アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

札幌市西区二十四軒で漢方相談をしております、まつもとです。
アトピー性皮膚炎(顔・首・腕・脚・足・胸・腹・背中・乳首)の漢方治療と、食べるものを中心に、何に気をつけたらよいかといった、治し方・スキンケアから脱ステ・脱保湿についてご紹介いたします。

カラダとココロの健康は、日々の暮らしから……もちろん、皮膚も同じです♪

漢方的生活で、≪薬食同源≫を実践してみませんか?

北海道札幌市で中医学や薬膳など健康に関する講座を

定期&随時開催しております。


テーマ:

☆アトピーの正体 治すためにこれだけは知っておこう


こんにちは、まつもとです。


今日は「アトピーとはどうして起こるか」、中医学から見たその仕組みについてお話しします。





繰り返す「湿疹」。


「赤み」や「腫れ」。


奥から湧き上がってくる激しい「痒み」。


掻いて皮膚が壊れた部分から、黄色い「浸出液」が漏れる。


アトピー性皮膚炎の症状が強くなると、こんな感じになりますね。


これはどうして起こるのでしょう。





プツプツと盛り上がっているところ。


赤く膨らんでいるところ。


こうしたところには、平らな皮膚から盛り上がるほどの「何か」が存在していますよね。


ここをひっかくと、汁が出る。


「水っぽい何か」


が存在しているのです。





この「水っぽい何か」は、熱をもっているので、「赤く」なったり「熱感」があったり。


中から出てくる「汁」も、熱の影響を受けて「黄色く」色がついています。


乾くと「黄色いカサブタ」になったりしますね。


中医学では、



「水っぽい老廃物」=「湿(しつ)」 + 「熱」



と理解します。


「水っぽい何か」は、体内に長く留まることで次第に「熱」をもっていき、「赤み」「腫れ」「痒みor痛み」「ジュクジュク」を起こす「湿熱(しつねつ)」という病邪に育ってしまう。


「アトピー性皮膚炎」とは、これが皮膚へとあふれたものなのです。





では、この「水っぽい何か」は、どこからやってくるのでしょう。


これは、ショッキングですが、


毎日食べたもの


から発生しています。





「水っぽい何か」は、老廃物です。


毎日、そのひとの「胃腸の処理能力」の範囲内で食べていればOKなのです。


が、今の日本はとても豊か。


食べたいものが食べられて、おいしいもの、昔の日本人は口にできなかったような「甘いモノ」「脂っこいモノ」が簡単に手に入ります。


一方、日本人の胃腸はそんなに丈夫ではありません。


結果、


胃腸の処理能力 < 毎日食べるモノ


となってしまうのです。


たまたまアトピー性皮膚炎を発症してしまうかどうかは、体質によります。


が、今とても多いとされている、糖尿病や高脂血症、動脈硬化などの多くも、同じところに原因があります。


日本という国が豊かになったからこそ、増えた病気と言えるわけです。





そこで、「アトピー性皮膚炎」とサヨナラしようとするならば。



まず体内に溜まった「水っぽい何か」を排出してしまうこと。


それから、もうこれ以上「水っぽい何か」を作らないこと。



排出には、適切な漢方薬を選ぶことが有効です。


そして、これ以上「水っぽい何か」を作らないためには、毎日食べるモノを、自分の胃腸の処理能力以内に納めること!


この2本立てで、根本的に「水っぽい何か」=アトピーを起こすモノを片付けてしまえば……。





「アトピー性皮膚炎」ではないわたしに戻るための、スタート地点が、まずココなのです。




まず、アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)を、しっかり学んでやってみてくださいね。



「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


テーマ:

☆夏の腫れ・ジュクジュクは冬から治す


こんにちは、まつもとです。


突然ですが、「夏の病気は冬に治す」って知ってますか?


これは漢方・薬膳を活用するときのベース、「中医学」の考え方なんですが。


夏に悪くなるカラダの不調は、冬のうちが治しやすいよ! という意味です。


これって、アトピー性皮膚炎にはとってもよくあてはまります。


どういうことかというと。





夏にアトピー性皮膚炎が激しく悪化するタイプの方がいらっしゃいます。


アトピーとは、体内に溜まった「水っぽい何か」(=老廃物)が「熱」をもって起こる病気。  


中医学の言葉でいうと、「湿熱(しつねつ)」がメインの病因です。


対策も、「熱」を冷ましながら、「水っぽい何か」を追い出す方向でいきます。





ところで、日本の夏は、どんな気候ですか?


はい、そうです。


「高温多湿」ですね。


空気中の湿気が増え、気温が上がる。


そうすると、外界の「湿」と「熱」が盛んになりますから、それにつられて、体内の「湿熱」も勢いを増します。


夏に悪化するアトピー性皮膚炎は、こういう仕組み、なんですね。





夏に悪化するアトピーパターンを持つ方は、ひとによって・お住まいの地域によって、3月頃から悪くなったり、6月から急激に症状がバクハツしたり、します。


そこで、どうしようもなくなってご相談に見えることが多いのですが。


いざ悪化しきってから改善していくのは、タイヘンです。


本当は、まだ湿度も気温も低いうちに、つまり外界に「湿熱」がいないうちに。


冬のうちにお手当を始める方が断然速いっ!! んですね。





火事だって、まだボヤのうちなら自分ですぐ消せるかもしれませんが。


ボーボーと火の手が上がってしまうと、消防車に出動してもらわないと消せませんものね。


これと、同じことなんです。






「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?  

 

 

 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。 

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)



テーマ:

☆アトピーを本気で「治す!」と決めたら


こんにちは、まつもとです。


新しい年、みなさまはどんなことをしよう!と決めましたか?


