストは、アトピー以外のほかの炎症を伴う皮膚トラブルにも有効です。

(例:乾癬、掌蹠膿疱症、脂漏性湿疹、酒さ、湿疹、虫さされ……)


ですが、人間みんなに適応するものではありません。

(例:皮膚にトラブルない中高年=魚を適量食べた方がよい)


ここをお間違いないようお願い申し上げます。

 



まず、アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)を、しっかり学んでやってみてくださいね。





「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?  

 

 

 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。 

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)



テーマ:

☆この食事でアトピーが治ります


こんにちは、まつもとです。


アトピーを治す食べ方、実はとってもシンプル。


実行するのはカンタンですし、お金もかかりません。


実際に、「食べ方を変えたら食費が随分浮きました!」なんて、ご相談者さまからよく言われます(笑)。


じゃあ、具体的に、どんなものをどのくらい食べると、アトピーは改善しやすいのでしょうか。





1、量


「腹八分目」


これに尽きます。


アトピー性皮膚炎との付き合いが長い方や、今炎症が強い方には、食欲が亢進しているケースがよく診られます。


これには中医学的に理由があるのですが。


日々それなりの量を召し上がっていると、「腹八分目」と言われても、もうよく分からなくなってますよね。


そこでまつもとはご相談者さまにご説明するとき、



「腹八分目の量」とは:


・食べる前と同じように、動ける

・食べる前と同じように、考えられる

・眠くならない

・お腹が張らない

・「お腹イッパイ」となる3歩手前でお箸を置くと、大体このくらい



こんな風にお話ししています。


夕ご飯をこの量に抑えると、健康な方や食欲の亢進している(「胃熱」のある)方は、お寝み前には少し空腹感がありますよ。


「お腹が空いたらどうしよう」


ではなく、


「お腹が空いている

  ↓

消化にパワーを使っていない

  ↓

身体の回復にパワーを回せる」


ですからね。


空腹を感じている時間を、毎日ある程度確保しましょう。




2、内容


カンタンです。


割合で考えます。



○穀類+根菜 4~5割

○葉もの野菜 4割

○肉・魚・卵などの動物性食品 1~2割



です。


葉もの野菜のところには、海草やキノコ類が入ってもいいし。


炎症の強い段階では、肉を豆腐に振り替えた方が回復早い。


そんな細かいコツもありますが。


「わたし、野菜タップリ食べてます!!」と主張される方の「野菜」には、けっこう根菜が入ってます。


ここを切り替えて考えることがポイントです。


「そんなにたくさん葉っぱ食べるなんて……」と言う方もいますが。


割合ですから。


葉もの以外を少し減らせばすぐ達成できますよ。





こんな風に、「量」と「割合」で、アトピーの治る食養生の骨格はシンプル。


あとは、「これを食べたら悪化する!!」食べものを避けるだけです^^


 

まず、アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)を、しっかり学んでやってみてくださいね。




「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?  

 

 

 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。 

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)



テーマ:

☆2018中国病院研修報告-③


こんにちは、まつもとです。


今日も引き続き、中国は広州中医病院皮膚科での研修報告をいたします。


外来では、国医大師「シュウェイ(shuei)」先生の診察室に入れていただきました。


皮膚科 中医学 最新治療


この名字「shuei」の字が、日本語入力ソフトで出てこなかった……!!


ハイペースで次々患者さんがやってきます。


おひとりおひとりに、おばあちゃんのように優しい笑顔で、「どうしたの?」「見せてごらん」と診察を始め、必ず養生法をきっちり指導するシュウェイ先生。


そもそも中国では「医師」だからといって特別エライ訳ではなく、患者さんとの「立ち位置の格差」は日本ほどありません。


が、それにしても、本当にお優しいシュウェイ先生の診察……感動しましたね。




皮膚科の病棟は、小児科と同じ階。


中医皮膚科 研修


病棟では、重症患者さんの治療を学びます。


中医の病院では、漢方薬は内服だけでなく、外用も漢方薬で行います。


外用は、煎じ薬での湿布、煎じ薬のお風呂に浸かる、練った漢方薬を専用のシートに乗せてお臍に貼る、漢方薬を練って作った軟膏を塗るといった、漢方薬(生薬)を使用したものだけではありません。


