アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

札幌市西区二十四軒で漢方相談をしております、まつもとです。
アトピー性皮膚炎(顔・首・腕・脚・足・胸・腹・背中・乳首)の漢方治療と、食べるものを中心に、何に気をつけたらよいかといった、治し方・スキンケアから脱ステ・脱保湿についてご紹介いたします。

カラダとココロの健康は、日々の暮らしから……もちろん、皮膚も同じです♪

漢方的生活で、≪薬食同源≫を実践してみませんか?

北海道札幌市で中医学や薬膳など健康に関する講座を

定期&随時開催しております。

☆パンを食べると水泡ができるわたしは、どこまで治せばいいでしょうか?


こんにちは、松本比菜(まつもとひさ)です。


まつもとのところにお越しくださってるご相談者さまの中には、


「パンを食べると症状が出る」


方がたまにいらっしゃいます。


小麦 アトピー悪化


アトピー性皮膚炎の方にも、掌蹠膿疱症の方にも。


かなり皮膚は落ち着いて、あとは漢方薬なしでよい状態を維持できるよう、最後の調整段階に入っているのに、たまになぜかポツポツが発生している。


くわしくおうかがいすると、「●日前にパンを食べました」というお返事。


「パンを食べた」といっても、「パンビュッフェのようなところで止まらなくなってすごく食べちゃった」という方もいますが、「自宅で焼いた食パンを、ほんの一枚」で症状が出る方もいます。




パンビュッフェで止まらなくなって……というときは、パンそのものが悪者ではない可能性があります。


ビュッフェでは、ミルクの入った飲みものを選びましたか?


市販のカフェラテで症状が出る方もいらっしゃいますよ。


パンのふかふか・香ばしい感じが大好き♪な方は、普段ガマンしていると、たまに食べたとき止まらなくなりますよね。


パンであってもなくても、それだけ食べたらマズイよね~のレベルだったら、パンに罪はありません。


たとえばほんの一枚のパンで症状が出ないことが確認できれば、ほかのものと同じように、量に注意しながら食べて問題ありません。




ほんの一枚くらいのパンでも、すぐにピコッと症状が出る場合。


あなたの身体にパンは合ってない。




さて、「身体にパンが合っていない」場合、どうしたらよいでしょうか?


パンが大して好きじゃないなら、もう食べなければ、症状も出ません。


パンが大好きだったら、間隔を開けて、たまに・少量、食べる。


食べたあと、ちょっと症状は出るけれども、そのほかに危険なコトを避ければ、症状は拡がらずに数日でなくなります。


このくらいを織り込み済みとして、症状はゼロじゃないけどパンを楽しむ、そんな生き方を選んで、そこをゴールにすることもできますね。


そう。


「カンペキな健康体」を、全員が無理して目指す必要もないわけです。




まつもとの願いは、「漢方薬で症状を抑え続ける必要のない身体に回復して欲しい」です。


腫れが引いて、痒みが治まったところで「もういいや~」と自主卒業される方もいますが、この段階ではまだ身体が治っていないので、漢方薬を止めてしばらくするとまた症状が盛り上がります。


そうじゃなくて。


「もう漢方薬の要らない身体」をゴールにしていただきたいですね!




パンで症状が出ても、毎回漢方薬の出番なく自力ですぐ治るなら、別に構わないと思ってます。


体調よくないときだけ、厳密にパンを避ければ、本格的な再発モードになりませんしね。


で、分かりやすい&実例が多いので「パン」を例にしてますが、これって、


・ステーキ


でも、


・ケーキ


でも、同じコトです。


また、


・登山


や、


・よさこい


も、やっぱり同じコトな訳です。





さて、あなたの「ゴール」はどこでしょうか?


その前に、「わたしの悪化要因」を発見するところから始めましょうか。






アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)は、こちらで学べます。




「アメンバー限定記事」を読むには……

「アメンバー申請」をお願いします

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)

☆【9月10日開催】毎日の食事でアトピーを解消する!薬膳レシピ講座in札幌


こんにちは、まつもとです。


毎年講評の薬膳講座、


毎日の食事でアトピーを解消する!薬膳レシピ講座in札幌


ですが、今年も開催します!!