アトピー性皮膚炎を治す!と決めた方、まつもとは本気で応援したいと思います。




アトピー性皮膚炎で長く悩んでいらした方って、「わたしのアトピーなんて、本当に治るんだろうか」と疑っていらっしゃいますよね。


分かります。


実際にご相談にお越しになるみなさまも、初めはそうです。


でも、言われた通り食事を見直して、夜早く寝るようにして、漢方薬を服んで。


職場でのものごとの受け止め方、自分の受け取り方のクセを発見して、何でもストレスに感じちゃう発想を整理して。


そうすると、確実に身体が変わってきます。


アトピー性皮膚炎の特徴として、悪化の波はたびたび来ますが、それでも波がだんだん静かになり、いつしか「こんなことあったけど、変化しなかった!!」という日がやってきます。


あとは、丈夫でキレイなお肌を作って。


はい。


ここが「完治」です。




ふとんに入っても痒みのないカラダ。


気になって手の行くところのないカラダ。


ひと目を気にすることなく半袖を着られる腕。


そうした世界に戻りたいと思ったら。


今年は本気で始めてみましょう♪






まず、アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)を、しっかり学んでやってみてくださいね。





「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


テーマ:

☆アトピー対策は中医学が得意です


こんにちは、まつもとです。


アトピー性皮膚炎にお困りの方が、何かお手当しなきゃ……というときに、何が浮かぶでしょうか?



アトピー 病院 札幌

みなさん、まずネットを検索されるでしょうか。


それから、病院へ行かれますね。


よくよく探して、鍼灸や整体の先生に相談される方もいらっしゃいますね。


まつもとの願いは、この選択肢の中に、漢方薬、もっと言えば「中医学」が入ってくるようになることです。




中医学、これは、漢方薬を用いるときの理論ですが、現代ではアトピー性皮膚炎を代表とする、「体質が関係した」「炎症性の病気」をよく治します。


まつもとは、これを学ぶために、国内でも勉強しましたし、不定期ですが中国の大学病院などで研修しています。


中国へ行き始めの頃は、目から鱗の連続でした。


ステロイドでコントロールできなくなってしまった重症患者さんが、見る見る改善していくのを目の当たりにしたり。


漢方薬も「外用」することで、治療効果をさらに上げることができたり。


日本で、店頭で、もちろん同じことができるわけではありませんが、極力効果を出すために、学んだことを活かして仕事をしています。


そのために、一緒に勉強する仲間を大事にしています。




難治のひともいますが、多くのアトピー性皮膚炎患者さんは、正しく漢方薬を選べば、2~3週間で症状はかなり変わってきます。


まつもとは、初めにお選びした漢方薬が、「量は足りてるか」「胃腸などに負担がないか」を確認するのは、通常「7~10日後」です。


つまり、1週間程度で、「量が足りてるかどうか」、初めにお選びした漢方薬で、ちゃんと効果が出せてるかどうか確認できる=改善が見られるということです。


逆に、1週間経っても、まったく変化がなければ、漢方薬の効き目の強さがその方の症状に負けてると見ます。




ところが、まつもとのところにお越しくださるご相談者さまで、すでに漢方薬を使っておられたみなさん。


ほとんど(!)の方が、全く効果が出ていません。


変化がないまま処方を変えず、何ヶ月も同じ漢方薬を使い続けているのです。




時間ももったいないですが、身体もしんどいですよ!




漢方薬を、中医学の理論に則って、正しく使えば、アトピーのような炎症性疾患は改善する。


このことを、今年も、コツコツと発信していかなければと、思いを新たにしています。


2018年の終わりの方から、「漢方薬を使っているんだけど、全くよくなってこなくて……」という方が続きましたから。


「漢方薬なんてそんなもん」との誤解を解いていかないと。




ということで。


今年こそアトピー性皮膚炎とサヨナラするぞ~と決めた方は、まつもとのところにお越しくださいね。


現在2月以降の「はじめてさん」枠のご予約をお受付しております。





すぐには「相談に行けない(>_<)」という方は、まず、アトピーを治すための、正しい食べ方(食養生)を、しっかり学んでやってみてくださいね。





「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


テーマ:

☆アトピーの正しい治し方 どうすれば治るか


こんにちは、まつもとです。


今日はアトピーの治し方についてお話しします。


アトピー性皮膚炎は、ほかの病気も何でもそうですが、「悪化要因」と「回復要因」の駈けっこです。


駈けっこに勝った方へ進んでいきます。


だから、治すには、「回復要因」が「悪化要因」に勝ってる状態にすればいいのですね!


順に見ていきましょう。




悪化要因には、


・アブラものや甘いもの

・寝不足

・ストレス

・過労

・カラダに合わないものが皮膚に触れる

・もともとのお身体の弱点


があります。


回復要因には、


・アッサリ葉ものの多い食事&間食なし

・タップリ早い時間の睡眠

・穏やかな心持ち

・適度に身体をうごかしてスッキリする

・合わないものはつけない

・もともとのお身体の回復力


があります。


回復要因が悪化要因よりも勝っていれば、身体は徐々に変わっていき、健康になります。


これが「アトピーが治る」ということです。


自力で回復要因を悪化要因よりも強めることができない場合、「漢方薬」という強い援軍を回復要因の中に加えてもいいです。


どんな生活が可能かは、おひとりおひとり違いますし。


同じ生活でも、「ハッピー♪」と感じるか、「つらい」と感じるか、おひとりおひとり異なりますからね。




今のご家庭+お仕事や学業の中で、どうすれば最もラクに生きられるか。


そこを一緒に考えていく。


まつもとは、ご相談者おひとりおひとりが、丁寧に治る生活を組み立てるお手伝いをするのが仕事だと思っています。








「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?


 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)