日本でもおなじみの「吸い玉」や「鍼」を使用したりして、激しい熱感や痒みを鎮めます。


中医皮膚科 研修


これはバスタブ用の煎じ薬パック。


後ろにいるのは、病棟で治療法を詳しく説明してくださった、熊先生。


広州中医病院皮膚科の若手ホープだそうです。


症状(証)に合わせて、6種類の煎じ薬パックを用意しておき、必要に応じて複数選んだり、生薬を加えたりしてアレンジします。


余談ですが、全身紅皮症になってしまって入院している慢性湿疹のおじいちゃまが、この「お風呂」療法を希望していましたが、残念ながらドクターは首を縦に振りません。


薬液のお風呂に浸かる療法は体力の消耗を伴うため、70歳を過ぎた方には用いないのだそうです。


おじいちゃま、がっかり。


安全性が最優先です。




研修中はゆっくり写真を撮っているスキはあまりありません。


(それでも、スキあらば撮っているのですが)


で、「撮影」担当の先生が、代表で重いカメラを提げて研修に参加しています。


撮影担当の先生が日本に戻って一段落して、日々のご相談の合間に画像を整理したら、一緒に研修に参加した全員の先生方の手元にそれらの画像が届けられます。


まつもとも、それを待っているところ。


シュウェイ先生とのツーショット画像もある、ハズ、です。




夕食後、広州の古い街区へ足を伸ばしたときの写真です。


中医皮膚科 研修


「耳つぼ」療法のサロンですね。


耳つぼ療法の良さを掲示しています。


儲かってそうな、立派なサロンでしたよ。




シュウェイ先生は「脱毛症」治療が有名なこともあり、「脂漏性湿疹が悪化しての脱毛」症例が多かったのが特徴でした。


そのほか、重症ニキビ、乾癬、蕁麻疹、アレルギー性皮膚炎や手湿疹といったよく見られる疾患は当然ながら、全身性エリテマトーデスや舌ガンといった難病もありました。


舌ガンの患者さん、1度発症して治って再発、2度目も治ったのですが、今回口内炎が出たので念のために受診したとのこと。


「状態は安定しているよ」との診断でした。


こういう例を見るとね、やっぱり中医学だなと思います。


「ジベル薔薇色粃糠疹という、割に見られる疾患と、自己免疫性疾患との鑑別困難な症例」という、皮膚科を学ぶ者にとって重要な状態の患者さんもおひとりいらっしゃいましたね。


そしてこちらでも、近年アトピー性皮膚炎が徐々に増えているとのこと。


お子さまアトピーの患者さん、いらしてました。


入院病棟には、全身に広がった紅皮症や乾癬のほか、やはりこちらの病院でも、帯状疱疹の患者さんが多くいらっしゃいました。


事前に聞いていたとおり、ステロイドはほとんど使っておらず、伝統的な中医治療でめざましい効果を上げている病院でした。




たくさんの学びを得ての、帰国。


中医皮膚科 研修


解散式でスピーチしている先生をとらえ損ねた自撮り画像。


へろへろです。


目の焦点が合ってないもん。




最後におまけ。


中国研修ではいつもお世話になる、旅行会社の李さん。


中医皮膚科 研修


写真は撮るのも写るのも好き。


このひとはホントにねえ、趣味がそのまま仕事になってるのかなと感じます。


どこへ行くのも楽しそう。


みなさんも、中国研修の機会があれば、ぜひ「(株)トラベルインハウス研究所」の李さんにどうぞ。


謝謝、大李!




年々個人情報の管理に神経を使うようになり、実際の診療風景画像がないので、抽象的な記述に留まっておりますが。


今年2018年の病院研修報告でした。


皮膚病の漢方相談を本気でやろうと考えている先生方は、やはり複数回中国の病院へ行かれることをお勧めします。


漠然と「●●病には■■湯」と覚えてとりあえず出し、効果が出ても出なくても知らん……みたいな世界とは、全く異なる、「治す中医学」の世界を生で見て、ご相談者さまのお力になれる実力を身につけましょう。


まつもとも、これからも精進し続けます。





「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


テーマ:

