Auto-Composition by a computer program! (It's Scientisism ??)

コンピュータプログラムで作曲。科学派ともいうべきか?

次のような曲をプログラムで書くことができます。言語はC。それをMIDIファイルで出力して、

シベリウスSibeliusというアプリにインポートしました。

Sample score: music by computer program with chaos function.

 

#こちらイタリアでのコンペに応募しました!よかったら聞いてみていいねしてください(^^)/

https://www.youtube.com/watch?v=N2Iurq4JtEs&list=PLtbtZ-F4QAKUC-cRA-5Ihf8ln-WYK4f28&index=18

 

コンュータで自動作曲するというと、なにかアルゴリズムが必要です。

そこで、ロジスティック写像というカオス発生関数(有名です)を使っているわけですが、

「なんだ。自動的にできるんならそこに創作はあるのか?」

というクレームが起きてきます。

でも、関数を使ってどうプログラムで表現するか?

こうなると、そこに創作という作業が発生し、作曲家&プログラマーのアイデアが必要です。

 

ロジスティック写像は下記の式のように変数aにより出力される解がカオスになります。

Xn+1 = a Xn(1 – Xn)   n = 0, 1, 2, … 0 Xn 1,  0 a 4

この写像による解の集合を図にすると次のようになります。

 

では、この出力値をどう音符にするか?

出力値Xnが0~1ですので、これを音符のピッチと、タイミング、長さに変換します。

この範囲と音符の対応は、さじ加減というか(笑)、よい塩梅に設定することになります。

音域を広くするとか、複雑にするとか、まばらに、神秘的に・・・

と作りたいイメージでaの値や音符の数を決めます。

わたしの今回の例では、こんな感じ。

実際のプログラムの中身は、長くなるので次回!(かな)

プログラムとMIDIファイルのことについては教科書に書きましたので

そちらを参照していただければと思います。

https://www.morikita.co.jp/books/book/3330

「やさしい音と音楽のプログラミング」