アトピー 薬膳 


講座の日程が決まりましたので、ご案内いたしますね。


9月10日(木)

10:00~11:30


です。


奇数月に行っている「薬膳レシピ講座」ですが、毎回ひとつのお悩みを取り上げて、



・どうしてその症状が起こるか

 =「タイプ」を知る


・あなたは/ご家族はどのタイプか

 =体質チェックシートを使った「タイプ分け」


・あなたに/ご家族に合った解消法

 =「タイプ毎」にするべきこと


・タイプ別、オススメ食材


【受講特典】♪タイプ別薬膳レシピプレゼント♪



という内容で進めております。


9月はいよいよ、


「アトピーを解消する薬膳」


をテーマに開催いたしますよ。


会場は、札幌市西区、地下鉄「二十四軒」駅徒歩2分の、


「まつもと漢方堂」


です。


札幌&近郊にお住まいのみなさん、ぜひいらしてくださいね。


当日は、お時間の許す限り、ご参加のみなさんからのご質問にお答えいたします。


アトピーを治すための食べ方については、こちらのブログでもたびたび語ってますが、結構「自己流」になってしまい、かえって身体によくない食べ方になってしまってる方がいるんです。


たまに、自分の食べ方にヘンなクセがついてないか、気持ちを新たにする機会があると、いいですよね^^




ということで。

9月10日開催

毎日の食事でアトピーを解消する!薬膳レシピ講座in札幌


は、近日中にご参加のお申し込みをお受付いたします。


カレンダーをチェックして、ご予定を空けておいてくださいね^^






「9月まで待てない!」という方、「札幌へは行けない!」という方は、こちらで先に、アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)を、しっかり学んでやってみてくださいね。






アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)は、こちらで学べます。




「アメンバー限定記事」を読むには……

「アメンバー申請」をお願いします

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)

☆手・指に水疱できていませんか?


こんにちは、松本比菜(まつもとひさ)です。


梅雨ですね。


ここ数日日本列島を襲っている、激しい雨。


気候の変動でしょうか、異常な降り方が年々多くなっている感じがしますね。


どうかみなさん、命を最優先に!


被害に遭われたみなさんの、速やかな復旧をお祈りします。




札幌も、ひどい湿気です。


みなさん、体調を崩されてますね。


気候の影響はどうしようもない。


こんなお天気の時期は、とにかく身体の中の余分な湿気を外へ出す!


お小水からですよ!


皮膚からジュクジュク……ではないですよ。


それから、余分な湿気が身体に溜まってしまうような、キケンな食生活を避ける!


食養生が、とくにとくに、とくに! 大事な季節です。





体内の「水っぽい」老廃物を、中医学では「痰湿」と呼びます。


 

これは、胃腸(=「脾」)が処理しきれなかった飲みもの・食べものから生まれます。


胃腸の処理力はひとそれぞれですから、みんなと同じ量を食べても、キレイさっぱり片付けられて身体軽々のひとと、どんより重くてダル~くなるひととに分かれます。


あのひとが大丈夫だからワタシも……とはいかないのですね。


なので、自分の適量を把握することが大事。


自分の適量以下に抑えていれば、新たに「痰湿」が発生させずに済みます。


痰湿がアトピー性皮膚炎を引き起こすのですから、いかに重要なのか分かりますね。





また健康だと、体内の不要な水分は、痰湿になってしまわないよう、排出ルートが確保されています。


排出ルートは、お小水、お通じ、それからほんの一部が「肺」系の、のど・はなと皮膚からも蒸発するように出て行きます。


ところが。


空中の湿気が多いと、この「蒸発するように」外へ出ていくルートが、上手く作用しません。


なかなか蒸発しないんですもの!


洗濯モノだって乾かないのに。


なので、こちらのルートで出ていくハズだった分が、まるっと残りやすくなってしまうのが、今の季節。





手のひらや指に、水疱など、できていませんか?