☆2018中国病院研修報告-②


こんにちは、まつもとです。


昨日に引き続き、中国病院研修の報告をします。


皮膚科 中医学 最新治療


宿舎を出て、大渋滞にハラハラしながら向かった先は、広州中医病院。


もうね、どうがんばっても、病院の全景は撮れなかったの、デカくて。


これが街中にあるメインの施設なんだけど、病院は広州市のあちこちに分院の形で大きいのが数軒あります。


市民に人気なのは、郊外の空気のキレイな街区にある病院ですって。



皮膚科 中医学 最新治療


本日診察に出ている/診察してないドクターリストです。


中国の病院の特徴は、こうして在籍医師の一覧を入り口に貼り出してあるところ。


ここは大病院なので、壁一面が掲示パネルになっていますが、これはほんのその一部。


皮膚科は「皮膚科」ゾーンに掲示されるのだけれど、ランク最上級のドクターたちは「名医」枠ということで別枠になっています。


これからわたしたちが向かう診察室は、丸で囲んだ「国医大師」がいらっしゃるところです。



皮膚科 中医学 最新治療


5階の見取り図です。


向かう診察室は5階です。




中国はネットが発達して、個人情報の流出に敏感になりました。


なので、今回、診察室内での撮影はNG。


UPしてよいものはないか、目を皿のようにして探します。


皮膚科 中医学 最新治療


中国の病院へ行くたびに、なぜか必ずナースステーションを撮ってしまいます。


ここは都会っぽくて、洗練された感じですね。


カウンターの左手前に立ってる機械は、患者さんの診療自動受付機。


もう日本と全く変わらない風景です。



うわあ……


皮膚科 中医学 最新治療


こちらです。


「シュウェイ」先生とお読みします。


診察は「月曜日の午前」と「木曜日の終日」と書いてますね。


中国全土で、たったひとりの、皮膚科の国医大師の先生です。


あ、中国では、ドクターは厳密に格付けされており、診察料などすべてランク分けされています。


試験を受けて「専業医師」になって、その次は「主治医師」、「講師」……と進んでいきますが、この「国医大師」は全土でも選ばれた実績・実力・経歴のあるひとだけが、特別に国家に選定されて授けられる、いわば称号。


中医学の皮膚科を牽引して来られたと言える先生です。


御年80歳過ぎ。


すげえ。





続きます。





アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)はこちらで学んで、しっかりやってみてくださいね。



「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544 

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


テーマ:

☆2018中国病院研修報告-①


こんにちは、まつもとです。


今日は、先日行ってまいりました、中国の病院研修のご報告をいたします。


まずは、成田での結団式風景から。


中医学 皮膚科 最新治療


何を撮ったのか、よく分かりませんね(^^ゞ


左奥で団長が結団式挨拶をしています。


団長は、「鳥取のコナン先生」こと、日本中医薬研究会会長乾先生、その周りを錚々たる先生方がぐるっと囲んでおります。


そんな中不謹慎にも自撮りを向けるまつもと。




今回の研修先は、「広州中医病院」。


広州中医薬大付属病院の方ではないので、「大学病院研修」ではありませんが、実はこの広州中医病院は現代中国の中医皮膚科のメッカ!


世界中医薬連合会や中医皮膚科学会の会長や理事がズラズラと名を連ねる、中医皮膚治療を切り開く最先端の病院なのです。


宿舎となったホテルのレストランから見る風景。


中医学 皮膚科 最新治療


朝食時。


朝日が昇ってきました。


広州は大都会。




ちょうどわたしたちが広州を訪れていた期間、広州では商売系の大イベント「見本市」が開かれており、全世界からあらゆる商売ネタのバイヤーが大集合していたとのこと。


宿舎を押さえるのも大変だったそうですし、市内は大渋滞が頻繁に起こっておりました。




さて今回わたしたちが学ばせていただいた、広州中医病院の、診療科の案内板です。


中医学 皮膚科 最新治療


いろんな科があります。


この「岭南」というのは、ここ広州地方のこと。


古い地名です。


中医学 皮膚科 最新治療


皮膚科です。


広州は香港やマカオと接する、海沿いの南方ですので、高温多湿の気候です。


なので、病気も、温度と湿度が関係する不調が起こりやすい。


そうした病気の治療法の研究が、昔から盛んなんですね。




高温で多湿な環境だと、人体は「湿熱」の邪気を受けやすくなります。


湿邪=老廃物が溜まった不調


熱邪=熱がこもって起こる不調(炎症性)


ですから、赤いブツブツやジュクジュクといった皮膚のトラブルも多くなりがち。


こうした湿熱の病気には、「消化しにくい脂もの・甘いもの」や「熱を生む辛いもの」はよくないのですが、ここ広州の食べものは割にアッサリ。


辛いものや極端に脂っこいものはあまり食べません。


みなさん、「食は広州に在り」という言葉を聞きますか?


まさにその広州です。


この地域の料理は「広東料理」と言いますが、アッサリで穏やかな味を好む日本人にとって、違和感なく食べられます。


(まつもとは慣れちゃったので、どこの料理でもおいしくいただきますが)




続きます。













札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544