痰湿が皮膚へとあふれてしまって起こる症状ですよ。


とくに胃腸の状態は手足に表れやすいと中医学では考えます。


「脾主四肢」と書き、「脾ハ四肢ヲ主(つかさど)ル」と読みます。


胃腸の消化吸収力に、かなりの負担をかけちゃって、処理が追いついてないよ~という身体の訴えですので、注意が必要です。


自分の身体は、自分自身にしか守れませんからね。





※今日の記事は、アトピー性皮膚炎だけでなく、(主婦)手湿疹、掌蹠膿疱症(回復期)でも一緒です^^







アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)は、こちらで学べます。




「アメンバー限定記事」を読むには……

「アメンバー申請」をお願いします

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)

☆夏・悪化を防ぐ4つのポイント


こんにちは、まつもとです。


30℃近い気温に上がった7月初旬ですが、みなさまいかがお過ごしですか?


今年は屋外での楽しいイベント、計画されてますか?


屋内や大人数が封じられている分、家族だけで少人数のレジャー企画を考えられているご家庭も多いかと思います。


アトピー性皮膚炎でお悩みの方には、夏はとってもアブナイ悪化ポイントがあります。


ぜひぜひご注意いただきたい悪化ポイントについて、今日はお話ししたいと思います。




まず第一に、「日光」です。


太陽のポカポカ陽気を浴びると、人間の陽気も元気になって、身体が丈夫になります。


が。


が!!


それには限度があります。


夏の強い日光は、逆に身体を、とくに皮膚を傷めます。


海や山では、更に紫外線が強く降り注ぎますので、屋外で活動するときには、必ずつば広の帽子や日傘を使用し、直射日光を防いでください。


日焼け止めは、「肌に1枚シフォンのベールをかけた程度」と思って、過信しないように。


日焼け止めが合わなくて、かえってかぶれてしまう場合もありますから、イキナリつけず、事前にパッチテストをしておくのが安心ですね。




「暑さ」そのものでも、アトピー性皮膚炎は悪化します。


だから夏に悪化する方が多いのですが。


先の日焼けとも関係しますが、曇っていても気温が高い屋外に長くいると、赤みや痒みが増すことがあります。


ライブ会場なんかでは、屋外・屋内問わず、盛り上がってムンムンしますし、ご本人も興奮するので、ちょっと悪化することありますね。




次に、「食べ過ぎ」です。


キャンプや週末のバーベキュー、帰省した懐かしい友人とご飯、釣ってきた活きのいいお魚を刺身でイッパイ……


楽しいことって、たくさんありますね!!


しかし、これまで繰り返しお話ししてきました通り、「アトピーが悪化する食べもの」があります。


アトピー性皮膚炎の症状(赤み・腫れ・痒み or 痛み・プツプツ・ジュクジュク)があるときに、こうしたものを食べると更に悪化します。


漢方薬を使っていても、こうしたものをお休みできず、何度も悪化させてしまい、とうとう治療を断念された方もいらっしゃいました。


ある一定期間、しっかり身体によい生活を守っていただければ、アトピー性皮膚炎は改善します。


今は、ガマンしてくださいね!




最後に「疲れ」です。


親戚や友人がやってきて、お泊まりしたりすると、おもてなししたくなります。


どこへ連れて行って、何を食べさせようか、ワクワクしますね。


「食べ過ぎ」とか、悪化する食べものを自分も口にしてしまう誘惑もさることながら、ついつい予定をギッシリ入れてしまうことによる疲れも、悪化要因としては上位です。


アトピー性皮膚炎の症状があるうちは、常に皮膚で戦争している状態です。


じっとしていても疲れる戦争状態ですから、あちこち歩き回ると過労モードに。


過労してると、皮膚の再生スピードがグンと落ちるだけでなく、赤みや痒みが増すこともあります。


くれぐれもご自身の体調を優先して、ムリのない範囲にとどめてください。




今日はちょっと長くなりましたが、これまでまつもとが見てきた、夏のアトピー悪化ポイントについてお話ししました。


「ちょっとこのくらい」「ついつい」が、大きな後悔を生まないように。


まだアトピー性皮膚炎の症状がある間は、気を引き締めてご注意くださいね!!







アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)は、こちらで学べます。




「アメンバー限定記事」を読むには……

「アメンバー申請」をお願いします

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)